« 「銅鐸さん」を作ろう 6 | トップページ | 夏用ドアストッパー始まる。 »

2020年5月 9日 (土)

トピークのヴァーサマウント

 トピークのヴァーサマウントを買いました。
 自転車のフレームにボトルケージのようなオプションを付けられる装備。
 Imgp0118_20200509065301
 元々、スポーツタイプの自転車にはそうしたネジ穴が装備されています。
 折り畳み自転車など、それが無いものもあります。
 付いているけどもっと足したいとか、無い自転車用の品。
 簡単に言ってしまうとバンド式でフレームに固定できるネジ穴。
 二つに分かれているので、間隔の調整も自由。
 ライトほりだーの追加など、単品でも使える所がいい。
 初めからフレームのあちこちにこのネジ穴が多い自転車が増えました。
 「あんな所にも付けられるのか・・・」
 今まで気がつかなかった使い方を見るようになりました。
 ロードバイクにも追加したい。
 今まで、二か所そういうネジ穴は装備されていました。
 それで困ることはなかったのですが。
 チタン錠を採用。
 この専用ホルダーはこのネジ穴で止めることになっています。
 ここに付けると、ボトルケージ用に台座が一つ埋まる。
 そこでタイラップで固定していました。
 トップチューブと呼ばれる位置に下を向くように設置。 
 (銀色の「メビウスの輪」みたいなのが「チタン錠」この位置に付けたので落下事故が無くなりました)
 ホルダーにしっかり錠を固定すれば問題はありませんでした。
 が・・・。
 「しっかり」を「うっかり」しそこなうと走行中に錠は落下。
 それで随分と傷ついてしまいました。
 やはり「ちゃんとした」付け方でないと。
 そこでボトルケージを一つ外してその台座にホルダーを設置。
 以降、走行中の落下事故は無くなりました。
 Imgp0055_20200509065301
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/03/post-aacfa4.html
 二つ付けていたボトルケージが一つになっちゃった。
 そんな時に見つけたのがこのヴァーサマウント。
 あ、これ使えそう。
 試しに一組買いました。
 さてどこに付ける?
 トップチューブに付けたら錠のホルダーがそこに・・・。
 いいアイディアだと思いかけて、それがダメだったからこうなってる。
 すぐに気づいて断念。
 コナのスートラは、フロントフォークにこの台座が付いています。
 やはりフロントフォークだろうね・・・。
 ロードバイクだと空気抵抗が増して邪魔になりそう。
 でも、そんなに飛ばさないし。
 フロントフォークに付けてみました。
 Imgp0054_20200509070901
 そしてボトルケージを装着。
Imgp0053_20200509070901
 まあ、良い感じです。
 ここにボトルを付けて走行はしないでしょう。
 でも、何か入れることができる。
 その汎用性が好き。

 本日の自転車走行距離 46キロ
 
 今日であったねこ 13

 トピーク ヴァーサマウント

 https://item.rakuten.co.jp/worldcycle/top-m-ywb02400/?s-id=ph_pc_itemname

|

« 「銅鐸さん」を作ろう 6 | トップページ | 夏用ドアストッパー始まる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「銅鐸さん」を作ろう 6 | トップページ | 夏用ドアストッパー始まる。 »