2019年5月24日 (金)

ご家庭で出来る手軽な「NCC-0514 U.S.S. KELVIN」

 NCC-0514 U.S.S.kELVINのプラモデルを作りました。
https://biccamera.rakuten.co.jp/item/0707600109767/
 Imgp0816
 映画「スタートレック」登場の宇宙船です。
 物語の冒頭に登場。 
 悪もんと遭遇、抵抗むなしく破壊されてしまいます。
 物語の発端に貢献する重要な役。
 その為しっかり細部までデザインされていて好きなキャラクターです。
 映画が公開されて10年近く。
 ようやくプラモデルになりました。
 1/1000なので他の連邦宇宙艦とも並べられます。
 Imgp0823
 円盤部が人が暮らすところ。
 Imgp0819
 円盤の上は機関部とちび宇宙船発着場。
 Imgp0818
 艦底にはエンジンナセルと呼ばれる推進装置。
 Imgp0817
 普通の連邦宇宙艦とは構造が逆になっているのも面白いデザイン。
 「スタートレック」の宇宙船はエンジンナセルは二本でひと組。
 Imgp0824
 (標準的なデザインの連邦宇宙艦プラモデル)
 これで光速を越える速度を得るという設定。
 例外的に3本や4本も登場しました。
 それが1本しかないのはどうなの?
 推進力は稼げるの?
 エンジンナセルは複数あったほうがデザインも安定すると思います。
 でもデザインとしてまとまっているのが見事なところ。
 塗装の際、「アズテックパターン」という変な模様を付けるのが一苦労。
 下地にシルバーを塗って、細かく切ったマスキングテープをそれっぽく配置。
 Imgp0827
 白っぽいグレーの缶スプレーをで軽く塗装。
 Imgp0828
 Imgp0829
 乾燥後、マスキングテープをはがします。
 その上から白っぽいグレーを再塗装。
 下地のシルバーが「なんとなく見える」ところで塗装終了。
 「連邦宇宙艦」本体のはこの方法で塗装。
 映画公開後まもなく手に入れたガレージキット版と並べてみました。
 Imgp0821
 こちらは確か1/1400スケール。
 Imgp0822
 今回のプラモデル版の方が大きくていい。
 
  本日の自転車走行距離 32キロ
 
 今日であったねこ 3

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

古墳で宇宙に

 先日訪れた国立歴史民俗博物館。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/05/post-b52583.html
 古墳の再現模型を見ました。
 Imgp0717
 古の時代でなく、なぜか遠い未来。
 60314504_2277547845658401_40157337252821
 未知なる宇宙に思いを馳せてしまいました。
 Imgp0761
 本日の自転車走行距離 31キロ
 
 今日であったねこ 5

| | コメント (0)

2019年2月15日 (金)

ご家庭で出来る手軽な「ドレットノート級」

 「宇宙戦艦ヤマト2202」登場の宇宙船「ドレットノート級主力戦艦」
 半年くらい前に作りました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/07/post-a09f.html
 先日「「アンドロメダ級DX」を作りました。
 接着剤も塗装も不要なキットです。
 缶スプレーで塗装してみました。
 「さささっ」と塗装しただけですが見栄えが全然違う。
 良くなりました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/02/dx-5027.html
 「ドレットノート」もこれに合わせて塗装することにしました。
 接着剤を使ってないので分解できます。
 塗分けしやすいように分解分解。
 塗装作業にかかりました。
 随分前に作ったのに新品のようになりました。
Imgp0557
Imgp0559  
 すんごく新鮮な感じです。
 グレー一色なのに印象がまるで変わりました。
Imgp0558
 先に塗装した「アンドロメダ級」と同じ雰囲気になりました。
Imgp0560
 ようやくテレビ放映でも活躍し始めました。
 好きな宇宙船ですが、けっこうやられちゃいます。
 「草薙のつるぎ子」みたいなのに「ぶっすり」刺されちゃいました。
Imgp0556
Imgp0563
Imgp0561
Imgp0562
 もうすぐ色違いも出てくるようです。
 グレーの方が好きですけどね・・・。
 
 本日の自転車走行距離 6キロ
 
 今日であったねこ 2

| | コメント (0)

2019年2月 3日 (日)

ご家庭で出来る手軽な「アンドロメダ級DX」

 年末に届いたプラモデル「アンドロメダ級DX」
 組み立て説明書に改造例が出ていました。
 普通、説明書にはその製品の作り方と塗装例が出る程度。
 別な模型の部品を使う改造例が出ているのはまれです。
 それが面白かった。
 簡単にできそうだったのでやってみることに。
 年明けに別な模型「宇宙戦艦『銀河』」を買いました。
 作例はこの模型の部品を使っていました。
 改造用の母体は「アンドロメダ級DX」は使わないことに。
 すでに作った「アポロノーム」を使いました。
 1月は丸々その改造に。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/01/post-fd1b.html
 新購入の「アンドロメダ級DX」は説明書だけで未開封のまま。
 「アポロノーム」改造の「アクエリアス」が完成。
 缶スプレーの簡単塗装でだけですが、結構見栄えがよくなりました。
 塗装せずに作れるキットです。
 見栄えが良かったので「アンドロメダ級DX」も塗装することに。
 到着からひと月経ってようやく制作開始しました。
Imgp0442
 普通の「アンドロメダ」と空母型の両方が作れるようになっていました。
Imgp0439
Imgp0444
Imgp0445
 艦橋を取り換えるだけで両方が再現できます。
Imgp0443
 「一粒で二度おいしい」
Imgp0454
 グレーに塗装した「アンドロメダ級」が完成。
 艦橋の交換作業は意外と面倒。
 接着剤不要のキットなので作業自体は簡単です。
 しかし、トゲトゲした部品が多いデザイン。
 破損しないようにするのが大変。
 普段は「空母型」にしておくことにしました。
Imgp0446
 付属のちび艦載機がいつの間にかたくさんになっていました。
Imgp0453
 こんな小さなものを塗装する気にはなれないのでそのままに。
Imgp0441
 空母型なら「三重塔子」も搭載することができますし。
 
 本日の自転車走行距離 8キロ
  
 今日であったねこ 13

 
 

| | コメント (0)

2019年1月29日 (火)

ご家庭で出来る手軽じゃなかったアクエリアス

 年末にプラモデル「アンドロメダ級DX」が届きました。
Imgp0409
 (アンドロメダ級DX組み立て説明書 大きさ対比用「草薙のつるぎ子(足付き)」)
 「宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち」登場の宇宙船。
 劇中登場のアンドロメダ級が各種作れるキットです。
 オリジナルでは1隻だった「アンドロメダ」が今作はやたら出ます。
Imgp0407
 組み立て説明書にオリジナルの作例がありました。
Imgp0406
 劇中には登場しないそうですが、面白い。
 こういうバリエーション展開ってものすごく好きです。
 中でも目を惹いたのは宇宙戦艦「銀河」の部品を使った作例。
Imgp0408
 「銀河」はテレビアニメに登場するらしい・・・。
 テレビ放映ではまだ登場していませんが、模型は発売中。
 「ヤマト」の艦橋の形が違う姉妹艦。
 ヤマトシリーズは映像化の度に観ています。
 でも肝心の「ヤマト」は好きじゃない・・・。
 あまりかっこよく見えないのです。
 子どもの頃も「ヤマト」は買わず。
 「ヤマト」以外の模型を作っていました。
 でもこの「銀河」、「ヤマト」より少し好き。
 艦橋の形が「YAMATO2520」の「ヤマト」を意識したみたい。
 シドミード氏デザインのこの「ヤマト」は好きです。
Imgp0400
 模型を買おうか迷いながら、買わないままに。
 「アクエリアス」っていいね・・・。
 「銀河」があれば手軽にできそう。
 以前作った「アポロノーム」を組み替えて「アクエリアス」にしましょう。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2018/04/post-5f5c.html
 改造計画がむくむく湧いてきました。
 「銀河」を買ってきました。
 「アンドロメダ級DX」を買ったた人は同じようなことを考えたようです。
 売れ残っていた「銀河」があっという間に無くなりました。
 作例では「銀河」の艦橋が「ぽん」とはまるように書いてありました。
 しかし・・・。
 実際は「ぽん」とははまらない。
 切ったり貼ったりの加工が必要でした。
Imgp0415
 Imgp0416
 Imgp0417
 「銀河」と「アポロノーム」の艦橋基部を一つに融合加工。
 その加工が上手くいけば「ぽん」とはまりました。
 あとは組み立てで完成です。
 「銀河」と「アポロノーム」では色が違うので塗装をすることに。
 軍艦色のカラースプレーでさささっ。
 「銀河」には大きなドーム型の窓がついています。
Imgp0412
 作例の「アクエリアス」では形状を作り変えていました。
 そこまで一緒にする必要を感じなかったのでそのままに。
 軍艦に大きな窓があるのもおかしいのでグレーに塗装。
Imgp0401
 キットには透明と半透明の窓パーツがついています。
 半透明の方を塗装して組付けました。
Imgp0402
 接着していないので透明窓と交換も可能。
 「アンドロメダ級DX」には「アンドロメダ改」用の艦首が付属。
 それを付けてみました。
 Imgp0405
 遮光器土偶みたい・・・。
 あまり手間をかけずに完成させました。
 以前作った「アンドロメダ」と並べました。
 「アンドロメダ」は塗装せず、キットのまま。
 グレー一色ですが、塗ったほうが重厚な感じがしていい。
Imgp0404 Imgp0403

 一つ困ったことが。
 「銀河」の部品がほぼ丸ごと一隻分余ったこと。
Imgp0410
Imgp0411
 今のところいい利用方法を思いつかず・・・。
 「アポロノーム」から外した飛行甲板も余りました。
Imgp0413
 「アポロノーム」は「三重塔子」が搭載可能な数少ない宇宙母艦。
Imgp0414
 甲板と「銀河」を合わせてそれらしい宇宙船を作れる???
 な~んかかっこ悪いので、やらないと思います。
 
 本日の自転車走行距離 32キロ
  
 今日であったねこ 7

| | コメント (0)

2019年1月 5日 (土)

スタートレック・ディスカバリー

 「スタートレック・ディスカバリー」のDVDを買いました。
Imgp0096
 シリーズ最新作。
https://ja.wikipedia.org/wiki/スタートレック:ディスカバリー
 テレビシリーズですが、テレビじゃやらない・・・。
 ネット配信。
 そういうのに疎いので今まで観ることができませんでした。
 新作映画かシリーズから設定も随分変わりました。
 今度のも随分変わるみたい。
 最初の「スタートレック」の10年ほど前のお話だそうです。
 一応「正史」に続くお話。
 新作映画シリーズは「別な次元でのお話」で「正史」にはつながりません。
 けれど、敵キャラクターなど随分とデザイン設定が変わりました。
 「ほんとに『あの時代』につながるのぉ?」という不安も。
 まあ、視聴しにくいし、観なくてもいいかな・・・。
 
半分興味を失っていました。
 
DVDの発売を知り、迷った挙句買うことにしました。
 
暮れからの休みを利用して、全話見終えました。
 「面白かった!」
 この先「違うところ」の辻褄が合うような展開になるとは思えません。
 「それはそれ」として楽しむべきなのでしょう。

 本日の自転車走行距離 9キロ

 今日であったねこ 12

| | コメント (0)

2018年12月14日 (金)

隔週刊スタートレック スターシップコレクションのNCC-1941 U.S.S.ボーズマン

 隔週刊スタートレック スターシップコレクションを定期購読しています。
 中学3年生の夏休み、映画第一弾を観ました。
 以来、このシリーズが好きなのです。
 最新号は「NCC-1941 U.S.S.ボーズマン」という宇宙船の模型。
 これが出るのを心待ちにしていました。

Imgp0284
 Imgp0285
 Imgp0286
 Imgp0287
 同シリーズ登場「NCC-1864 U.S.S.リライアント」撮影用模型の改造品。
 プラモデルでも作れそうな感じでした。
 数年前に1/1000リライアントプラモデルで改造に挑戦。
 その時に「いい参考資料になるのに」と思っていました。
 しかし、出る気配はありませんでした。
 結局インターネットで探した画像を頼りに制作しました。
Imgp0288
 今回待望の商品化。
Imgp0289
 作ったのはいつだったっけという程時が経ちました。
Imgp0290
 Imgp0292
 Imgp0293
 見比べてみるとところどころ違いがありました。
 四方に出っ張っている大砲みたいな部品。
 付属冊子では「センサー」という説明でした。
 これが思ったよりも小さかった。
 出っ張っているせいもあり、参考画像では大きく見えたんよ。
 取り外せるように作ったので、外して作り直しは出来ます。
 まあ、すぐにはやらないでしょうけれど・・・。
 
 本日の自転車走行距離 38キロ
 
 今日であったねこ 4
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「あの素晴らしい愛をもう一度」と「いちご白書をもう一度」は、間違いやすい。

| | コメント (0)

2018年11月10日 (土)

ご家庭で出来る手軽な「1/537 NCC-1701 U.S.S.エンタープライズ

 1/537U.S.S.エンタープライズが完成しました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2018/08/1537-697f.html
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2018/10/1537-uss-6cae.html
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2018/11/1537uss-a84b.html
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2018/11/post-4dda.html
Imgp0012
(完成したエンタープライズ 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」)
Imgp0002
 恐らく人生で一番たくさん作ったキットです。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2018/06/post-065f.html
Imgp0003
 かつて、より高い完成度を求めて何度も作り直しました。
Imgp0004
 作るたびに「ここがまずかった」との反省点が浮上。
Imgp0005
 スタートレック映画の新作が数年おきに公開されていた頃。
 その度に再版されていたので手に入りやすかった。
 作り直しが出来たら、古くなった船体は解体。
 劇中登場の同じ部品を使った別な艦に改造して楽しみました。
 今回、ひっさしぶりの再版。
 慣れた模型なので簡単に行くはずでした。
 真剣に作っていたあの頃より、完成度にこだわってないし。
 老眼も始まっています。
 細かなところに文字通り目が行き届かない・・・。
 各部を作って塗装。
 それらを接着すれば完成で~す!!
 の筈でした・・・。
 しかし、その各部の接着部分に大きな隙間が出来る・・・。
 ああ・・・。
 1970年代末の製品。
 それもアメリカ製。
 大まかなんです・・・。
 最近のプラモデルは製造技術が格段に向上。
 パーツの合わせ目が目立ちにくくなっています。
 これは目立たないどころか明らかな隙間が出来る・・・。
 そうだった・・・。
 そういうキットだった。
 何回も作り直したキットでした。
 お社を立て直す式年遷宮たというのがあります。
 あれは建築技術の継承という意味合いもあるそうです。
 知らずに、私も自分で自分の技術を継承していたようでした。
 それが途絶えていました。
 作り直しはそれなりに意味があったんだ・・・。
 と、式年遷宮の意義に無理やり意味を結び付けて考えました。
 さて、次の工程は「つなげて完成」の予定でした。
 しかし、隙間を埋めてその部分に再塗装。
 その作業を繰り返し、ようやく完成。
 エンジンナセルと呼ばれる部分の隙間はそのままに。
 付属のデカールを貼ったので再塗装が出来ません。
 ここはもう「目をつぶる」ことに。
 航海灯などは透明部品で出来ています。
 これをクリア系の塗料で塗る予定でした。
 ところが作業中にマスキングが外れて塗料が付きました。
 仕方ないので、シルバーで下地。
 その上からクリア系で塗装。
 そうすると光っているように見えます。
 右がクリアグリーン、左をクリアレッドに。
 無色のランプは下地のシルバーのみ。
 これで「白く光ってる」と思い込むことにしました。
 後の作業はこのランプの塗装だけ。
 そうなると面倒でまだ放っておいています。
 「ちょんちょん」と塗料を塗るだけなのでいつでもいいです。
 エンジンナセルも少々歪んでつきました。
 これも直す必要がありますが、ひとまずこれで良し。
 剥がして再接着するにはまたひと手間かかりますから・・・。
 かつては、電球を仕込んで映画のような電飾を再現していました。
 今回はディフレクターと呼ばれる部分のみ光るようにしました。
 劇中もここが青く光ってかっこいい。
 ここからパワーが出て、宇宙空間に散らばるごみを蹴散らす装置。
 使わなくなった自転車用のLEDランプを仕込みました。
Imgp0009
 (仕込んだものと同じキャットアイのLEDランプ、これは後方用の赤)
Imgp0013
 (点けるとこうなります。大きさ対比用「草薙のつるぎ子」)
Imgp0011
 Imgp0010
 ディフレクターは透明部品ではありません。
 白いプラスティック。
 幸い白なので光が透けて見えます。
 以前もこの部品の後ろに青く塗った豆電球を仕込みました。
 その要領でLEDランプを仕込みました。
Imgp0006
 ディフレクター部分は接着せず、点灯の際は外して切り替え。
Imgp0007
 隙間から青い光が漏れますが、気にしない、気にしない。
 どうせ点けても数分のこと。
Imgp0008
 点けっぱなしにはしませんから。
 いくつかの改良点の課題を残しながらも完成しました。
 
 本日の自転車走行距離 31キロ
 
 今日であったねこ 12
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「ひと手間」と「人手間」と「ねこ手間」は、間違いやすい。
 

 

| | コメント (0)

2018年11月 7日 (水)

のど元過ぎれば大きさ忘れる

 1/537 U.S.S.エンタープライズを作っています。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2018/11/1537uss-a84b.html
 円盤部と機関部の接着に成功しました。
 次は、「ワープエンジンナセル」という二本の推進器の接着。
 「スタートレック」世界の宇宙船は対になったナセルが標準装備。
 これで光速を越える推進力を得る設定。
 この接着がまた面倒・・・。
 片側ずつ、確実に接着します。
 先ず左側から接着することに。
 接着剤をたっぷりつけて、位置を決めてからそこで固定。
 あとはひたすら、固まるまで安静にして寝かせます。
 ナセルが付いた姿を見てしみじみと思うことがありました。

Imgp1597
 「でかい!!」
 確か、組み立てると45㎝を越えるはず。
 かなり大きな模型です。
 片側でもナセルを付けると完成全長と同じになります。
 その圧倒的な存在感は素晴らしい!!
 しかし・・・・。
 飾るに困る、しまうに困る、そんな存在。
 「何だって困難に大きいんだろう!!」
 今回数十年ぶりに手に入れて作りました。
 それ以前は家に必ず二隻はありました。
 そう、二隻あったのです。
 「NCC-1701 U.S.S.エンタープライズ」
 「NCC1701-A U.S.S.エンタープライズ」
 映画3作目で「NCC-1701 U.S.S.エンタープライズ」はぶっ壊れます。
 4作目で同じ形の「NCC-1701-A U.S.S.エンタープライズ」が登場。
 違いは末尾の「A」
 模型のデカールにも「A」が追加されました。
 それで「無印」と「A印」の二隻を揃えていました・・・。
 かっこいいけど邪魔・・・。
 そんな風に思っていた時期もありました。
 以降シリーズでエンタープライズの名を継ぐ慣習が生まれました。
 末尾のアルファベットが進んでいくの。
 世界観が広がる面白い設定となりました。
 2000年代に入って1/1000スケールのエンタープライズが発売されました。
 30㎝ほどの大きさ。
 手ごろな大きさ。
 長い間、こういう大きさの模型の発売を待っていました。
 勿論、「NCC-1701」と「NCC-1701-A」の二隻をこのサイズでも。
Imgp1604
 (1/1000エンタープライズ、エンタープライズA)
 邪魔にならない。

Imgp1606
 (完成間近の1/537エンタープライズ 1/1000エンタープライズ)
 もうあの大きなエンタープライズはいりませ~ん。
Imgp1605
 そんな風に思ったものです。
 そ、そ、そ、それを思い出しました・・・・。
 現物を見るまで実感としてわかなかった・・・。
 そうだ・・・・。
 この模型でかいんだ・・・。
Imgp1607
 (1/537 1/1000エンタープライズ 大きさ対比用「縄文さん」)
 十数年ぶりの再版に、つい注文してしまいました。
Imgp1599
 「のど元過ぎれば大きさを忘れる・・・」
 
 本日の自転車走行距離 50キロ
 
 今日であったねこ 10
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「のど元過ぎれば熱さ忘れる」と「のど元過ぎれば大きさ忘れる」は、間違いやすい。

| | コメント (0)

2018年11月 6日 (火)

1/537U.S.S.エンタープライズ完成までもうちょっと

 1/537エンタープライズ、完成までもうちょっとです。
 途中で中断したこともありましたが、制作再開。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2018/10/1537-uss-6cae.html
 円盤部が出来たので、次は胴体。
Imgp1566
 乗組員は円盤部で暮らして、胴体は機関部とちび宇宙船の発着場という設定。
 胴体部分にLEDを入れて青く光るようにしてみました。
 使わなくなった自転車用のLEDランプを使うことに。
 LEDランプが仕込めるように改造。
Imgp0921
Imgp0922
 Imgp0933
  Imgp0934
  Imgp0935
  スイッチは模型の部品を接着しないで使うことに。
  点灯の際はいちいち外して、ライトを取り出して点灯。
  戻して点灯した状態を楽しむ方式に。
  点けっぱなしにはしないし、付ける機会もそう多くないでしょう。
  その程度の手間ならOK。
  仕込み作業も終えて、塗装作業に。
  だんだん形になってきました。
  後は各部の接着。
  これが大変、面倒です。
  この模型は大きいので、しっかり接着させるのに一苦労。
  固定させて、接着剤が固まるまで寝かせます。
Imgp1591
  寝かせている所にねこもやってきて、一緒に寝かせました。
 Imgp1594
 本日の自転車走行距離 31キロ
 
 今日であったねこ 9
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「釣り倶楽部」と「釣り比べ」は、間違いやすい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧