« エースビームBK10をキャットアイのライトアダプターに付けられないか | トップページ | ボールペン使い切る »

2021年2月15日 (月)

エースビームBK10を使う。

 新型ライトエースビームBK10を使いました。
 ひと月に一度か二度、河川敷を1時間ほど走って仕事に行きます。
 帰りは日没後。
 道は真っ暗。
 行きよりも時間をかけて1時間以上の走行。
 この時、頼れるライトが欲しい。
 今回のエースビームはここで使うことを念頭に購入。
 早速試す機会が来てよかった。
 ブラケットはキャットアイのそれに付くよう改造済み。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2021/02/post-1b63bb.html
 その使い勝手も試せます。
 Ampp1100も比較のために持参しました。
 Imgp0105_20210214164701
 (左 Ampp1100 右 エースビームBK10)
 仕事を終えて帰り道。
 待ちに待っていた暗い夜道です。
 日が伸びて、途中までは明るかった。
 やがて暗くなりました。
 エースビームの350ルーメンから1000ルーメンに。
 わき道にそれてAmpp1100と明るさ比べ。
 先ずはエースビームBK10。
 ローモード150ルーメンだそう。
 Imgp0093_20210214163001
 く、暗い・・・。
 ミドルが350ルーメン。
 Imgp0094_20210214163001
 ここまで来るのにこのモードで来ました。
 350ルーメンのモードもなかなか使えました。
 Imgp0095_20210214163001
 一段階上の1000ルーメン。
 明るい!!
 これすごくいいじゃん(横浜弁)
 さて最上モードの2000ルーメン。
 これが気になっていました。
 ターボモードとかでダブルクリックしないと呼び出せません。
 Imgp0096_20210214163001
 ぶぅわっと明るい。
 が・・・・。
 照射範囲が狭いのでそんなに「すごい!」という感じは持てず。
 続いてAmpp1100。
 ローモードで400ルーメン。
 Imgp0098_20210214163501
 これで十分明るい。
 Imgp0099_20210214163501
 ミドルが800ルーメン。
 画像では中心の明るさが変わった程度の変化。
 実際はかなり明るかった。
 Imgp0100_20210214163501
 そしてハイモードの1100。
 明るいはずなんだけど・・・。
 舗装路に出て両機のハイモードを比較。
 エースビームのハイモード。
 Imgp0101_20210214163801
 2000ルーメンだけれど1000の時と印象がさほど変わらず。
 道を照らしてくれている感じ。
 Ampp1100のハイモード。
 Imgp0102_20210214163801
 道というよりまわりの空間を照らしている感じ。
 LEDが二個付いているので照射範囲が広いせいだと思います。
 河川時の道路では道を照らしてくれるエースビームの光の方が良かった。
 防眩効果はどのくらいなんだろう?
 自分が運転している自転車ライトに自分が照らされることはありません。
 人も来ない河川敷。
 どんな光か正面に回って見てみました。
 Imgp0103_20210214164601
 そんなに眩しくない・・・。
 モードは普段使いする可能性の高い1000ルーメン。
 Imgp0089_20210214164601
 これが防眩効果か?
 Ampp1100はどうか?
 試してくるのを忘れました・・・。
 結論。
 2000ルーメンは照射範囲の狭さからか、さほど明るく感じなかった。
 走行中照らして欲しいところを照らしてくれる感じ。
 Ampp1100はもっと広く空間を照らしてくれる感じでした。
 エースビームの配光パターンの方がいいのかなという感じ。
 評判通りのいいライトでした。
 
 本日の自転車走行距離 12キロ
 
 今日であったねこ 2 

 エースビームBK10

https://item.rakuten.co.jp/blackwolf/blac173645/

|

« エースビームBK10をキャットアイのライトアダプターに付けられないか | トップページ | ボールペン使い切る »