2018年8月16日 (木)

ご家庭で出来る手軽なディファイアント級宇宙船

 ポーラライツ製1/1000U.S.S.ディファイアントが完成しました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2018/08/11000-9978.html
Imgp1054
Imgp1055
Imgp1056
Imgp1057
Imgp1058
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2018/08/11000-e944.html
 キット付属のデカールはマーキングに使った程度。
Imgp1053
 殆どの部分を塗り分けました。
Imgp1052
 ちょっとはみ出したところもありましたが、何とかうまくいきました。
 同社の1/1000 U.S.S.エンタープライズと並べました。
Imgp1059
 同一世界観で、同スケールのものを並べるとなんだかドキドキします。
 以前作ったガレージキット版のディファイアント級と大きさ比較。
 箱を開けた時は、ガレージキットと同じ大きさと思いました。
 比べたら今回のプラモデルの方が一回り小さい。
Imgp1066
 (左 ガレージキット版 右 プラモデル版)
 完成すると一目瞭然。
 重ねても瞭然。
Imgp1067
 ガレージキット版はレジンという樹脂でできています。
 ワンパーツで全体がレジンの塊です。
 もつと結構重いです。
 一方プラモデルは中味はがらんどう。
 とても軽いです。
 でも、同じ形、色なので、重い感じがします。
 ついついガレージキット版を持ち上げるような感じで手にします。
 「あ・・・、こっちは軽いんだっけ」
 この宇宙船のデザインはかなり気に入っています。
 いつの間にか模型も集まっていました。
Imgp1065
 この他に3種類ちび模型があります。
 今回はしまった場所を探すのが面倒でお披露目は無し。
 皆重ねると亀みたい。
Imgp1068
 デザインも亀をイメージしたみたいですからこれでよし。
Imgp1069  
 (ディファイアント 大きさ対比用「三重塔子」)

 本日の自転車走行距離 32キロ
 
 今日であったねこ 13
 
 今日の間違いやすい探し

 「押し問答」と「引き問答」は、間違いやすい。


 
 
 

| | コメント (0)

2018年8月13日 (月)

スペースシャトル コロンビア

 退役したスペースシャトル「コロンビア」
 第二の任務についていたのを発見。
 Imgp0881
 本日の自転車走行距離 51キロ

 今日であったねこ 7

 今日の間違いやすい探し

 「オリビア ハッセ―」と「コロンビア八世」は、間違いやすい。

| | コメント (0)

2018年8月11日 (土)

ご家庭で出来る手軽な1/1000ディファイアント

 台風で予定していた企画が中止になりました。
 この為にQ日にしていたのに・・・。
 ちょうど1/1000ディファイアントのプラモデルを作りかけていました。
Imgp1013
 一気に作業が進められそうと、「創作の日」にあてました。
 形状はシンプルなので制作は簡単。
 塗分けをせずにデカールを貼るだけでも再現可能なキットでした。
 迷った末、塗り分けすることに。
 以前作ったディファイアントを参考に。
Imgp1014
 こちらはプラモデルではなく、「ガレージキット」と呼ばれる物。
 随分前に買いました。
 レジンというプラスチックの親戚みたいなもので出来ています。
 部品は何とこれ一つでした。
 箱を開けると真っ白いディファイアントがごろっと入っていました。
 下処理をして塗装をするだけのキットでした。
 その下処理が大変でした。
 小さな気泡が全体にありました。
 それをひとつひとつパテで埋めて整形。
 型抜きの時欠けた部分もあって、それの復元も大変でした。
 大きさは今回の模型より一回り大きい。
 それにしてもな~んでワンパーツなんだろう?
 今回のプラモデルはそれなりに分割されていました。
 小さいので面倒だなと思いました。
 しかし、過去に似たようなことをやっていました。
 しかも二度も・・・。
 画像のディファイアント級は、ともにガレージキット。
 購入時期もメーカーも違います。
 ほぼ同じ大きさ。
 そして両方ともどういう訳かワンパーツ。
 下地処理は大変でした。
Imgp1015
 (左 U.S.S.ディファイアント 右 同型艦 U.S.S.サンパウロ 真ん中ちびはスターシップコレクションのディファイアント)
 ということで今回の模型も塗り分けすることに。
Imgp1017
 思いもかけず時間が取れたので作業が進みました。
Imgp1023
Imgp1030  
Imgp1031
 説明書通りに作ると、各部組み上げてから塗装に入ります。
 分割して組み立ててから塗装できるよう小改造しました。

 本日の自転車走行距離 18キロ

 今日であったねこ 5
 
 今日の間違いやすい探し

 「カウントゼロ」と「関東ゼロ」は、間違いやすい。

">

 

| | コメント (0)

2018年8月 5日 (日)

1/1000 ディファイアント到着

 1/1000 U.S.S.ディファイアントの模型が到着しました。
Imgp0961
 「スタートレック」シリーズ登場の宇宙船です。
 このデザインがかなり好きです。
 確か11月発売予定だったはず。
 予約しておきました。
 その後、遅れて遅れて・・・。
 海外製品ではよくあることです。
 しかし、とうとう「発売時期未定」にまでなりました。
 「本当に来るの?」と心配に・・・。
 しかし、先月末に遂に到着。
 う~ん・・・。
 エンタープライズを制作中。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/cat4800189/index.html
Imgp0867
 もう少し待ってほしかった気も・・・。
Imgp0871
 (制作中のエンタープライズ 大きさ対比用「縄文さん」)
Imgp0880
 でも到着はうれしい。
 模型は思ったよりも大きい。
Imgp0962
 広告では12㎝と書いてありました。
 「じゅうにせんちぃ??」
 小型の宇宙船という設定ですが、そりゃ小さい・・・。
 測ってみたら17.5㎝ありました。
 まあまあの迫力。
 一応170メートルの設定ですから。
 12㎝というのは何?
 横幅?
 簡単に作れそうなので、エンタープライズ制作は一時中断。
 細かな塗分けはデカールで再現できるようになっていました。
 これを張れば制作は本当に短期間で済みそうです。
 しかし・・・。
 デカールは張った後ちょっとした衝撃で傷が付きます。
 ここは面倒でも塗装にしておいた方が・・・。
 でも、折角ついているものも試してみたい・・・。
 迷いながら製作開始です。

 本日の自転車走行距離 0

 今日であったねこ 1

 今日の間違いやすい探し

 「スリランカ」と「スリラーカー」は、間違いやすい。

 
 

| | コメント (0)

2018年7月 8日 (日)

「スターウォーズ ハン・ソロ」

 映画「スターウォーズ ハン・ソロ」を観てきました。
https://starwars.disney.co.jp/movie/hansolo.html
 ここの所、スターウォーズの新作を観ていません。
 「ローグワン」というのを観ようと前売り券を買いました。
 しかし、休みの度に体調を崩して延期延期。
 行かれる日がなくなり、終わってしまいました。
 次の「最後のジェダイ」は、前売り券を買わないでおきました。
 前回無駄になってしまったから。
 公開前日テレビ放映された「フォースの覚醒」を観ました。
 映画館でも観たので内容は知っていました。
 改めて観ても「面白い」とは思いませんでした。
 それで次回作への興味が急にしぼみ・・・。
 行くのをやめてしまいました。
 さて今回の「ハン・ソロ」どうしよう・・・。
 な~んとなく面白そうな予感がしました。
 前売り券を買いました。
 宇宙船ミレニアムファルコンの模型も買って簡単に予習。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2018/06/post-5bff.html
 早目に行っとかないと、また何かで行けなくなるかもと劇場へ。
 映画は面白かった。
 行ってよかったです。
 出てくる人物が「スターウォーズ」にしては地球人っぽい。
 アメリカ人ぽいキャラクターと感じました。
 「遠い銀河」の物語にしては身近な・・・面白味が少なく感じがしました。
 以前のシリーズの方が「宇宙の物語」の感じが出ていたような・・・。
 ミレニアムファルコンは、今までとちょっと違う形。
Imgp0865
 先っぽが二又になって無くとがってる。
 ちび宇宙船が合体しているとか。
 劇中で壊れるんだろうなと予想してたら、見事的中。
Imgp0866
 だんだん「お馴染みの形」になっていきました。
 先っぽの尖ってデザイン好きだったのに・・・。
 最後の最後に「あんただれ?」というお方が登場します。
 よく似たお方を前のシリーズで観ました。
 でも、ずっと前の時代を描いたお話の中で死んだはず。
 蘇ったご本人か、よく似た別なお方かは謎のまま。
 ということはシリーズとして続くんね?

 本日の自転車走行距離 0

 今日であったねこ 1

 今日の間違いやすい探し
 
 「二又一成」と「とんがった一成」は、間違いやすい。 

   

| | コメント (0)

2018年6月29日 (金)

今までで一番作ったプラモデル

 AMTアーテル社の「NCC-1701 U.S.S. ENTERPRISE」が再版されました。
 何年振りの再版でしょう?
 私が人生で一番たくさん作ったプラモデルです。
 一番最初に手に入れたのは中学三年生の夏。
 「スタートレック」映画版の第一作が公開された頃。
 映画を観て「エンタープライズかっこいい!」と思ったのでした。
 架空の宇宙船の中で一番好きな宇宙船となりました。
 これはいまだに変わらない。
 後にシリーズ化して様々なエンタープライズが登場。
 それでもこのデザインが好き。

 その後、プラモデルが発売されていたことを知りました。
 輸入品だし、中学生だし、おいそれと手の出る価格ではありませんでした。
 確か、祖母から修学旅行用に貰ったお小遣いを節約。
 そこで浮かせたお金で買ったような記憶が・・・。
 まだ模型屋さんが店の名前が入った包装紙に包んでくれていた時代。
 包装紙で包んでくれると高級感があって好きでした。
 今はみんなレジ袋・・・。
 でかい箱で、自転車のフロントバックに乗せてゆっくり運んだのを覚えています。
 とにかく手に入れた時はうれしかった。
 それから数年後、「スタートレック2」が公開されました。
 その頃模型も再版。
 正規代理店が付いたのか、価格もかなり下がっていました。
 初代は作ったものの、デカールの貼り方とかを間違えていました。
 「も一度挑戦したい」
 もう一つ買いました。
 初代は分解して「スタートレック2」に登場する宇宙船リライアントに改造。
 本編に登場するリライアントもエンタープライズの型を利用したものでした。
 プラモデルの改造の「射程距離範囲」な気がしていました。
 しかし、こちらは完成まで数年かかりました。
 資料が集まらなかった、技術が伴わなかったなどが理由でした。
 二代目に当たるエンタープライズは、電Qを入れたんだったかな?
 ピカピカ光らせたかった。
 その後、映画は二年おきくらいに新作が公開されました。
 その度に模型は再版。
 ちび宇宙船がおまけに付いたり等仕様変更もありました。
 パッケージの絵柄も変わって楽しかった。
 その度に買い替えていました。
 より完成度の高い模型に仕上げるというのがライフワークに。
 「ライフワーク」という言葉を覚えたのもその頃でした。
 戦艦大和の模型を延々と作り続けている人がいるらしい。
 「ライフワーク」としているんだって。
 そんな人もおるんね・・・。
 模型誌で知りました。
 それを真似て、エンタープライズを作り続けたのでした。
 「ライフワーク」という言葉に酔っていたあの頃・・・。
 完成度を上げるための別売り部品を利用して作ったことも。
 結局全部でいくつ作ったのでしょう・・・。
 それまでの艦は別な宇宙船の改造素材になりました。
 しかし、何度かの引っ越しの際にそれらすべて破棄。
 今や一つも残っていません。
 その後、小型で手軽なサイズのが別なメーカーから発売。
 1/1000という手ごろな縮尺スケール。
 因みにこのアーテル製は1/537という妙に割り切れない数値。
 「このくらいの大きさの商品とにしよう」としたのでしょう。
 後から割り出したら1/537という数になったのでしょうね・・・。
 新しい小さなのがあればいい。
 全長30センチというのは本当に手ごろ。
 そちらの方が完成度も高いし。
 因みにアーテル社のは45㎝。
 デザインが立体的なのでとても大きく感じました。
 アーテル社の製品は、もう再版されることはないかね・・・。
 そう思っていました。
 ら・・・。
 10年・・・もっとそれ以上ぶりに再版。
Imgp0788
 (1/1000エンタープライズと 1/537 エンタープライズの円盤部)
 ひっさしぶりに作ってみようか・・・。
 模型製作の虫がムズムズ。
 大きくて重くて壊れやすく、飾るに困る、しまうに困るんですけどね・・・。
 宇宙空間で使うので重力下で制作、展示、保管には向きません。
36064358_460810114332176_8093617499
 先日それが到着しました。
 製作開始。
 映画二作目で再版された時、キットはマイナーチェンジされました。
 船体にレンガを敷き詰めたようなデティールが追加されました。
 「あ、かっこよくなった」
 それを見た時は思いました。
 でも、撮影用の模型にはそんなデティールはないんだって・・・。
 レンガを敷き詰めたようなデテールは塗装だそうで。
 アステカ文明の遺跡にありそうなデザインの模様。
 アズテックパターンと呼ばれています。
 シリーズ登場の連邦宇宙艦全てに施されました。
 つまり模型のそれは間違い・・・。
 メーカーは良かれと思ってしたようですが・・・。
 模型誌で耐水ペーパーで削り落とした作例を紹介していました。
 今回の模型もその時の仕様のままでした。
 ああ・・・、どうしよう。
 面倒な作業・・・。
 20代の頃していたような「より高い完成度」はもう目指していません。
 その頃だって、削り落としはしませんでした。
 「このままでいいか」と妥協してました。
 今回は「どうしようかなぁ~」と迷いながら製作開始。
Imgp0773
 (この光景本当に久しぶりに目にします)
 やってみようか・・・。
 因みに他社発売エンタープライズの模型の表面はつるつる。 
 180番の耐水ペーパーでガシガシ。
 このブロックパターンなかなか落ちない・・・。
Imgp0790
 (毛細血管のように見えるのが消し作業中のブロックパターン)
 ガシガシ削り落としの作業が猿々と続きます。
Imgp0787
 10代の頃と同じようなことをしています。
 「作る」ということが好きなんだと思います。
  
 本日の自転車走行距離 9キロ
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し
  
 「ネコの行動学」と「根っこの行動学」は、間違って読みやすい。

 

| | コメント (0)

2018年6月28日 (木)

ご家庭で出来る手軽な「ミレニアムファルコン ランド・カルリジアン版」

 映画「スターウォーズ・ハン・ソロ」版のミレニアムファルコンの模型を作りました。
 「ランド・カルリジアンバージョン」だそうです。
 ランド・カルリシアンだと思っていたら「ジ」だそうです。
 最近直したとか。
Imgp0787
 今まで画面に登場していたのとはちょっと違うデザイン。
 スターウォーズ登場の宇宙船は好きです。
 ミレニアムファルコンは人気でいろいろな模型が出ています。
 かっこいいけど、少々飽きていたところ。
 今回は最初の映画に登場した時より元のデザインに近いという設定。
 デザイン画が決まる前の没デザインが参考になっているとか。
 あれま、結構いいじゃない。
 二又になった、先っぽがすぼまってとんがっています。
Imgp0785
 全く違った印象になって別な機体に見えます。
 そこが気に入って購入しました。
 とんがった先っぽは何?
 と思ったら、ちび宇宙船だそうです。
 分離したこのちび宇宙船がとてつもなくかっこ悪い・・・。
Imgp0788
 分離合体するみたい・・・。
 後に、無くなるので劇中のどこかでぶっ壊れるのでしょうね。
 このまま先がとがっていた方が好きだな・・・。
 最初のスターウォーズより10年前のお話だそうです。
 その後の改造もされていないので船体はとても綺麗。
 全体を白っぽいグレーで塗装してデカールを張って出来上がり。
 船室も再現できるようになっていました。
 けれど、そこまでの思い入れはなく、船室は作りませんでした。
 あくまで外側から見える分だけ。
Imgp0786
 いい模型ですが、欠点が二つ。
 着陸用に足が入ってない。
 窓に付ける透明部品がない。
 実際の映画に使う撮影用模型にも窓ガラスは入ってなかったそうです。
 照明が反射してしまうので撮影に邪魔。
 あえてガラス窓は入れなかったそうです。
 模型でもそれが再現できるように、「使わなくてもいいよ」と指示がありました。
 けれど、それは撮影用模型を使っていたころの宇宙船模型の話。
 最近の映画では宇宙船はすべてCGです。
 ガラス窓も再現もお手の物の筈。
 透明部品は入れておいてくれないと・・・。
 完成品は窓がスカスカで頼りない感じで嫌です。
 透明部品を入れた状態で「選んでね!」の方が親切。

 本日の自転車走行距離 8キロ

 今日であったねこ 1

 今日の間違いやすい探し

 「仏映画」と「仏教映画」は、間違って鑑賞しやすい。

| | コメント (0)

2018年6月24日 (日)

ご家庭で出来る手軽なNX-326 U.S.S.FRANCLIN

 U.S.S.FRANCLINの模型を作りました。
 映画「スタートレック・BEYOND」登場の宇宙船。
 物語前半で壊れてしまったエンタープライズ。
 後半で主人公たちをのせて大活躍します。
 以前、この映画のミニ模型付ブルーレイを買いました。
 そんなに好きなデザインではありません。
 キット化を知ってもおまけ模型で十分と考えていました。
Imgp0771
 しかし・・・

 スタートレックシリーズ久々の新製品です。
 どんな風に再現されているのか気になりました。
 そこで注文。
 届いたものを作りました。
 全長40㎝になる大型模型。
 アメリカ製の模型としては標準的な大きさです。
 全体的に平たいデザインで邪魔にならない大きさがうれしい。
 重量も軽めなのもうれしい。
 縮尺表示は1/350。
 それで全長40㎝だと、設定全長はかなり短い。
 200メートルに足らず。
 スタートレック登場の宇宙船の中でも小さめ。
 この宇宙船で遠くまで旅するのは嫌だな・・・。
 映画の画面ではその色が良く分かりませんでした。
 どうも、全体がシルバーなようです。
 劇中では不時着して100年間ほど放っておかれたという設定。
 だからいろいろと汚れていて、何色か判別しにくくなっていました。
 汚しをかけないできれいに塗装。
Imgp0767
 やはり大きいだけあって細かなところまでよくできていました。
 おまけ模型とは違う・・・。
Imgp0770
 これは作ってよかったぞ。
Imgp0768
 かっこ悪いけどかっこいい。
Imgp0769
 LEDなど電飾をしたい人向けに透明部品が多用されていました。
Imgp0772
 それはそれで嬉しいのですが、私は電飾はしませ~ん。
 ナビゲーションランプとか小さな部品が透明。
 ただでさえ、小さなものが見えにくくなっています。
 それが無色透明・・・。
 余計に見えない・・・。
 その部品を切り取って貼り付けるのが大変でした。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 2
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「わさにんみそ」と「ワニさんみそ」は、間違いやすい。


 

| | コメント (0)

2018年6月16日 (土)

シュレディンガーのプラモデル

 NCC-1701 U.S.S. ENTREPRISE。
 NX-326   U.S.S. FRANKLIN。
Imgp0704
 スタートレックシリーズ登場の宇宙船。
 その模型が届きました。
 でも箱をかけて見ると・・・・・。
 「シュレディンガーのねこ」
 Imgp0700
 彼のシュレディンガー先生、プラモデルはお好きだったでしょうか?

 本日の自転車走行距離 6キロ

 今日であったねこ 1

 今日の間違いやすい探し
 
 「1/537スケール」は、「1/500スケール」と間違いやすい。

 

| | コメント (0)

2018年6月13日 (水)

隔週刊スタートレック スターシップコレクション 延長

 隔週刊スタートレック スターシップコレクション定期購読しています。
Imgp0687
 最初は70号までの予定でした。
 それが延長され第二期に突入しました。
 その二期もそろそろおしまい。
 確か110号までだったはず。
 楽しかった時間もあとわずか・・・。
 のはずでした。
 しかし、最新の107号に第三期が始まる予告が入っていました。
Imgp0688
 あれま!
 嬉しいような、面倒なような・・・。
 面倒なのは「まだ続くのかぁ~」という思いが強くなって・・・。
 ちびちびしたやつらも増えるしねぇ~。
 冊子は読んだら余ほどいいものでなければ再生紙コーナーへ。
 宇宙船模型は気に入った物だけ保管することにしています。
 そうしないと保管場所の確保が大変です。

 本日の自転車走行距離 21キロ

 今日であったねこ 1

 今日の間違いやすい探し
 
 「そこの点を聞きたい」と「心太を聞きたい」は、間違いやすい。

 
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧