« 「渡る世間は鬼滅の刃」増えてる | トップページ | 「にゃん酷なにゃんこのテーゼ」 »

2021年2月 4日 (木)

Volt200遂に寿命

 キャットアイの自転車用ライトVolt200。
 Imgp0059_20210204090101
 (遂に寿命を迎えたVolt200 大きさ対比用「草薙のつるぎ子Ⅵ」)
 充電したばかりなのに1週間くらいで赤ランプ。
 電池残量が減るとスイッチが赤く光る仕組み。
 充電したばかりだぞ・・・。
 そろそろ電池の寿命か?
 確かに古いし、毎日使っています。
 昼間は常時点滅。
 その使い方なら電池は4週間くらいもつはず。
 それが1週間しかもたない。
 前もそういうことがありました。
 その時に予備機としてGVolt70を購入。
 しかし、その後復活。
 また使い始めました。
 今回はどうなるか?
 いつもは太陽光パネルでの充電。
 ソーラー充電ではむらがあるかもと家庭用電源で充電。
 そして使用3日目。
 日が暮れて来たので、点滅モードから点灯モードに換えました。
 するとすぐに赤ランプ。
 あ・・・・。
 これは電池の寿命だ。
 う~ん、もう駄目だね。
 Volt200は今季で完全退役です。
 バッテリーのもちも極端に落ちました。
 室内で使う懐中電灯の任務にも向きそうもないです。
 まだVolt100もあるし。
 Imgp0060_20210204090101
 (上 Volt200 下 Volt100 大きさ対比用「草薙のつるぎ子Ⅵ」)
 このライトが壊れたらカラーバリエーションを買うつもりでした。
 今のを買った頃は200にはカラーバリエーションがありませんでした。
 その後出たので、黒じゃない色が良かったと思っていました。
 しかし、その間により高性能な新型が多数出ました。
 そして、こんな時の為にAmpp300を導入したばかり。
 Imgp0061_20210204090101
 (上から Volt100 Volt200 Ampp300 大きさ対比用「草薙のつるぎ子Ⅵ」)
 その実は単なる衝動買い。
 でも、後継機の役は十分果たします。
 その小ささが魅力でした。
 Volt200はもういいかねという感じです。
 アダプター取り付け用のツメが折れたことがありました。
 本体一体型なので修理は不可能。
 爪の基部から切り落としてライトスペーサーをネジで固定。
 「改造」という修理をして使い続けました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/07/post-b8026c.html
 そのライトスペーサーを外しました。
 Imgp0062_20210204090101
 ネジを外してエポキシ系接着剤での接着面を剥がして回収。
 エポキシ系接着剤は接着も協力ですが外す時も楽です。
 「ぺりっ」と綺麗に剥がせる場合が多い。
 Imgp0064_20210204090101
 本日の自転車走行 0

 今日であったねこ 2

 キャットアイVolt200

 https://item.rakuten.co.jp/bebike/hl-el151-1/
 

|

« 「渡る世間は鬼滅の刃」増えてる | トップページ | 「にゃん酷なにゃんこのテーゼ」 »