« 親の心親不知 ~親不知を抜く~ | トップページ | タオルを首に巻くと本当に肩がこらないのか »

2020年8月 7日 (金)

大貫谷戸水路橋

 大貫谷戸水路橋へ行きました。
 https://hamarepo.com/story.php?story_id=1312
 ケーブルテレビの「横浜ミストリ―」近代水道の回で知りました。
 十日市場のちょっと先にあるらしい。
 横浜線の線路の沿線はそれとなく知っている所。
 「行ってみましょう」
 二子玉の橋を渡って246号線を走りました。
 246はできれば使いたくない道。
 上り下りが猿々と続きます。
 20代の頃、件の十日市場辺りから渋谷まで走ったことがありました。
 登ったと思ったら下り。
 一息つく間もなくまた登り坂。
 この繰り返し。
 もう走りたくない」という印象が残っています。
 あの頃より、自転車の扱い方にはなれています。
 何とかなるでしょう。
 道は相変わらず上り下りの連続でした。
 その頃と比べて体力は明らかに低下しています。
 が・・・。
 自転車の走り方に雲泥の差が付きました。
 あの頃と比べて全然苦ではない。
 それでも面倒な道であることは確かでした。
 長津田の辺りで246から離れました。
 そろそろ近いらしい。
 GPSを頼りに進みました。
 以前来た新治市民の森の少し先にありました。
 Imgp0255
 水路橋。
 Imgp0257_20200807072801
 知らない出来たら見過ごしていたかもしれません。
 おお、これが津久井湖の方から横浜まで水を引いている水路。
 近くには寄れそうもないので下から見るだけ。
 Imgp0258_20200807072801
 Imgp0259_20200807072801
 さささ、帰りましょう。
 Imgp0256_20200807072801
 十日市場駅を通って恩田川へ出ました。
 この道はよく知っています。
 横浜に住んでいた頃町田方面に行くのに何度も使いました。
 ああ、懐かしい。
 Imgp0260_20200807072901
 この牧歌的な風景が好き。
 Imgp0261_20200807072901
 Imgp0262
 Imgp0263_20200807073201
 やがて鶴見川と恩田川が交差するところに来ました。
 恩田川はここでおしまい。
 ここからは鶴見川になります。
 下流に向けて走る予定でした。
 綱島の辺りから河原を出て綱島街道に。
 お馴染みのコース。
 が・・・。
 Imgp0264_20200807073701
 しばらく行ってふと思う。
 鶴見川の上流ってあまり行ったことがない。
 何度か行ったことがありました。
 上流に行くほど当時の家から遠くなりました。
 適度なところで引き返していました。
 今回は上流に行った方が帰り道に近いはず。
 行ってみましょう。
 少し行くと電車の車両基地がありました。
 Imgp0265

 Imgp0266_20200807074001

 横浜市営地下鉄?
 Imgp0267_20200807074001

 車両基地の地下は遊水地だそうです。
 知らなかった。
 私が住んでいた頃は無かった・・・。
 来ていない所なのでそうかどうかも分からない。
 さて、かつて何度か来た時どの辺りで引き返したでしょうかね?
 Imgp0268_20200807074301
 自分が引き返しそうなポイントを探しながら走りました。
 記憶は辿れず、結局その場所は分かりませんでした。
 二回くらいしか来ていないような・・・。
 やがて246と交差するところに出ました。
 帰りも246か・・・。
 まあ、地形的にそうなるだろうね。
 帰りも246を走ることになりました。
 行きにこの道を知っていれば、鶴見川を下って、恩田川。 
 そこから十日市場に出て目的地という行き方ができたでしょう。
 その方が私の好きな道を走れました。
 今度来る時はそうしよう。
 あるかな・・・。
 
  本日の自転車走行距離 2.5キロ
 
 今日であったねこ 1
 
 
 

|

« 親の心親不知 ~親不知を抜く~ | トップページ | タオルを首に巻くと本当に肩がこらないのか »