2021年2月28日 (日)

エースビームBK10用にアダプターを用意したんだけど

 新購入の自転車ライトエースビームBK10。
 発注と同時に別な所で取り付け用のアダプターを頼みました。
 純正アダプター付属ですが、一つしかない。
 複数の自転車で使うには不便。
 ゆるふわーくすのキャットアイアダプターに使える製品を買うことに。
 GoProマウントに使えるアダプター。
 エースビームBK10はそのアダプターにも付けられるそう。
 エースビームライトは発注後、二日で到着する早さでした。
 一方、ゆるふわーくすのアダプターの方はゆっくりのご到着。
 翌週になりました。
 エースビームの現物を手にしたその日に思いつきました。
 キャットアイのライトスペーサーが付けられるかも!
 早速改造。
 作業は難航しましたが、目論見は上手く行きました。
 キャットアイのアダプターに付くようになっちゃった。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2021/02/post-1b63bb.html
 「ゆるふわーくす要らなかったかな・・・」
 そして週明けにゆるふわさんご到着。
 Imgp0124_20210224202901
 (エースビーム用に調達したゆるふわさんのアダプター 大きさ対比用「銅鐸さん」)
 Imgp0125_20210224202901
 う~ん、もう使わない。
 ライトスペーサーが付きました。
 純正アダプターの出番も無い。
 Imgp0126_20210224202901
 (左 ゆるふわさんのアダプター 右 純正アダプター)
 ゆるふわさんを付けるところが無くなった。
 Imgp0127_20210224202901
 Imgp0128_20210224202901   
 あれま、どうしよう。
 でも、まだ別なライトに使えます。
 Knogのpwrライト。
 これをバッテリーとライト部分を別にして装着できるオプション。
 なんていう名前だったか・・・。
 Imgp0131_20210224202901
 (ゆるふわさんにKnogライトとアダプターを付けてみたところ)
 そこに使える。
 なんとか無駄にならずに済みました。
 
 本日の自転車走行距離 12キロ
 
 今日であったねこ 2

 ゆるふわーくす GoProマウント用+キャットアイアタッチメントH34N

 https://item.rakuten.co.jp/worldcycle/yur-n-goproatc/?s-id=ph_pc_itemname

|

2021年2月27日 (土)

キャットアイ フレックスブラケットSP-13

 キャットアイフレックスブラケットSP-13を買いました。
 前から気になっていたライトを取り付けるブラケット。
 なかなか売っている所を見ませんでした。
 単品では送料がかかります。
 別な通販をする時を見計らって一緒に購入。
 届いたもののどうして使おう。
 「使えそう」ということで気になっていただけ。
 具体的な使い道があったわけではありません。
 通常のハンドルバーなどに付けるブラケットとは違います。
 ハンドルバーなどは横軸に取り付けます。
 ハンドルの軸に対してライトは直角に付く形。
 これはシートポストなどの縦軸に付けます。
 ライトはその軸と平行に付く形となります。
 自転車のフレームに縦軸は少ない。
 その軸と平行にライトが付くとなると付ける所は限られる。
 何のためのブラケット?
 Volt50というテールランプの為のそれだったみたい。
 Volt300が出た頃の製品。
 300とほぼ同じ形をしています。
 違いはVolt50が赤ランプで尾灯専用ということ。
 これをシートポストに付けるためのブラケット。
 ああ・・・。
 そんな製品あったね・・・。
 観た瞬間に「要らない」と思った。
 私にとって新型ライトにしては惹かれなかった珍しい製品。
 インターネットでドロップハンドルの下部分に付けたという記事を観ました。
 ドロップハンドルの下にねぇ・・・とそのアイディアに関心をもちました。
 そこにライトを付ける気はしませんが、試しに購入。
 さて届きました。
 どこに付けよう?
 ドロップハンドルの下に付けてみました。
Imgp0197_20210227074701
Imgp0198_20210227074701
 邪魔・・・。
 より路面を照らしてくれそうですが邪魔・・・。
 アウトフロントブラケット2の下部分に付かないか?
 分解して同じ規格の製品と合わせて見ました。
Imgp0199_20210227074701
 改造しても強度が保てそうもない。
 このアイディアは断念。
 う~ん、使い道がない。
 ふと思いつき、アウトフロントブラケット2の軸に巻き付けてみました。
 Imgp0202_20210227075101
 Imgp0203_20210227075101
 アウトフロントブラケット2のライト取り付け部と平行になる位置に。
 同じ位置にライトが二つ付いても意味がない。
 Imgp0205_20210227080301
 しかし、新型ライトエースビームBK10。
 キャットアイのライトスペーサーが付くよう改造。
 キャットアイのブラケットに付くようになりました。
 が・・・。
 アウトフロントブラケット2のライトブラケットには付きません。
 後方が長いのでハンドルステムに干渉して付かないのです。
 この位置に付くといいのになと思っていました。
 これなら同じ位置。
 ステムに干渉しない。
 Imgp0206_20210227075401
 付けられるじゃん(横浜弁)!
 この位置は理想のライト設置場所。
 エースビームは重いです。
 取り付けたところ重さには耐えてくれそう。
 Volt50を付けるものだからね。
 エースビームほどじゃないけどそれなりの重量はあるはず。
 実際走ってみないと分からない所もあります。
 まずは使い道が決まりました。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 7

 キャットアイフレックスブラケットSP-13
 
 https://item.rakuten.co.jp/aris/cat2430/

 Volt50

 https://item.rakuten.co.jp/cycly/dw2d388/

 

|

2021年2月26日 (金)

AMPP300とパドローネも相性は悪いのか?

 Ampp300を点滅モードで使うとパドローネ+の速度表示が0になる。
 点灯モードでは影響されません。
 点滅の時だけ何かノイズが出るようです。
 速度表示が0に。
 スイッチを切ると速度表示をします。
 原因は完全にAmpp300にあるようです。
 どちらもキャットアイの製品なのに・・・。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2021/02/post-7de848.html
 パドローネ+はパドローネの改良型。
 旧モデルのパドローネではどうだろう?
 影響されないんじゃないかという仮説。
 試しましょう。
 旧モデルのパドローネ装備の自転車にAmpp300を装着。
 Ampp300を点滅モードにして走ってみました。
 速度計は走らないと作動しません。
 ちゃんと速度表示しました。
 おお。
 仮説は正しかった。
 が・・・・。
 しばらくすると0表示に。
 あれま・・・・。
 またしばらくすると速度表示。
 また0に。
 Ampp300を消すとその後は速度表示を続けました。
 +は点滅モードを点けた途端に速度0と影響を受けました。
 旧型は中途半端に影響されました。
 あれ・・・。
 先日この自転車のサイクルコンピュータの電池を換えたぞ。
 速度表示がおかしくなったからです。
 電池のせいだと思っていましたが、AMPP300の点滅モードのせい?
 その時、どのライトを装着していたかの記憶はありません。
 かなりの確率でAMPP300を装備、点滅モードにしていた気がします。
 ライトとサイコンはアウトフロントブラケット2に。
 上にサイクルコンピュータ、ライトはそのすぐ下に付けます。
 Imgp0176_20210225195001
 Imgp0179_20210225195001
 今回実験に使った自転車はセンターフォークブラケットを付けています。
 そこにAmpp300を付けてみました。
 Imgp0180_20210225195001
 Imgp0181_20210225195001  
 再び点滅モード起動で走行。
 すると・・・。
 速度表示されました。 
 (黄縁色がパドローネ 青がAMPP300 すぐ下に装備) 
 センターフォークブラケットだとタイヤの真上に付くことになります。
 サイクルコンピュータとは距離があります。
 その程度の距離で影響は防げるんだ・・・。
 このライトはセンターフォークブラケット装備の自転車で使うかね。
 カーボンフォーク装備の自転車はそれを付けられません。
 Ampp300を付けていたGTのグレードはまさにそれ。
 折角ですが、グレードにはAMPP300は付けないように。
 パドローネ+装備だしね・・・。
 今回他社製品のライトエースビームBK10でもノイズ実験をしました。
 Imgp0182_20210225195001
 エースビームは点滅モードそのものがありません。
 が・・・。
 「SOS]モードがあります。
 光信号で「SOS]を点滅させる機能。
 普通の点滅モードが無いのに「SOS]モードがある不思議な仕様。
 最大光量が2000ルーメンとAMPP300の3倍以上の実力者。
 さぞノイズも・・・・。
 そう想像しながら点滅実験。
 影響なし。
 あれま・・・。
 
 本日の自転車走行距離 41キロ

 今日であったねこ 4
 
 キャットアイ アウトフロントブラケット2
 https://item.rakuten.co.jp/qbei/pi-320403/

|

2021年2月25日 (木)

AMMP300とパドローネ+は相性が良くない?

 自転車ライトVolt100。 
 昼間の走行中は常時点滅させています。
 車からの視認性を高めるデイライトの役目。
 通勤中半分くらい来たところで赤ランプが点灯。
 電池切れのサイン。
 そろそろ無くなるころだと思っていました。
 やがてバッテリー切れでVolt100は消えました。
 でも大丈夫。
 代わりのAmpp300を点滅モードで作動させました。
 しばらく走って気がついた。
 速度計が0表示。
 あれ?
 センサーからの信号を受けるサインは点いています。
 センサーがずれたわけじゃなさそう。
 サイクルコンピュータの電池切れ?
 いや・・・・、11月ごろに換えたばかりのはず。
 このサイクルコンピュータ調子が良くない?
 去年買ったばかりの品。
 「はずれ」に当たった?
 急に速度表示が無くなった原因を色々考えました。
 きっかけはVolt100からAmpp300に切り替えた時。
 Ampp300が原因?
 点滅モードのAmpp300を切りました。
 すると速度が表示されるように。
 へ?
 Ampp300からノイズが発生?
 それがサイクルコンピュータに影響している?
 試しに点灯モードを改めて起動。
 速度はそのまま表示。
 点灯モードに切り替え。
 0表示に。
 どうも原因はそれらしい。
 Volt100を点けて比べたいところですが、生憎の電池切れ。
 ハブライトホルダー装着のVolt400をハンドルホルダーに移しました。
 点滅モードで起動。
 サイクルコンピュータは影響を受けません。
 どうも、Ampp300の点滅モードだけに影響されるみたい。
 サイクルコンピュータはパドローネ+。
 「ぱどろおね ぷらす」と読みます。
 パドローネの改良版。
 バックライトが点くだけの仕様変更。
 それで「ぷらす」
 どうもその仕様変更がいけなかったらしい。
 あれまぁ・・・。
 確かに、バックライトなんか要らないなとは思っていました。
 電池の減りを早めるだけ。
 実際、バックライト機能は切って使っています。
 先日Volt200が電池の寿命で壊れました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2021/02/post-96fb62.html
 100は200よりも古くから持っています。
 いずれ電池が寿命を迎えるでしょう。
 それを見越してのAmpp300購入でした。
 むひ~。
 1月に買ったばかり。
 それから点滅モードで走らんかったかね・・・・。
 こんな欠点があるとは気がつきませんでした。
 パドローネ+装着の自転車はまだ1台。
 他は旧モデルのパドローネ装備。
 旧モデルなら大丈夫なはず。
 パドローネ+と相性が悪いのはAmpp300だけでしょうか?
 Volt100とかVolt400はもはや旧型に属する製品。
 最新モデルに属する製品にGVolt70があります。
 これとの相性は?
 帰宅してGVolt70を装着。
 Imgp0173_20210225074401
 更に充電を済ませたVolt100も装着。
 Imgp0172_20210225074401
 両機を点滅モードで点けての走行実験をしました。
 速度はきちんと表示されました。
 どうもAmpp300との相性が良くないらしい。
 AmppシリーズはまだAmpp1100があります。
 こちらを点滅モードで使うことは恐らくない。
 光量が大きいので完全に夜間の前照灯としてしか使いません。
 GVolt70点滅モードとパドローネ+は問題なく使えました。
 ひとまずVolt100後継機問題は解決。
 あとはパドローネ旧モデルとAmpp300の相性実験をしないと。
 点灯モードなら速度表示に影響はありません。
 Ampp300は前照灯としても明るい優秀なライトです。
 デイライトととしては使えなくても前照灯として十分機能します。
 十分機能すると10分機能するでは起動時間を間違えて計測しやすい。
 
 本日の自転車走行距離 2キロ
 
 今日であったねこ 1

|

2021年2月22日 (月)

Volt700の電池が寿命。

 自転車ライトVolt700の電池が切れました。
 残量が少なくなると赤ランプが点灯。
 そろそろ無くなるころだと予想していました。
 帰宅して翌朝太陽光パネルに接続。
 ベランダで太陽光充電させました。
 接続が悪いと充電されません。
 様子を見に行くと・・・。
 バッテリーランプが点滅。
 てんめつぅ?
 充電中は点灯のはず。
 おかしい・・・。
 太陽光パネルかあ外して室内へ移動。
 家庭用電源で再充電。
 またしても点滅。
 おかしい。
 残量を完全にゼロにしようと残りを携帯に給電させました。
 その時、赤ランプが点滅していました。
 アダプターを使い、他の機器に給電させる時も赤ランプは点灯します。
 点滅していたな・・・。
 充電状況も悪かった。
 あまり気にせず太陽光充電に移行。
 あの段階で壊れていた可能性が高い。
 う~ん、寿命かな・・・・。
 調べたら2014年に購入。
 Volt700に付いていた電池か予備として買った電池です。
 Volt300に上位機種が出たと、割とすぐ買ったはず。
 当時、乾電池式で明るいLEDライトは少なかった。
 充電式なら明るいのは出始めていました。
 しかし、電池は内蔵式。
 乾電池式と違い交換が出来ない。
 夜道で電池切れになるとどうしようもありません。
 Volt300は充電式で電池が交換できる画期的なライトでした。
 同じ仕様で更に明るい700に飛びついた記憶があります。
 しかも電池は共用。
 700装備の電池は容量が少し多い仕様に変更されていました。
 本体、予備電池、どちらも同じ年に買った記録がありました。
 300回ほど充電できるそうです。
 さすがにそこまではしていませんが、稼働率は高かった。
 足掛け8年。
 この電池はお終いでしょうね。
 廃棄することにしました。
 Imgp0139_20210221163401
 (おそらく寿命なVolt700の電池 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」)
 すぐにでもこの予備を手配したいところですが・・・。
 Imgp0140_20210221163401
 (まだ別な電池があるので使えるVolt700 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」)
 Voltライトの電池の予備は300のがあります。
 それに加えて最近ライトが増えました。
 そのライトが予備電池の代わりになります。
 Voltライト用の電池がもう一つダメになったら予備は手配することに。
 
 本日の自転車走行距離 20キロ
 
 今日であったねこ 1
 
 Voltシリーズ予備電池
https://item.rakuten.co.jp/qbei/pi-240508/
 
 

|

2021年2月21日 (日)

さよならネオクラシックバー

 ドロップハンドルはTNIのネオクラシックバーというのを使っていました。
 完成車で買った時に付いていたドロップハンドルがどうも気に入らない。
 そこで探し当てたのがネオクラシックバー。
 2008年くらい。
 もう10年以上前のこと。
 Rの部分が小さくて使いやすそう。
 輪行という自転車を分解、袋詰めにして電車で運ぶことも良くしていました。
 その時、自転車は少しでも小さな方がいいだろうと思っていました。
 小ぶりな印象のハンドルはまさにうってつけでした。
 小さいということは軽量でもある。
 そこも採用した理由の一つ。
 実際使ってみるとその使い心地は上々。
 すっかり気に入りその後増えて言った自転車艦隊。
 全艦標準装備となりました。
 数年前に3代目全天候自転車としてコナのスートラが着任。
 グラベルハンドル装備でしたが、使い心地が良くない。
 即撤去、ネオクラシックバーに交換しました。
 使い勝手が向上しました。
 やはりネオクラシックバーだねぇ~と思っていました。
 が・・・・。
 去年GTのグレードが登場。
 幅広のハンドルは未舗装路で使いやすいということを知りました。
 交換する前に付いているハンドルを試そうと思いました。
 ネオクラシックバーの予備が無かったということもあります。
 とにかくグレードは買ったままの状態で使いました。
 すると・・・・。
 悪くない。
 持ちにくいと思われていたドロップハンドルのRの部分もいい。
 幅広のグラベルハンドルはいいのかも。
 スートラもこれにしようか?
 元々付いていたスートラのハンドルは外した後売却してしまいました。
 改めて買わんと・・・。
 ま、急がなくていいか。
 調べているうちにRaidefarrのグラベルエアロハンドルを知りました。
 良さそうなので購入。
 当初予定していたスートラには付けず、グレードに装備させました。
 グレードから外したハンドルはスートラに。
 その予定でしたがRaidefarrのそれがかなり良かった。
 結局スートラにもそれを装備。
 余ったのはグレードの元々のハンドル。
 その後、幅広で太いハンドルの使い勝手の良さを実感。
 ロードバイクにこのハンドルと交換するかという計画が起こりました。
 ブレーキ、シフトワイヤーの交換時期が過ぎていたので一緒に交換。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2021/02/post-879100.html
 換えたハンドルの効果は予想以上によかった。
 ああ、もうネオクラシックバーの時代は終了だねぇ・・・。
 10年以上使い続けましたがもうお終い。
 残るもう一台のロードバイクも交換を内定。
 さて、外したネオクラシックバー。
 Imgp0135_20210221082001
 (廃棄が決まったネオクラシックバー。 大きさ対比用「縄文のめが子」)
 どうしよう?
 売却するかね?
 でも10年は使ってる。
 ハンドルなのでかなりの力を受け続けたはずです。
 意外と丈夫でこの先使いづづけても10年以上もつかも。
 分からんです。
 アルミ製品は金属疲労を起こすと前触れもなく突然折れるそう。
 廃棄することにしました。
 拾った人が使って「ぽきっ」とか折れてもねぇ・・・。
 金のこで切れ目を入れて金属ごみとしました。
 さようならネオクラシックバー。
 いいハンドルでした。
 
 本日の自転車走行距離 5キロ
 
 今日であったねこ 1


 

|

2021年2月20日 (土)

換えたハンドルのロードバイク

 GTのグレードに付いていたハンドルに換えたロードバイク。
 グラベル用ですがまあいいでしょう。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2021/02/post-879100.html
 通勤を兼ねたテスト走行。
 Imgp0141_20210219195901
 なんだかいい感じ。
 見た目は同じようなドロップハンドル。
 新鮮味はありませんでした。
 しかし・・・。
 乗り心地が向上。
 元々柔らかな感じだった乗り心地の自転車。
 それが更に柔らかな感じになりました。
 ハンドルの違い?
 こんなに?
 違いは芯が太くて幅広な程度。
 全体的に大きくなっています。
 それが振動を吸収している?
 ロードバイクの細いタイヤなのに太いタイヤを履いているかのよう。
 あれま。
 こんなに違うとは思わなかった。
 グラベルハンドルは両端が「ハ」の字に開いています。
 バーエンド装着のバックミラーがより広範囲を映すようになりました。
 Imgp0142_20210219195901
 以前のハンドルではどうかすると膝小僧が映ってた。
 バーエンドが外側に張り出すことによりそれが無くなりました。
 もう一台ロードバイクがあります。
 分解して休ませること1年。
 今のロードを今年いっぱい乗り、来年復帰予定です。
 その際にはこちらのハンドル交換も考えるか・・・。
 
 本日の自転車走行距離 30キロ
 
 今日であったねこ 1

|

2021年2月19日 (金)

ロードバイクのハンドル交換。

  ロードバイクのハンドルを換えました。
 GTのグレードに付いていたハンドルを流用。
 太くて幅広のハンドル装備。
 このハンドルは操作がしやすい感じがしています。
 グラベルバイク装備のハンドルを使って得た感触。
 ロードバイクでも同じことが言えるのでは?
 長年使っていたハンドルを交換することにしました。
 太さの規格が違うのでステムという部品も同時交換。
 ハンドルは既にあるのでサイズの合うステムのみの用意。
 そんなに急ぐこともないので交換は「いつでもいい」つもりでいました。
 が・・・。
 ブレーキと変速ワイヤーを換えたのが2019年の12月。
 一年以上経ってしまった・・・。
 交換時期だ。
 ということでワイヤーとハンドルそしてステムを同時交換することに。
 ステムは前回スートラにも使ったニットーの同じステムを注文。
 Imgp0111_20210218133001
 Imgp0112_20210218133001
 別途ワイヤー、バーテープも用意。
 ブレーキシューの入手忘れていました。
 これは近いうち、タイヤ交換も時期なのでその時に。
 Imgp0113_20210218133001
 交換用ハンドルを重ねて見るとひと回り大きい。
 Imgp0114_20210218133001
 新購入のステムと仮組み。
 Imgp0115_20210218133001
 先ずはロードバイクから古いハンドルを外します。
 Imgp0116_20210218133001
 更にハンドルからブレーキレバーを外し、新ハンドルに仮組み。
 ここからようやく、組付け開始です。
 Imgp0117_20210218133701
 慌てない慌てない一休み一休み。
 Imgp0118_20210218133701
 ワイヤーも交換なので面倒が臭く臭います。
 Imgp0119_20210218133701
 Imgp0121_20210218133701
 寝ていた作業員も起床。
 ハンドルステムを組み付けて、ブレーキレバーの位置を決定。
 ブレーキ、変速のワイヤーを組付けました。
 問題なく作動を確認した後バーテープ巻き。
 この作業が大大大大大嫌い。
 でも、グレード、スートラの交換をしたばかり。
 今回で間を置かず3回目。
 手慣れてきた感じはありました。
 Imgp0122_20210218133701
 バーテープを巻いた後、サイクルコンピュータ等の機器を再装着。
 作業終了。
 Raidefarr程特異なデザインでない普通のハンドル。
 Imgp0123_20210218133701
 あまり「新しくなった!!」という感じがしない。
 
 本日の自転車走行距離 53キロ
 
 今日であったねこ 7

 

|

2021年2月18日 (木)

ハンドルの角度を変える。

 先日Raidefarrエアログラベルハンドルに換えたコナのスートラ。
 先行して換えたGTのグレードと比べハンドルの取り付け角度が立ってる。
 Raidefarrハンドルはフラットバーの部分に台形のバーが付いています。
 ここを持つと向かい風の時など少しだけ楽。
 ほんの少し。
 この部分が地面い大して少し角度がついて立ち上がっていました。
 グレードのそれはほぼ水平。
 同じにした方がいいかね。
 スートラの方を直しました。
 そして通勤。
 あれ?
 遅い感じ。
 走行速度が遅い。
 気のせい?
 ぐんぐん進むキャタピラ走行している感じも無くなりました。
 え?
 あれはハンドルの角度のお陰だった?
 ある程度の角度を付けた方がいい?
 角度が付いていたことでブレーキレバーが体に近くなっていた。
 それが良かった?
 とにかく上半身の力の入り方が変わった気がします。
 角度を付けるとその力がハンドルを伝わり推進力になる気がしまた。
 ハンドルの角度を戻そう。
 帰宅して再調整。
 Imgp0106_20210218083301
 ハンドルにメモリが付いていました。
 最初は「こんな感じ」と適当に角度を付けていました。
 復元したい・・・。
 メモリ一つ分角度を上げて固定。
 ん・・・。
 こんなに立っていたっけ?
 前より角度がついてしまった気がします。
 Imgp0107_20210218083301
 まあ、いいか。
 Imgp0108_20210218083301
 Imgp0109_20210218083301
 Imgp0110_20210218083301
 そして再び通勤で使用。
 「あの走り」が戻ってきました。
 ハンドルが立つことでブレーキレバーが近くなりました。
 たぶんこれが「サイズ」としていいんだろうな。
 前より角度がついてしまった気がしますが・・・。
 グレードに乗り換えると速度が遅い気がしていました。
 理由はこれか。
 フレームのサイズの違いだと思っていました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2021/02/post-040488.html
 も角度を変えてみよう。
 
 本日の自転車走行距離 3キロ
 
 今日であったねこ 1

|

2021年2月15日 (月)

エースビームBK10を使う。

 新型ライトエースビームBK10を使いました。
 ひと月に一度か二度、河川敷を1時間ほど走って仕事に行きます。
 帰りは日没後。
 道は真っ暗。
 行きよりも時間をかけて1時間以上の走行。
 この時、頼れるライトが欲しい。
 今回のエースビームはここで使うことを念頭に購入。
 早速試す機会が来てよかった。
 ブラケットはキャットアイのそれに付くよう改造済み。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2021/02/post-1b63bb.html
 その使い勝手も試せます。
 Ampp1100も比較のために持参しました。
 Imgp0105_20210214164701
 (左 Ampp1100 右 エースビームBK10)
 仕事を終えて帰り道。
 待ちに待っていた暗い夜道です。
 日が伸びて、途中までは明るかった。
 やがて暗くなりました。
 エースビームの350ルーメンから1000ルーメンに。
 わき道にそれてAmpp1100と明るさ比べ。
 先ずはエースビームBK10。
 ローモード150ルーメンだそう。
 Imgp0093_20210214163001
 く、暗い・・・。
 ミドルが350ルーメン。
 Imgp0094_20210214163001
 ここまで来るのにこのモードで来ました。
 350ルーメンのモードもなかなか使えました。
 Imgp0095_20210214163001
 一段階上の1000ルーメン。
 明るい!!
 これすごくいいじゃん(横浜弁)
 さて最上モードの2000ルーメン。
 これが気になっていました。
 ターボモードとかでダブルクリックしないと呼び出せません。
 Imgp0096_20210214163001
 ぶぅわっと明るい。
 が・・・・。
 照射範囲が狭いのでそんなに「すごい!」という感じは持てず。
 続いてAmpp1100。
 ローモードで400ルーメン。
 Imgp0098_20210214163501
 これで十分明るい。
 Imgp0099_20210214163501
 ミドルが800ルーメン。
 画像では中心の明るさが変わった程度の変化。
 実際はかなり明るかった。
 Imgp0100_20210214163501
 そしてハイモードの1100。
 明るいはずなんだけど・・・。
 舗装路に出て両機のハイモードを比較。
 エースビームのハイモード。
 Imgp0101_20210214163801
 2000ルーメンだけれど1000の時と印象がさほど変わらず。
 道を照らしてくれている感じ。
 Ampp1100のハイモード。
 Imgp0102_20210214163801
 道というよりまわりの空間を照らしている感じ。
 LEDが二個付いているので照射範囲が広いせいだと思います。
 河川時の道路では道を照らしてくれるエースビームの光の方が良かった。
 防眩効果はどのくらいなんだろう?
 自分が運転している自転車ライトに自分が照らされることはありません。
 人も来ない河川敷。
 どんな光か正面に回って見てみました。
 Imgp0103_20210214164601
 そんなに眩しくない・・・。
 モードは普段使いする可能性の高い1000ルーメン。
 Imgp0089_20210214164601
 これが防眩効果か?
 Ampp1100はどうか?
 試してくるのを忘れました・・・。
 結論。
 2000ルーメンは照射範囲の狭さからか、さほど明るく感じなかった。
 走行中照らして欲しいところを照らしてくれる感じ。
 Ampp1100はもっと広く空間を照らしてくれる感じでした。
 エースビームの配光パターンの方がいいのかなという感じ。
 評判通りのいいライトでした。
 
 本日の自転車走行距離 12キロ
 
 今日であったねこ 2 

 エースビームBK10

https://item.rakuten.co.jp/blackwolf/blac173645/

|

より以前の記事一覧