« 大貫谷戸水路橋 | トップページ | 一日中自転車で走ると筋肉は柔らかくなったかね »

2020年8月 8日 (土)

タオルを首に巻くと本当に肩がこらないのか

 先日久しぶりに自転車で遠乗りしました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/08/post-8d38f0.html
 出発前にふと思い出したこと。
 ちょうど前の晩にテレビで肩がこらない方法を紹介していました。
 何とタオルを首に巻くだけ。
 首の筋肉を使わずに済むので肩がこらないとか・・・。
 農家の日とも実践している豆知識だそうです。
 本当かなぁ・・・
 物は試しです。
 サイクリングで試すことに。
 出発前に洗濯、干したばかりのタオルを首に巻きました。
 半乾きですが、ひんやりしていい。
 首の日焼け防止、熱中症対策にもなりそうです。
 そのまま出かけました。
 結果。
 どうも効果はあったみたい。
 一日中自転車に乗りました。
 乗車姿勢が固定されるので肩が凝ることはよくあります。
 しかし、体を動かしているので翌日には治ってしまいます。
 当日の疲れとしての肩こりはありませんでした。
 あれま、効果あるのかね?
 しかし一つ欠点がありました。
 半乾きの状態で首に巻きました。
 その水分が汗などと混じって発光現象。
 異臭が発生しました。
 始めは外してフレームに巻いて乾かそうと思いました。
 しかし、首の日焼け対策としてかなり有効。
 首の日焼けはかなり体力を消耗します。
 幸い人と合わないサイクリング。
 そのまま首に巻いたまま、帰宅するまで外しませんでした。
 帰宅後、漂白剤を入れてタオルは洗濯。
 Imgp0271_20200808074601
 (異臭を放ちながらも役に立ってくれた首巻きタオル。帰宅後洗濯 大きさ対比用「銅鐸さん」)
 首に巻くのはいいみたいです。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1

 ワイドハイターEX

 https://item.rakuten.co.jp/yamada-denki/9616086019/
 

|

« 大貫谷戸水路橋 | トップページ | 一日中自転車で走ると筋肉は柔らかくなったかね »