« 10リットルのドライバッグは夏物収納袋へ | トップページ | 1年半前に用意したレインシューズカバーを遂に使う »

2020年10月 8日 (木)

固形燃料でラーメン

 「自転車キャンプを楽しむ50のヒント」を買いました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/09/post-c9aac7.html
 その前に「バイクパッキング入門」を読みました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/09/post-8079d1.html
 何となくキャンプができそうな気がしてきました。
 バイクパッキングは持てる荷物も限られるので厳選します。
 「ヒロシのソロキャンプ」も面白かった。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/09/post-09054b.html
 しかし、こちらの移動は車。
 装備の重量等の考慮は少なかった。
 「楽しそうだね」で終わっていました。
 バイクパッキングのシリーズでは計画次第ではできるかも。
 でもまだなんとなくの敷居が高い。
 今度の本にその準備段階が出ていました。
 お湯を沸かしてラーメンでも食べてそれだけで帰ってくる。
 煮炊きができる所なので場所は慎重に選ばないといけません。
 そういう体験が経験値を上げる。
 あれま、そんなんでいいのか。
 いきなりお泊りで実践。
 そう思っていたので意外な提案でした。
 アウトドアっぽいことは好きです。
 道具は何かと持っています。
 ガスストーブもあります。
 ガスは無い・・・。
 そのガスストーブは使わない方法も紹介していました。
 固形燃料でいいみたい。
 旅館や居酒屋で鍋を温めるやつ。
 あんなのでいいのか?
 これだとストーブ本体とガスカートリッジが要りません。
 荷物が圧倒的に軽くなる!
 しかも固形燃料は100円屋でもあるそうです。
 あれま、そうなの・・・。
 これは便利。
 ぜひ試したい。
 ということで試しました。
 100円屋で固形燃料。
 著者が五徳に使っているというスポンジハンガー。
 それに下に敷く金属製の皿を買いました。
 食器はあります。
 ああ・・・、あとはラーメン。
 インスタントラーメンなんて何十年ぶりに買いました。
 今、みんな束になってる。
 一つしか要らないのに・・・。
 イヨンで40円のばら売りを見つけて購入。
 良さそうな場所を見つけて試しました。
 装備は全部食器に入りました。
 コンプレッションバッグにいれて自転車のエニシングケージに装着。
 Imgp0772_20201008084801
 周りの煮も得やすいものが無いかを確認。
 用具をセット。
 固形燃料に火を点けました。
 「コケイネンリョウヲオトセ!コケイネンリョウヲオトセ!」
 お湯が沸くのをじっくり待ちました。
 ベランダで干した椎茸も投入。
 ナスも入れました。
 賞味期限切れの即席味噌汁も。
 湧かない・・・・。
 待てど暮らせど湧かない・・・。
 Imgp0773_20201008084801
 予備の二つ目に点火。
 湧かない。
 つまんない・・・。
 火を点けているのでその場を離れるわけにはいきません。
 意外とつまらない・・・。
 自転車キャンプ、つまんないかも・・・。
 お湯は80度くらいにしかならない・・・。
 待ちきれないし、二個目が終えるともう冷めるだけ。
 ラーメンを投入。
 二個目も燃え尽きました。
 固形燃料は3個入りでしたが2個しか持たず。
 早めに入れたのでラーメン伸びちゃったかね・・・。
 食器の蓋によそって麺を試食。
 うまい・・・・。
 うまいよ。
 そのまま食べちゃいました。
 なんで?
 40円のラーメンなのに?
 外で食べたから?
 干ししいたけ入れたから?
 ナス入れたから?
 即席みそ汁入れたから?
 とにかくおいしかった。
 ちょっと面白かった。
 帰宅して本を読み返しました。
 固形燃料は風に弱いそうです。
 風防というものを用意しないと。
 流石にそれは持っていませんでした。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1

 「ヒロシのソロキャンプ」

 https://books.rakuten.co.jp/rb/16367574/

 「バイクパッキング入門」

 https://books.rakuten.co.jp/rb/15118021/

 「自転車キャンプを楽しむ50のヒント」

 https://books.rakuten.co.jp/rb/16470867/

|

« 10リットルのドライバッグは夏物収納袋へ | トップページ | 1年半前に用意したレインシューズカバーを遂に使う »