« ねこの爪切り | トップページ | チタンベル »

2020年3月12日 (木)

片面踏み用のSPDペダルを使って一年。

 雨の日も走る全天候型自転車コナのスートラ。
 Imgp1805_20200312092501
 一年ほど前にペダルを換えました。
 SPDペダルというクリートが付いた専用靴を使うペダル。
 両面ともSPD対応のペダルを片面は普通なものにしました。
 ふつうの靴でSPDペダルを踏むと踏みにくい。
 Imgp2007
 ’SPD面 盛り上がった部分がクリート受け部)
 雨の日はSPDシューズでなく、雨靴にしよう。
 そう思ってペダルも片面SPDにしました。
 雨の日はスピードも出さない。
 目的地では雨靴の方が行動しやすい。
 そう割り切りました。
 しかし、ペダルを換えたばかりの頃あまり雨は降りませんでした。
 そのうち暖かくなり、SPDサンダルの出番。
 サンダルなので、雨の日もそのままでいい。
 結局、秋口まで新型ペダルは真価を発揮せず。
 去年の秋ぐらいからようやく出番がやってきました。
 雨靴を履いて、普通に踏み面で走行。
 Imgp2008
 (普通の踏み面 これが雨の日、普通の雨靴を履く時嬉しい)
 靴底とペダルが一体化しないので、扱いにくいかと想像していました。
 意外とそうでもない。
 それなりに速度も出ます。
 ただ、速度を落として車止めなどをかわす時。
 自転車が思うように扱えない場合があることに気が付きました。
 靴とペダルが一体化していた方が、自分の体のように動いてくれた。
 車止めなどをかわす、低速での「障害物除け」でそれに気が付きました。
 ああ、はやりSPDって素晴らしい発明なんね。
 でも、雨の日は普通の雨靴でいいです。
 レインシューズカバーも要らない。
 ただでさえ雨の日は荷物が増えます。
 一つでも荷物が減らせるのは何かと便利。
 
 本日の自転車走行距離 2キロ
 
 今日であったねこ 1

 XTペダル

https://item.rakuten.co.jp/bebike/shimano-pdt8000/

|

« ねこの爪切り | トップページ | チタンベル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ねこの爪切り | トップページ | チタンベル »