2020年9月25日 (金)

無くなったと思ったグローブが出て来た

 急に寒くなってきました。
 衣替えを少しずつ始めました。
 自転車用のズボンをしまおう。
 箪笥から出すと、何かがポロリ。
 あ!!
 サイクルグローブの片方。
 暑くなったばかりの頃。
 今季使い始めたばかりのこのグローブ。
 片方だけが見当たらなくなりました。
 どこかで落とした?
 いや、確かに帰宅後外してその辺りに置いたはず。
 次に使おうとしたら無い。
 今シーズンになっていくらも使っていないのに・・・。
 いずれ出てくるでしょう。
 そう思い、予備のグローブを使用。
 しかし・・・。
 出てこない。
 色々ひっくり返しても出てこない。
 本当にどこかに落としたか?
 マジックテープが付いています。
 布団を干す時、くっついていそのまま落ちた???
 一番あって欲しくないパターン。
 とにかく出てこない。
 この夏は予備がそのままレギュラーに昇格。
 そのグローブもそろそろかなぁと思い始めたここ数日の気温。
 タンスの中の夏服に挟まった形でから出た。
 すると引き出しに落ちたんね・・・。
 あってよかった。
 Imgp0682_20200924195501
 (数カ月ぶりに揃ったサイクルグローブ) 
 でも、もう使わなくなる季節になってきました。
 Imgp0683_20200924195501
 (まだ活躍する予定では無かったけれどこの夏出ずっぱりになった予備のサイクルグローブ)
 まだ何日か使えるかな・・・。
 
 本日の自転車走行距離
 
 今日であったねこ 1

|

2020年9月19日 (土)

246号から鶴見川へ

 Q日にサイクリングへ行きました。
 8月に246号を通って、大貫谷戸水路橋を見に行きました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/08/post-8d38f0.html
 帰りは恩田川に出て、鶴見川を下って帰る予定でした。
 しかし。
 恩田川と鶴見川の合流点で、鶴見川を上りたくなりました。
 結局再び246に出て同じコースで帰ることに。
 今回は、その246と鶴見川が交差するところへ。
 そこから鶴見川を下って15号線へ出て帰ろうという周回コース。
 どっこも寄らない周回コース。
 ただ回ってくるだけというサイクリングを決行。
 週末某所にレインコートを忘れました。
 ちょうど通り道なので行きがけにそれを回収。
 二子多摩川に出て、多摩川を越え246へ。
 あまり好きじゃない道路ですが、また来ちゃいました。
 前回はお盆だったこともあり道は空いていました。
 今回は混んで走りにくかった。
 やはり246は好きじゃない・・・。
 川と交差するところに出ました。
 あれ、こんなに近かったかな?
 川幅は狭く鶴見川っぽくありません。
 表示を見ると「早淵川」
 違う・・・。
 この川を下ったらどうなる?
 好奇心が湧きましたが、今回は予定通り鶴見川へ。
 二子多摩川を越えた辺りから約10キロ。
 鶴見川との交差点へ出ました。
 Imgp0567
 Imgp0568
 あとはらくらくコース。
 川に沿って走るだけ。
 Imgp0571
 246を少しそれただけなのに急に田園風景。
 Imgp0572_20200919065501  
 この光景が好き。
 4キロ程で恩田川との合流点。
 恩田川を上れば町田方面。
 何度も通ったコースです。
 今回はそちらへは行かず鶴見川を下ります。
 Imgp0573_20200919065501
 更に4キロ。
 橋を渡ると小机という所。
 Imgp0576_20200919065501
 この辺りに住んでいた頃はこの橋を渡って帰りました。
 ここに食堂があります。
 Imgp0574_20200919065501
 Imgp0575_20200919065501
 住んでいた頃は一度も寄らなかった。
 二年くらい前に「かながわ旬彩ナビ」で観て行きました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2018/12/post-beea.html
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2018/12/post-a583.html
 この日はお休み。
 そいいえばいつでも開いてるわけじゃやなかったかな・・・。
 そのまま通過。
 鶴見川を下って次の目標は綱島です。
 今回フロントフォークの装備は片側に買ったばかりのコンプレッションバッグ。
 中味はないのでぷにゃぷにゃです。
 Imgp0570
 反対側には回収したレインコートを。
 スタッフバッグをそのままベルトで固定。
 Imgp0569
 なんか慣れている感じがしていい。
 途中ねこを発見。
 Imgp0577_20200919071001
 前にもねこがいました。
 「ねこポイント」みたいです。
 川原の幅が広くなりました。
 Imgp0578_20200919071001
 あまり気にならなかった南風が向かい風としてきつくなりました。
 やがて未舗装路に。
 そういや、この辺りは前から未舗装路だ・・・。
 Imgp0579_20200919071001
 「砂利道」
 GTのグレードはグラベルバイク。
 「グラベル」は「砂利」という意味。
 こういう道はおてのもの。
 舗装路メインに走るので空気圧はパンパンにしてきました。
 未舗装路だと空気圧は低めがいいようです。
 ほんとは砂ぼこりで汚れるので砂利道実は好きじゃない。
 ようやく綱島の手前に来ました。
 Imgp0580_20200919071001  
 他の川と合流している。
 Imgp0581_20200919071001
 ああ、そうだっけ。
 久しぶりに来たので忘れてた。
 この川もしかして・・・。
 川の名の表示を探しました。
 Imgp0582_20200919071001
 「早淵川」
 やはり・・・。
 行きがけに気になったあの川です。
 あれを辿ればここに出るんだ。
 今度はそのコースをやってみましょう。
 今日はこのまま鶴見川を下っていきます。
 Imgp0583_20200919071001
 しかし・・・。
 ずっと河原を走れると思っていました。
 途中工事区間やJRの鉄橋に遮られました。
 迂回を余儀なくされました。
 綱島以降はあまり快適とは言えませんでした。
 次は綱島街道から帰るかね。
 246から早淵川、そして綱島街道。
 今度はそのコースで。

 本日の自転車走行距離 27キロ
 
 今日であったねこ 1
 
 

|

2020年9月17日 (木)

コンプレッションバッグ

 エニシングケージを取り付けた自転車。
 専用バッグが付いているものとそうでないものを購入。
 付いていないものには何を付けよう。
 いろいろと調べてみました。
 ドライバッグというのが良さそう。
 5リットルと10リットルのをどちらにしようか迷いました。
 専用バッグは4リットル入るとありました。
 じゃあ、5リットルかね。
 大は小を兼ねるということで10リットルにしました。
 注文、そして到着。
 Imgp0531_20200917081501
 (10リットルのドライバッグ 大きさ対比用「縄文さん」)
 で、でかい・・・。
 完全防水なので生地も厚い。
 その為、空の状態でもでかい。
 丸めてもでかい。
 Imgp0532_20200917081501
 ちょいと失敗な感じ。
 これは別なことに使いましょう。
 もう少し探してみました。
 エニシングケージ用のバッグというのがなかなかない。
 こういうのを利用している人はどんなものを付けているのか?
 視点を変えて探しました。
 コンプレッションバッグというのを使っているらしい。
 こんぷれっしよんばつぐう?
 外側にベルトが付いていてキュッと絞ることで圧縮。
 荷物を小さくまとめてリュックに収納する山用品みたい。
 中味を入れないとぷにゃぷにゃみたい。
 ある程度「腰」があった方がいいんだけど・・・。
 良さそうなのを検索。
 値段も手ごろなのを見つけました。
 サイズは4リットルのかね。
 ふと、みると型落ち品が安い。
 サイズは10リットル。
 あ・・・。
 どうしよう。
 ドライバッグで10リットルは大きいことは実証済み。
 う~ん。
 4リットルの現行品と10リットルの型落ち品。
 一つづつ買うことにしました。
 届きました。
 やはりぷにゃぷにゃ。
 Imgp0534
 10リットルの方はドライバッグと比べるとちょいとだけコンパクト。
 Imgp0533_20200917081501
 まあ、いいかな。
 エニシングケージに取り付け。
 「腰」が無くぷにゃぷにゃ。
 Imgp0535
 荷物を入れると程よく膨らむかな・・・。
 やはり10リットルは大きかった気がします。
 
 本日の自転車走行距離 1.5キロ
 
 今日であったねこ 1

 ドライバッグ

 https://item.rakuten.co.jp/auc-prendre/pr-drybag10/?s-id=ph_pc_itemname

 コンプレッションバッグ

 https://item.rakuten.co.jp/oxtos/10000396/?s-id=ph_pc_itemname

|

2020年9月16日 (水)

チェーンクリーナーの消耗品交換

 自転車用チェーンクリーナーの消耗品を交換しました。
 毛の付いた回転毛羽ブラシと、変な四角いの。
 ある程度使っていると傷んできます。
 これだけで買えるのがうれしい。
 しかも近所の店で手に入るのも嬉しい。
 一粒で二度嬉しい。
 このまま壊れないともっと嬉しい。
 Imgp0565
 Imgp0566
 (チェーンクリーナーと新購入の消耗部品 大きさ対比用「縄文のめが子」)
 でも壊れるので交換。
 本体自体は丈夫なのでこれまた嬉しい。
 本体は買い換えなしで10年以上使っています。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 3

|

2020年9月14日 (月)

ハブライトホルダーをフロントフォークのアイレットからハブへ移動

 フォークの左にしかエニシングケージを点けていなかったスートラ。
 先日、右用に別なエニシングケージを買いました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/09/post-11e066.html
 右のフォークのアイレットにはライトを二機装備していました。
 Imgp0464_20200914064701  
 アイレットは装備取り次用のネジ穴のこと。
 二機付けていた理由は、雨の日対策。
 サイクルポンチョを着こむと、ハンドル周りが塞がれます。
 そこでハブライトホルダーを装備。
 スートラにはフォークにアイレットがある。
 そこを使おうかというとになりました。
 一つは普通のライト。
 もう一つはテールランプ付きバッテリー装備のライト。
 これで後方に赤ランプの点滅。
 雨の日の車からの視認性を上げるのが目的。
 それで二機付けていました。
 しかし、エニシングケージの取り付けで外すことに。
 一つはハブライトホルダーは、その名の通りハブに付けました。
 Imgp0463_20200914064701
 二つ目は付けるところがありません。
 Imgp0465_20200914064701
 これは諦めました。
 アイレットはエニシングケージ取り付けで埋まりました。
 フォークに付けるライトは一つになりました。
 
 本日の自転車走行距離 14キロ
 
 今日であったねこ 1

|

2020年9月 9日 (水)

ブラックバーンのエニシングケージ

 ブラックバーンのエニシングケージを買いました。
 Imgp0461_20200909070301
 (到着したブラックバーン 大きさ対比用「草薙のつるぎ子(足付き)」 
 コナのスートラのフォークの右側に付けます。
 左側には別な樹脂製ケージを装着。
 長らく右側が開いていました。
 同じ製品をと思いましたが、ブラックバーンのがいいらしい。
 特にストラップがいいみたい。
 すべり止めにゴムみたいなものが加工されているとか。
 今回はそれを買ってみました。
 ブラックバーンのそれはアルミ製。
 樹脂製の左側のより重いかな・・・。
 重量差はありますが、左右のバランスが取れました。
 Imgp0467_20200909070301
 さて、使い勝手は。
 左側のは専用バッグ付きでした。
 ブラックバーンのはケージだけ。
 ここに付けるバッグは研究中でいいのを見つけられ地ません。
 先日、雨に降られました。
 フォークの左側にケージにはレインコートを常に装備しています。
 それを着込む。
 が・・・。
 すぐにやんでレインコートを着ているのが暑い。
 畳んで袋にしまって、左側のケージのバッグにしまおうと思いました。
 ふと思いついて、ブラックバーンに。
 レインコート上下を入れた袋ごとストラップで固定。
 あれま、良い感じ。
 すべり止め付きストラップも使いやすい。
 そしてその効果もありました。
 そのまんまでいいのか。
 普段からこうでもいいのかとも考えました。
 しかし、露出させていると不意の雨でレインコートが着る前に濡れる。
 紫外線で痛みそう。
 やはりバッグの中におさめましょう。
 帰宅してレインコートを干した後、ケージのバッグに収めました。
 ブラックバーン用のバッグを早いとこ探さないと。
 
 本日の自転車走行距離 17キロ
 
 今日であったねこ 6

 ブラックバーン ケージ

 https://item.rakuten.co.jp/atomic-cycle/10-black2a-00001/?s-id=ph_pc_itemname
 

|

2020年9月 6日 (日)

夏場の雨

 仕事を終えてその場を出た瞬間に雨に降られました。
 本当に玄関を出たところで降りだしました。
 しばらく様子を見ました。
 空の一部は青いのですぐにやむ感じがしました。
 といってもそこにつまでもいたくはありません。
 こんなこともあろうかと自転車は全天候型のスートラ。
 雨具も装備しています。
 ただ駐輪場は屋外。
 意を決してそこまで走りました。
 駐輪ラックから自転車を外して屋根のある所に移動。
 その間濡れました。
 でも、夏場と言ってもいいこの時期の雨は気持ちがいい。
 雨具を装着して出発。
 ・・・する頃には随分小降りになりました。
 もうちっと待てばよかったかな?
 しかし、雨はやんだやけでなく。
 幸い15分程度の所。
 帰還して一息つくころには雨はやみました。
 1分くらいしか降らなかった?
 降りだした頃から考えて30分くらいでやんだのかな?
 その後は嘘のように道路も乾き始めました。
 あれまあ。
 Imgp0500_20200906070501
 帰宅後雨具を干しました。
 
 本日の自転車走行距離 17キロ
 
 今日であったねこ 2

|

2020年9月 4日 (金)

トピークのヴァーサマウントにハブライトホルダーを付ける

 先日トピークのヴァーサケージを追加したGTのグレード。
 これでフォークの両側に装備されました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/08/post-f78a4a.html
 この自転車、フォークにも装備取り付け用ダボ穴があります。
 片側一つづつしかないので、付属のヴァーサマウントを使用。
 このダボ穴にハブライトホルダーを付けてみました。
 Imgp0456
 (銀色のネジ頭がフォークのダボ穴、ここに付けると振動で緩んで回ってします )
 が・・・。
 ライトの重みでネジが緩む。
 気が付けばライトは真上を向いていたことも。
 ネジをしっかり絞めても走行振動で緩みます。
 このダボ穴は使えない。
 ヴァーサマウントは3つ付いていました。
 ケージ取り付けには2つで十分。
 別売りだと二個セットなのにケージには3個付いているのがうれしい。
 左右で一つづつ余りました。
 このうちの一つにハブライトホルダーを装着。
 フォークに取り付けました。
 Imgp0452_20200904081901
 しっかり固定されているので走行振動で緩むことはなさそう。
 Imgp0454_20200904081901
 ライトを付けて何度か走行実験しました。
 今のところ振動で緩んでライトが上向きということはありません。
 これで良さそう。
 もう一つ余っていますが、今のところ使い道は思いつかず。
 
 本日の自転車走行距離 6キロ
 
 今日であったねこ 2

 トピーク ヴァーサマウント

 https://item.rakuten.co.jp/aris/topverm/

|

2020年9月 1日 (火)

トピーク・ヴァーサケージ追加

 GTのグレードにトピークのヴァーサケージを追加しました。
 付けていなかったフォークの右側に装備。
 Imgp0408_20200901074501
 Imgp0407_20200901074501
 これで両側にケージを装備できました。
 Imgp0409_20200901074501
 見た目のバランスも良しです。
 ヴァーサマウントが3つ付属なところも嬉しい。
 左側同様、これを利用して設置しました。
 ケージには今までフロントバッグを付けていました。
 これを本来の使い方、ハンドルに装備。
 キャットアイアウトフロントブラケット2(下咬みそうな長い名前)
 上にサイクルコンピュータ、下にライトが付けられます。
 このライト取り付け部分を外しました。
 Imgp0411_20200901074501
 お陰でタイヤと距離が取れ、前輪との接触もなく付くようになりました。
 その代わりこの位置にライトが付くのを諦めなければなりませんでした。
 ここに付けたいからアウトフロントマウント2を用意したのに・・・。
 Imgp0410_20200901074501
 荷物を入れてバッグが垂れ下がるとどうなるかは分かりません。
 買った物の付けられなかったのが、ひとまず付きました。
 トピークのケージに付けるバッグが今のところありません。
 付属のベルトで物を直接付けることはできます。
 でも、何かバッグがあった方がいい。
 ただ今、適当なバッグを物色中。
 
 本日の自転車走行距離 12キロ
 
 今日であったねこ 1
 
 トピーク ヴァーサケージ

 https://item.rakuten.co.jp/vehicle/23000077/

 キャットアイアウトフロントブラケット2

 https://item.rakuten.co.jp/guts-cycle/10008669/

|

2020年8月30日 (日)

真冬の自転車対策

 冬の自転車通勤用にハンドルカバーを買いました。
 Imgp0377_20200830072001
 ハンドルにかけて、その中に手を入れるもの。
 Imgp0376_20200830072001
 似たようなものを小学生の頃使っていた記憶があります。
 Imgp0375_20200830072001
 冬の時期、付けている人を時々見かけることがありました。
 Imgp0374_20200830072001
 あれいいんかね・・・。
 使った人のレビュー等を見て購入を検討。
 子どもの頃のは普通のハンドル用。
 今回はドロップハンドル用です。
 素手でも熱くなるほどだそうです。
 本当かね・・・・。
 素手はいくら何でもという気がします。
 でも、雨に日にいいかも。
 雨水は上から入りそう。
 しかしサイクルポンチョを使います。
 このお陰でハンドル周りは覆われます。
 手が濡れてグローブ再装着の時に困らないかも。
 雨の日はどうしたって濡れるか・・・。
 屋内駐輪場に停めて自転車も自分も乾いていたとしても。
 濡れた雨具を再装着などするうちにどうしても手が濡れます。
 レイングローブを付けるのは一番最後。
 その手の水けを取る方法が今まで見つからなかった。
 これはいいかもしれません。
 簡単に手の水けを切って、カバーに手を入れれば・・・・。
 カバーがレイングローブの代わりをしてくれれば素手で行ける。
 雨の日の濡れた手対策になる・・・・かも。
 それと真冬の指先が冷たいのは早朝だけ。
 これと冬の早朝と雨対策として使えそうです。
 秋になって、冬の気配が近づくころは無くなるかもしれません。
 今のうちに購入しました。
 
 本日の自転車走行距離 5キロ
 
 今日であったねこ 1

 ハンドルカバー

 https://item.rakuten.co.jp/airfric/wg-01r/?s-id=ph_pc_itemname

|

より以前の記事一覧