2019年6月26日 (水)

自転車用の錠の骨折

 自転車用の錠が骨折しました。
 ついつい「鍵」と呼んでしまいそうですが。
 「鍵」は開けるためのもの。
 本体は「錠」というのが正しいのでしょう。
 その錠。
 たぶん芯材はアルミ。
 くねくね曲がって、使わない時はフレームなどに巻き付けておける製品。
 以前、錠の部分が壊れたことがありました。
 鍵をさしたら、そのまま上の中身も抜けた。
 残された鉄製の輪がかかったままになりました。
 自転車が動かせない。
 出先でのことだったので困りました。
 やすりなどを買ってこないとダメかと思いました。
 幸い、錠の抜けた部分を壊すことができたので開錠に成功。
 次に買う錠はこういう時の為に壊しやすいものを選びました。
 普通はめったなことで壊れないものを選ぶのですが・・・。
 そこで見つけたのが「くねくね錠」
 芯材がアルミらしいので万が一錠が壊れてもやすり等で切れる。
 今までなら「ちゃちい」と選ばなかった品。
 使ってみると結構いい。
 フレームに巻き付けられるので場所を選ばない。
 鍵をささなくてもかけられるので便利この上ない。
 弱いけれど、もう一つ頑丈な錠も装備しているので保安上も安心でした。
 そのくねくね錠が骨折。
 アルミの芯材が折れました。
 いずれそうなるだろうとは思っていました。
 でも、早かったな・・・。
 使うたびにくねくねさせるので金属疲労も激しい。
 しかもアルミですから。
 買い替えですね。
 次も同じものにするかな・・・。
 処分するために軟質樹脂のカバーを切りました。
Imgp1053
 (骨折したくねくね錠 大きさ対比用「縄文のめが子」)
 骨折したので、カバーを外したらそこから二つに切れるはず。
 そう思っていました。
 ところが・・・。
 アルミ製(たぶん)の骨の他にワイヤーが入っていました。
 Imgp1054
 ワイヤーはスチール製(たぶん)。
 ありゃ、くねくね出来なくなっただけで、まだ使えたかね・・・。
 くねくねする芯材の他にワイヤーが入っていたとは。
 どうしよう?
 接着剤で切れ目を修復。
 もう一度そうして使うか?
 ウルトラ多用途接着剤を持っています。
 https://item.rakuten.co.jp/first23/iwa-bn1427/
 タイヤに穴が開いた時、これで埋めるといいと聞いて買いました。
 Imgp1055
 カバーに使われている軟質樹脂でも着くはず。
 ひとまず修理してみることに。
 
 本日の自転車走行距離 43キロ
 
 今日であったねこ 1

 

| | コメント (0)

2019年6月19日 (水)

ブロンプトンのペダルをXTRに

 先日、スートラのペダルを片側が普通の踏み面のSPDペダルに換えました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/06/post-3b5a2e.html
 元々付けていた両面SPDペダルは外して、折り畳み自転車ブロンプトンへ。
 Imgp0948
 ブロンプトンに付けていたペダルは今使っているもので最も古いもの。
 かなり傷んでいました。
 両面ペダルはXTRペダル。
https://item.rakuten.co.jp/ride-on/shi-pdm9120/
 シマノのビンディングペダルでは一番いいもの。
 付け替えて走行。
 Imgp0949
 あら軽い!
 Imgp0950
 走行感が軽い。
 新品ではない、使いかけ、しかも中古で買った物だったはず。
 流石XTR!
 シマノ最高峰の製品です。
 そう思ったものの、もう一つ思い出したことが。
 タイヤの空気を入れ直したばかりでした。
 走り出しの軽さはタイヤの空気圧のせいかも?
 確かにペダルはいいものに換えました。
 そんなに劇的に違いを感じられるものか?
 わからん・・・。
 少なくとも私のは分かりません。
 空気を入れ直すの一回待てばよかった・・・。
 
 本日の自転車走行距離 55キロ
 
 今日であったねこ 5

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

PD-T8000ペダルのフラット面を踏む

 先日、雨の日も走る全天候型自転車のペダルを換えました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/06/post-a4e0e9.html
 私の自転車艦隊はSPDペダルが標準装備です。
 ビンディングペダルで靴底の金具とペダルが一体化します。
 走行中靴がペダルから離れないので効率的なペダリングが出来ます。
 足首をちょいとひねると簡単に解除。
 とてもよく考えられた仕組みだと使うたびに感心しています。
 雨の日にビンディング仕様でない雨靴で乗りたい。
 その為に、片面が普通の踏み面のSPDペダルにしました。
 シマノのPD-T8000。 
https://item.rakuten.co.jp/bebike/shimano-pdt8000/
 片側がSPD、反対が普通の踏み面、リフレクター付き。
 Imgp1006
 雨の日の雨中航行で普通の雨靴で試しました。
 踏み面に滑り止めのイモネジが仕込んであります。
 それが靴底をしっかり押さえていてくれました。
 でも、やはりビンディングで「かちっ」と固定されないと不安な感じ。
 自転車の操作性が格段に落ちる。
 あの一体感は走行にかなり影響していたんだ。
 面白かったのは赤信号などで足を着く時。
 足首をひねるいつもの動作をしてしまいます。
 「今日はビンディングシューズじゃないんだ」
 だからひねらなくてもいいんです。
 しかし、ついついいつもの習慣で。
 
 本日の自転車走行距離 24キロ
 
 今日であったねこ 4

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

PD-T8000の使い心地

 新しいペダルPD-T8000に付け換えたコナのスートラ。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/05/post-5c119b.html
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/05/post-80338a.html
 交換後、初めて乗りました。
Imgp0913
 靴底のSPD金具の保持力が硬い。
 SPDシューズという専用の靴底の金具とペダルがくっつく仕組み。
 それによって効率的なペダリングが出来るシステム。
 靴はしっかりと固定されました。
 今まで使っているものが緩くなっていたわけではありません。
 そのままでは固すぎるので緩めたのでした。
 調整しないままだと結構硬いんだと再認識。
 この硬さでも十分SPシューズの着脱は出来ます。
 他のどのペダルも緩めているので、いずれ調整したくなるでしょう。
 随分前のことなので緩めたのを忘れていました。
 ペダルの回転が凄くいい。
 新品のすごさだと思います。
Imgp0914
 今まで付けていたペダルより重量は重いです。
 その重さを感じさせない 回転性能でした。
 片面はSPDではなく、フラットペダル。
 そちらを踏んでみました。
 靴が滑り落ちないよう、イモネジが仕込んであります。
 そのネジがしっかり靴底を抑えてくれている感じがしました。
 こりゃいい買い物をしました。
 
 本日の自転車走行距離 16キロ
 
 今日であったねこ 4

 PD-T8000
https://item.rakuten.co.jp/bebike/shimano-pdt8000/
 
  

| | コメント (0)

2019年5月31日 (金)

ブロンプトンのペダルをPD-M9020に

 スートラから外したPD-M9020ペダル。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/05/post-80338a.html
 折り畳み自転車ブロンプトンに装着します。
 この自転車にはPD-ES600の古い型を付けていました。
 PD-A520というペダルを気に入っていました。
 自転車艦隊全機標準装備になりました。
 その改良版。
 順次このペダルに買い換えたい。
 そう思いながらもペダルは早々壊れるものでなし。
 交換は「希望」のみになっていました。
 きっかけは忘れましたが、PD-M9020を購入。
 すごくいいペダル!
 PD-ES600よりこちらにしよう。
 結局このモデルは一つだけ買ったきり。
 順次PD-M9020に交換していきました。
 さて、余ったのはPD-A520。
 中古屋さんに売りに行きました。
 ひと組「壊れてる」と引き取りを拒否されました。
 「へ?」
 新ペダルに換えるまで使っていた物。
 そんな感触はありませんでした。
 言われてペダルの軸を手で回すと「ぐらぐら」
 本当だ・・・。
 ペダルといえども消耗品・・・。
 考えてみれば、一番力も体重もかかる部品。
 この経験が全機PD-M9020装着計画が早めたことは言うまでもありません。
 残すは折り畳み自転車ブロンプトンのみ。
 しかし・・・。
 この自転車にそんな高性能なペダルは必要か?
 高性能ですが高価です。
 PD-A520の改良版でもあるPD-ES600を装着しました。
https://item.rakuten.co.jp/bebike/shimano-epdes600/
 Imgp0886
 (PD-ES600装備のブロンプトン 大きさ対比用「鏡ちゃん)
 いずれ機会があったらPD-M9020を付けるかも・・・。
 全機標準化計画からブロンプトンは外されました。
 しかし、遂にその時が来ました。
 新たにPD-T8000に付け換えたスートラから外したPD-M9020。
 Imgp0887
 (左 旧型PD-ES600 右 PD-M9020 大きさ対比用「鏡ちゃん」)
 それを取り付けることにしました。
 Imgp0889
 外したペダル、随分長いこと使いました。
 複数の自転車に付け換えて使いました。
 何キロ走ったろう?
 軸を手で回しても「ぐらぐら」することはありませんでした。
 でも、寿命でしょうね。
 Imgp0890
 本日の自転車走行距離 50キロ
 
 今日であったねこ 13
 

| | コメント (0)

2019年5月30日 (木)

シマノPD-M9020をPD-8000に

 全天候型自転車にしているコナのスートラ。
 雨靴でもペダルが踏めるよう片側フラットペダルを買いました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/05/post-5c119b.html
 今まで付けていたペダルと交換。
 PD-M9020という製品を使っていました。
 「XTR」という銘柄。
https://item.rakuten.co.jp/falcon-bike/pa_shimano_ipdm9020_1/
 今回付けるのはPD-8000。
 「XT」という銘柄で、「XTR」より一つ下のシリーズ。
 ちょっとだけグレードダウン。
 しかし、「XTR」はシマノで一番いい銘柄。
 その一つ下ですから二番目にいいもの。
 確か中古品で買ったはずです。
 未使用、殆ど新品ということで買いました。
 あとでよく考えたら新品にはクリートという金具が付属します。
 クリートとはこのペダル専用の靴の底に付ける金具。
 この金具とペダルが固定されるのでペダリングにロスがなくなります。
 中古品なのでそれが付いていませんでした。
 新品との価格差はわずかでした。
 クリート付きな新品の方が良かったかも。
 と、「後悔後に立たず」な思いをしたものでした。
 Imgp0875
 先ずはそのXTRペダルを外します。
 Imgp0876
 (XTRペダル 取り付け前のXTペダル 大きさ対比用「縄文さん」)
 8ミリのアーレンキーで、ペダル根元のネジを回して緩めます。
 Imgp0878
 結構きつく締めているので力が要ります。
 緩く締めると走行中に外れるという不幸な事故につながりますから。
 外したペダルの比較。
 Imgp0880
 (上 XTXTペダル 下外したXTRペダル 大きさ対比用「縄文さん」)
 XTRは両側ともSPD対応になっています。
 今回のXTは片側だけ。
 反対側は普通の靴で踏める面。
 更に反射鏡も付いているので全体的に大柄です。
 さて、新たなペダルの取り付けです。
 ネジ山にグリスを塗っておきます。
 Imgp0882
 錆防止と、力を入れすぎてネジ山がつぶれないように。
 緩み防止の役目もあるような気もしますが、気のせいな気もします。
 そして取り付け。
 Imgp0883
 アーレンキーでしっかり絞めつけます。
 Imgp0884
 反対側も同じように作業。
 これで交換作業は終了。
 ペダルのネジを緩めるのにコツと力が要りますが基本的な作業は簡単簡単。
 さて、外したXTRペダルの行く先は?
 
 本日の自転車走行距離 3キロ
 
 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2019年5月29日 (水)

シマノPD-T8000ペダル

 私は雨の日も自転車通勤をしています。
 これからの時期はその装備が身軽でいい。
 レインウエアの上下。
 特にレインパンツが七分丈のものになる。
 嵩張らないのでこれが携帯性に優れてる。
 「雨が降りそう」な状態で持つのに邪魔になりません。
 レイングローブが要らない。
 雨の日、特に寒い時期は指先が冷たくなります。
 それが夏場は心配がない。
 夏用は指切りグローブ。
 そのままいけます。
 そして足。
 ビンディング金具の付いたSPDサンダル。
 ペダルが靴底の金具で固定される自転車専用品です。
 これだけでいい。
 素足だとさすがに冷たいこともあります。
 靴下をはき、さらに予備を用意。
 それも夏用はかさ張りません。
 雨の日の雨中航行は季節を問わず嫌なもの。
 しかし、軽量な装備で済むこの時期は助かります。
 寒い時期の雨、「足元問題」が結構厄介。
 SPDシューズにレインカバーをかけていきます。
 「普通の雨靴の方がいいかも」と思うことも。
 しかし、今付けているSPDペダルは普通の靴の使用には向きません。
 片側が普通のペダルに買い換えるか?
 そう思ったのは去年の冬。
 幸い、この冬はあまり雨に降られませんでした。
 片側が普通のペダルになったSPDペダルに換えよう計画。
 シマノのXTペダル。
 PD-T8000。
https://item.rakuten.co.jp/bebike/shimano-pdt8000/?s-id=ph_pc_itemname
 「ターミネーター」みたいな型番です。
 片面がフラットなSPDペダル。
 Imgp0872
 Imgp0871
 (新購入のXTペダル 左SPD面 右フラットな面 大きさ対比用「草薙のつるぎ子})
 Imgp0873

 反射鏡付きがいい。
 雨中航行中、車からの視認性の確立を上げて安全につなげたい。
 Imgp0874
 そしていい品。
 ペダルはそのグレードで性能が全然違います。
 これを装備予定の自転車はコナのスートラ。
 これを買った時、ペダルがおまけに付いてきました。
 スポーツタイプの自転車はペダルが別売りの場合が多いです。
 「すでに持ってる」「こだわりのペダルがある」場合が多いので別売り。
 要らなかったけれど、貰ったペダルを手にしてびっくり。
 回転性能が話にならないほど良くない。
 手で回すとごりごり」しました。
 安物はここまで違うんだ・・・。
 という経験もありいいものを選択肢に。
 その条件で選んだ結果これに決定。
 これを目標にして貯金を開始。
 梅雨を前にようやく実現しました。
 資金を貯めるのに時がかかりました・・・。
 これからは先述した通りSPDサンダル活躍の時期。
 このペダルが真価を発揮するのは秋以降の予定。
 しかし、スートラには間もなく装備します。
 
 本日の自転車走行距離 5キロ
 
 今日であったねこ 5

| | コメント (0)

2019年5月26日 (日)

江戸川サイクリング

 久しぶりに江戸川をサイクリングしました。
 Imgp0833
 特に目的もなく江戸川を上る。
 Imgp0834
 東京に越してきた頃、「どこまで行けるか」をやりました。
 Imgp0835
 江戸川と利根川がぶつかる関宿という辺りまで行きました。
 確か、家から70キロ片道走ったと思います。
 行きの追い風、帰りは向かい風で大変だったのを記憶しています。
 大きな河川では避けるものがない。
 「向かい風の中走るのは大変」
 まだそれに気が付かない時期でした。
 今回は風向きに気を付けながら走りました。
 何となく前方から吹いてくる。
 北風?
 でもこの時期北風はないね・・・。
 一応関宿を目指しました。
 70キロというの数値が記憶に残っています。
 片道70キロなのか、全行程70キロだったのか?
 その辺りの記憶が曖昧。
 三郷辺りで周辺地図を見つけました。
 利根川との合流点は・・・・。
 まだまだ先のようです。
 地図のスケール表示でざっと測りました。
 30キロ以上ある・・・。
 ここまでが30キロ。
 やはり片道70キロか。
 すると全行程140キロ。
 今日の風は穏やか。
 行くなら今日がチャンスです。
 が・・・。
 やめました。
 次の橋で千葉側の岸にわたり、下流へ。
 反対側を通って帰ることにしました。
 Imgp0836
 逆方向に走ると向かい風を感じました。
 やはり南から吹いとるね。
 走るのに気にならないほどの風速でした。
 帰りの道の方が早く感じました。
 反対側の岸ですが景色に見覚えがあるからでしょう。
 越してきた頃より、江戸川は身近なところになっています。
 やがてもう一つの目的地付近に来ました。
 Imgp0837
 「栗山配水塔」
  前回は電車で行きました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/05/post-c896cf.html
 江戸川からそのまま行くとどういう道になるか?
 どのくらい離れているか?
 それを確かめに行きました。
 前回行ったので何となくの方向は分かります。
 といっても殆ど勘で。
 着きました。
 Imgp0839
 ほんとにすぐでした。
 1キロちょっと。
 施設の周辺を走ったら古墳を発見。
 Imgp0840
 再び江戸川へ戻りました。
 帰りは出来る限り千葉側を走りました。
 Imgp0843
 私の好きな「ごみ姉さん」があるのも千葉側です。
 Imgp0844
 
 本日の自転車走行距離 43キロ
 
 今日であったねこ 1
 
 
 

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

コンチネンタル ウルトラスポーツ2タイヤ

 シクロクロス車のタイヤを換えてひと月近く経ちました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/04/post-f41ef9.html
 Imgp0796
 始めはさほど「新しくした」感じを受けませんでした。
 乗っているうちに「すっ」と走る気持ちよさを感じるようになりました。
 700×32Cからより細い28Cというタイヤにしました。
 走行感の軽さは単純に物理的な「細さ」かもしれません。
 正直「タイヤの違い」というのは良く分かりません。
 雑誌の評などを読んでいても「ふ~ん」という感じ。
 今回このタイヤにしたのも雑誌の影響でした。
 コンチネンタルウルトラスポーツ2。
https://item.rakuten.co.jp/worldcycle/con-i-ultrasport2/
 検索したら意外な安さ。
 これで使い勝手が良かったらいいよね!
 その程度の思いで採用しました。
 一緒にホイールもいいものに交換。
 これは既に10000キロ近く走っているもの。
 新品ではありません。
 しかし、元がいいものなのでこれも気持ちがいい。
 今回のタイヤ・ホイール交換はまずますの成功です。
 
 本日の自転車走行距離 5キロ
 
 今日であったねこ 3

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

シュワルベのタイヤレバー

 タイヤ交換の時に使う工具タイヤレバー。
 これがひん曲がってきました。
 Imgp0793
 (三本一組のタイヤレバー そのうち二本がひん曲がってきました)
 新しいのに買い換えたい。
 シュワルベのタイヤレバーが良さそう。
 インターネットで見つけました。
 でもこれだけ買うと送料の方が高い。
 何か別なものと一緒に。
 そう思っていました。
 お店で売っているのを見かけました。
 しかも「はつ~か、さんじゅ~にちは5%オフ」
 の日。
 イヲンバイク。
 欲しいと思っていたものがお店で買える。
 当たり前のことですが、新鮮な気分。
 それだけネット通販ばかりしてんのね・・・。
 新しいタイヤレバーはクリップ付き。
 タイヤに引っ掛けて作業できるらしい。
 Imgp0797
 スポークじゃなくてタイヤにね?
 説明書を見ても良く分からん・・・。
 やっぱりスポークにかけるんね。
 まあ、本番の作業で何とかなるでしょう。
 Imgp0794
 古いタイヤレバーは使えるのが1本。
 Imgp0795
 (青いのが新しいタイヤレバー 赤が古いもの 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」)
 新しいのと混ぜて使いましょう。
 4本組にして自転車のサドルバッグに装備しました。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 2

 https://item.rakuten.co.jp/worldcycle/swl-k-tirelever/
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧