« 「草薙のつるぎ子改装版」制作日誌 6 | トップページ | レインバイザーを自転車で普段使い。 »

2020年4月10日 (金)

シマノCT5 SPDシューズを使ってみた。

 先日買ったシマノCT5という自転車用SPDシューズを使っています。
 necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/03/post-57fa59.html
 Imgp0064_20200410072101
 春と秋に履く靴がダメになりました。
 その後継として。
 今までのはスェード地のもの。
 同じものが良かったのですが無くなっていました。
 そこでスニーカータイプのものに。
 届いたものを試着した感じは「悪くない」でした。
 歩いてみてびっくり。
 歩きやすい!
 靴なので当然のことかもしれません。
 しかし、これはSPDシューズ。
 靴底にペダルとくっつくクリートという金具を装備。
 Imgp0065
 今までのSPDシューズは、歩く時にこの金具が地面に当たる。
 砂利を踏む音がしていました。
 今度の靴にはそれが無い。
 クリートが付いている感じがしないのです。
 製品全体が改良されたのか?
 この靴がそういう仕様なのか?
 そこまでは不明です。
 歩きやすくなったことは確かです。
 冬はハイカットのトレッキングシューズタイプ。
 足首まで覆ってくれるので保温性が高い。
 夏場はSPDサンダル。
 そのまま雨の中でも使えます。
 この靴はそれらと切り替えの時期にだけ使う「つなぎ」
 一年でも短い期間しか使わない靴のつもりでした。
 結構使えるかも。
 普通のウォーキングシューズを履いた後にこの靴で歩いたことがありました。
 流石にその時は靴底に「クリート」の存在を感じました。
 直前に履いた普通の靴底の感触が足に残っていたようです。
 足の裏はその違いを敏感に感じ取っていました。
 そりゃ、普通のウォーキングシューズには勝てない・・・。
 
 本日の自転車走行距離 20キロ
 
 今日であったねこ 3

 シマノCT5

 https://item.rakuten.co.jp/worldcycle/shi-l-sh-ct500-bk/?s-id=ph_pc_itemname
 

|

« 「草薙のつるぎ子改装版」制作日誌 6 | トップページ | レインバイザーを自転車で普段使い。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「草薙のつるぎ子改装版」制作日誌 6 | トップページ | レインバイザーを自転車で普段使い。 »