« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月30日 (木)

ねこ柄の布団が好きなのか?

 ベッドでねこが寝ます。
 Imgp0002_20200430082501
 ふかふかの冬布団が特にお気に入り。
 寝よう来た時に布団が干しているとご機嫌斜め。
 干した後を無造作にベッドの上に積み上げる。
 それを待っていましたと寝に来ることがあります。
 来ない時もある。
 来てもベッド上がらないこともある。
 来ても上がらない時、布団の柄が気になりました。
 統計を取って調べたわけじゃありません。
 「そんな気がする」というレベル。
 裏の白い方が上になっている時の使用率が低いような・・・。
 表地のねこ柄が上の時の方が寝るような・・・。
 単に気のせい?
 ねこ柄が好き?
 色の濃い表地の方が落ち着く。
 Imgp0122_20200430082501
 これはあるかもしれないと思いました。
 色が濃い方が自分を隠してくれる。
 本能的に感じているかもしれません。
 いずれにしてもねこは黙して語らず。
 ん。
 もう一つの可能性。
 無造作に布団を積んだといっても、後で敷き直す手間を考えてる。
 裏の白字を上に置くことを無意識に避けている可能性は大きい。
 かなりの高確率でねこ柄を上に置いている。
 そこに来るからねこ柄の上で寝ることが多い。
 私が無意識に操作している可能性。
 この方が高そう。
 
  本日の自転車走行距離 5キロ
 
 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2020年4月29日 (水)

「銅鐸さん」を作ろう 3

 オリジナルデザインの人形「銅鐸さん」を作っています。
 necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/04/post-05cf46.html
 先ずは下半身の「銅鐸」から。
 プラ板にエポキシパテを盛りつけ、形を作ります。
 Imgp0013_20200429081001
 その上からポリエステルパテを塗り、耐水ペーパーで磨きます。
 180~240番の目の粗いやつで。
 その後、ラッカーパテを溶剤で薄めたものを塗る。
 Imgp0023_20200429081001
 (全体に溶剤で解いたパテを塗ったところ)
 400番で磨いてサフェイサーというスプレーをかけて様子を見ます。
 塗装の際、下地を作る塗料。
 グレーなので傷やへこみが目立ち発見しやすくなります。
 傷やへこみがあるようならそこに再びポリエステルパテ。
 Imgp0024_20200429081001
 (黄色く見える所が凹みや傷。ポリエステルパテを塗り、硬化後磨きます) 
 この繰り返しで「いいな」と思えるようになるまで。
 この「いいな」と思える判断基準はすべて自分にあります。
 「いいな」と思って、次に進んでも「あ、やっぱり・・・」
 そう思ってやり直すこともしばしば・・・。
 パテが固まるまで時間があるので上半身を並行作業で。
 Imgp0009_20200429081401
 腕の取り付け位置が地面に対して平行過ぎた。
 Imgp0025_20200429081401
 角度を変える為、腕を外してやり直し。
 銅鐸は取っ手の装飾取り付け作業に。
 ひも状に伸ばしたエポキシパテを貼り付けました。
 Imgp0026_20200429081401
 そのままだとはがれるので瞬間接着剤を流して固定。
 ポリエステルパテを塗り、同じ作業。
 Imgp0027_20200429081701
 全体の時ほどシビアじゃないので楽。
 Imgp0028_20200429081701
 装飾の続きを取り付け。
 Imgp0029_20200429081701
 だんだん完成に近づいてきました。
 
 本日の自転車走行距離 16キロ
 
 今日であったねこ 3


| | コメント (0)

2020年4月28日 (火)

シクロクロス車走行不可に

 シクロクロス車のタイヤの交換時期になりました。
 今のタイヤを付けてちょうど1年。
 交換用のタイヤとチューブを注文しました。
 配達されたのは土砂降りの日。
 配送の方ありがとう。
 箱を傷つけずに開封。
 中味を目視で確認。
 手は触れず三日間放置しました。
 ウイルスが付いていた場合、段ボールなどの紙の上では3時間
 奴らは生きるそうです。
 配送の方は手袋など完全防備。
 箱に付着の心配はないけど、念のため受け取ったら手洗い。
 そして触れずに開封。
 問題の中身です。
 プラスチックや金属のようなつるつるしたものの上では数日生きるとか。
 この情報は意外でした。
 ああいう不毛な所こそ行きにくいだろうと思っていたのに。
 インフルエンザが2日ほど生きるそうです。
 未知のウィルスは3~4日見ておいた方がいいという情報。
 中味はタイヤ、チューブとゴム製品ですが、プラスチック包装。
 そこで3日放置しました。
 後で気がつきましたが、配送期間中に中身は3日以上経過しているね。
 たとえ梱包の段階でウイルスが付着しても死滅していたでしょう。
 ま、念には念を。
Imgp0019_20200428073001
 放置しておいたのにはもう一つ理由がありました。
 それは、今回のタイヤ交換作業がとても憂鬱。
 今付けているタイヤとホイールの相性が良くないよう。
 前回その装着に1時間。
 前後交換で2時間以上を要しました。
 サイズは700×28Cという少し太めのタイヤ。
 ホイールはチューブレスタイヤというチューブの無いタイヤ用。
 そこにチューブ使用のタイヤ、チューブを仕込みました。
 チューブの厚みがあるせいか入らない。
 悪戦苦闘して1時間。
 ようやく入りました。
 パンクしたらチューブ交換が大変だ・・・。
 どうかパンクしませんように。
 そう願いました。
 その願いがかなったのか、使用後1年。
 全くパンク知らず。
 このタイヤ、いいんんだ!
 たまたまの運もあるでしょう。
 本当に1年間一度のパンクもありませんでした。
 しかし、次の交換の時は少し細いのにしよう。
 700×25Cという細いのなら装着しやすいはず。
 28C装着の前に32Cという太いのは全く入らなかった。
 次は絶対700×25Cだ。
 そう決意したのでした。
 そして1年が経過。
 同じ銘柄のサイズ違いコンチネンタルウルトラスポーツ2。
 Imgp0017_20200428073001
 (交換作業前のシクロクロス車前輪)
 この700×25Cを買いました。
 しかし・・・。
 これが全く入らない。
 悪戦苦闘して1時間かけても入りません。
 むひー。
 粘って装着することもできたかもしれません。
 しかし、作業は断念。
 出先でパンクしたらどうしようもない。
 このタイヤは使わないことにしました。
 25Cなら入ると思ったのですが・・・。
 以前このホイールに25Cサイズのタイヤを付けられたはず。
 別なメーカーのタイヤでした。
 このタイヤパンクしにくいということは肉厚があるのかな。
 その分、内側が狭くなっている。
 チューブレス仕様のホイールにはそれを受けられる余裕がない。
 それで入らなかったのか?
 考えられる原因はそれ。
 作業前の嫌な予感が当たりました。
 ロードバイクに同じ銘柄、同じサイズのを付けています。
 こちらのホイールはチューブ使用のタイヤ用。
 だから難なく装着できました。
 折角買ったタイヤですが、ロードバイクの予備にします。
 さて、シクロクロス車はどうしよう。
 今まで700×23Cという更に細いタイヤは装着できました。
 そのタイヤにしよう。
 でも予算は使い切ったばかりです。
 即購入は出来ません。
 シクロクロス車はお休みすることにしました。
 タイヤがないというだけで走れないわけじゃありません。
 ロードバイクのホイールを外して付け換えれば走行可能に。
 でも、いちいちその作業は煩わしい。
 シクロクロス車は休ませることに。
 しばらくはロードバイクとコナのスートラの二台体制で行くことに。
 
 本日の自転車走行距離 15キロ
 
 今日であったねこ 16

 コンチネンタルウルトラスポーツ2

 https://item.rakuten.co.jp/worldcycle/con-l-ultrasport2c/?s-id=ph_pc_itemname

 チューブ

https://item.rakuten.co.jp/worldcycle/vit-m-compt2528-48/?s-id=ph_pc_itemname

| | コメント (0)

2020年4月27日 (月)

石鹸設置の水飲み場

 公園で手を洗おうと思いました。
 蛇口から石鹸がぶら下がってる。
 Dsc_0012
 あれ?
 近所の人が付けてくれた?
 区が付けた?
 今回のコロナ関連で手を清潔にということでしょう。
 遠慮なく使わせてもらいました。
 石鹸はレモン石鹸。
 束になって安く売っている奴。
 それでも清潔に保つ効果は大きいでしょう。
 でも、洗った後は手をよく拭いて。
 濡れたままの手は汚れが付きやすい。
 タオル、ハンカチ等の共用はダメ。
 公園内の少し離れたところにもう一基水道がありました。
 そこからも赤いネットに入った石鹸がつる下がっていました。
 区の配慮かね?
 どなたがしてくれたとしても嬉しい。
 別な日、別な公園のそばを通りかかりました。
 手洗い場を見ると赤いネットにレモン石鹸。
 公園ごとに設置しているらしい。
 交換や管理は大変でしょう。
 続けてほしいものです。
 
 本日の自転車走行距離 18キロ
 
 今日であったねこ 2

| | コメント (0)

2020年4月26日 (日)

銅鐸さんを作ろう 2

 オリジナルデザインの人形「銅鐸さん」
 その「銅鐸」を作っています。
 今の「銅鐸さん」はデザインを変えた「三代目」
 二度作り直しています。
 「決定版」として定着。
 今度のもそのデザインで制作予定。
 「三代目」だけど「初代」
 今度のは「三代目の初代の二代目」という変なポジション。
 「三代目」はその前の「二代目」の「銅鐸」を流用。
 頭部も修正しながらそのまま使いました。
 上半身は、別な人形に使う予定のものをそのまま使いました。
 新規に作ったのは4本の腕くらいだったはず・・・。
 ありもので間に合わせたのに面白いデザインになりました。
 今回は全部新規造形。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/04/post-07db7e.html
 サイズは今までのよりも一まわり大きく。
 プラ板で作った大枠にパテで肉付け。
 その後、形を整えながら作っていく方式。
 形になってくると大きいのに驚きました。
 前回「銅鐸」を作った時もそうだったっけ。
 図面上と立体になったものでは大きさの印象がまるで違う。
 寸法を間違えたかと思う程。
 制作途中の立体物を図面に合わせてみる。
 長さは同じ・・・。
 平面と立体での印象の差だ・・・。
 パテで肉付けしていく際、プラ板の端切れなどを積みました。
 これでかなりパテの節約になるはず。
 捨てるのもどうかなという端切れを取っておいてよかった。
 「草薙のつるぎ子Ⅵ」で使わなかった部品も細かくして「あんこ」に。
 Imgp0113_20200426071001
 Imgp0114_20200426071001
 その上からパテを盛りつけ硬化後、耐水ペーパーでひたすら磨きました。
 Imgp0007
Imgp0008
 本体の形が整ったら、縁と取っ手の制作。
 Imgp0010_20200426071101
 取っ手の部分に針金を入れて補強しました。
 Imgp0011_20200426071101
 Imgp0012
 Imgp0014_20200426071001
 Imgp0015_20200426071101
 この上に「銅鐸さん」の上半身が乗りますから。
 エポキシパテ硬化後、ポリエステルパテを塗ります。
 それが硬化したら耐水ペーパーで磨きます。
 その後ラッカーパテを溶剤で解いたものを塗ります。
 今度は目の細かい耐水ペーパーで磨きます。
 ポリパテ、ラッカーパテの作業を目立つ傷がなくなるまで繰り返し。
 だんだん、それっぽくなってきました。
 
  本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 3

| | コメント (0)

2020年4月25日 (土)

あと5キロで30000キロか、30000キロまであと5キロか

 ロードバイクの積算走行距離が29995キロとなりました。
 この自転車は2年ほど休ませていました。
 この12月から復帰。
 それまでの積算走行距離は29000キロ台。
 あと少しで30000キロだな~と思っていました。
 それがあと5キロに。
 Imgp0120_20200424192201
 あと5キロで30000キロ。
 30000キロまであと5キロ。
 おんなじだな・・・。
 シクロクロス車が32000キロ。
 もう一台のロードバイクも30000キロ
 スートラが7000キロ。
 記録に残る積算走行距離が100000キロ近くになってる!
 
 本日の自転車走行距離 6キロ
 
 今日であったねこ 4

| | コメント (0)

2020年4月24日 (金)

お風呂の防カビを

 浴室の防カビ剤散布。
 フロ釜洗浄。
 洗濯機洗濯層の洗浄をしました。
 浴室の防カビ剤散布は1~2月に一度だって・・・。
 Imgp0090_20200423164101
 先月したばかりだ。
 まあ、いいか。
 
 本日の自転車走行距離 36キロ
 
 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2020年4月23日 (木)

「銅鐸さん」を作ろう。

 先日、オリジナルデザインの人形「草薙のつるぎ子Ⅵ」が完成。
 この時、取りすぎたパテで頭部を作りました。
 「草薙のつるぎ子Ⅵ」は頭部は以前のものを流用の予定。
 でも、体を作ってみて合わなかったら。
 または、気に入らなかったら作り直し。
 その為の予備として余りで顔を作りました。
 結局「草薙のつるぎ子Ⅵ」は以前の頭部がそのまま使えました。
 前髪が上半身の邪魔になるかと予想。
 しかし、それに合わせたわけでないのに仮組みしても干渉せず。
 目を小さくして塗り直しただけでそのまま使いました。
 さて、予備として作った顔が余った・・・。
 「銅鐸さん」を作ろうか?
 幸い穏やかな生活が続けられています。
 そして諸般の事情で時間もあります。
 「銅鐸さん」のデザインは気に入っています。
 今までに三回そのお姿を変えています。
 一度目は、出来たものの全く気に入らず。
 二度目は、「う~ん」という感じ。
 そこで三度目のリメイク。
necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/02/post-80c5.html
 二度目の時に作った「銅鐸」が結構よくできました。
 それを流用。
 更に「五重塔子」制作中も、デザインに行き詰まり断念。
 徳利かけて放置されていた上半身を当てるとなかなかいい。
 既存の部品を利用し、作りながら今の形になりました。
necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/02/post-7e42.html
 もう一つ作りたいと思っていました。
 が・・・。
 肝心の「銅鐸」を作るのが面倒。
 今度は0から作らなきゃなりません。
 そのまま棚上げに。
 いい気かだしやってみますか。
 「銅鐸さん」の「銅鐸」は以前作った時の図面があるはず。
 それを使えばいい。
 図面があれば、その通りやればできそうなものですが、実際は・・・。
 寸法が分かる程度です。
 でも、サイズをもっと大きくしてみよう。
 新たに一回り大きな図面を製作。
 Imgp0105_20200423080101
 ひと回り大きいというつもりでしたが・・・。
Imgp0106_20200423080101
 元の「銅鐸さん」に匹敵するくらいの大きさに・・・。
 本物の「銅鐸」の様に中を空洞にする案もありました。
 元々のも空洞にする予定でした。
 しかし、こちらは技術が伴わず断念。
 中はパテが詰まっています。
 今度のは大きいのでその細工の余裕があるはず。
 ・・・ですが、多くくなると強度の問題が出てきます。
 強度的に弱くなりそうなので中身は詰めることに。
 Imgp0107_20200423080101
 パテを詰めると大量に必要になります。
 Imgp0108_20200423080101
 プラ板の端切れや、「草薙のつるぎ子Ⅵ」で出たパテの余りを詰めることに。
 Imgp0109_20200423080101
 こうして材料を節約兼、廃物利用。
 この上からパテでコーティング。
 Imgp0110_20200423080101
 Imgp0111_20200423080101
 かなり新規のパテが節約できました。
 何となく「銅鐸」っぽい形に。
 Imgp0112_20200423080101
 ぼちぼち行きましょう。
  
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2020年4月22日 (水)

マスク付き

 マスク付き。
 Imgp0084
 まだが外出自粛がされていなかった頃の話。
 こいつらなんていったっけね?
 
 本日の自転車走行距離 45キロ
 
 今日であったねこ 4

| | コメント (0)

2020年4月21日 (火)

「草薙のつるぎ子改装版」制作日誌 10

 オリジナルデザインの人形「草薙のつるぎ子改装版」制作日誌の続きです。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/04/post-d8517f.html
 完成しました。
 Imgp0087_20200420083301
 Imgp0088_20200420083301
 Imgp0089_20200420083301
 Imgp0091_20200420083301
 Imgp0092_20200420083301
Imgp0093_20200420083301

Imgp0094_20200420083301
 ふと気になることが。
 名前をどうしよう?
 改装版としています。
 しかし、このデザインがスタンダードになるわけじゃ無いです。
 単に「6本腕にしてみよう」という思い付きからの制作。
 「草薙のつるぎ子6本腕」
 「スーパー草薙のつるぎ子」
 しっくりせず。
 このシリーズの元は、地方のゆるキャラ募集のために考えたデザイン。
 応募にはことごとく落ちました。
 その時気に入ったデザインを改修。
 それらを年賀状や月間予定表の挿絵に登場させたことがあります。
 やがて、人形にしようと思ったのがこのシリーズのきっかけです。
 先ずは「鏡ちゃん」と「三重塔子」を作りました。
 Imgp00861
 Imgp0120_20200420083001
 (上「鏡ちゃん 下「三重塔子」)
 それが結構面白かったので、人形を作るためのデザインを開始。
 「鏡ちゃん」は古代鏡をモチーフにしていました。 
 そういえば「三種の神器」ってあったね。
「草薙のつるぎ子」と「勾玉さん」を計画。
 Imgp0085_20200420083101
 (「勾玉さん」)
 そういう過程でできました。
 人形を作りたいというだけで、物語性はありません。
 特に「設定」というものもなし。
 単に「こういうもの」という感じがあるだけです。
 だから今回のも名前が思いつかず。
 6本腕の6を付けて「草薙のつるぎ子Ⅵ」としとくかね。
 映画の第6弾みたい・・・。
 
 本日の自転車走行距離 45キロ
 
 今日であったねこ 13

 

| | コメント (0)

2020年4月20日 (月)

お誕生日だね

 今日はねこのお誕生日。
 Imgp0117
 毎年この日。
 毎年ねこの日と間違いやすい。
 11年目かな?
 ここへ来てもうそんなになるね。
 
 本日の自転車走行距離 18キロ
 
 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2020年4月19日 (日)

つま先で歩く

 4月14日放送の林修の今でしょ講座」を観ました。
 家の中で出来る簡単な運動を紹介していました。
 https://www.tv-asahi.co.jp/imadesho/osarai/0033/
 Imgp0121_20200419065401
 特に気になったのはかかとの上げ下げ運動。
 Imgp0122_20200419065401
 私の足首は硬いです。
 Imgp0123_20200419065401
 しゃがんだ時にかかとが地面に着きません。
 Imgp0124_20200419065401
 足首まわりの筋肉を触るとかたい。
 Imgp0125_20200419065401
 ストレッチをしていますがなかなか柔らかくならない。
 Imgp0126_20200419065401
 少~しずつ効果は上がっていますが、まだまだ。
 かかとの上げ下げ運動で、意識的強制的に動かせば?
 番組では脹脛の筋肉の運動と紹介していました。
 私はかかと周りの筋肉を緩める効果を期待して始めました。
 段差などを利用して、ゆっくり上げ下げ。
 転倒しないよう、掴まるところがあるとなおいいそうです。
 上下往復で一回、これを10回くらい、30秒ほどでいいそうです。
 歯磨きをしながらすることにしました。
 そうするとやることを忘れない。
 一日2回は必ずします。
 一度の歯磨きで40回くらい上げ下げしました。
 結構脹脛にきます。
 足首まわりの筋肉にも「動かした」という感触が。
 何回かやった時に、ふとつま先で歩いたらどうだろう?
 そう思いつきました。
 でも、家の中でつま先歩き。
 数歩、数秒でお終い。
 外でやってみました。
 途中休憩しながら延べ30分。
 なかなかの運動量。
 歯磨きしながら何度かしていたので、結構やれました。
 いきなりやったらきついかもしれません。
 そういえば、つま先で歩くなんて、子供のころ以来かも。
 子ども時代は無意識に色々な動き方をしていました。
 いつの間にかしなくなった・・・。
 さて、肝心な足首の柔軟性への効果。
 今のところ劇的な効果は出ていません。
 しかし、夜中にトイレで目を覚ますことがなくなりました。
 脹脛を動かしているからだと思います。
 夜中にトイレへ行くのを防ぐには脹脛をよくもんでおくと効果的。
 そんなことをテレビで観た気がします。
 何度か試しましたが、期待したほどの効果は出ず。
 ところが、かかとの上げ下げ運動。
 これは夜中のトイレにかなり効き目がある。
 続けてみようと思います。
 もう一つ、体をぐるっと回す運動。
 腰痛対策に紹介されていました。
 これをしたら、翌朝、背中、肩甲骨周りが凄く楽になっていました。
 体を動かすっていいんだ。
 でも、3つ紹介されたのうち習慣になったのはかかと上げ下げ運動だけ。
 Imgp0127_20200419065401
 本日の自転車走行距離 6キロ
 
 今日であったねこ 3

| | コメント (0)

2020年4月18日 (土)

「草薙のつるぎ子改装版」制作日誌 9

 オリジナルデザインの人形「草薙のつるぎ子改装版」制作日誌続きです。
 necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/04/post-5d2b47.html
 上半身、足のつるぎ、腰ができました。
 Imgp0044_20200418072301
 元々ある頭部を新造の上半身に組み込んでみました。
 前髪が長いデザインです。
 上半身にそれが当たったら付けられない。
 髪形は新規造形か改良の必要があります。
 が・・・。
 問題なく付きました。
 髪形を作る作業は結構好きです。
 特に「草薙のつるぎ子」の髪形は好き。
 Imgp0038_20200418072301
 (「草薙のつるぎ子」)
 「草薙のつるぎ子を作ろう」と計画した時、体はすぐに決まりました。
 首から上のデザインがなかなか決まらない。
 このシリーズ、顔はみな同じ。
 髪形が違うだけ。
 その髪型が決まらなかった。
 神奈川テレビの小中学生が将来何になりたいかという番組を観ていました。
 そこに写ったPC画面にあったイラストが参考になりました。
 「あ、よさそう」と印象を書き写しました。
 それをデザイン画に起こして自分なりのものに。
 更にそれを立体にする過程で今の形になりました。
 絵を立体にするとだいぶ変わります。
 紙の上ではOK。
 立体にすると「ここまで考えてなかった」という部分と多く遭遇します。
 初めに完成したものがかなり気に入りました。
 次の「縄文さん」にも使いたかったけれど、同じデザインは使えません。
 左右反転させてアレンジして使いました。
 Imgp0041_20200418072301
 (「縄文さん」似てるけど違って見える髪形に)
 作り直しもいいかなと思っていましたが、その必要はない。
 ということは各部塗装の末、組み立て。
 完成です。
 もう一つ問題が。
 土台に木製台を使っています。
 ここに直接取り付けるつもりでした。
 木製台に穴を開けて固定する。
 足のつるぎに予め真鍮線を通していました。
 制作中に元々使っていた専用台に立たせていました。
 木製台にプラパンとパテで作った三日月型の専用台。
 足のつるぎのデザインが全く変わりました。
 三日月型に入らないと思っていましたが。
 が・・・。
 入る。
 Imgp0045_20200418072301
 そこで作業中、この台に立たせていました。
 Imgp0046_20200418072301
 この元の台をこのまま使うか?
 それとも予定通り、穴を開けて台にさして接着剤で固定するか?
 このままこの台を使うことにしました。
 つるぎの先から伸びていた固定用の真鍮線を切断。
 裾が当たるので三日月型の台も一部を切断しました。
 元々三日月台からは取り外しできるように接着していません。
 今回も接着せずに着脱可能な状態にしておくことに。
 Imgp0062_20200418073401
 頭部を組み込んで完成です。
 Imgp0058_20200418073401
 Imgp0060_20200418073401
 Imgp0061_20200418073401
 オリジナルの「草薙のつるぎ子」とくらべるとかなり大きくなりました。
 Imgp0085_20200418073401
 つづく。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1
 

| | コメント (0)

2020年4月17日 (金)

ジャスミン香る、屁も香る。

 ジャスミンの花が咲きました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/03/post-a04cf5.html
 咲いたら香りもすごいだろうなと思っていました。
 が・・・。
 意外と香らない。
 初めての開花だからか?
 苗が若いからか?
 そう思っていました。
 ある朝ふと気がついた。
 いい香り。
 ジャスミンの香りが漂ってきました。
 咲いた花も増えました。
 Imgp0087_20200416194601
 おお!
 Imgp0088_20200416194601
 さすがジャスミン!
 ちょうど私の屁の香りとおんなじだ。
 
 本日の自転車走行距離 62キロ
 
 今日であったねこ 5

| | コメント (0)

2020年4月16日 (木)

潤滑スプレーの細いノズルを失くさないようにサイクルコンピュータのホイールマグネットを付ける。

 自転車整備に潤滑スプレーを使っています。
 CRC556みたいなやつです。
 自転車以外にも硬くなったネジを外す時。
 玄関のカギ穴の回転が渋くなった時。
 いろいろなことに使えます。
 この時便利なのが付属の細口ノズル。
 樹脂製の細~いストローが付いています。
 これがうれしい。
 これを使うと、目標だけに潤滑剤を当てられます。
 しかし・・・。
 このノズルがすぐに無くなる。
 一応キャップに付けられるようになっています。
 しかし、気がつくと外れて、行方不明に。
 無くなると、とたんに使いにくくなります。
 他に代用できそうなものが早々ない。
 仕方がないのでもう一つ買ってきて、ノズルを流用。
 ノズルのために買ったのと合わせて二本分をそれで使いました。
 それらが無くなると、新たな3本目で新品ノズルが手に入って一周。
 新品ノズルは「予備」として保管して置き、続投させます。
 そんな繰り返しが続きました。
 自転車関連のSNSでそのノズルの管理法を知りました。
 サイクルコンピュータのホイールマグネットをノズルに付けておく。
 ホイールマグネットは車輪のスポークにネジで固定します。
 車輪が回ると、フォークに付けたセンサー本体がマグネットを感知。
 Imgp0070_20200416080401
 (センサーマグネット本来の使い方 黒い四角い部品のがセンサー本体 ここを通過する速度を計測)
 この時の速度が走行速度として計測されるもの。
 そのスポークの径と、ノズルの径がほとんど同じ。
 ここにノズルを咬ませる。
 磁石なのでスプレー缶に付きます。
 これで無くすことはない。
 ああ!
 なるほど!!
 今まで全く気がつかない盲点でした!
 このホイールマグネットなら使っていないのがあります。
 買い替えやらで何かと増えました。
 かつてはすべて金属製、その後モデルチェンジで一部樹脂部品を採用。
 軽量化されたのを機にそれだけ買い換え。
 予備を購入。
 諸々で余りが工具箱にいくつもあります。
 工具箱の中で鉄製工具にぴたりとへばりついて、時々厄介者に。
 その一つを取り出して、細口ノズルを通して見ました。
 ほんとだ、ぴったり。
 固定用ねじを締めるとノズルから離れない。
 このまま本体にセット。
 Imgp0067_20200416080401
 (細口ノズルにホイールマグネットを付けてスプレー缶本体に 大きさ対比用「縄文のめが子」)
 使わない時は磁石を缶に付ければいい。
 Imgp0069_20200416080401
 (付けっぱなしだけど、本来はこうして無くさないよう保管)
 細口ノズルを外すことなく収納。
 付けたまま。
 ホイールマグネットが付いているので落ちても目立つ。
 缶に吸着し損ねても発見がしやすくなりました。
 以降、ノズルが無くなることはありません。
 こりゃ、いいアイディアだ。
 
  本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1

 ホイールマグネット

 https://item.rakuten.co.jp/auc-cycle-parts/asc-4/

| | コメント (0)

2020年4月15日 (水)

「草薙のつるぎ子改装版」制作日誌 8

 オリジナルデザインの人形「草薙のつるぎ子改装版」制作日誌の続きです。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/04/post-d3274b.html
 下半身がまとまったので、手首の制作。
 腕が6本もあるのでバランスを考えながらの制作。  
 一番手前のひと組から制作。
 先に完成させておいた剣を持たせます。
 パテで作った掌が固まったら、腕に固定。
 手首と腕の接続部分はひも状にしたパテを巻きました。
 接合部をこれで隠してごまかそうという計画。
 ひと組の腕が出来たら次の腕。
  Imgp0027_20200414155801
 その順序で3組作りました。
 Imgp0029_20200414155801
 腕が複数あるので込み入ってしまい、仕上げが大変。
 Imgp0028_20200414155801
「銅鐸さん」は腕が4本。
  Imgp0074_20200414155801
 この時は反対に腕の付け根部分から別パーツとして制作。
 接続部には板状に伸ばしたパテを肩に巻き、その部分を処理。
 「銅鐸さん」の時は4本の腕に「何をさせるか」問題が生じました。
 Imgp0075_20200412072301
 4本の腕でどういうポーズにするか。
 モデルみたいな感じで作ることに。
 今度の「草薙のつるぎ子改装版」はそれより多い6本腕。
 でも、各々が剣を持たせます。
 だからポーズについてはあまり考えていませんでした。
 持たせた剣がそれぞれかち合わないように。
 それだけを留意しました。
 腕が付いた後でもう少しポーズは考えた方が良かったかなとも・・・。
 腕と剣が付いたら、頭部が付けられます。
 頭部は改装前のものをそのまま付ける予定でした。
 目が大きな気がしたのでそれだけ小さく加工しました。
 腕や剣に当たらずに配置できればこのまま付けられます。
 仮組みをするとどこにも触れずに配置できました。
 前髪が長いデザインなので服に当たる可能性も。
 そうなるようだったら髪形を作り直す必要がありました。
 それも干渉せずに付けられました。
 あとは塗装と組み立てだけです。
 つづく。
 
 本日の自転車走行距離 49キロ
 
 今日であったねこ 3

| | コメント (0)

2020年4月14日 (火)

ワークマンのレインコートを着てリュックをしょってみる。

 昨日は大雨でした。
 こんな日は自粛があろうとなかろうと家でゆっくりしていたい。
 しかし、雨の中の雨中航行で出航。
 先日買ったワークマンのレインコート。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/04/post-050cfb.html
 Imgp0089_20200414090901
 買って以来、実際の雨で何度も使いました。
 背中にファスナーが付いています。
 これを開けて裾を広げると簡易リュックカバーになります。
 でも、今まではウエストバックを装着しての使用。
 今回初めてリュックをしょって出かける用事でした。
 そういえば、試着でもリュックをしょっての使用はなかった。
 支度の手順はこう。
 レインブーツを履きます。
 その上からレインパンツ。
 リュックを背負います。
 そしてレインコート。
 これが最後になる。
 雨除けの上着なんだから当たり前です。
 そこでハタと気がついた。
 リュックにはすべての荷物を入れます。
 家の鍵も入れます。
 レインコートを着るとリュックの操作が出来ない。
 ウエストバッグの時は「くるん」と前に回して対応。
 リュックはそれが全くできない。
 外に出て、戸締りをしてからレインコートを着ることに。
 ほんとに最後の最後。
 寒い時期でなかったのでよかったけれど・・・。
 意外と困る盲点でした。
 鍵は別なところ、ポケットなどに入れれば解決するかもしれません。
 忘れ物、そのチェックをしたらレインコートを脱がなきゃなりません。
 ああ・・・。
 意外と不便。
 リュック使用時に使わなきゃいいのか。
 できるだけウエストバッグ使用時に着る。
 リュックの簡易カバーになると見込んで買ったのに・・・。
 因みにリュックへの防水性について。
 リュックに装備されているレインカバーも使用。
 レインコートを着た上から更にレインポンチョを着用。
 走行時間は片道15分ほど。
 このお陰でリュックはほとんど濡れず。
 レインコートだけの撥水性ではここまで行かなかったと思います。
 結論。
 使えるような・・・。
 使えないような・・・。
 オプションとして持っていうことはありということに。
 
 本日の自転車走行距離 2キロ
 
 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2020年4月13日 (月)

自粛なのに

 出かけないでください。
 Imgp0066_20200412200801
 本日の自転車走行距離 48キロ
 
 今日であったねこ 2

| | コメント (0)

2020年4月12日 (日)

「草薙のつるぎ子改装版」制作日誌 7

 オリジナルデザインの人形「草薙のつるぎ子改装版」制作日誌の続きです。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/04/post-a28747.html
 足用の剣ができました。
 Imgp0021_20200412070201
 服のすそを被せます。
 これができれば本体の部品がほぼ揃います。
 元々あった物を再利用するか。
 全くの新造にするか。
 一応この人形の素体が付けていた裾を当ててみました。 
 付くには付く。
 でも合わない。
 そりゃ、デザインが全く変わりましたから。
 新デザインに合わせて裾も新調することに。
 Imgp0022_20200412070201
 ちょいとだけデザインも変更。
 Imgp0024_20200412070201
 6本腕にする以外元のデザインは殆どいじらないつもりでした。 
 つるぎが大幅に変わったしね・・・。
 裾は左右で別パーツに。
 折角新造したつるぎがほとんど隠れてしまうので少し露出する形に変更。
 Imgp0025_20200412070201
 裾が決まると上半身との接続部分の構造が見えてきます。
 今までのは金色のリングでつないでいました。
 上半身と下半身のデザインの曖昧なところを辻褄をそれで合わせていました。
 「銅鐸さん」を作った時にリングでなくひも状にしたパテを絡ませてみました。
 Imgp0075_20200412072301
 結構うまくいったし、今まで使わなかった技法が自分にとって新鮮でした。
 面白かったのでその後の人形にも流用。
 ハート形土偶の「文明さま」では頭飾りや服、腕、足の装飾に使いました。
 Imgp0036_20200412072401
 「遮光器土偶子」では長くとりすぎ。
 Imgp0037_20200412072301
 やはり、やりすぎは失敗です。
 いよいよ次の行程は剣を持たせる手首の制作。
 これが面倒・・・。
 6つも作ってそれぞれに剣を持たせて、それを腕に付ける・・・。 
 つづく。
 
 本日の自転車走行距離 14キロ
 
 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2020年4月11日 (土)

レインバイザーを自転車で普段使い。

 雨の日対策兼飛沫感染防止用品としてレインバイザーを買いました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/04/post-be9fde.html
 Imgp0086_20200411072401
 使う場面はかなり限定されるだろうなと予測しながらの購入でした。
 天気がいいのでベランダで布団干し。
 あ・・・、ちょいと待って。
 こんな時こそレインバイザー。
 一応UVカットと謳っています。
 どの程度か疑問ですが裸眼よりいい。
 屋外で初めて被っての使用。
 あ。
 いい。
 かけている感じが全然しない。
 まぶしさもわずかに軽減。
 もっと乱反射して見えにくいかと思っていました。
 視界は良好。
 それどころかかけているのを忘れるほど。
 2000円程度の品なのでUVカットの効力と耐久性には疑問が残ります。
 それでもいいぞ。
 クリアタイプで本当に視界が良好。
 これなら自転車で普段使いができるかも。
 自転車用のゴーグルもクリアレンズを使っています。
 色付きは暗く見えるので私の場合、精神衛生上よくない。
 「雨が降りそう」な空模様に見えるからです。
 そこでバイザーもクリアタイプを選んだのでした。
 問題は二つ。
 一つはその装着感。
 ヘルメットの下に被ります。
 こめかみのあたりが痛くなりそう。
 実際に被ってみると違和感はありませんでした。
 意外・・・。
 もう一つは息でレンズが曇るという心配。
 そうしたら走れない。
 これはかなり重要です。
 試着して息をしましたが曇らない。
 しかし、実走では分からない。
 テストを兼ねた通勤で使用。
 「ダメだ!」となったらいつものサングラスに交換。
 サングラスの用意もしました。
 走行開始。
 視界は良好。
 サングラスのフレームに当たる部分がないので素顔でいるよう。
 息で曇ることはない。
 意外・・・。
 信号待ちなどで停まると多少曇ります。
 でもすぐに消えました。
 寒い時期、サングラスでもこういう時は曇ることがあったっけ。
 その時期は分からないな・・・。
 まずまず、否、予想以上の使い心地でした。
 時間が経つと耳の後ろ辺りに刺激を感じるようになりました。
 これが欠点。
 装着位置やヘルメットの下に被るもので対処できないかなと思っています。
 普段使いにもいいようです。
 自転車走行中は飛沫感染の危険は少ないです。
 でも、自分がくしゃみをすることはある。
 また、そういう人とも出会います。
 そういうことへの対処としても装着はありだね。
 河川敷などで稀にバイザー装備のスポーツ自転車とすれ違うことが。
 あれは紫外線対策だと思います。
 あとは空気抵抗かな?
 空気抵抗は少しはましになりそうな・・・。
 耳の後ろあたりが痛くなることの他に欠点が一つ。
 向かい風を受けるとバイザーが顔に貼りつくこと。
 鼻の頭に接触、油が付きます。
 まあ、それはいいか。
 
 本日の自転車走行距離 44キロ

 今日であったねこ 3

 レインバイザー

https://item.rakuten.co.jp/dengding/h5/

 

| | コメント (0)

2020年4月10日 (金)

シマノCT5 SPDシューズを使ってみた。

 先日買ったシマノCT5という自転車用SPDシューズを使っています。
 necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/03/post-57fa59.html
 Imgp0064_20200410072101
 春と秋に履く靴がダメになりました。
 その後継として。
 今までのはスェード地のもの。
 同じものが良かったのですが無くなっていました。
 そこでスニーカータイプのものに。
 届いたものを試着した感じは「悪くない」でした。
 歩いてみてびっくり。
 歩きやすい!
 靴なので当然のことかもしれません。
 しかし、これはSPDシューズ。
 靴底にペダルとくっつくクリートという金具を装備。
 Imgp0065
 今までのSPDシューズは、歩く時にこの金具が地面に当たる。
 砂利を踏む音がしていました。
 今度の靴にはそれが無い。
 クリートが付いている感じがしないのです。
 製品全体が改良されたのか?
 この靴がそういう仕様なのか?
 そこまでは不明です。
 歩きやすくなったことは確かです。
 冬はハイカットのトレッキングシューズタイプ。
 足首まで覆ってくれるので保温性が高い。
 夏場はSPDサンダル。
 そのまま雨の中でも使えます。
 この靴はそれらと切り替えの時期にだけ使う「つなぎ」
 一年でも短い期間しか使わない靴のつもりでした。
 結構使えるかも。
 普通のウォーキングシューズを履いた後にこの靴で歩いたことがありました。
 流石にその時は靴底に「クリート」の存在を感じました。
 直前に履いた普通の靴底の感触が足に残っていたようです。
 足の裏はその違いを敏感に感じ取っていました。
 そりゃ、普通のウォーキングシューズには勝てない・・・。
 
 本日の自転車走行距離 20キロ
 
 今日であったねこ 3

 シマノCT5

 https://item.rakuten.co.jp/worldcycle/shi-l-sh-ct500-bk/?s-id=ph_pc_itemname
 

| | コメント (0)

2020年4月 9日 (木)

「草薙のつるぎ子改装版」制作日誌 6

 オリジナルデザインの人形「草薙のつるぎ子改装版」制作日誌の続きです。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/04/post-07951d.html
 「草薙のつるぎ子」は足がつるぎ。
 これをつるぎを改造して二本足にする予定でした。
 でもなんだか変な感じ。
 「草薙のつるぎ子」をデザインしたばかりの頃。
 足がつるぎというのを思いついたのは面白かった。
 少々怖い感じもするのでシナを作ったようなコミカルなポーズに。
 人形が完成すると・・・立たない。
 作る前から分かっていたことです。
 デザイン画は気に入りましたが、造形技術が伴わかった。
 イメージとなんか違う。
 何度か作り直しました。
 その時、「足付き」も考案し、制作しました。
 Imgp0035_20200409092001
 (「草薙のつるぎ子」足付き)
 しかし、なんか違う。
 Imgp0039_20200409092001
 確か、壁掛け時計が落ちてきて壊れました。
 頭部、胴体、足がそれぞれ違う「つるぎ子」を合わせて修理したもの。
 腰に手が届いていないのは下半身が違うお方のだから。
 その後も何度かリメイクしましたが足付きは一度きり。
 やはり足はつるぎの方が「つるぎ子」
 結局今回も先端が二股に分かれた剣にすることに。
 少し長すぎた感じがしますが、まあ、いいでしょう。
 Imgp0133
 今回は一度完成した「つるぎ子」を改装しています。
 この「つるぎ子」自体が今までのより一回り大きく作っています。
 Imgp0020_20200409093001
 手に持たせる剣も同時進行で作りました。
 完成した剣の足。
 Imgp0023_20200409093001
 クリンゴン帝国軍に採用されそうな感じ・・・。
 つづく。
 
 本日の自転車走行距離 0
  
 今日であったねこ 1
 

| | コメント (0)

2020年4月 8日 (水)

レインバイザー

 レインバイザーを買いました。
 Imgp0048_20200408074301
 つばの部分が透明で倒すと顔まで覆ってくれます。
 Imgp0049
 雨の日の自転車雨中航行対策兼、感染症予防。
 マスクは感染症予防にはあまり役に立たないそうです。
 もともと既に罹っている人の飛沫を拡散しないためのものだそうです。
 随分前に、テレビで観た予防法は20分おきに水を飲むこと。
 喉に着いたウイルスを水で洗い流す。
 ウイルスはのどに貼りついて約20分で体内に侵入。
 その前に洗い流す。
 流されたウイルスは胃液で消化。
 強力な酸なので、生きてはいられないそうです。
 それを知って以来、小型ボトルに水を入れて持ち歩いています。
 飲めない時は、舌で口内をなめまわして無理やりにでも唾液を出します。
 それを飲む。
 唾液には殺菌力があるそう。
 虫歯予防にもなるんじゃないかとほのかな期待も込めて実行しています。
 さて、レインバイザー。
 これをする場面は限られると思います。
 持ち運びするにも嵩張るし・・・。
 男女兼用サイズという割に私には小さな感じ。
 少々きつい。
 本来の目的に使うとしたら自転車ヘルメットの下に被ります。
 「台風じゃないか」というような雨の日。
 顔を覆ってくれるものがあるといいなとは思っていました。
 きつそうだな・・・。
 レインウエアの上下を着てサイクルポンチョ。
 あ・・・。
 ガッチャマンだ。
 Imgp0057
 (レインバイザー 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」)

 本日の自転車走行距離 30キロ
 
 今日であったねこ 3

 レインバイザー

 https://item.rakuten.co.jp/dengding/h5/

| | コメント (0)

2020年4月 7日 (火)

お客さんだ

 おや。
 Imgp0081
 いらっしゃい。
 Imgp0044_20200406145201
 Imgp0043
 よくおいで下しました。 
 Imgp00411
 Imgp0042_20200406145201
 
 本日の自転車走行距離 42キロ
 
 今日であったねこ 9

| | コメント (0)

2020年4月 6日 (月)

「草薙のつるぎ子改装版」制作日誌 5

 オリジナルデザインの人形「草薙のつるぎ子改装版」制作日誌の続きです。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/04/post-6bbf88.html
 以前作った「草薙のつるぎ子」を改造する形での制作。
 足は「つるぎ」を分解、中央から二つに切って使用。
 針金で骨を作り、大まかな足の形ができました。
 上半身に合わせてみるとなんか変。
 もうちっと考え直した方が良さそう。
 「古代剣」「草薙剣」で画像を検索。
 良さそうなのを参考につるぎをデザインしました。
 検索した剣は真ん中が盛り上がっていました。
 そこを反対にくりぬいたら足に見えなくもない。
 Imgp0119_20200406075001
 Imgp0120_20200406075001  
 「両足」があるデザインにするつもりでした。 
 Imgp0130_20200406075001
 二股になった剣に変更。
 全くの新造に。
  Imgp0132  
 途中まで作った足は使わないことに。
 そのまま取っておけばよかった・・・。
 早い段階で切断、加工の準備に入っちゃっていました。
 解体して骨にしている針金を回収。
 再利用できそうなのはそこしかなさそうです。
 つづく。
 
 本日の自転車走行距離 18キロ
 
 今日であったねこ 1 
 

| | コメント (0)

2020年4月 5日 (日)

干ししいたけを作る

 ベランダで干ししいたけを作っています。
 100円くらいのパックを買ってきたのをただ干すだけ。
 キノコは太陽光に当てるとビタミンDが増えるそう。
 干すことで日持ちもするようになる。
 一粒で二度おいしい。
 食べる時はこれを水で半日くらい浸します。
 Imgp0047_20200405063401
 時間はたっぷりとったほうが元のキノコに近くなります。
 一回に二個くらい使っています。
 どうもこの干ししいたけを食べた翌日、うんこの出がいい。
 食物繊維のお陰か?
 キノコの健康効果か?
 いいみたいです。
 
 本日の自転車走行距離 25キロ
 
 今日であったねこ 7
 

| | コメント (0)

2020年4月 4日 (土)

「体育会系」

 「体育会系」という本を読みました。
 Imgp00271
 私には一番馴染みの遠い言葉の一つ。
 学校に通っていた頃、一番嫌いな行事が運動会。
 練習も含めて大大大大大嫌いでした。
 何が面白いのかいまだにわからんです。
 だからオリンピックも全くの無関心。
 この本では「人間ピラミッド」が紹介されています。
 まだやっている学校があるそうで・・・。
 でも、私はやったことがないです。
 幸いなことに私の通う学校ではしなかった。
 なので見たこともない。
 本によるととても危険らしい。
 そうだろうね・・・。
 でもやる方は達成感。
 観る方は完成までの物語が面白いそう。
 死傷者がが出たとしても・・・。
 そういう「やればできる」という雰囲気が「体育会系」のよう。
 「体育会系人間」、欧米ではほとんど見られないようです。
 無いわけじゃないようですが。
 本の中に「あなた体育会系度」のチェックみたいな項目がありました。
 殆ど点数が付かないことにほっとしました。
 が・・・。
 私が少年時代を過ごした70~80年代。
 「体育会系」なひとが作ったと思われるテレビや映画の物語が多かった。
 気がする。
 そういうのを見ると「熱く」なりました。
 知らないうちに影響を受けているなと本を読んで感じました。
 体育の時間も嫌いでした。
 部活動もしなかったね・・・。
 だからか「先輩後輩」という概念がない。
 この本では「先輩後輩」で順序が付くのはいいとありました。
 欧米では人が集まった時、優劣をつけるのが結構大変みたい。
 声が大きいとか、体がでかいとか。
 不毛なマウンティングが始まることもあるとか。
 その点年齢や経験で順序が付く「先輩後輩」は便利だとか。
 あれま。
 そうかね・・・。
 
  本日の自転車走行距離 14キロ
 
 今日であったねこ 10

 「体育会系」
 
https://books.rakuten.co.jp/rb/16213557/

| | コメント (0)

2020年4月 3日 (金)

「草薙のつるぎ子改装版」制作日誌 4

 「草薙のつるぎ子改装版」制作日誌の続きです。
 necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/03/post-5458d4.html
 上半身が形になりました。
 6本腕にしたのでそこにどう服を着せるか。
 もともと二本腕の時も服のデザインは適当・・・。
 被服というものが分かっていません。
 「何となくこういう形に」
 元のデザインからして人体の形状じゃない。
 そこに更に腕を増やして6本に。
 服など着せようがない・・・。
 薄く伸ばしたエポキシパテを被せて纏わせる方式。
 何度かやり直してどうにか完成。
 上半身がまとまったのであとは下半身。
 「草薙のつるぎ子」は足が「つるぎ」
 以前作ったつるぎを再利用。
 これを真っ二つにして足にすることに。
 新たに作った太ももを接続。
 上半身と接続する股関節に当たる部分とつなげます。
Imgp0099
 パテで肉付けをして形を整える。
 なんとなく「恐怖カマキリ女」な感じに。
  Imgp0121_20200402162601
 「草薙のつるぎ子」は初期のデザインなので比較的単純な形状です。
 上半身がまとまれば、あとは早い・・・はず。
 並行して6本の腕に持たせる「つるぎ」の制作。
 始めは6本とも違うデザイン。
 もしくは二本組で3種類の予定でした。
 しかし、6本も作るとなるとそれは面倒。
 1種類、単純な形状にしました。
 足のつるぎと同じデザインも考えました。
 Imgp0106_20200402161801
 でも単純なストレートなつるぎに。
 プラ棒を束ねて削り出す試作品を考えました。
 Imgp0107_20200402161801
 Imgp0108_20200402161801
 Imgp0109_20200402161801
 しかし、更に簡単なプラ板をつるぎ状に切り出してパテを盛る形に変更。
 断然早くて楽、しかも剣らしい。
 つづく。
 
 本日の自転車走行距離 49キロ
 
 今日であったねこ 5

| | コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

ワークマンのレインウエアを使ってみる。

 先日買ったワークマンのレインウエアを使う機会がありました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/03/post-e13fde.html
 一日雨の降る中、二度自転車で出かけました。
 先ず一度目。
 さほどの降りでなさそうだったので、上下を着込んだだけ。
 この上からレインポンチョを着込むと完璧ですが、それはせず。
 撥水性が素晴らしい。
 さすが新品。
 背中のファスナーを開けると裾が広がる仕掛け。
 簡易リュックカバーとして機能します。
 レインウエアの下でウエストバッグを装着。
 カバーしてくれるか試しました。
 一応、ウエストバッグにもレインカバーを。
 ドロップハンドル装備の自転車は前傾姿勢になります。
 ウエストバッグは裾から少しはみ出しました。
 まあ、予想通り。
 自転車を停めて徒歩移動。
 この時は垂直な姿勢。
 そうするとしっかりカバーしてくれました。
 おお、これは助かる。
 ドロップハンドル装備の自転車では60点。
 徒歩では100点でした。
 帰り道。
 行きの撥水性がもうない・・・。
 新しいうちはレインコートの撥水性は素晴らしいものがあります。
 しかし、使ううちにその撥水性は失われます。
 が・・・。
 早い。
 上下で3980円だもんね・・・。
 今までのは上着だけでこの倍以上しました。
 それでも撥水性は使ううちに落ちてきます。
 それらの機能はもう少し耐えてくれた使えた気がします。
 やはり値段と機能は比例するという感触。
 二度目の出航。
 降りが強くなりました。
 「実験」の条件を換える為の二つの理由で上からポンチョを着ました。
 予報では暖かい雨。
 でもまだ春先です。
 上からポンチョを着ても暑苦しくなかった。
 中の服を薄いのに換えたのも良かった。
 帰りは大雨になったのでポンチョ重ね着は大正解でした。
 リンプロジェクトのサイクルレインポンチョはいいね、です。
 自転車の前半部分を覆ってくれます。
 フレームが濡れない所がいい。
 ライトの取り付け位置に工夫が必要ですが。
 強い雨には単品では向かないかもしれない。
 ふつうの降りなら十分という結論でした。
 これからの季節、ポンチョの重ね着は暑くてし辛くなるね・・・。
 薄着や半袖で着ると、直接濡れる生地の感触が好きじゃない。
 サイクルレインポンチョはいい製品ですが夏場はあまり使いません。
 全ての任務を終え帰宅。
 浴室に干しました。
 Imgp0015_20200402083701
 襟元と裾に紐が内蔵されています。
 Imgp0016_20200402083701
 そこが乾きにくく、いつまでも濡れていました。
 意外な盲点。
 見本を手にした時は気がつかなかった。
 肌と直接触れない目的でかメッシュも入っています。
 それも乾きにくい。
 ま、こういうのは仕方ないね。
 まあまあ、使える。
 というのが感想でした。
 
 本日の自転車走行距離
 
 今日であったねこ 1

 リンプロジェクトサイクルレインポンチョ

 https://item.rakuten.co.jp/nextcycle/rin2093/

 

| | コメント (0)

2020年4月 1日 (水)

ワークマン+でレインコート

 ワークマンの服がいいらしい。
 作業着以外でも普段に使えるものも作りだしたようです。
https://www.workman.co.jp/
 前から雨具はどうだろうと思っていました。
 じて自転車走行では自転車用のレインウエアを使っています。
 少々高価ですが、機能性はいい。
 雨中航行任務は過酷です。
 この装備には結構力を入れています。
 しかし、消耗も激しい。
 そんなに高価なものでなくともいいのでは?
 そういう意見も出てきました。
 数年前、レインポンチョを手に入れました。
 リンプロジェクトの自転車用。
 これがいい。
 冬場はレインウエアの上から着こみます。
 寒さ、防水対策が格段に向上しました。
 この下に着るならホームセンターのでもいいかも。
 そう思ったのがきっかけでした。
 調べたらすぐ近くに「ワークマン+」という店舗ができました。
 それもほんの最近。
 あれま。
 とうことで見に行きました。
 検索しておいたレインコートもありました。
 3980円の品。
 見本に一着出ていました。
 触ってみると・・・。
 思っていたよりちゃちい感じ。
 1000円高い方が良さそう。
 はて、こちらを買った方が良さそうか?
 迷いました。
 3980円のはリュックを背負う時に裾が広がる仕掛けがありました。
 それが使えそうなので目を付けていました。
 リュックを背負う頻度は少ないです。
 むしろウエストバッグ。
 レインカバーが付いています。
 ポンチョをかけてもはみ出します。
 レインコートがさらに覆ってくれたら?
 その思い付きで選びました。
 試着して試しました。
 ウエストバッグは覆い切れませんでした。
 リュックはもっと背中の上の方にあるからね。
 それを覆う仕掛けですから・・・。
 しかし、実際触ってみると違和感。
 隣の千円高い方がいいのかも。
 裾が広がる仕掛けは捨てがたい。
 今回は3980円の方を買うことにしました。
 生地の感触から「長生き」はしそうもない予感。
 消耗品と割り切り、じゃんじゃん使いましょう。
 あ・・・あまり雨は降ってほしくない。
 次は4980円のにするか・・・。
 さて、買うことが決まったら次は色です。
 三色しかない。
 黒、ライムグリーン、カーキ。
 自転車走行で使います。
 視認性の悪い黒は即却下。
 残るに色が問題。
 どちらも好きじゃない。
 特にライムグリーン。
 どういう訳かレインウエアはこの色が多い。
 今使っているモンベルのサイクルレインウエアも同じ色。
 できれば避けたい。
 しかし、残りはカーキ色。
 地味・・・。
 仕方ない、ライムグリーンだ。
 そう思ったらサイズがない。
 がび~ん。
 取り寄せてもらうこともできます。
 が・・・。
 間もなく雨の予報。
 その時に使いたいよね。
 取り寄せでは間に合いません。
 結局カーキ色を買うことにしました。
 Imgp0003_20200401081401
 その後、雪なども降りましたが幸い出かけなくて済む時間。
 Imgp0004_20200401081401
 (よく見えなけど背中にファスナーが付いています)
 まだ絵雨の中、これを着て出かける機会はありません。
 Imgp0005_20200401081401
 (背中のファスナーを開けると裾が広がり簡易リュックカバーに) 
 
取り寄せは間に合ったかな?
 というのは結果論。
 雨の中でないで済んで、運が良かったのです。
 
 本日の自転車走行距離 21キロ
 
 今日であったねこ 2
 

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »