2017年5月23日 (火)

「勾玉さん制作日誌」ついに完成

 オリジナルデザインの人形「勾玉さん(正式名称)が完成しました。 
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/05/post-1ba0.html
Imgp0845
 1月から作り始めて、制作は難航。
 そのデザインも二転三転、変更しました。
 上手くいかない。
 いいデザインが浮かばない。
 もうやめようかと何度も思いました。
 体も髪も足も三度作り直しました。
 最初からあったのは顔だけ。
 これだけはなぜか作り直す必要を感じませんでした。
 ようやく完成。
 しかも結構いいじゃない。
 頭に載せる勾玉は、本物を使うことにしました。
 どうやって固定しよう?
 一番最初のデザインでも本物の勾玉を使う予定でした。
 その時はエポキシ系接着剤で固めるつもりでした。
 勾玉型の髪に穴を開けていました。
 そこに紐を通して結び付ければいい!
Imgp0848
 最初の頃はなかった案でした。
 勾玉に紐を通して、勾玉型の髪に通しました。
 結んだあと、ボンドで固定。
 思いのほか、うまく固定できました。
 二体同時進行で仕上がりました。
 出来上がって気が付いたこと。
 なんだか双子みたい。
Imgp0849
Imgp0850
 二体同時進行で作ることが多いです。
 たいてい、片方の完成度が高く、残る方は今一つな感じを受けていました。
 1号と2号というように別なものの感じでした。
 完成後、たいていそれが気に入らない。
 「作り直したい」という欲求が起こります。
 それが今回、完成度にその差がない。
 どちらもいい。
Imgp0846
 Imgp0847
 「作り直したい」という欲求が起きませんでした。
 結局、デザイン画というのが存在しなかったから?
 目指すものがなかったため、「理想像」というのがなかったからか?
 完成は直前まで見えなかったわけですから。
 Imgp0851
Imgp0852
 満足がいくものになってよかった。

 本日の自転車走行距離 46キロ

 今日であったねこ 10

 今日の間違いやすい探し

 「こぶ取り爺さん」と「こぶだらけ爺さん」は、間違いやすい。

 

| | コメント (0)

2017年5月22日 (月)

「勾玉さん(仮称)制作日誌」頭に何載せる?

 オリジナルデザインの人形「勾玉さん(仮称)」
 頭部、上半身、足、スカートみたいなもの、各部ができました。
 塗装も済みました。
 仮組してみるとなかなかいい。
Imgp0813
 でも、何か地味。
 青い部分の色が薄い感じがしました。
 「草薙のつるぎ子」を作った時、青が濃い感じがしました。
 そこで薄めの色を調合。
 薄すぎた感じで「殺風景」
 濃くした青で上から再塗装。
 メリハリができていい感じになりました。
 頭の上に何か載せた方がいいか?
 もともと勾玉を載せるつもりでした。
 浦賀の叶神社で買った本物の勾玉。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2016/03/post-9d2d.html
 二体同時進行で作っています。
 勾玉はこのために買ったわけではありません。
 3つ買ったので、それそれ一つずつ付けても一つ余るので大丈夫。
 でも、髪形のデザインを換えました。
 前髪と後ろ髪を勾玉型にしました。
 勾玉の意匠があるので、改めて勾玉は必要ないか?
 迷うところです。
 今まで作ったオリジナル人形は何か頭に載せています。
 今回は無しで行くか?
 パテで頭に乗せやすい勾玉を作ってみました。
Imgp0812_2
 それを載せた具合で判断しましょう。
 胸元も寂しいので勾玉のネックレスを付けました。
Imgp0814
 青を濃くして、勾玉ネックレスを付けたらいい感じになりました。
 本物の勾玉と、パテの勾玉を載せた感じをシミュレーション。
Imgp0824
Imgp0825
 どちらを載せるか?
Imgp0826
 はたまたなにも載せないか?
 
 本日の自転車走行距離 32キロ
 
 今日であったねこ 8
 
 今日の間違いやすい探し
 「十二指腸」と「十二市町村」は、間違いやすい。

| | コメント (0)

2017年5月21日 (日)

「勾玉さん(仮称)制作日誌」もうすぐ完成

 オリジナルデザインの人形「勾玉さん(仮称)」を作っています。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/05/post-42bd.html
 もう1月から制作していますが、なかなかできない。
 作るたびにデザインの変更をするからです。
 大きな理由が、同時進行していた「草薙のつるぎ子」
 今まで、三頭身くらいの人形を作っていました。
 「草薙のつるぎ子」はそれと比べると、人間の体形に近い。
 「勾玉さん(仮称)」は、三頭身のデザイン。
Imgp0815
 しかし、直前の「草薙のつるぎ子」の作り方に手が慣れてしまっていた。
 その影響で、なんとな~く、手足の長い体形に。
 作っているうちに「違う」と気が付き、作り直し。
 その度に別なところから影響を受けて、ついでにデザインも修正。
Imgp0817
 そんなことを繰り返しました。
Imgp0818
 だんだん、「完成するのかな?」と不安にも。
 制作中止にしようかと思ったこともありました。
 いいアイデアがひらめくまで「寝かせておく」こともしました。
 そんなある時、ようやく製作再開。
 一番の問題だったのが、勾玉型の長い髪。
 これが2度作り直しましたがうまくいきません。
 長い後ろ髪は支えになるので人形も安定する。
 そういう意図もありました。
 パテをたくさん使う。
 人形の全体ができないと制作に入れない。
 そんな理由で、髪形のデザインも変更。
 「勾玉さん」なので勾玉の意匠が欲しい。
 勾玉型の髪形は、その意匠も兼ねていました。
 それなくしてどうやって「勾玉さん」を表現するか?
 二本足で安定して立てるだろうか?
 足を勾玉にして意匠と安定感を確保する。
 その線で行くことにしました。
 勾玉型の足を作りましたが、何かしっくりいかない。
 足が丸いので安定感はさらに悪くなりました。
 勾玉をひっくり返して、ハイヒールに改造。
Imgp0816
 足が長くなったので、また背が高くなりました。
 それに合わせて、スカートみたいな衣装も作り直しました。
 今度は上手く行きそうです。
 Imgp0796
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「ヨシハシ商店」と「ヨツハシ商店」は、間違いやすい。

| | コメント (0)

2017年5月17日 (水)

「勾玉さん(仮称)制作日誌」黒はやめる

 オリジナルデザインの人形「勾玉さん(仮称)」を作っています。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/05/post-146d.html
 作るうちにデザインがどんどん変わりました。
 配色も変わり、袖とスカートみたいなものを黒にしました。
Imgp0777
Imgp0795
 何かのテレビで観かけた人の服装が参考になっています。
 その後、「月と蛇と縄文人」という本を読みました。
Imgp0696
 これによると、どうも縄文人は黒という色を使わなかったらしい。
 勾玉さん(仮称)は、縄文時代のお方ではありません。 
 ○○時代のお方とかいう設定はないですが、神代の昔のお方。
 黒は使わんほうがいいのかね?
 本によると、土偶の腕が短いのは脇を作りたくないからだろう。
 そんな仮説を立てていました。
 脇は陰になります。
 影、日の当たらない部分は、闇すなわち死を暗示させる不吉なところ。
 縄文の信仰では、死を暗示させるものは避ける習慣があったのでは。
 読んでいてなるほど!と思いました。
 土偶の腕が極端に短いのは、造形技術関係あると思っていました。
 粘土で腕を作ろうとしたら、芯になるものを入れないと。
 それができなかった訳でなく、影を作りたくなかったんだ。
 他にも、勾玉は緑色にこだわったそうです。
 どこの集落から出土される勾玉はすべて緑の石から作られている。
 緑色の石が採れない地方でも、緑の石を採りに行って作っていたそうです。
 勾玉の形は胎児を。
 色は植物の生命力を。
 生命の誕生を象徴していたのではという仮説を立てています。
 私のお人形にはたいてい勾玉を付けています。
 色は緑。
 私は青が好きです。
 青にしようと思いましたが、な~んとなく緑が似合うのでそうしていました。
 あってたんだ。
 勾玉さん(仮称)は、またまたデザインの変更。
 スカートみたいなものを作りましたが、更に作り直しました。
Imgp0796
 それを機会に、黒だった袖を塗り替えることにしました。
 全体的に白くなる予定。
 この本は、縄文時代について知らなかったことがいろいろ語られています。
Imgp0697
 でも、考古学の主流の考え方ではないそうです。
 科学的、合理的に思考と研究を進めているそうです。
 筆者は、縄文人が何を考え、信仰していたか。
 そういうことに思いをはせることが、縄文人の理解につながると言っています。
 この本を読んで私も同意しています。
 
 本日の自転車走行距離 14キロ
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「十三歩」と「純散歩」は、間違いやすい。 
 

| | コメント (0)

2017年5月14日 (日)

「勾玉さん制作日誌」 勾玉の足

 オリジナルデザインの人形「勾玉さん(仮称)」を作っています。
 もう1月から制作中。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/01/post-6710.html
 デザインも早々に決まり、再作開始前から年賀状に登場。
Imgp0116
 しかし、人形の制作は難航。
 作っているうちにデザインが変わるため。
 どうもうまくいかない。
 全体のバランスが悪いなどで、何度か作り直しました。
 その度にデザインも変更。
Imgp0774
Imgp0776
Imgp0777
 その間、同時進行だった「草薙のつるぎ子」人形は4体も完成。
 スタンド用の「ヤマタさん」は2体もできました。
 履物を勾玉にしたり、当初なかったものに変わってきました。
Imgp0778
 「草薙のつるぎ子」ほど「これだ!」というデザインじゃなかった。
 デザインの変遷はそのため。
 しかし、その勾玉の足では立てないなど、物理的な障壁が・・・。
 上下逆にして、かかとを付けたら勾玉ハイヒールになることを思いつきました。
Imgp0779
Imgp0780
Imgp0781
 ようやく形になりそうな感じがしてきました。
Imgp0782
 すごく背が高い感じになったので、またデザインに修正。
 完成までもう少し。
 のはず・・・。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「小さな巨人」と「中くらいの巨人」は、間違いやすい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タミヤ エポキシ造形パテ(高密度タイプ)(V0543)
価格:340円(税込、送料別) (2017/5/14時点)

">

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タミヤ エポキシ造形パテ(高密度タイプ)(V0543)
価格:340円(税込、送料別) (2017/5/14時点)



 

| | コメント (0)

2017年3月20日 (月)

「草薙のつるぎ子」制作日誌 シン・クサナギノツルギコ編

 オリジナルデザインの人形「草薙のつるぎ子」
 結構気に入ったデザインになりました。
 足が剣になっているので、立てない。
 立てるように足付きをデザイン。
 人形を作りました。
 その制作中に気が付いた。
 もともとのデザイン画と随分変わってきた。
 絵と見比べると上半身の形が違う。
 デザイン画だと逆三角形でウエストがきゅっとしてる。
Imgp0391
 正確に言うと草薙のつるぎ子には、ウエストはありません。
 おへその当たりで切れています。
Imgp0392
 下半身に当たる剣がそこから生えてる。
Imgp0390
 そのつじつまを合わせるために金色のリングでつなぎました。
 どの絵を見返してもそうなっていました。
 人形にはアクセサリー用の金属製リングを使う予定でした。
 買いに行くのが面倒で、パテで作って塗装しました。
 リングの大きさに人形が制限されなかったので、結果としてよかった。
 人形は制作中にそのことを忘れて、人の体形に近い形になりました。
 足付きつるぎ子は、途中でそのことに気が付いて修正をかけました。
 でも、途中からだったので、逆三角形にはならなかった。
 5ミリ径のプラパイプを骨にして、針金で腕の骨を十字に通しました。
Imgp0389
 腕と大まかな体を作って、薄く伸ばしたパテを布のようにかけていく。
 こんな制作方法を取りました。
 そうすると人の体形に近くなります。
 それはそれでいい作り方です。
 でも、草薙のつるぎ子には合わなかった。
 プラパイプの骨は、首と下半身をつなぐ役目をするのでそのままに。
 逆三角形の体を作って、後から腕を付けよう。
 まあ、「骨組みを作って服を着せる」方法に気付く前にしていた方法ですが。
 その方法で草薙のつるぎ子をもう一度作ることにしました。
 卵型した顔もそうではありませんでした。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/03/post-a70b.html
 自分でデザインしたものです。
 「違う」と思ったら、自分で変えれば済むことです。
 「あるもの」を再現しようというわけではないのですから。
 「似てない!」と感じるのは自分だけです。
 でも、せっかく作ろうと思って書いたイメージ画。
 できるだけそれに近いものにしたい。
 結局、足付きの草薙のつるぎ子は、胴体と髪形以外殆ど作り直しました。
 Imgp0393
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「日本手ぬぐい」と「二本。手ぬぐい」は、間違いやすい。
 

| | コメント (0)

2017年3月 5日 (日)

「草薙のつるぎ子」制作日誌 足つき

 足付きの「草薙のつるぎ子」人形が完成しました。
 両足の制作は難航。
 全体のバランスも変わって来たので、できた上半身も作り直しました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/cat23742406/index.html
 できた上半身に、完成している「草薙のつるぎ子」の剣を組み込んでみました。
Imgp0353
 人形の大きさが違いますが、雰囲気は合う・・・。
 Imgp0357
 もともとそういうデザインなので当たり前問えばそれまでです。
 足付きつるぎ子にも剣を付けようか?
 剣では自立しないので、足をデザイン制作しているところです。
 これを難しい言葉で本末転倒というのでしょう。
 足と一緒に剣の制作も開始しました。
 できた剣を本体に。
 新しいつるぎ子には、台の「ヤマタさん」は少々小さい。
Imgp0358
 Imgp0355
 作り直した上半身、右腕を上げていたのを水平にしました。
 新たなヤマタさんを作る気にはなれない・・・。
 せっかく作った剣ですが、未使用かな。
 足をつけて立たせてみました。
 水平に伸ばした右手になんとなく剣を立てかけてみました。
 Imgp0359
 指を伸ばして、握った手ではありません。
 でも、剣を持ってる感じがする。
 大きな剣を持ってかっこいい。
 巨大な剣をぶん回すんでしょう。
 足は尖っているし、やたらに強そうです。
 キャラクターの世界観はずいぶん変わってきました。
 でも、これも面白い。
 剣の柄は、上半身に組み込めるよう細くなって、貧弱です。
 ここにプラパイプを被せて即席の柄を作ろうか?
 パイプを切って、勾玉を接着、塗装しただけのものを付けてみました。
Imgp0360
 まあ・・・悪くはない。
 剣は足なので、自分の足を持っているという非論理的な存在になりました。
 こうやって飾ると、二本足での自立より安定します。
Imgp0356
 接着するとさらに安定。
 でも、そうすると剣足バージョンが再現不能になります。
 今の課題は、接着するかしないかです。
 
 本日の自転車走行距離 18キロ
 
 今日であったねこ 4
 
 今日の間違いやすい探し
 

| | コメント (0)

2017年2月27日 (月)

「草薙のつるぎ子」制作日誌 足を作ろう

 オリジナル人形の「草薙のつるぎ子」
 足が剣になっているので自立しません。
 代わりにスタンド代わりの「ヤマタさん」を作りました。
 「ヤマタさん」に刺さった感じで飾ることができます。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/01/post-9426.html
 足を作ってみたらどうだろう?
 もともと足が無くて、剣になっているのがこのデザインの面白い所。
 それを否定してどうする?
 でも、面白そうなのでデザインしてみました。
 剣がどうしたら足になる?
 「ぐにょぉ~ん」って変形したことにしよう。
 そういう足をデザイン、作ってみました。
 完成したつるぎ子の足だけ変えるという案もありました。
 でも、作るなら初めから。
 足つきバージョンの制作を開始しました。
 体もできて足もできました。
Imgp0304
 足はもう少し長い方がよかった気がしました。
Imgp0265
 形はイメージ通り。
 体と合わせてみると何か変。
Imgp0262
 バランスがおかしい。
 剣が二つに分かれて左右の足に。
 刃の部分は、変形して螺旋を描くように足に巻くデザインにしました。
 絵ではうまくいきました。
 模型にすると、巻いたそれがヒレのようにも見えます。
 足にヒレのあるさかなちゃんのような感じ。
 青銅色に塗装するとさらに違和感を感じました。
 気に入らなので、もう一度デザインしなおし。
 作り直すことにしました。
 足はもっと長くしました。
 剣の部分は、曲線にせず、尖った直線に。
 Imgp0306
 今度のは、完成した後自立できるよう計算しました。
 ボツになった足は、スタンドに接着、固定するつもりでした。
 足だけで立てることはあまり考えていませんでした。
 尖った部分が多く、人形というよりロボットを作っている感じがしました。
Imgp0264
Imgp0307
 Imgp0308
 Imgp0309Imgp0304_2
 足を長くしたので、バランスをとるために他の部分も作り直しました。
 結局、上着の裾以外、ほとんど手を入れることになりました。
 
 本日の自転車走行距離 6キロ
  
 今日であったねこ 2
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「さっ、気を取り直して」と「殺気を取り直して」は、間違いやすい。




 
 

| | コメント (0)

2017年2月26日 (日)

エポキシパテの違い

 オリジナルデザインの人形の主材料は、タミヤのエポキシパテです。
 緑の箱と紫の箱の二種類があります。
Imgp0296
 (上 緑の箱のエポキシパテ 下 紫の箱のエポキシパテ 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」)
 私は主に緑の方を使っていました。
Imgp0298
 特に主義主張があるわけではありません。
 もともとこの箱のタイプしかなかった。
 ある時気がつくと、紫の箱のが発売されていました。
Imgp0297
 何が違うんね?
 箱を見ると後発の紫の方は「高密度タイプ」とありました。
 仕上がりがすべすべになるんかね?
 「高密度」なるものの意味を理解できませんでした。
 二種類出て緑の方には、区別のため「速硬化タイプ」表記が付くようになりました。
 早く固まる方がいいい。
 紫は遅いらしい。
 だからいつも使っている緑の箱を選んでいました。
 認識はその程度。
 買いに行くと、たまに緑の方が売り切れのことがあります。
 そんな時は仕方なく紫の方を買いました。
 やはり両者の違いには無頓着。
 そんな時にしか使いませんでした。
 先日、作業中、緑の方がなくなったので、買い置きの紫を開けました。
 主剤と硬化剤を同じ長さに切り分けてよく混ぜて使います。
 紫の箱のパテは混ぜていて「硬い」気がしました。
 初めは寒い季節なので、気温で硬いのだろうと思っていました。
 暖かい時期になれば柔らかくなる。
 そう思っていました。
 しかし、パテで薄い部品を作りました。
 緑の箱のパテは、「てれん」と垂れてしまいました。
 紫の方も自重で垂れますが、少しだけ「腰」がある。
 おお!
 両者の違いはこれかね!
 紫はこの方が硬いので、薄いものを作るのに向いている!
 今まで気がつきませんでした。
 これからは分けて使うか、紫の箱の方を中心に使いましょう。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 2
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「水分を採って完走を目指す」と「水分を取って乾燥を防ぐ」は、間違いやすい。
 

 


 

| | コメント (0)

2017年2月13日 (月)

するどい!

 宅配便が来ました。
 受け取りにハンコを押す準備をしていると、配達さん。
 「何のプラも作っているんですか?」と聞きました。
 「?」
 あ・・・。
 玄関外に段ボール箱を出したままでした。
Imgp0239
 模型製作、スプレー塗装をする時、段ボール箱を使います。
 塗料が飛び散らないようこの箱を使います。
 塗装作業は、臭いがこもらないよう玄関外でしています。
 その箱が出したままでした。
 箱は長年の使用で、塗料がかかっています。
 それにしてもよく箱を見て、模型製作に使ってるとわかったね・・・。
 同好の士かな?
 でも、今回作っているのはプラモデルではなくオリジナルデザインのお人形。
 
 本日の自転車走行距離 23キロ
 
 今日であったねこ 2
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「キャットアイVOLT700」と「加藤あい7000万」は、間違いやすい。
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧