« AMPP300とパドローネも相性は悪いのか? | トップページ | エースビームBK10用にアダプターを用意したんだけど »

2021年2月27日 (土)

キャットアイ フレックスブラケットSP-13

 キャットアイフレックスブラケットSP-13を買いました。
 前から気になっていたライトを取り付けるブラケット。
 なかなか売っている所を見ませんでした。
 単品では送料がかかります。
 別な通販をする時を見計らって一緒に購入。
 届いたもののどうして使おう。
 「使えそう」ということで気になっていただけ。
 具体的な使い道があったわけではありません。
 通常のハンドルバーなどに付けるブラケットとは違います。
 ハンドルバーなどは横軸に取り付けます。
 ハンドルの軸に対してライトは直角に付く形。
 これはシートポストなどの縦軸に付けます。
 ライトはその軸と平行に付く形となります。
 自転車のフレームに縦軸は少ない。
 その軸と平行にライトが付くとなると付ける所は限られる。
 何のためのブラケット?
 Volt50というテールランプの為のそれだったみたい。
 Volt300が出た頃の製品。
 300とほぼ同じ形をしています。
 違いはVolt50が赤ランプで尾灯専用ということ。
 これをシートポストに付けるためのブラケット。
 ああ・・・。
 そんな製品あったね・・・。
 観た瞬間に「要らない」と思った。
 私にとって新型ライトにしては惹かれなかった珍しい製品。
 インターネットでドロップハンドルの下部分に付けたという記事を観ました。
 ドロップハンドルの下にねぇ・・・とそのアイディアに関心をもちました。
 そこにライトを付ける気はしませんが、試しに購入。
 さて届きました。
 どこに付けよう?
 ドロップハンドルの下に付けてみました。
Imgp0197_20210227074701
Imgp0198_20210227074701
 邪魔・・・。
 より路面を照らしてくれそうですが邪魔・・・。
 アウトフロントブラケット2の下部分に付かないか?
 分解して同じ規格の製品と合わせて見ました。
Imgp0199_20210227074701
 改造しても強度が保てそうもない。
 このアイディアは断念。
 う~ん、使い道がない。
 ふと思いつき、アウトフロントブラケット2の軸に巻き付けてみました。
 Imgp0202_20210227075101
 Imgp0203_20210227075101
 アウトフロントブラケット2のライト取り付け部と平行になる位置に。
 同じ位置にライトが二つ付いても意味がない。
 Imgp0205_20210227080301
 しかし、新型ライトエースビームBK10。
 キャットアイのライトスペーサーが付くよう改造。
 キャットアイのブラケットに付くようになりました。
 が・・・。
 アウトフロントブラケット2のライトブラケットには付きません。
 後方が長いのでハンドルステムに干渉して付かないのです。
 この位置に付くといいのになと思っていました。
 これなら同じ位置。
 ステムに干渉しない。
 Imgp0206_20210227075401
 付けられるじゃん(横浜弁)!
 この位置は理想のライト設置場所。
 エースビームは重いです。
 取り付けたところ重さには耐えてくれそう。
 Volt50を付けるものだからね。
 エースビームほどじゃないけどそれなりの重量はあるはず。
 実際走ってみないと分からない所もあります。
 まずは使い道が決まりました。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 7

 キャットアイフレックスブラケットSP-13
 
 https://item.rakuten.co.jp/aris/cat2430/

 Volt50

 https://item.rakuten.co.jp/cycly/dw2d388/

 

|

« AMPP300とパドローネも相性は悪いのか? | トップページ | エースビームBK10用にアダプターを用意したんだけど »