2020年7月 2日 (木)

「隔週刊スタートレック スターシップコレクション」終了。

 「隔週刊スタートレック スターシップコレクション」160号を買いました。
 これでお終い。
 Imgp0106_20200702064901
 発売は6月の下旬。
 しかし、4月から予約している本屋は休業。
 6月になってようやく受け取りに行けるようになりました。
 が・・・。
 その間に溜まったバックナンバー。
 それを一つずつ買いに行き、最終巻の受け取りが遅くなりました。
 160号を受け取ってようやく終了。
 5年間もかかったんだって!
 最後を受け取ったあと少し感傷に浸りました。
 160号もあるってことは冊子が160冊。
 宇宙船模型は160隻も!!
 さずがに全部保存はしていません。
 特に冊子は読み終えた後殆ど処分。
 模型は気に入った物だけ保管しています。
 全部で何隻取ってあるか数えたことはありませんが・・・。
 かなりの数を処分しています。
 10代や20代でこのシリーズを手にしていたら喜んで模型で遊んだでしょう。
 しかし私はもう大人ちゃん。
 「ふ~ん、よくできてるね」と見て楽しむ程度。
 「コレクションする!」という楽しみ方も以前ほどしなくなりました。
 無ければ無いでいいのよ。
 それより「やり終えた」という感慨の方が大きかった。
 マイナーな宇宙船が多く、それが手にできたのは面白かった。
 しかし、その殆どが忘れているキャラクター。
 う~ん、こんなの出て来たっけ?
 そういうのはかなり高い確率でさようなら。
 今回最終号に着いて来たのは「サラエボ」という名の宇宙船。
 全く覚えていない・・・。
 Imgp0109_20200702064901
 (最後の宇宙船「サラエボ」 大きさ対比用「銅鐸さん」)
 最後なんだからもう少し知名度の高いやつは無かったのか・・・。
 このシリーズにしては大き目の模型。
 Imgp0108_20200702064901
 見ごたえはあるけどそんなにかっこよくは無いです。
 当初70号の予定で「続刊決定!」を何度か繰り返しました。
 今回160号で終わらないよなと予想していました。
 一般書店での販売は確かにお終い。
 しかし・・・。
 通販限定でまだ20号ほど続くそうです。
 冊子は日本語版でしたが161号からは英語版。
 もう要らないねぇ・・・・。
 ということで予約しませんでした。
 
 本日の自転車走行距離 5キロ
 
 今日であったねこ 1

https://item.rakuten.co.jp/roudokusha/d-startrek-160/
 

|

2020年3月 5日 (木)

ご家庭で出来る手軽なNCC-1227 U.S.S.シェンジョウ

 NCC-1227 U.S.S.シェンジョウの模型が完成しました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/03/post-3c97bc.html
 Imgp0001_20200305093301
 船体はほぼシルバー一色。
 Imgp0002
 説明書の指定色はガンメタル。
 Imgp0003
 黒っぽい銀系の色。
 Imgp0004
 前回作ったU.S.S.ディスカバリーで調色した金色が余っていました。
 Imgp0005
 これに大量のシルバーと黒鉄色を少々添加。
 Imgp0006
 指定色より明るめの銀色が出来ました。
 各部組み立て完了後にこれで塗装。
 その後が大変。
 ひたすら全体にデカールを貼りました。
 船体上部、右半分を貼って一休み。
 デカールは水に浸してから貼り付けるステッカー。
 乾いたころに船体中央。
 そして左側。
 そんな風に少しずつ作業を進めました。
 全体のデカールの貼り付け作業が終了。
 この作業に数日。
 今回一番手間がかかった作業の気がしています。
 艶消しのクリアスプレーを全体に吹きました。
 デカールが塗膜で保護されます。
 これにより傷で剥がれることにに強くなるはず。(含む希望的観測)
 デカールを貼った「てかてか」する艶も「艶消し」で落ち着きます。
 同シリーズのU.S.S.ディスカバリーとU.S.S.エンタープライズと比較。
 Imgp0009_20200305093501
 並べるとすごく小さく見えます。
 Imgp0010_20200305093501
 400~500メートルくらいある設定。
 みな円盤部分が前。
 乗組員は主にここで暮らしています。
 長く後方に伸びる二本の棒は推進装置。
 この二基ひと組の推進装置で強大な推進力を得るという設定。

 本日の自転車走行距離 0

 今日であったねこ 1
 
 

| | コメント (0)

2020年3月 2日 (月)

ご家庭で出来る手軽な「NCC-1227 U.S.S.シェンジョウ」塗装編

 NCC-1227 U.S.S.シェンジョウのプラモデルを作っています。
 「スタートレック ディスカバリー」登場の宇宙船です。
 https://memory-alpha.fandom.com/ja/wiki/USSシェンジョウ
 主人公がU.S.S.ディスカバリー配属前に乗っていました。
 結構かっこいい好きなデザイン。
 でも、第1話、2話にも出たかな・・・。
 すぐに戦いで壊されてしまいました。
 戦闘的で強そうに見えたのですが・・・。
 それだけの出番なのに細かいところまでよくデザインされています。
 そして良く模型化されました。
 嬉しい!
 模型は1/2500スケール。
 ディスカバリーシリーズの模型はちょいと小さい。
 それが残念・・・。
 基本色を塗装した後、デカールを全体に貼って仕上げます。
 この方式、好きじゃないんですが、そうなってる。
 基本色は黒ずんだシルバー系一色。
 ディスカバリーのような塗分けは無しなので塗装は楽。
 形状も単純で組み立てやすい。
 色はディスカバリーを作った時に調色した「ディスカバリーゴールド」
 これが余っていました。
 この色に大量のシルバーを入れて調色。
 余った塗料の再利用。
 ほぼこれ一色で塗装しました。
 Imgp0519_20200301201901
 塗装の済んだ本体にデカールを貼っていきます。
 Imgp0521_20200301201901
 Imgp0522
 本日の自転車走行距離 49キロ
 
 今日であったねこ 1

 U.S.S.シェンジョウ

 https://biccamera.rakuten.co.jp/item/0849398030028/

| | コメント (0)

2020年2月18日 (火)

ご家庭で出来る手軽なNCC-1031 U.S.S.ディスカバリー

 U.S.S.ディスカバリーのプラモデルが完成しました。
  Imgp0448_20200218072301
 始めは付属のデカールは極力使わない予定でした。
 necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/02/post-fe9baa.html
 が・・・。
 慎重に塗分けたはずの塗装がはみ出しました。
 直してもあまり綺麗にならなかったのでその上からデカールを貼ることに。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/02/post-90dc85.html
 全体を包むような形で貼るデカール。
 出来るだけ塗装で済ませて使いたくなかった。
 しかし、貼ってみるとなかなかいい。
  Imgp0454
 (上 U.S.S.ディスカバリー 下 ディスカバリー版NCC-1701 U.S.S.エンタープライズ)
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/01/post-8b12ff.html

 一部塗装で済ませたところもありますが、ほぼすべてを使いました。
 完成品もなかなか。
 Imgp0449
 Imgp0450
 Imgp0451
 Imgp0452
 Imgp0453
 始めはあまり好きなデザインではありませんでした。
 こうして完成したものを見るとなかなかのデザイン。
 上から見ないと余りかっこいいとは思いませんが・・・。
 Imgp0447
 色が金色なのもこうしてみるとなかなかにいいものでした。
 上から見ると何とか遺跡から発掘された謎の異物みたい。
 
 本日の自転車走行距離 9キロ
 
 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2020年2月16日 (日)

ご家庭で出来る手軽なNCC-1031 U.S.S.ディスカバリー デカール張る編

 制作中のU.S.S.ディスカバリーのプラモデル。
 付属のデカールはほとんど使わない予定でした。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/02/post-fe9baa.html
 円盤部分の塗り分けもマスキングテープを切って作業。
 注意深く貼りつけて塗装作業しました。
 したつもりでした・・・。
 テープをはがすと塗料がはみ出し・・・。
 耐水ペーパーで削って、筆でリタッチ。
 あまり上手く直らない。
 それを隠すつもりでデカールを試しに貼りました。
 Imgp0437_20200216081101
 あれ?
 いいじゃない。
 あれほど嫌がっていたデカール貼り。
 Imgp0438_20200216081101
 貼ってみると悪くない。
 金色部分と銅色部分のメリハリもしっかりしている。
 塗装ではあまり色調を変えない色の調色していました。
 どうかすると同じ色に見えるほど近い色になっていました。
 DVDで本編を観るとそんな印象だったので・・・。
 デカールだと「違う色」ということがよくわかる。
 結局、デカールを使うことにしました。
 太いラインの部分もデカール表現するようになっていました。
 Imgp0439_20200216081101
 ここは上手く色が載ったのでデカールは使わず。
 もう少しで完成。
 
 本日の自転車走行距離 12キロ
 
 今日であったねこ 3

 「スタートレック ディスカバリー 2ndシーズン」

 https://item.rakuten.co.jp/hmvjapan/10254157/

| | コメント (0)

2020年2月14日 (金)

ご家庭で出来る手軽なNCC-1031 U.S.S.ディスカバリー 塗装編

 「U.S.S.ディスカバリー」のプラモデルを作っています。 
「スタートレック ディスカバリー」登場の主役宇宙船です。
 スケールは1/2500。
 小さい・・・。
 でもディスカバリーは700メートルくらいあるんだそう。
 部品一つ一つは小さいけれど、組み立てると30㎝くらいある。
 1/1000サイズが好きだけど、それだと70㎝になっちゃうんだ・・・。
 しまうの困る飾るに困る大きさです。
 まあ、近のサイズでいいのか・・・。
 小さいけれど、大まかなデティールはかなり正確な模型です。
 でも、窓など細かな部分はない。
 船体に基本色を塗装したあと、デカールで包んでしまうような仕様。
 細かなことを気にしなければと基本色一色だけでそれなりの完成品になる。
 省かれている細かな窓などはデカールに印刷されています。
 げ~。
 デティールあっての模型でしょう・・・。
 私はこのデカール張りの作業が好きじゃないです。
 部分的でも嫌な作業なのに、この模型は全体をそれで包みます。
 出来るだけ使わないで済むように塗り分けをすることに。
 円盤部分の塗装が大変。
 3色に分かれてる。
 金銀銅。
 オリンピックみたい。
 今までのシリーズでは連邦宇宙艦は白っぽいグレー。
 今回のは金綺羅金。
 綺麗だけどね・・・。
 何で金?
 マスキングテープを貼り合わせてそれを円形に切り出しました。
 Imgp0417
 切り出したそれを円盤部に貼ってマスキング。
 Imgp0415
 船体もそれっぽい模様をマスキングテープを貼って塗り分け。
 Imgp0416
 あ・・・面倒くさい。
 Imgp0418_20200214080301
 この作業、報われるんだろうか。
 
 本日の自転車走行距離 18キロ
 
 今日であったねこ 3

 

| | コメント (0)

2020年2月 8日 (土)

STAR TREK 2

 映画「STAR  TREK 2」のブルーレイを観ようと思いました。
 画像がギザギザ。
 そして作動しなくなりました。
 壊れてる・・・。
 ブルーレイは壊れやすい?
 確か中古で買ったはず。
 そのせいもあるのか・・・。
 シリーズ中この映画のみブルーレイ。
 あとはDVDなのですが、「2」だけ紛失。
 そこで中古のブルーレイ版を見つけた時に買いました。
 それを久しぶりに見ようとしたらかからなかった。
 改めてDVDを買い直すことにしました。
 Imgp0207
 一応新品。
 届いたものをかけました。
 観られる!
 そして面白かった。
 オリジナルメンバーの出るシリーズはやはり面白い。
 最新のCGを使った迫力こそ無いです。
 けれど面白い。
 シリーズは出演者を換えて続編が作り続けられています。
 それらのメイキングで、関係者は口々にこの「2」を褒めています。
 「映画に必要な要素が全部ある」そうです。
 素人の私にはそれがよく分からないですが、確かに面白い。
 「スタートレック イントゥーダークネス」はこのリメイク版。
 そして「2」全編にわたって知的な雰囲気が漂うのもいい。
 この雰囲気が最新のシリーズにはあまり感じられない部分。
 
 本日の自転車走行距離 32キロ
 
 今日であったねこ 12

 「スタートレック Ⅱ」

 https://item.rakuten.co.jp/hmvjapan/4246095/

| | コメント (0)

2020年2月 5日 (水)

NCC-9844 U.S.S.アンタレス

 隔週刊スタートレック・スターシップコレクションを定期購読しています。
 最新号は「NCC-9844 U.S.S.アンタレス 」の模型。
 Imgp0333_20200204200601
 知らんよ、こんな艦。
 Imgp0334_20200204200601
 (見たことも聞いたこともなかったU.S.S.アンタレス)
 映画「スタートレック2」に登場の宇宙船NCC-1864 U.S.S.リライアント。
 Imgp0335

 (同シリーズのオリジナルのU.S.S.リライアント) 
 そのバリエーション。
 この宇宙船の模型は改造されてその後シリーズに何度も登場。
 Imgp0336
 (艦上の構造物を取り去って別な宇宙船に見えるU.S.S.ラントリー)
 そのバリエーションは大抵把握しているつもりでした。
 Imgp0337_20200204200601
 (分けわからないものが縦横、後方に追加されたU.S.S.ボーズマン)
 見たこともな・・・。
 Imgp0338_20200204200601
 (この他にU.S.S.サラトガがありますが今回行方不明)
 「スタートレック・ディープ・スペース・ナイン」に登場するそう。
 艦隊戦に参加する一隻として作られたようです。
 どこに登場したのやら、付属の冊子でも不明とのこと。
 当時、撮影用に大量の宇宙船模型をつくったようで。
 作った本人にも記憶がないとか・・・。
 そりゃ分らんわ・・・。
 でも、撮影用の模型は作られていたようです。
 市販のプラモデルを改造して作ったようでした。
 遠くに小さくちらりと、わかるか分からないかの程度での登場でしょう。
 1/1000のプラモデルでリライアントのバリエーションは全部作りました。
 これも作らんといかんかねぇ・・・。
 あまり練られていない分、簡単な形状で作りやすそうではあります。
 プラモデルの部品の寄せ集めで、かっこいいとは言えないデザイン。
 よく、このシリーズで模型になったねぇ・・・。
 
 本日の自転車走行距離 35キロ
 
 今日であったねこ 5

隔週刊スタートレック・スターシップコレクション

https://item.rakuten.co.jp/roudokusha/d-startrek-150/
 

| | コメント (0)

2020年1月 2日 (木)

ご家庭で出来る手軽なNCC-1701 U.S.S. ENTERPRISEディスカバリー版

 久しぶりにプラモデルを作りました。
 「NCC-1701 U.S.S. ENTERPRISE 」ディスカバリー版。
 Imgp0095
 Imgp0096
 Imgp0097
 Imgp0098
 「スタートレック ディスカバリー」登場の宇宙船です。
 シリーズの主役宇宙船ですが、今回はゲストメカ扱い。
 このドラマの主役宇宙船はNCC-1031 U.S.S.ディスカバリー。
 60年代のオリジナルシリーズと同じ艦ということ。
 でも、今風にデザインはアレンジ。
 設定全長も大幅に伸びていました。
 劇中での活躍は短かったけれど、かっこよかった。
 けれど・・・。
 模型は小さい。
 1/2500スケール。
 同社製品は1/1000でなかなか見応え、手応えがありました。
 ディスカバリーシリーズから急にサイズダウン。
 時代設定はオリジナルより前。
 でもなぜか宇宙船は大型化しています。
 それでスケールダウンしたみたい。
 その設定で1/1000展開するととんでもなく大きな模型になる・・・。
 立体的なデザインのおかげで、組み立てるとそれなりの迫力に。 
 でも20㎝弱。
 表面の塗り分けやディテールの殆どをデカールで再現。
 私はこの方式が大大大大大嫌い。
 船体全体をデカールで包むように作業する感じ。
 ラッピングバスと同じような発想。
 模型は小さいのにこのちまちました作業。
 とってもとっても面倒でした。
 デカールが途中でちぎれることもありました。
 何枚かは貼るのを断念。
 模型が小さいのが幸いして貼らなくても目立たない。
 おまけに色が暗めのシルバー。
 余計に目立たなくて済みました。
 エンタープライズは白っぽいはず。
 この艦に関してはなぜかシルバーでした。
 Imgp0106
 (上 ディスカバリー版 エンタープライズ(1/2500スケール 下 オリジナルシリーズエンタープライズ(ノンスケール完成品)
 オリジナルシリーズと同じお方のはずなのに。 
 その後、再塗装されるのでしょうか。
 デザインはオリジナルシリーズのと劇場版の間みたいな感じ。
 Imgp0102_20200102081801
 (上 オリジナルシリーズ版 下 劇場版 ノンスケール完成品) 
 私は劇場版のデザインが好きです。
 DVD BOXのおまけに付いてきた劇場版模型と比較。
 金属製の模型で地を活かした未塗装品。
 劇中のは白っぽい。
 オリジナルシリーズ版を改装してこうなったという設定。
 だからこの三種類はみな同じお方。
 Imgp0101
 ディスカバリー版のプラモデルもこれくらいの大きさがあったらねぇ・・・。

 本日の自転車走行距離 17キロ
 
 今日であったねこ 5

 ディスカバリー版 エンタープライズ

https://item.rakuten.co.jp/amiami/toy-scl3-08817/

| | コメント (0)

2019年12月29日 (日)

「スタートレック ディスカバリー」 2ndシーズン

 「スタートレック ディスカバリー」の2ndシーズンDを観終わりました。
 今月初旬に届きました。
 Imgp2018
 なかなか連続して観られませんでしたが、ようやく最終話を観られました。
 実はファーストシーズンはあまり面白いと思いませんでした。
 Imgp2019
 続きのDVD発売が予告されたものの「もういいか」という気になりました。
 今まで展開していたシリーズは1シーズン26回。
 今回のシリーズは12回。
 お得感に欠けます。
 それもためらった理由の一つ。
 撮影技術や表現方法が飛躍的に進歩したぽ陰で見ごたえははるかに上。
 いろんな要素が盛り込めるのでごちゃごちゃ見にくく感じることも・・・。
 最終話にシリーズの顔「NCC-1701 U.S.S.エンタープライズ」が登場。
 「2ndシーズンに続く」という感じで終わり。
 これは気になります。
 ということで迷った末に予約しました。
 「ディスカバリー」は60年代にできた最初のシリーズのちょっと前の物語。
 デザインなど今風になっていますが、オリジナルシリーズより古いお話。
 JJエイブラムス版は別な歴史でのお話です。
 こちらははつながってる。
 エンタープライズもカーク船長ではなく、先代のパイク船長の時代。
 パイク先生、オリジナルシリーズにもちゃんと出ているお方。
 JJ版でも再登場して有名なお方になったよう。
 今回そのお方が準主役。
 エンタープライズもデザインが変更になりました。
 全長も伸びたみたい。
 その辺りの設定は今風にアレンジ。
 でも最初と最後に出てくる程度。
 途中は全くといっていいほど出番はありませんでした。
 最終回ではしっかり活躍しますので大満足。
 全体の物語も面白かった。
 メイクイングを観ると制作しながらまとまっていったようです。
 始めから考えられていた展開でなかったというのが驚きでした。
 制作陣も語っていましたがよくまとまったって。
 たしかに。
 Imgp2020
 (「スタートレック ディスカバリー」DVD 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」)
 
 本日の自転車走行距離 25キロ
 
 今日であったねこ 2

 「スタートレック ディスカバリー 2ndシーズン」

 https://item.rakuten.co.jp/hmvjapan/10254157/

| | コメント (0)

より以前の記事一覧