2020年11月 2日 (月)

藤子不二雄作品銅像

 先日行った生田縁地バラ苑。
  http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/10/post-e1afe6.html
 そこへつながる道に藤子不二雄キャラクターの銅像が。
 「おばけのQ太郎」
 Imgp0051_20201101081301
 なんだか随分久しぶりに見る感じ。
 見たことあるけど知らないお方。
 Imgp0052_20201101081301
 色が無いとドラえもんみたい。
 パーマンね。
 Imgp0053_20201101081301
 こちらも久しく見なかったお方。
 Imgp0054_20201101081301
 この猿は知らない。
 銅像になるということは人気作ということでしょう。
 ・・・・知らない。
 氏の作品はよく目にしていたけれど、さほど好きでは無かったみたい。
 
 本日の自転車走行距離 36キロ
 
 今日であったねこ 6

|

2020年11月 1日 (日)

生田縁地ばら苑

 生田縁地ばら苑に行きました。
 http://www.ikuta-rose.jp/
 4月ごろTVKの「LOVEかわさき」で知りました。
 今年の春開催は中止に。
 Imgp0049_20201101075101
 Imgp0050_20201101075101
 あるきっかけで思い出し、検索。
 常時開いている所ではなく、春秋限定の所と知りました。
 それがちょうど開催中。
 ということで出かけることに。
 小田急線の向ヶ丘遊園駅より徒歩10分。
 近いんね・・。
 イベント開催中ということもあり道も分かりやすかった。
 時節柄、入場する時の検問あり。
 さて、ここからが長い。
 Imgp0039_20201101074701
 Imgp0040_20201101074701
 ひたすら坂道を上がりました。
 Imgp0041_20201101074701
 丘陵の上にあるようです。
 Imgp0042_20201101074701
 「登ったぁ」と思ったらさらに階段・・・。
 Imgp0043_20201101074701
 そこを登りきるといよいよばら苑。
 Imgp0044_20201101074701
 駅からは近かったけど、敷地内から遠い感じ。
 Imgp0045_20201101075001  
 苑内は予想よりもかなり広かった。
 Imgp0046_20201101075001
 そしてところどころ立ち込めるバラの香りがいい。
 Imgp0047_20201101075001
 Imgp0048_20201101075001
 ばらってこんなに香るんだという感じ。
 始めはバラのネームプレートを一つ一つ見ていました。
 が・・・。
 あまりにたくさんある。
 ひとつひとつの名前が難しい。
 途中で名前を見るのはやめました。
 岡本太郎美術館他、名所見どころも近くにあるようでした。
 Imgp0055_20201101075101
 それらの訪問は、時間の関係で次の機会に。
 
 本日の自転車走行距離 21キロ
 
 今日であったねこ 2

|

2020年10月 7日 (水)

10リットルのドライバッグは夏物収納袋へ

 自転車のフォークにエニシングケージを付けました。
 ここに付ける適当なバッグを探していました。
 どうもドライバッグというのがいいらしい。
 5リットルと10リットルが候補に上がりました。
 大は小を兼ねるかなと10リットルを選びました。
 Imgp0768_20201006192501
 が・・・。
 大きい。
 大きすぎる・・・。
 その後コンプレッションバッグというのを知りました。
 そちらの5リットルに変更。
 10リットルのドライバッグが余りました。
 ちょうど衣替えの季節。
 夏物を収納すればいい。
 かなり密閉できるようなのでカビも生えない・・・。
 でしょう。
 Imgp0767_20201006192501
  (大きすぎた10リットルのドライバッグ 大きさ対比用「銅鐸さん」)
 
 本日の自転車走行距離 45キロ
 
 今日であったねこ 4

|

2020年9月27日 (日)

絹の道資料館

 絹の道資料館へ行きました。
 https://www.city.hachioji.tokyo.jp/kankobunka/003/005/p015671.html
 TVKの「なかなか日本!高速道路DRIVE 1番旅」で観ました。
 Imgp0679_20200927071801
 https://www.tvk-yokohama.com/naka_jpn/  
 Imgp0681_20200927071801
 橋本駅からバスで行かれます。
 その名は何度も見目にしたことがある駅。
 今回初めて行きました。
 駅を後にして、途中に境川を発見。
 Imgp0684_20200927072101
 浦安にも境川がありました。
 こちらの方が私にはおなじみの境川。
 この辺りに来たことはありません。
 川伝いに町田から藤沢まで自転車でよく走りました。
 これを下ると町田に出るのか・・・。
 Imgp0685_20200927072101
 川幅は狭く、川沿いに走れそうな道はありませんでした。
 トンネルのわきに階段道を見つけました。
 数えながら登ると101段。
 Imgp0686_20200927072101
 Imgp0687_20200927072101
 頂上からの見晴らしがいい。
 Imgp0689_20200927072101
 やがて、あと390メートルで資料館という所へ。
 もうちょっとなんね。
 Imgp0690_20200927072601
 もう少しみたい。
 Imgp0691_20200927072601
 Imgp0692_20200927072601
 ありました、着きました。
 Imgp0680_20200927071801
 Imgp0678
 テレビとおんなじ。
 Imgp0693_20200927072601
 Imgp0694_20200927072601
 見学は無料。
 Imgp0695_20200927072901
 Imgp0696_20200927072901
 Imgp0697_20200927072901
 Imgp0698_20200927072901
 中はさほど広くはありませんが、展示物は盛りだくさん。
 蚕の一生が模型になっていました。
 Imgp0699_20200927073101
 Imgp0700_20200927073101
   Imgp0702_20200927073101
 Imgp0703_20200927073101
 Imgp0704_20200927073101
 Imgp0705_20200927073101
 そういえば、小学生の頃学校の授業で買った記憶が・・・。
 観察の後、卵をもらって育てたような・・・。
 通学路に桑の木が生えていた家がありました。
 そこから葉をしっ益して育てた記憶がほのかに。
 その後、家の庭に桑の木が植えられました。
 しかし、その頃は蚕を買うような機会はありませんでした。
 接悪自宅の庭に桑の木が植わりましたが、活用しないまま。
 アゲハ蝶の幼虫を育てた時も、通学路の家から葉を・・・。
 その後、庭に柑橘系の木が植えられました。
 しかし、虫を育てたいという時期は過ぎ去り。
 こちらも葉は活用しないいままに。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1

|

2020年9月24日 (木)

しおかぜ縁道を境川まで

 浦安のしおかぜ縁道をQ江戸川から境川まで歩きました。
 出発点に謎のオブジェ。
 Imgp0628
 富士山?
 「噴火」じゃなくて「噴水」ね。
 Imgp0629
 ここから境川にぶつかるまで猿々と続くそうです。
 Imgp0630
 とにかく歩きましょう。 
 水場もあって噴水もたくさん。
 Imgp0631
 おしっこみたい。
 噴水雄。
 Imgp0633
 噴水雌。
 とにかくひょろっと長い道のり。
 Imgp0634
 まっすぐ何百メートルだか続くそうです。
 ところどころにオブジェがあります。
 Imgp0635
 Imgp0636
 これなんなん?嫌いではない。
 真っすぐ行けるのかと思いきや。
 Imgp0637
 直角に近い角度で曲がらされました。
 ここからちょいちょい高圧鉄塔が出てきます。
 この縁道、川を埋め立てたのかな・・・。
 再び続きます。
 Imgp0638
 そしてまた高圧鉄塔。
 Imgp0639
 そこだけ車道に出て迂回するようになっています。
 だから、厳密に言うと縁道は続いていない。
 鉄塔の度に分断されている?
 Imgp0640
 車道から再び縁道へ。
 オブジェもところどころに。
 Imgp0641
 しかし、ほとんど関心を払わず・・・。
 堀江川と交差しました。
 Imgp0642
 Imgp0643
 前回来た所。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/09/post-7f94ff.html
 この縁道散策を思いついたきっかけです。
 堀江浄水場から河口まで歩きました。
 元々の海岸線が近いこともあって、河口までは数百メートル。
 ここらは殆どが埋め立て地。 
 ということはこの縁道は川では無かった?
 海岸線ぎりぎりの川だったということになるね。
 まあ、ありうるか・・・。
 仮説は立つけど考えても分からんのでそのまま進みました。
 Imgp0644
 やがて終点、境川。
 Imgp0645
 Imgp0647
 私がよく知る町田方面から藤沢まで流れる境川とは別なお方。
 Imgp0646
 縁道はここでお終い。
 Imgp0648
 境川を渡っても「鉄塔地帯」は続くみたいです。
  
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1


 

|

2020年9月20日 (日)

突然部屋の整理がしたくなる。

 たまたまテレビで「あしたも腫れ!人生レシピ」を観ました。
 片付けの回。
 https://www.nhk.jp/p/jinsei-recipe/ts/9297GZL6PP/episode/te/24L1J7NN71/
 点いていたテレビでなんと~く観ていました。
 掲載評論家の勝間和代さんがゲストでした。
 Imgp0585_20200920081601
 あの人の考え方って好きです。
 色々と参考にしています。
 片付けにもいろいろと語っていました。
 見ているうちに片づけがしたくなりました。
 途中から観たので再放送を検索してそれを録画予約。
 全体はそれから観ることに。
 「ムショー」に片付けがしたくなったので自室へ。
 要らないものを整理しました。
 もともと片付けは好き。
 断捨離本を読む、今回のようにテレビで観る。
 そういう刺激があると直ぐに影響されます。
 ここのところそうした外部からの刺激に乏しかった。
 物が溜まって来たのを感じていたところでした。
 いい機会なので一気に整理。
 今回はプラモデル。
 結構完成品が集まりました。
 「もう要らないねぇ」というのをゴミ袋へ。
 思い切れなかったものをこの機会にかなり手放せました。 
Imgp0586_20200920081601
 (要らない模型を集めたポリ袋 大きさ対比用「銅鐸さん」銅鐸さんは必要)
 完成品一つ一つが大きい。
 かなりスペースが空きました。
 なんか、すっきりしたぞ。
 来週放送予定の再放送版を観たらまた刺激されるかな・・・。
 
 本日の自転車走行距離 7キロ

 今日であったねこ 4 

 

|

2020年9月 8日 (火)

堀江川を下る

 ケーブルテレビ番組「ぐるっと浦安」を見て堀江川に行きました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/09/post-7ab5af.html
 番組の後半が「堀江川」でした。
 堀江排水機場の魔裏から出ている川。
 旧江戸川の土手伝いに行きました。
 Imgp0501
 Imgp0502_20200907195801
 堀江ドッグなるものを越えてようやく到着。
 Imgp0512_20200907195701
 Imgp0503_20200907195701
 旧江戸川の支流となっています。
 「旧」ということはここがもともとの江戸川?
 排水機場の真裏から700メートルほどの短い川。
 Imgp0504_20200907200001
 Imgp0505_20200907200001
 そんなに・・・。
 川を辿りました。
 Imgp0506_20200907200001
 Imgp0507_20200907200001
 前回辿った猫実川よりたっぷり水がある感じ。
 Imgp0513_20200907200101
 しかし、700メートル。
 あっという間に終点。
 Imgp0508_20200907200201
 ほんとにどん詰まり。
 Imgp0514_20200907200301
 あとは暗渠になっているそうです。
 地下を流れているということかな。
 なんでここで終わるかというと、もともとここが海岸線だったそうです。
 終点の向こうは「段差道路」と言われる道。
 Imgp0515_20200907200301
 Imgp0516_20200907200301
 ここが海岸だった頃の堤防の名残とか。
 Imgp0509_20200907200401
 あれま、随分埋め立ったんね。
 ねこを二つ発見。
 猫実川の時は姿を見ることも出来なかったねこ。
 それを二つも。
 二つとも黒白ちゃんで柄が似ていますが別なお方。
 Imgp0510_20200907200401
 Imgp0511_20200907200401
 
 本日の自転車走行距離 46キロ
 
 今日であったねこ 3

|

2020年9月 2日 (水)

猫実川を河口まで

 ケーブルテレビ番組「ぐるっと浦安」で猫実川を歩く回を観ての行動。
 https://c.myjcom.jp/jch/p/urayasu/
 浦安駅辺りから出ている人工の1.2キロ程の川だそうです。
 旧江戸川から水を海に流している水害対策の為に作られたとか。
 テレビの通りに川を河口まで散策。
 駅から川の源流をさがすものの、見つからず。
 本流を探しました。
 「猫実橋」を発見。
 Imgp0429_20200902085601
 ひたすらこれを辿ればいいんね。
 葦だか葦だかが多い茂ってみな藻が見えません。
 Imgp0430_20200902085601
 水はあるんかね?
 やがて水鳥の姿も。
 Imgp0431_20200902085601
 水がある。
 ここのところ雨降ってないからね・・・。
 やがて水門に到着。
 Imgp0433_20200902085801   
 Imgp0424_20200902090001
 川幅も広くなってきました。
 Imgp0434_20200902085601
 いよいよ海が近い?
 橋も増えました。
 Imgp0435_20200902085601
 高速道路みたい。
 Imgp0425_20200902090001
 テレビでも映っていたな・・・。
 Imgp0437_20200902085601
 視線の先はもう海。
 河口まで来ちゃったわけね。
 Imgp0438_20200902085601
 番組でもこの辺りを終点としていました。
 引き返しましょう。
 日陰になっている道路の反対側に移動。
 行きもそうすればよかった。
 再び水門に。
 Imgp0440_20200902085601
 行きは気がつきませんでした結構古そうな建物がありました。
 Imgp0439_20200902085601
 てっぺんに謎の穴が・・・。
 周りが黒いので排気口?
 時計を外した後?
 同じ道なので帰りは速く感じられました。
 川を辿ってくるときは見つけられなかった源流に。
 Imgp0441_20200902085601
 駅のすぐ裏だった・・・。
 Imgp0426_20200902090001
 番組はここからスタートしていました。
 猫実川を河口までたどる旅。
 ねこも実にも出会いませんでした。
 そういえば、ねこの実って何だろう?
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1
  
 
 
 
 

|

2020年3月27日 (金)

新治市民の森

 先日、新治市民の森に行きました。
 横浜は緑区十日市場に近くにあります。
 開発の進む港北地帯に残る奇跡の森とも呼ばれているそう。
 駅から徒歩で20分ほど。
 高台の上に見える木々。
 「おそらくそこでしょう」と目指して歩きました。
 入口を見つけるのに苦労しましたが、合っていました。
 Imgp0085
 中はかなり広いようです。
 Imgp0086
 外周を周るような遊歩道を散策。
 Imgp0088
 登ったり下ったりが心地いい。
 Imgp0087
 土の上に張り出している木の根を土踏まずで踏む。
 Imgp0089
 「土踏まずで踏む」というのが踏むのか踏まないのか間違いやす。
 Imgp0090
 青竹踏みをしながら歩いているよう。
 Imgp0091
 足の裏が気持ちいい。
 一周したかったけれど、真ん中あたりの出口へ出てしまいました。
 Imgp0092_20200326075901
 そこから十日市場駅へ。
 道がさっぱり分からないのでGPSに道案内させました。
 いい時期に行けておいてよかったです。
 
 本日の自転車走行距離 50キロ
 
 今日であったねこ 1
 

| | コメント (0)

2020年3月26日 (木)

進む電波時計

 壁掛け時計には電波時計を使っています。
 この時計の示す時刻が変なことに気がつきました。
 HDDレコーダーの時刻と違う。
 電波式の置時計の時刻とも違う。
 3分くらい進んでる。
 電波式でない時計も3分くらい進んでいます。
 これはもともと進むようにしています。
 遅れる時計は嫌ですが、進む分には構わない。
 5分くらい進ませておくのが子供の頃からの習慣です。
 「あ!まだ5分ある」という余裕が好きでした。
 電波時計と併用しているので、その習慣を3分進むに変更。
 その電波時計が進んでる・・・。
 電池を換えても、リセットしても直らない。
 恐らく針の調整位置がずれているのでしょう。
 進んでいる分にはいいです。
 Imgp0530_20200326074701
 (進む壁掛け電波時計と正確な電波置き時計)

 本日の自転車走行距離 20キロ
 
 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

より以前の記事一覧