« 「縄文のめが子」改装 2 | トップページ | ごろねこ »

2020年1月 9日 (木)

Volt200復活!

 自転車用ライト、キャットアイVolt200。
 取り付け用のツメが折れました。
 ライトは点くのに自転車には付かない。
 「なぞなぞ」の問題みたいになりました。
 ツメは本体と一体で交換できません。
 買った瞬間に「ツメが折れたら使えない」と分かっていました。
 先代のVolt100も同じところが壊れました。
 ヘルメットホルダーにボルト止めして使うよう改造。
 しかし、頭の上に余計な重さがあるととても不便だ分かりました。
 結局室内で使うことに。
 二代目の200もいずれそうなるだろうと予測していました。
 そしてその日が来ました。
 ツメが折れた・・・。
 浴室の非常灯として待機。
 代わりにG Volt70を買いました。
 これは取り付け部が交換できるタイプ。
 しかし・・・。
 開封時にそのツメを折ってしまいました。
 がび~ん。
 幸い予備があったのでそれと交換。
 予備が無くなったので、注文しました。
 そのレビューにVolt200を改造して付くようにした記事がありました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/01/post-614f11.html
 へ?
 基部を切り離して、交換部品を付けたそうです。
 なるほど!
 そういう手があったか。
 もう「ツメが折れたらお終い」と思い込んでいました。
 折角届いた予備を使うと「その予備」が無くなります。
 時期を見計らってもう一つ調達しました。
 Imgp0167_20200109083301 
 さあ、出来るでしょうか?
 先ずはVolt200本体の改造。
  Imgp0168_20200109083301 
 取り付け基部をプラモデル用のこぎりで切断。
 Imgp0169 
 ここに交換用「スペーサー」を取り付けます。
 頭が平らな木ネジがありました。
 これで固定する予定。
 Imgp0171_20200109083301 
 本体にピンバイスで
3ミリ径の穴を開けます。
 Imgp0172_20200109083301 
 中の機械を傷つけないよう慎重に作業。
 Imgp0173_20200109083301 
 木ネジは長すぎるので金属切断用ののこぎりで調整。
 これが・・・面白いくらいに上手く行きました。
 木ネジだけの固定だと不安なのでエポキシ系接着剤で周りを固定。 
 自転車側のホルダーにも問題なくはまりました。
 Imgp0174_20200109083301 
 問題なく外せます(これも大事)。
 直っちゃった。
 新しいライトG Volt70要らなかったかも・・・。
 けれどこれを買ったから。
 更に開封時に基部を壊してしまったから。
 交換用スペーサーがVolt200 修理に使えると分かりました。
 すると意味があったことになります。
 実際G Volt70は想像以上にいいライトでしたし。
 
 本日の自転車走行距離 0
  
 今日であったねこ 1

 スペーサー

 https://item.rakuten.co.jp/vehicle/32000044/?s-id=ph_pc_itemname
 

|

« 「縄文のめが子」改装 2 | トップページ | ごろねこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「縄文のめが子」改装 2 | トップページ | ごろねこ »