2017年7月23日 (日)

TRPのブレーキレバー

 以前、自転車屋のHPでブレーキレバーを検索しました。
 目的があったわけでなく、なんとなく。
 TRPのブレーキレバーが目に入りました。
 レバー部分が穴あき加工されていて軽量化されているみたい。
 見た目もカッコイイ。
 元二代目全天候型自転車は、変速レバーがフレーム台座に付けられます。
 変速とブレーキが一体化したデュアルコントロールレバーは付けていません。
 雨に濡れて、傷んだワイヤーを交換するのに便利。
 この自転車用にいいかなと考えていました。
 でも、今使っているのはワイヤーが露出しているタイプです。
 レバーのてっぺんからワイヤーを組み込みます。
 見つけたレバーはワイヤーをバーテープで巻きこむタイプ。
 ハンドル周りがすっきりしますが、ワイヤー交換がしにくい。
 「今のままでいいね」ということになりました。
 この春、三代目全天候型自転車コナのスートラを用意しました。
 この自転車のブレーキレバーに「TRP」の文字がありました。
 ありゃ・・、どこかで見たような名前。
 「いいな」と思って「お気に入り」に入れておいたものと同じ会社の製品。
 「お気に入り」で確認すると、あやふやな記憶はあっていました。
 憧れのTRPレバーが最初からついていました。
Imgp1227
 Imgp1228
 穴あき加工の軽量化版ではありませんが。
 使い始めて直ぐにすごく使いやすいなと思っていました。
 へぇ~TRPの製品っていいんだ。
 「お気に入り」の製品仕様を読み返しました。
 リリースボタンというのがあるそうです。
 「りりいすぼたん?」
 丸いボタンが付いていました。
 一円玉より少し小さな大きさの丸いもの。
Imgp1229
 ブレーキレバーを握った時に邪魔にならないように凹んでいます。
 そこに親指の腹をのせると気持ちがいい。
 なんだかわからない部分でした。
 これが「リリースボタン」?
 試しに押してみました。
 「ガチャン」
 心地いい作動音と共に、ブレーキレバーの角度が変わりました。
Imgp1230
Imgp1231
 「リリースボタン」なんだ・・・。
 でも、その先が分からない。
 それ以上の変化が無いのです。
 何のリリースかね?
 調べてみましたが、よくわからない。
http://starfuckers.shop-pro.jp/?pid=39599584
 輪行などでホイールを外す時か、ワイヤーを交換するときに使うのかも。
 今のところどちらもしていません。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「正念場」と「少年場」は、間違いやすい。


 
 

| | コメント (0)

2017年7月22日 (土)

今かね?

 自転車の夏用のグローブは、大体ひとシーズンで使い切ります。
 今使っているのは去年の夏後半に交代したもの。
 ほぼひとシーズン使っています。
 かなり傷んできました。
 冬用は2~3年使えるのに、なんで夏は傷みが早い?
 そう思って使い方を比べてみました。
 すぐにわかりました。
 夏用は期間中、ず~っと使いっぱなし。
 冬のそれは、秋口は薄手のやつ。
 寒くなったら厚手、更に寒くなるともっと厚手。
 雨の日は防水タイプと使い分けています。
 それに対して、夏はすべてが一つのもので間に合います。
 雨の日だってそのまま。
 濡れても冷たくないし、すぐ乾きます。
 一つで済んでとても便利。
 汗もかくので洗濯も頻繁です。
 しかしその分、消耗も激しかったのでした。
 そろそろ買い換えないといけないと思っていました。
 ここ数年、OGKカブトの製品を使っています。
 最初に買った理由は覚えていません。
 それまで使っていたのは、パールイズミちゃんの製品。
 それが無かったのか、そう思い込んで買ったら違っていたか。
 そのどちらかだったと思います。
 握り側のパッドの付き方が違って、初めはそれが気に入りませんでした。
 でも、買ったばかりだし、ひと夏使い切ろう。
 次はこの製品は買わない。
 そう思い直して使い続けました。
 しかし・・・、使い込んでいくうちにこのパッドの良さが分かってきました。
 それまで使っていたグローブよりいいわ。
 それ以降、OGKの製品に乗り換えました。
 今度もOGKのをと思っていました。
 探すとあまり売ってない。
 ありゃ・・・。
 これを機会に別な製品を試すかね?
 そう思い始めた頃に、見つけました。
 イオンスーパーの自転車売り場にありました。
 その日は、予定外の買い物はせず帰りました。
 「20日30日5%オフ」に日に来よう。
 その日を待って買いに行きました。
 ない・・・。
 売り場が模様替えになっていました。
 ありゃぁ・・・、無いかね。
 レジの近くにつる下がっていました。
 あったあった!
 値も下がっていたようでした。
 聞くと半額に!
 更に「5%オフ」で買えました。
 運がいい。
 レジで「すぐお使いになりますか?」と聞かれました。
 いいえと答えて退散。
 さて、いつから使おうか?
 装着してみると、その感じがまるで違う。
 心地いい。
 今使っているのが本当にダメになるまで待つつもりでした。
 いや、心地いい使い勝手を楽しむ時期を長くした方がいいでしょう。
 いつ使いますか?
 今かね?
 その日の帰りは古いものにしました。
 次の出航から新しいものにします。
Imgp1217
 (新しいグローブ 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」)
 古いのは洗濯してこの夏の間予備として待機。
Imgp1218
 (古いグローブ 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」)
 夏の終わりとともにさよならします。
 
 本日の自転車走行距離 30キロ
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「5%オフ」と「5%お麩」は、間違いやすい。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【M便】OGKカブト PRG-4 指切りグローブ
価格:3198円(税込、送料別) (2017/7/22時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【M便】OGKカブト PRG-4 指切りグローブ
価格:3198円(税込、送料別) (2017/7/22時点)


| | コメント (0)

2017年7月20日 (木)

お尻の感覚は意外と正しい

 かつて、自転車サドルにはタイオガのスパイダーを付けていました。
 気に入ったので、自転車艦隊全機採用していました。
 軽くて、座り心地もいい。
 網目状なので、屁をしてもそれがそのまま流れ、推進力として使えます。
 しかし、一つだけ欠点が。
 樹脂製なので、使っているといずれひび割れてきます。
 一定の割合でそれが起こって買い換えていました。
 そのうち、ブルックスのB17サドルがいいと聞きました。
 試しに使うところがすごくいい。
 スパイダーを順次交換していきました。
 しかし、一つだけ交換しない自転車が。
 雨の日も走る全天候型自転車です。
 スパイダーサドルのもう一つのいい所。
 樹脂製、網目状なので、雨天時にも水がたまらない、傷まないところ。
 全天候型自転車は、引き続きスパイダーサドル装備にしていました。
 泥除けやハブダイナモ装着で重くなりがちなこの自転車。
 スパイダーサドルは、少しでも軽くという思いに貢献していました。
 先日、スパイダーサドル装備の全天候型自転車で出かけました。
 なんかお尻が痛い。
 前日とズボンを換えたから、その「クッション性」の差か?
 思い当たることがあって停車した時に、サドルを見ました。
 亀裂が入っていました。
Imgp1214
 ああ・・・・ついに。
 このサドルの寿命が来たようでした。
 まだ小さな亀裂でした。
Imgp1215
 でも、お尻はその違和感を感じていました。
 もっと亀裂が大きいと、そこに挟まって「噛みつかれる」ような痛みがあります。
 まだそこまではいかない大きさですが、しっかりとらえていました。
 お尻の感覚は意外と正しい!
 サドルは交換です。
 今度のサドルはずいぶんと長持ちしてくれた気がします。
 二代目全天候型自転車から引き継ぎました。
 その前は初代に付いていたかな・・・?
 いつから使っていたかの記録はありません。
 予備として待機していたスパイダーサドルと交換しました。
 これがかつて全機採用時代の最後のサドルです。
 これも使いかけの品でいつまでもつか分かりません。
 出来るだけ長持ちしてほしい。
 
 本日の自転車走行距離 40キロ
 
 今日であったねこ 2
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「お尻の間隔」と「お尻の感覚」は、間違って感じやすい。


| | コメント (0)

2017年7月18日 (火)

部品を換えると気分が変わるという話

 先日、「元」二代目全天候型自転車のブレーキを換えました。
 その後、ブレーキシューとワイヤーを交換。
 一度にしなかったのは、手持ち在庫がなかったからです。
 前輪もハブダイナモホイールに換えました。
 ハブダイナモライトが活躍するのは、9月以降日が短くなってから。
 まだ付けなくてもいいのですが、思うところがあって早めの交換。
 消耗品と手持ちの部品交換で、新しい点はありません。
Imgp1204
 しかし、早く乗ってみたいという気持ちが沸き起こりました。
 ものは組み替えただけ。
 あまり変わりません。
 気分が変わって新鮮な雰囲気になりました。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 10

 今日の間違いやすい探し
 
 「気分を変える」と「気分はカエル」は、間違って感じやすい。

| | コメント (0)

2017年7月15日 (土)

旧XTRカンチブレーキを交換

 元二代目全天候型自転車のブレーキを換えました。
 三代目全天候型自転車にしたコナのスートラが就航ました。
 それで二代目は泥除けを外し通常任務へ戻りました。
 この自転車はカンチブレーキというブレーキを付けています。
 前のみXTRのカンチブレーキを付けていました。
Imgp0562
 XTRの一番古い型のものです。
 雨の日は、ブレーキシューのヘリが早いです。
 現行のブレーキシューは薄っぺらい。
 晴天時はよく効きますが、雨天時は薄さが災い。
 「あっ!!」という間にすり減ってしまいます。
 旧型のカンチブレーキには昔ながらの厚みにあるシューが付けられます。
 薄いシューより長持ちします。
 それで旧型を装備。
 前のみというのは、後輪用を持っていないから。
 かつてこれを付けていたのは、MTB。
 GTというメーカーのものでした。
 このメーカーは前はカンチブレーキ。
 後ろはUブレーキというのを装備しているのが特徴でした。
 それで前用しかもっていなかったのです。
 全天候型任務を外れても、ブレーキを換える必要はありません。
 しかし、問題が起こりました。
 換え用シューとしてタイオガのカートリッジ式を使っていました。
 旧型カンチブレーキは、ブレーキシューのセッティングが厄介です。
 カートリッジ式なら、一度セットすればシューだけ換えればいい。
 生産中止なのか、それが手に入らなくなりました。
 う~ん。
 三代目就航を機に、ブレーキを換えることにしました。
Imgp1156
 後ろに付けているのと同じBR-CX50。
Imgp1161
 旧XTRカンチブレーキは好きでした。
 また使う機会もあるかもしれません。
 それまで封印。
 Imgp1160
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し

 「因果の法則」と「銀河の法則」は、間違いやすい。


| | コメント (0)

2017年7月11日 (火)

太いタイヤがいいかね?

 三代目全天候型自転車として用意したコナのスートラ。
Imgp1154
 乗り心地が良くて気に入っています。
 なんでこんなにいい乗り心地なのか?
 乗っていて柔らかい感じを受けるのです。
 それでいて、適度にスピードは出ます。
 ハンドルとステムを換えて自分好みになったことも影響しているでしょう。
 やはりタイヤが太いからか?
 700Cというロードバイクと同じ系のホイール装備。
 標準的なロードバイクは23Cというサイズ。
 そのばいの40Cの太さのタイヤが付いています。
 もう一つ、乗り心地に貢献していると思われるのはホイール。
 スポークが32本も付いています。
 ロード用のは軽量化の目的で20本。
 スポークが少ないと重量も軽くなります。
 走る時の空気抵抗も少なくて済むのです。
 最近のは少なめになる傾向があります。
 それが昔懐かしい32本。
 数が多いとそれだけ、1本にかかる負担も少なくなるはず。
 乗り心地にも影響してくるでしょう。
 スートラの乗り心地の良さはその二つかなと仮説を立てています。
 かつて二代目全天候型自転車にしていたものに乗りました。
 今は泥除けを外して通常任務についています。
Imgp1153
 全天候型自転車の時の名残で32C という太めのタイヤを装備。
 乗り心地がいい・・・。
 おお・・・。
 柔らかな乗り心地の要因はタイヤが大きいんだ。
 次回のタイヤ交換で、他のロードバイクと同じように細くするつもりでした。
 このままのサイズでいいかもしれない。
 太くてちょっとしたオフロードも行けるグラベルキングというタイヤです。
 未舗装路に出た時、何事もなかったように走れるところがいい。
 「太いタイヤなんか重量もあるし、抵抗もあるし走れない!」
 そう思い込んでいましたが、技術の進歩もあって、違ってきたみたいです。
 この二大の自転車には大き目のギアが付いています。
 大き目のギアでペダルの回転が軽い。
 足の負担が少ないのも「乗り心地」をよく感じさせている要因かもしれません。
 
 本日の自転車走行距離 6キロ
 
 今日であったねこ 8
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「明日は」と「IC タワー」は、間違いやすい。

| | コメント (0)

2017年7月 9日 (日)

「ブルべのすべて」

 「ブルべのすべて」という本を買いました。
Imgp1128
 ブルべとは、自転車で決められた距離、コースを制限時間内に走る競技です。
 競技といっても、順位を競うわけではありません。
 制限時間内にコースを回り切れるか。
 効率的な戦略を立てて、実行する。
 相手と競うのではなく、自分との闘いのようなもののよう。
 「もののよう」というのは、私は参加したことがありません。
 この本を読んでみたいと思ったのは、参加したいわけではありません。
 ブルべは200キロから始まって、300、400とその距離はどんどん増えていきます。
 私はまだ一度に200キロ以上走ったことがありません。
 最高記録でも190キロ台。
 あと少しで200キロというところまでは行きました。
 でも、なかなか200キロは越えないものです。
 この夏、その200キロを越えたサイクリングをしてみようかとひそかに計画。
 その参考資料として読むことにしました。
 長距離や夜間の走り方など、参考になる部分がたくさんありました。
 でも、読後「ブルべ」自体に参加したいとは思いませんでした。
 
 本日の自転車走行距離 7キロ
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「ブルべのすべて」と「すべてのブルべ」は、間違って読破しやすい。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブルベのすべて [ 鈴木裕和 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/7/9時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブルベのすべて [ 鈴木裕和 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/7/9時点)



 

| | コメント (0)

2017年7月 2日 (日)

あら6月は462キロ

 私は殆どが自転車移動です。
 4台の自転車を乗り分けて、ひと月に600~800キロくらい走ります。
 6月の合計は833キロでした。
 そのうち462キロが三代目全天候型自転車にしたコナのスートラ。
Imgp1005
 梅雨に入って、雨もしくは雨が降りそな日が多かった。
 出番も多かったわけですが、半分を超えているとは・・・。
 一日がかりでお墓参りに行ったこともありました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/06/hrl2017-3df2.html
 その日は確か88キロ走りました。
 そういうのが効いているようです。
 車体は重く、タイヤも太いです。
 鈍重なイメージもありますが、走り出すとその走行感は軽い。
 ハンドル、ステムを換えて、変速レバーのアダプターも付けました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/06/post-40f4.html
 そのことで使いやすくなって乗るのが楽しくなりました。
 出番が増えた最大の原因はそこだな。
 
 本日の自転車走行距離 13キロ
 
 今日であったねこ 2
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「毎日笑顔で人と接する」と「毎日縁側で人と接する」は、間違いやすい。

| | コメント (0)

2017年6月30日 (金)

キングボトルケージ

 自転車に付けるボトルケージ。
 チタンという素材が好きなのでキングのボトルケージを付けています。
 ようやく、自転車の数だけそろいました。
 アルミ製でもいいのですが、しばらく使うと歪んでくる。
 飲み物を入れたボトルは結構重い。
 走行中の振動などで、歪んでくるらしい。
 アルミよりも強いと言われるチタンなら歪まないかというとそうでもない。
 チタン製、何種類か試しましたがキングのそれは頑丈です。
Imgp1059
 一番古いのを買った時期は忘れました。
 もう何年も使っています。
 いまだに歪みません。
 キングの製品はいい。
 初期投資は高いですが、長く使えます。
 軽くて手触りもいい。
Imgp1058

 本日の自転車走行距離 54キロ

 今日であったねこ 6

 今日の間違いやすい探し

 「尊い祈り」と「一昨日の祈り」は、間違いやすい。 


"


| | コメント (0)

2017年6月29日 (木)

コナのスートラ ヘッドがたがた

 コナのスートラ。
 ディスクブレーキの調子がおかいい。
 特に後ろブレーキの効きがよくないです。
 先日、ハンドル、ステムを交換しました。
 シフトレバーのアダプターも装備。
 その時、シフトワイヤーは張り直しました。
 ブレーキレバーは位置が変わっただけで、ワイヤーはそのまま。
 位置が変わったことで、緩んできた?
 ブレーキ本体の方でワイヤーを締めなおしました。
 あまり変わらない・・・。
 前ブレーキをかけると、ヘッドがガタガタしました。
 あ・・・。
 ハンドルステムを交換した時の復元がうまくいっていない・・・。
 もう一度外してやり直しました。
 うまくいかない・・・。
 実は私はヘッド周りの調整が苦手です。
 構造が良く分かっていないのです。
 マニュアル本を出して調べました。
 「ロードバイクの修理と整備」
 前回は、うろ覚えの知識で対処しました。
 面倒くさがらず、本を出しました。
 ああ、固定の仕方が間違っていた。
 それと、ハンドルのすぐ下にシフトレバーのアダプターを入れました。
 高さを調整するスペーサーも純正の黒から金色に変えました。
 このことで微妙に高さが変わっていました。
 本によると、スペーサーの方が本体よりも5ミリほど高い必要がある。
 私の選んだスペーサーでは低くなっていました。
 それではしっかり固定できないようっでした。
 別なスペーサーに換えると高さが出ました。
 本の通りの順序で固定。
 前ブレーキをかけてハンドルとゆすってみました。
 「がたがた」しない!
 成功です!
 よかった・・・。
 実走してみると、ブレーキの効きもよくなっていました。
 後ろブレーキの効きがも戻っていたのには驚きました。
 ヘッドの不調が後ろまで影響していたんだ・・・。
 この修理をする時に、ハンドルステムを5ミリ下に取り付けました。
 もともとハンドルの高さを下にするつもりでした。
 でも、最初の交換作業では、アダプターの高さを計算に入れていませんでした。
 これ自体がスペーサーの役を果たすんでした・・・。
 それで、高さは純正の時と変化なしになっていました。
 今回、いい機会なので5ミリほど下げました。
 もう5ミリ下げられたのですが、アダプターと本体が直接触れてしまいます。
 摩擦で摩耗しそうな気がします。
 間にスペーサーを入れることにして、これ以上下げないことにしました。
 Imgp1061
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「ビルメンテナンス科」と「昼寝ってなんすか?」は、間違いやすい。


"


"



 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧