2020年10月23日 (金)

NCC-1422 U.S.S.BURAN

 今月の隔週刊「スタートレックディスカバリースターシップコレクション」
 NCC-1422 U.S.S.ブラン。
 Imgp0836_20201022194801
 クリンゴン戦艦。
 U.S.S.ブランは開けてびっくり。
 でかい!
 他の連邦宇宙艦と比べても断トツの大きさ。
 Imgp0837_20201022194801
 このシリーズはノンスケール。
 設定では500メートル弱。
 物語では大型間の方ですが、最大じゃない。
 今までで一番大きな模型でした。
 大迫力に大満足。
 クリンゴン戦艦は電気ギターみたい。
 Imgp0838  
 裏と表が全く同じデザイン。
 ひっくり返しても使える。
 どちらが裏か表か分からない・・・。
 
 本日の自転車走行距離 36キロ
 
 今日であったねこ 1

|

2020年9月22日 (火)

NCC-1701-D U.S.S.エンタープライズ猿ベージ

 先日たまたま観かけたテレビの片づけ番組。
 それに触発されて不用品を一気に捨てました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/09/post-2ccb65.html
 週明けのごみ収集日に出しました。
 が・・・。
 集めたごみの袋から一つだけ思い直して回収。
 猿ベージです。
 NCC-1701-D U.S.S.エンタープライズの模型。
 Imgp0595_20200922064401
 「スタートレック ネクストジェネレーション」の主役宇宙船。
 Imgp0596_20200922064401
 この模型だけ思い直して取り出しました。
 Imgp0597_20200922064401
 プラモデルではなく完成品です。
 劇中同様円盤部と本体に分離可能。
 分離させると別行動するので脚本制作が面倒。
 二つの船体のセットが必要。
 などなどの理由で設定したものの本編ではほとんど分離しませんでした。
 Imgp0598_20200922064401
 ボタン電池を入れると窓が光る仕掛け付き。
 このシリーズの製品にしては珍しく日本製。
 完成度も高いので回収、保管することにしました。
 デザインも好きで見ているといい感じにさせてくれます。
 この回収は正解でした。
 
 本日の自転車走行距離 6キロ
 
 今日であったねこ 2

|

2020年8月28日 (金)

NCC-1255 U.S.S.KERALA

 ディアゴステーニのスタートレックスターシップコレクションディスカバリー版最新号。
 NCC-1255 U.S.S.KRALA。
 Imgp0361_20200827194301  
 連邦宇宙艦。
 ケララ。
 笑ってるみたい。
 どこぞの地名だそうです。
 最初の方に出てきて戦闘ですぐ壊されちゃったという記憶がほのかに。
 あまり画面に映ってないはず。
 こういうのが模型化されるのは嬉しい。
 Imgp0367_20200827194301
 艦底にアンテナみたいなのが付いています。
 Imgp0364_20200827194301
 先に製品化されたU.S.S.シェンジョウと同じものらしい。
 Imgp0363
 Imgp0362_20200827194301
 同じ部品が付いていると同じ艦隊所属という世界観が感じられます。
 Imgp0366_20200827194301
 ん。
 ひっくり返したらシェンジョウそっくり。
 Imgp0365_20200827194301
 シェンジョウのデザインを上下逆さにしたものか?
 付属の冊子にもそのような感じの記述が・・・。
 ディスカバリー版は日本語版冊子でなく原語の英語版。
 Imgp0368_20200827194301
 書いてあることは、な~んとなく分かった気がする程度。
 シェンジョウは主人公たちがU.S.S.ディスカバリーに乗る前にいた艦。
 最初の舞台になるのでかなりち密にデザインされています。
 そのデザインを上下逆さにして利用したのでしょう。
 
 本日の自転車走行距離 36キロ
 
 今日であったねこ 1

|

2020年8月27日 (木)

ディスカバリー版クリンゴン バード・オブ・プレイ

 ディアゴステーニのスタートレックスターシップコレクションディスカバリー版。
 最新号が届きました。
 二個同時配送。
 一つ目は「クリンゴン バード・オブ・プレイ」
 Imgp0342
 
 Imgp0343
 Imgp0344_20200827075001
 Imgp0345_20200827075001
 Imgp0346_20200827075001
 クリンゴン帝国の宇宙船です。
 80年代の劇場版3作目に初登場。
 Imgp0347_20200827075001
 (縁色のが初代「バード・オブ・プレイ随分変わってしまいました)
 以降シリーズに何度も出ている人気キャラクター。
 今回ディスカバリー版ですっかりそのお姿が変わりました。
 先代はそう言われれば「鳥」みたいに見えました。
 今度のは鳥というより「怪鳥」
 宇宙船というよりも怪獣みたい。
 ちょいとスタートレックっぽくない。
 模型はとてもよくできています。
 最初の「エイリアン」に出たら似合う感じです。
 H・R・ギーガーのデザインをどことなく彷彿させます。
 同時梱包の二つ目の紹介はまた。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1

|

2020年7月21日 (火)

隔週刊スタートレック・ディスカバリー版

 5年の長きにわたって定期購読していた隔週刊スタートレック。
 先月遂に終了しました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/07/post-ba1154.html
 限定版、通信販売形式であと20巻ほど続くそうです。
 もう要らない・・・。
 しかし・・・。
 「スタートレック・ディスカバリー版」も同時発売。
 ディスカバリー版ねぇ・・・。
 最新のシリーズ。
 こちらはそのほとんどが模型化されるのは初めて。
 気になる・・・。
 しかも模型の大きさが違う。
 大きなもので27㎝。
 あれま・・・。
 今までのそれは大きくても半分くらい。
 Imgp0184_20200721075401
 (上 ディスカバリー版の模型U.S.S.ディスカバリー 下 従来版の模型U.S.S.エクセルデザイン却下版)
 気になる。
 通販限定ということが気に入りませんが、申し込みました。
 その第1号が来ました。
 2号まとめて到着するようです。
 第1号はU.S.S.シェンジョウ、2号はU.S.S.ディスカバリー。
 共にプラモデルになっています。
 新鮮味は少し薄い。
 けれどその完成度はかなりのもの。
 Imgp0179_20200721075601
 Imgp0181_20200721075601
 ディスカバリーは1/2500のプラモデルより二回りほどほど小さい。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/02/post-5df0e7.html
 Imgp0182_20200721075601
 (上 1/2500スケールのプラモデル 下 二回りほど小さいけど完成度の高い付属模型)
 しかし、1号のU.S.S.シェンジョウはこの模型の方が一まわり大きい。
 あれま・・・。
 シェンジョウは押し入れにしまい込んでいます。
 出すのが面倒なので並べて比較していません。
 でもその大きさが違うのははっきりと分かりました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/03/post-992d65.html
 Imgp0183_20200721075601
 (上 U.S.S.ディスカバリー 下 U.S.S.シェンジョウ 結構な大きさ)
 だいたい1/2500スケールという大きさが気に入りませんでした。
 バカに小さいから。
 設定全長が長いので、大きなスケールで製品化すると大変な大きさに。
 そこで編み出したスケールなんでしょう。
 けれど、小さい。
 そのシェンジョウよりも大きかったのでびっくり。
 そして嬉しい。
 こんなことならシェンジョウのプラモデル作らなきゃよかった。
 と思うくらい。
 こいつらが毎月二つずつ届くんね。
 楽しみ楽しみ。
 35号まで続くそうです。
 途中で「もういいかな」と思うか、続けるか。
 それは未だ未定。
 
 本日の自転車走行距離 21キロ
 
 今日であったねこ 1

|

2020年7月 2日 (木)

「隔週刊スタートレック スターシップコレクション」終了。

 「隔週刊スタートレック スターシップコレクション」160号を買いました。
 これでお終い。
 Imgp0106_20200702064901
 発売は6月の下旬。
 しかし、4月から予約している本屋は休業。
 6月になってようやく受け取りに行けるようになりました。
 が・・・。
 その間に溜まったバックナンバー。
 それを一つずつ買いに行き、最終巻の受け取りが遅くなりました。
 160号を受け取ってようやく終了。
 5年間もかかったんだって!
 最後を受け取ったあと少し感傷に浸りました。
 160号もあるってことは冊子が160冊。
 宇宙船模型は160隻も!!
 さずがに全部保存はしていません。
 特に冊子は読み終えた後殆ど処分。
 模型は気に入った物だけ保管しています。
 全部で何隻取ってあるか数えたことはありませんが・・・。
 かなりの数を処分しています。
 10代や20代でこのシリーズを手にしていたら喜んで模型で遊んだでしょう。
 しかし私はもう大人ちゃん。
 「ふ~ん、よくできてるね」と見て楽しむ程度。
 「コレクションする!」という楽しみ方も以前ほどしなくなりました。
 無ければ無いでいいのよ。
 それより「やり終えた」という感慨の方が大きかった。
 マイナーな宇宙船が多く、それが手にできたのは面白かった。
 しかし、その殆どが忘れているキャラクター。
 う~ん、こんなの出て来たっけ?
 そういうのはかなり高い確率でさようなら。
 今回最終号に着いて来たのは「サラエボ」という名の宇宙船。
 全く覚えていない・・・。
 Imgp0109_20200702064901
 (最後の宇宙船「サラエボ」 大きさ対比用「銅鐸さん」)
 最後なんだからもう少し知名度の高いやつは無かったのか・・・。
 このシリーズにしては大き目の模型。
 Imgp0108_20200702064901
 見ごたえはあるけどそんなにかっこよくは無いです。
 当初70号の予定で「続刊決定!」を何度か繰り返しました。
 今回160号で終わらないよなと予想していました。
 一般書店での販売は確かにお終い。
 しかし・・・。
 通販限定でまだ20号ほど続くそうです。
 冊子は日本語版でしたが161号からは英語版。
 もう要らないねぇ・・・・。
 ということで予約しませんでした。
 
 本日の自転車走行距離 5キロ
 
 今日であったねこ 1

https://item.rakuten.co.jp/roudokusha/d-startrek-160/
 

|

2020年3月 5日 (木)

ご家庭で出来る手軽なNCC-1227 U.S.S.シェンジョウ

 NCC-1227 U.S.S.シェンジョウの模型が完成しました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/03/post-3c97bc.html
 Imgp0001_20200305093301
 船体はほぼシルバー一色。
 Imgp0002
 説明書の指定色はガンメタル。
 Imgp0003
 黒っぽい銀系の色。
 Imgp0004
 前回作ったU.S.S.ディスカバリーで調色した金色が余っていました。
 Imgp0005
 これに大量のシルバーと黒鉄色を少々添加。
 Imgp0006
 指定色より明るめの銀色が出来ました。
 各部組み立て完了後にこれで塗装。
 その後が大変。
 ひたすら全体にデカールを貼りました。
 船体上部、右半分を貼って一休み。
 デカールは水に浸してから貼り付けるステッカー。
 乾いたころに船体中央。
 そして左側。
 そんな風に少しずつ作業を進めました。
 全体のデカールの貼り付け作業が終了。
 この作業に数日。
 今回一番手間がかかった作業の気がしています。
 艶消しのクリアスプレーを全体に吹きました。
 デカールが塗膜で保護されます。
 これにより傷で剥がれることにに強くなるはず。(含む希望的観測)
 デカールを貼った「てかてか」する艶も「艶消し」で落ち着きます。
 同シリーズのU.S.S.ディスカバリーとU.S.S.エンタープライズと比較。
 Imgp0009_20200305093501
 並べるとすごく小さく見えます。
 Imgp0010_20200305093501
 400~500メートルくらいある設定。
 みな円盤部分が前。
 乗組員は主にここで暮らしています。
 長く後方に伸びる二本の棒は推進装置。
 この二基ひと組の推進装置で強大な推進力を得るという設定。

 本日の自転車走行距離 0

 今日であったねこ 1
 
 

| | コメント (0)

2020年3月 2日 (月)

ご家庭で出来る手軽な「NCC-1227 U.S.S.シェンジョウ」塗装編

 NCC-1227 U.S.S.シェンジョウのプラモデルを作っています。
 「スタートレック ディスカバリー」登場の宇宙船です。
 https://memory-alpha.fandom.com/ja/wiki/USSシェンジョウ
 主人公がU.S.S.ディスカバリー配属前に乗っていました。
 結構かっこいい好きなデザイン。
 でも、第1話、2話にも出たかな・・・。
 すぐに戦いで壊されてしまいました。
 戦闘的で強そうに見えたのですが・・・。
 それだけの出番なのに細かいところまでよくデザインされています。
 そして良く模型化されました。
 嬉しい!
 模型は1/2500スケール。
 ディスカバリーシリーズの模型はちょいと小さい。
 それが残念・・・。
 基本色を塗装した後、デカールを全体に貼って仕上げます。
 この方式、好きじゃないんですが、そうなってる。
 基本色は黒ずんだシルバー系一色。
 ディスカバリーのような塗分けは無しなので塗装は楽。
 形状も単純で組み立てやすい。
 色はディスカバリーを作った時に調色した「ディスカバリーゴールド」
 これが余っていました。
 この色に大量のシルバーを入れて調色。
 余った塗料の再利用。
 ほぼこれ一色で塗装しました。
 Imgp0519_20200301201901
 塗装の済んだ本体にデカールを貼っていきます。
 Imgp0521_20200301201901
 Imgp0522
 本日の自転車走行距離 49キロ
 
 今日であったねこ 1

 U.S.S.シェンジョウ

 https://biccamera.rakuten.co.jp/item/0849398030028/

| | コメント (0)

2020年2月18日 (火)

ご家庭で出来る手軽なNCC-1031 U.S.S.ディスカバリー

 U.S.S.ディスカバリーのプラモデルが完成しました。
  Imgp0448_20200218072301
 始めは付属のデカールは極力使わない予定でした。
 necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/02/post-fe9baa.html
 が・・・。
 慎重に塗分けたはずの塗装がはみ出しました。
 直してもあまり綺麗にならなかったのでその上からデカールを貼ることに。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/02/post-90dc85.html
 全体を包むような形で貼るデカール。
 出来るだけ塗装で済ませて使いたくなかった。
 しかし、貼ってみるとなかなかいい。
  Imgp0454
 (上 U.S.S.ディスカバリー 下 ディスカバリー版NCC-1701 U.S.S.エンタープライズ)
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/01/post-8b12ff.html

 一部塗装で済ませたところもありますが、ほぼすべてを使いました。
 完成品もなかなか。
 Imgp0449
 Imgp0450
 Imgp0451
 Imgp0452
 Imgp0453
 始めはあまり好きなデザインではありませんでした。
 こうして完成したものを見るとなかなかのデザイン。
 上から見ないと余りかっこいいとは思いませんが・・・。
 Imgp0447
 色が金色なのもこうしてみるとなかなかにいいものでした。
 上から見ると何とか遺跡から発掘された謎の異物みたい。
 
 本日の自転車走行距離 9キロ
 
 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2020年2月16日 (日)

ご家庭で出来る手軽なNCC-1031 U.S.S.ディスカバリー デカール張る編

 制作中のU.S.S.ディスカバリーのプラモデル。
 付属のデカールはほとんど使わない予定でした。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/02/post-fe9baa.html
 円盤部分の塗り分けもマスキングテープを切って作業。
 注意深く貼りつけて塗装作業しました。
 したつもりでした・・・。
 テープをはがすと塗料がはみ出し・・・。
 耐水ペーパーで削って、筆でリタッチ。
 あまり上手く直らない。
 それを隠すつもりでデカールを試しに貼りました。
 Imgp0437_20200216081101
 あれ?
 いいじゃない。
 あれほど嫌がっていたデカール貼り。
 Imgp0438_20200216081101
 貼ってみると悪くない。
 金色部分と銅色部分のメリハリもしっかりしている。
 塗装ではあまり色調を変えない色の調色していました。
 どうかすると同じ色に見えるほど近い色になっていました。
 DVDで本編を観るとそんな印象だったので・・・。
 デカールだと「違う色」ということがよくわかる。
 結局、デカールを使うことにしました。
 太いラインの部分もデカール表現するようになっていました。
 Imgp0439_20200216081101
 ここは上手く色が載ったのでデカールは使わず。
 もう少しで完成。
 
 本日の自転車走行距離 12キロ
 
 今日であったねこ 3

 「スタートレック ディスカバリー 2ndシーズン」

 https://item.rakuten.co.jp/hmvjapan/10254157/

| | コメント (0)

より以前の記事一覧