2017年9月23日 (土)

TNIバルブホルダー

 自転車のチューブバルブは3種類ります。
 アメリカ式、フランス式、イギリス式。
 MTBはアメリカ式、自動車と同じ規格です。
 ロードバイクなどはフランス式が使われることが多い。
 日本で使われる一般的な自転車は、イギリス式です。
 私の自転車艦隊はロードバイク主体なので、おフランス式を採用ざんす。
 仏式にアダプターを付けると、英式のみ対応の空気入れが使えます。
 一つ予備を持っています。
 工具箱の中のどこかにある・・・。
 実際使ったことはありません。
 ツーリング中のパンクも携帯ポンプを持っています。
 バルブが合わなくても自前のポンプで何とかなります。
 キーホルダー付きの持ち運びに便利なアダプターを見つけました。
 TNIのバルブホルダー。
Imgp1518
 (バルブホルダー金色 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」)
 お守り代わりに持っておくかね?
 今まで、バルブの方式の違いで困ったことはありません。
 しかし、使える選択肢が増えるということはいい。
 買うことにしました。
 自転車のカギに付けておけば、いつでも持ち歩くことになります。
 リングの付いた先っぽを外します。
Imgp1519
 こいつを仏式バルブに。
Imgp1520
 バルブキャップを外して。
 Imgp1521
  バルブ先端を空気が入るよう緩めてから、装着。
Imgp1522
 これで英式の空気入れでも空気を入れることができます。
 終わったら元のキーホルダーに。
 手ごろな大きさで、綺麗だし、これはいいです。
 
 本日の自転車走行距離 2キロ
 
 今日であったねこ 5
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「申し込みを開始」と「もう仕込みを開始」は、間違いやすい。


 
 
 

| | コメント (0)

2017年9月21日 (木)

ハブダイナモライト、なかなか試す機会が

 自転車用ハブダイナモライト。
 今まで使っていたものが点かなくなり、壊れました。
 ハブダイナモホイール撤去か、別なのを付けるか迷いました。
 以前使っていたものを付け換えることにしました。
 壊れたものは、それよりも明るいものでした。
 そういうのを選んで買ったのですが、点かなくなってしまいました。
 もう要らないと思っていました。
 けれど、捨てずに仕舞い込んでいました。
 再び出番が来ました。
 しかし・・・。
 取り付け基部は壊れたのか、捨てちゃったのかありません。
 考えた末、壊れたライトから基部を外してそれを付けてみました。
 多少工夫が要りましたが、うまい具合にサイズが合いました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/09/post-ba1e.html
Imgp1515
 付けてみたものの、この自転車で日没後に走る機械が来ない。
 このライトの実力は知っています。
 適度に明るい。
 でも、もう少し明るい方がいい。
 そんな明るさです。
 それで、より明るいものを導入したのです。
 わかっているけれど、付け換えは気分が変わります。
 試してみたいのです。
 きっと、満足いく明るさではないはずです。
 バッテリーライトと併用することになるでしょう。

 本日の自転車走行距離 0

 今日であったねこ 1

 今日の間違いやすい探し
 
 「ハブダイナモライト」と「マムシダイナモライト」は、間違って装着しやすい。

 

 

| | コメント (0)

2017年9月15日 (金)

ハブダイナモライトを交換

 点かなくなって、どうやら壊れてしまったハブダイナモライト。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/09/post-e70b.html
 それを外して、予備として待機させていた物と交換しました。
 台座にキャットアイのセンターフォークブラケットを利用しました。 
 これだと、あまりライトの角度の調整ができません。
 地面に対してライトは水平。
 ライトの基部が下を向く程度。
Imgp1448
 夜に走ってみないとわかりませんが、角度が足りない気がします。
 まあ・・・・、いいか。
 これでいくか。
 ふと思いつきました。
 壊れたライトの取り付け部品は使えないだろうか?
 かなり角度が付けられるようになっています。
 関節が二か所あって、角度調整の自由度が格段に上がります。
Imgp1449
 壊れたライトから取り付け部を外して、試してみました。
 お・・・、何とか付く。
 これで上から光を投下することができます。
 暗くなるのがちょいと楽しみに。
 
 本日の自転車走行距離 51キロ
 
 今日であったねこ 12
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「縁談」と「猿談」は、間違いやすい。

 

| | コメント (0)

2017年9月14日 (木)

予想通りに故障

 自転車にハブダイナモライトを使っています。
 ブッシュ&ミューラーのIQ-Xという製品。
Imgp1445
 とても明るくて気に入っていました。
 この冬も使おうと、夏の終わりにセットしました。
 私は、自転車走行中、昼間はLEDライトを点滅モードにしています。
 これは電池式のライトの場合。
 ハブダイナモライトはバッテリーが不必要。
 点滅モードはありませんが、点けっぱなしにしていました。
 この使い方は、ライトの寿命を早めないか?
 ふとそんなことを思いつきました。
 電池式の小型ライトを付けて、昼間はこれを点滅モードに。
 日が暮れたらハブダイナモライトを点灯と、併用を考えました。
 思いついた初日、小型ライトVOLT200を装着。
 点滅モードて出かけました。
 やがて日没近くなりました。
 ハブダイナモライトを点灯させましょう。
 スイッチを入れました。
 あれ?点かない。
 何度もし試しました。
 点かない?
 「接触ふりよう?」
 ケーブルを抜いてさし直しました。
 「ぴかぴか」
 おお!「せつしょくふりよう」でしたか。
 気を取り直して、再び走行開始。
 いつの間にか消えていました。
 ありゃ?
 これは故障か、接続部分を綺麗にするなどが必要なせつしょくふりよう。
 そのどちらかだと思います。
 このメーカーの製品は、割と壊れる・・・。
 以前、別な製品を使っていました。
 それは雨水が浸入して壊れました。
 今度のそれは雨水が浸入しにくいものと思っていましたが・・・。
 共に防水仕様を謳っていたのですが・・・。
 とにかく帰宅して調べましょう。
 その日、帰宅は8時ごろになる予定の日でした。
 ライトは必需品。
 小型とはいえ、VOLT200を用意してきてよかった。
 運がいい。
 帰りはこれが頼りになります。
 ハブダイナモライト、何度か試しましたが、とうとう点きませんでした。
 帰宅して、まずコンタクトスプレーで金具を洗浄しました。
Imgp1444
 接点金具の汚れを落として、通電を良くしてくれるそうです。
 (コンタクトスプレー 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」)
 点かない・・・。
 接点金具を起こしてみました。
 点かない・・・。
 もしかするとハブダイナモの方が故障?
 予備のハブダイナモライトを付けてみました。
 「ぴかぴか!」
 よく点きます。
 やはりライト本体の故障のようです。
 雨水の浸入の形跡はありません。
 もっとも、あったとしても全天候型は4月に退役。
 雨の日の雨中航行は5カ月以上していません。
 乾いちゃったでしょう。
 このライトは明るいタイプ。
 消費電力が高い。
 使用中、ライト本体はかなり熱くなっていました。
 加熱による故障。
 私が想像できる原因はそれしかありませんでした。
 このライトは撤去に決定。
 問題は、この自転車のライトをどうするか。
 ハブダイナモライトホイールを外してしまい、バッテリーライトにする。
 予備のハブダイナモライトに換える。
 この二つの選択肢がありました。
 結局、予備のハブダイナモライトを付けることに。
 ずいぶん前に買ったものです。
 名前は忘れてしまいました。
 そんなに明るくないです。
Imgp1447
 夜の荒川などを走る時は他のライトと併用していました。
 より明るいライトを手に入れた後は、お蔵入りしていました。
 今回復活です。
 これが壊れたら、もうハブダイナモライトは使わない・・・。
 そう思い始めています。
 意外なほどと寿命が短い!
 でも、今回予想通りに故障してくれたのには助かりました。
 ハブダイナモライトがあれば、他のライトは不必要。
 予備のライトは持たずに出かけていましたから。
 できればもっと大きなVOLT300か400を持って行けばよかった。
 そう思いましたが、VOLT200はかなり明るいです。
 帰りの夜道はこれがあったので助かりました。
 
 本日の自転車走行距離 16キロ
 
 今日であったねこ 2
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「ふたたび」と「フタタ部」は、間違いやすい。
 

  

| | コメント (0)

2017年9月11日 (月)

新しいホイールで

 新しいホイールで、往復30キロ程度の距離、都心を走りました。
 7月の半ばに届きました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/09/post-59cd.html
 職人が手作業で組んだ「手組」みという製法のホイール。
 スポークが32本と多いです。
Imgp1434
 その分、体重も分散されて、乗り心地はいいはずと予想していました。
 ところが乗り心地が硬い。
 その時は、古いタイヤを付けました。
 交換直前の時期でした。
 二台のロードバイクを月交代で使い分けています。
 タイヤの交換目安は6カ月にしています。
 走行期間は延べ6か月です。
 しかし、月交代で乗るので、乗らない時期と合わせると1年付けたまま。
 一年前のタイヤということです。
 そのせいか乗り心地が硬く感じました。
 やがて8月になったので、別の自転車と交代。
 梅雨明けと同時に天候不順が続きました。
 結局あまり出番のないままでした。
 9月になって、タイヤ、チューブを交換しました。
 空気圧を下げてみるという知識も仕入れました。
 そのせいか、乗り心地がいい。
 タイヤ交換と空気圧を下げる。
 これを同時にしたので、乗り心地の変化の原因が特定できない・・・。
 乗り心地もいいですが、その回転もいい。
 「くる~っ」と気持ちよく回ります。
 都心に出る通勤で試しました。
Imgp1437
 よく走る!
 走りがとても軽い。
 それにしても良すぎる。
 あ・・・、きっと追い風だ。
 追い風は気持ちよく、背中を楽に押してくれます。
 欠点は、その効果を実感しにくいこと。
 あまりに自然に走れてしまいます。
 「追い風だ!」と感じないと、その恩恵を感じにくいのです。
 意識しないと追い風であることにすら気がつきません
 反対に向かい風は感じやすい。
 少しの向かい風でも抵抗を感じます。
 すれがずっぅ~っと続きます。
 風向きが変わるか、風がやむ、目的地に着くかするまで辛さは続きます。
 帰りは来た道を戻りました。
 予想通り向かい風。
 幸い、強い向かい風ではありませんでした。
 しかし、途端に速度は落ちました。
 やはり向かい風は感じやすい。
 抵抗は受けましたが、ホイールの軽い回転は感じられました。
 この新しいホイールは、少~しだけ向かい風に効果があるみたいでした。
 久しぶりの晴天だったのも気持ちよく走れたことの要因の一つでした。
 
 本日の自転車走行距離 13キロ
 
 今日であったねこ 2
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「抽選に外れやすい」と「宇宙船に外れやすい」は、間違いやすい。

 

| | コメント (0)

2017年9月 9日 (土)

良く回るホイール

 ロードバイク用のホイールを新しくしました。
 7月の初め頃注文。
 半ばごろには完成、届きました。
 二台のロードバイクを月交代で使っています。
 いくらも走らないうちに交代の月、8月になりました。
 8月番の自転車に付けようか迷いました。
 でも、そちらには今までこの自転車に付けていたホイールを付けました。
Imgp1249
 その状況も試したい。
Imgp1030
 もともとこの自転車の為に用意した完組みホイール。
 後から出来たこの自転車が取っちゃったのです。
 それで、あまり試さないうちに月交代しました。
 そして9月。
 タイヤ交換の時期でもあり、タイヤ、チューブも換えました。
 新品のホイール、タイヤ、チューブ、それにブレーキシューが揃いました。
 走った感じが滑らか。
 「ロードバイク本音のホイール論」に影響されて空気圧も低くしました。
 そのせいか、乗り心地がいい。
 今回のホイール購入には、この本はあまり役に立っていません。
 読む前に注文したということもあります。
 どちらかというとこの前に読んだ「ブルベのすべて」の方が影響しています。
 カーボン製で高ハイトなリム、少ないスポークのものを推奨していました。
 軽くて、空気抵抗も少なくていいそうです。
 でも、今回私が頼んだのは手組みのホイール。
Imgp1252
 スポークも32本、たくさんあります。
Imgp1251
 重量も重いし、空気抵抗もかかりそうです。
 カーボン製のリムがいいと知ると、少し興味はわきました。
 本は、レースやスピード主体の走り方をする人を想定して書かれています。
 私はツーリング主体なので、故障が少なく丈夫なものが欲しかった。
 だからそれでいいのです。
 走行中にハンドル越しにホイールを真上から観ました。
 きれ~いに回っているホイールの姿が美しい。
 本で更に知ったことですが、ハブの性能はあまり関係ないそうです。
 リムの素材と、高さが影響するそうです。
 極端な話、ハブは何でもいいとか・・・。
 ありゃ。
 ハブはデュラエースという最高級品を選びました。
 もう一つ下のでもよかったのかな?
 ハブは11段変速仕様でした。
 私のは10段変速仕様。
 付属のアダプターを付けて10速用の部品を付けました。
 でも、この滑らかな回転はデュラエースのお陰だと思うのだけれど・・・。
 真新しいからなのか?
 最上級品はその耐久性も高いはず。
 そこへの投資と思いましょう。
 
 本日の自転車走行距離 30キロ
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「木更津」と「本更津」は、間違いやすい。

| | コメント (0)

2017年9月 5日 (火)

8月は出番が多かったコナのスートラ

 毎月の自転車走行距離を測っています。
 4台の自転車を使い分けています。
 その積算距離。
 だいたい600キロから800キロです。
 8月は1005キロもありました。
 先月は、群馬県の中里村(現 神流町)に行きました。
 その時200キロ近く走ったので多いだろうとは予測していました。
 10000キロを越えていましたか・・・。
 このうちコナのスートラが526キロ。
 半分を超えてる!
 中里行きはスートラを使いました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/08/nakaza-trek20-3.html
 それだけでもほかの自転車より200キロ多く走ってる。
 8月は天候不順な日が続きました。
 降水確率が高い時は、全天候型自転車でもあるスートラで出かけました。
 今回一番の走行距離はそのためだ。
 2番目が、今月月番のロードバイク。
 ロードバイクが1番におなるのですが、今回は2番目でした。
 横浜にサイクリングに行った時、100キロほど走りました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/08/post-0116.html
 しかし、走行距離は266キロ。
 スートラの300キロ越えには及ばず。
 やはり、普段の走行も加味されたスートラは強かった。
 因みに3番目が元二代目全天候型自転車。
 4番目が折り畳み自転車ブロンプトン。
 こちらは走行距離が0の出番なし。
 今月はロードバイクの走行距離を伸ばしたい。
 そう心がけていましたが・・・。
 結構天候不順が多い。
 雨が降らなくても、降水確率が高ければスーパーで出ます。
 早くも、スートラが走行距離を伸ばしています。
Imgp1427
 乗り心地のいい自転車で、一度これで出るとまた乗りたくなる。
 これも、走行距離を伸ばしている一因でしょう。
 
 本日の自転車走行距離 6キロ
  
 今日であったねこ 7
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「一因でしょう」と「一インチで小」は、間違いやすい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KONA (コナ) SUTRA スートラ シクロクロス
価格:159840円(税込、送料無料) (2017/9/5時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KONA (コナ) SUTRA スートラ シクロクロス
価格:159840円(税込、送料無料) (2017/9/5時点)


| | コメント (0)

2017年9月 4日 (月)

あれ?ホイールの回転が鈍い

 月交代で二台のロードバイクを乗り分けています。
 9月の番の自転車で出勤。
 走り出して気がつきました。
 ホイールの回転が鈍い。
 ブレーキレバーの引きも硬い。
 ???
 ホイールを見ましたが、異常はありません。
 ホイールを外す時に使うブレーキのリリースレバーを緩めてみました。
 よく回る・・・。
 ブレーキが効いた状態になっていたようです。
 なぜ?
 あ・・・。
 思い出しました。
 月末にこの自転車の準備をしました。
 タイヤとチューブを交換。
 一緒にブレーキシューも換えました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/08/post-4557.html
 ブレーキシューが新品になった。
 それで、シュートリム(車輪)の感覚が狭くなったんだ。
 今までのシューは1年間使いました。
 1年間の使用でずいぶん減ったようです。
 すり減った分、ブレーキの効きは悪くなります。
 その為、ブレーキワイヤーを張り直して調整した。
 忘れていましたが、きっとそうしたのでしょう。
 それが真新しいブレーキシューには合わなかった。
 新しいシューとリムの間隔が狭くなってた理由が分かりました。
 帰宅してワイヤーの張りを調整。
Imgp1418
 シュートリムの感覚を適正にしました。
 ブレーキレバーの引きしろも増えて、快適になりました。

 本日の自転車走行距離 20キロ

 今日であったねこ 2

 今日の間違いやすい探し

 「その日暮らし」と「そのヒグラシ」は、間違って採集しやすい。
 


 

 

| | コメント (0)

2017年8月31日 (木)

私に地味は似合わない

 ロードバイクのタイヤを換えました。
 「ロードバイク本音のホイール論」にtypeDというタイヤがいいとありました。
 パンクしにくいんだそうです。
 そうか・・・、今度換える時はパナレーサーのtypeDにするか。
 読みながらそう思いました。
 しかし・・・。
 しばらく日が経って思い出しました。
 「typeD、使っていたことがあるじゃん!」
 かつて、全天候型自転車に付けていたことがありました。
 その後、グラベルキングというタイヤが発売。
 そちらの方がよさそうだ。
 試してみたい。
 そんな思いからtypeDはやめたんだ・・・。
 「ツアラー」「typeD」そして「グラベルキング」の順で使っていました。
 間のtypeDを付けていた機関が一番短かった。
 忘れかけていましたが、使っていたことがありました。
 ならば改めてtypeDを使うことはないか・・・。
 いつも通りのパナレーサーのtypeAでいいんだ。
 typeAはタイヤサイドにカラーラインが入っています。
 基本の黒の他、赤、青が選べます。
 typeDもグラベルキングもいいタイヤです。
 でも、黒と茶色しかない。
 ちょいと地味。
 赤いタイヤを使いたい。
 カラーラインが入っているとちょっと気分がいいです。
 typeD、グラベルキング、typeAも共にパンクしにくい加工をうたっています。
 でも、どのタイヤでもパンクしたことがありました。
 パンクのしにくいタイヤはありがたい。
 完全に避けることは不可能でしょう。
 ならば、見た目のいいのにしましょう。
 そういうわけで、ロードバイクは今まで通りのtypeA。
Imgp1403
 太さは700×25Cというちょっとだけ太めのもの。
Imgp1404
 空気圧は今まで9気圧入れていましたが、8気圧に。
 走行抵抗も下がらないそうです。
 そしてなによりこの方が断然乗り心地がいい。
 タイヤと一緒にチューブも交換しました。
 チューブは、タイヤとリムの間で人知れず過酷な任務についています。
 タイヤと一緒の交換を心がけています。
 今回ブレーキシューも同時に交換しました。
 これで足回りが一気に刷新しました。
 
 本日の自転車走行距離 31キロ
 
 今日であったねこ 10
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「単語だけを話す」と「喃語だけを話す」は、間違いやすい。
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロードバイク本音のホイール論 [ 吉本司 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/8/31時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロードバイク本音のホイール論 [ 吉本司 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/8/31時点)




| | コメント (0)

2017年8月26日 (土)

やっぱりマニュアル本

 ロードバイクのホイールを換えました。
 全体のバランスが変わったので、変速機が変。
 後ろの変速機の調子が悪くなりました。
 ワイヤーの張りを調節してもよくなりません。
 変速機に付いたネジで調整しないとダメかね?
 適当に動かしてみました。
 よくなりません。
 ロードバイクの整備の本を引っ張り出しました。
 ベッドの下の引き出しの中、それも下の方に入れています。
 出すのが面倒。
 できればそのままにしておきたかった。
 でも、そういうわけにもいかず、思い切っって出しました。
 本を読むとネジを回す意味が書いてありました。
 チェーンと変速機、ギアの歯車を一直線にする。
 その為の調整ネジ。
 そのラインが揃うと、変速もチェーンの運びもスムースになる。
 それを意識しながら調整しました。
 おお・・・、なんとかうまくいくようになりました。
 やはり自己流よりもちゃんとしたことの書いてある本。
Imgp1207
 (「ロードバイクの修理と整備」大きさ対比用「草薙のつるぎ子」)
 面倒がらずに、それを読みながらやるのがいいです。

 本日の自転車走行距離 16キロ

 今日であったねこ 1

 今日の間違いやすい探し

 「一直線」と「一色戦」は、間違いやすい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧