« ごろねこ | トップページ | ソーラーテールランプTL-SLR200Nの電池が »

2020年1月11日 (土)

キャットアイ アウトフロントブラケット 2

 キャットアイアウトフロントブラケット2を買いました。
 Imgp0156
 (新購入のキャットアイアウトフロントブラケット2 大きさ対比用「縄文のめが子」)
 「2」が出ていたことはずいぶん前から知っていました。
 しかし「1」を愛用しています。
 サイクルコンピュータ―取り付け部がを突き出した構造になっています。
 ハンドルから離れたところにあるので走行中に表示が見やすくなりました。
 「2」はその下にライトが吊り下げる用に付けられるように。
 Imgp0157
 「1」は樹脂製でしたが、ライトの重量にお耐えられるようアルミ製に。
 ライトはセンターフォークブラケット。
 Imgp0166
 (ライトを付けるセンターフォークブラケット これと「1」があればかつては十分でした)
 サイクルコンピューターは「1」に。
 共に間に合っていたので「2」は必要ありませんでした。
 が・・・。
 先月買ったG Volt70。
 これは従来製品と比べると上下逆さまに取り付ける構造。
 普通に付けることもできます。
 スイッチが下向きになるので使いにくい。
 電池が減るとそのスイッチが赤く光ります。
 それが見えない。
 という不便が生じて来たので「2」を導入することに。
 「1」は樹脂製で安かった。
 Imgp0159
 (上 ブラケット 1 下 ブラケット2)
 「2」はアルミ製なので1よりも高価でした。
 Imgp0160
 先ずは試しに一つ購入。
 バドシヨメカラの自転車売り場に行きました。
 普通に売っていました。
 なにかと通販に頼んでいます。
 お店に行って欲しいものズバリがあるととても嬉しい。
 しかも通販よりも安かった。
 一粒で二度おいしい。
 使い勝手が良ければ、他の自転車にも順次採用。
 先ずは取り付け。
 Imgp0161
 最近の自転車はハンドル径が太くなっています。
 私のそれは旧式なので細身。
 付属のスペーサーをかませて設置。
 設置後、G Volt70を付けてみました。
 Imgp0162
 ライトの角度は夜道で照らさないと決められません。
 ライト本体の後方にある白い部分がスイッチ。
 電池賞もの際はここが赤く光ります。
 下向きに付けないとそれが見えません。
 従来の取り付け方をするVolt700を付けました。
 Imgp0163
 スイッチが下向きになりました。
 説明書に充電プラグが上向きになるので雨水の侵入に注意とありました。
 Imgp0164
 あ・・・。
 なるほど。センターフォークブラケットではここは下向き。
 今まで雨水侵入の心配は全くなかったんだ。
 これまで通り、雨の日はハブライトホルダーに付けるけどね・・・。
 言われないと気が付かなかった意外な盲点でした。
 知らずに使って危うく壊すところだったかも。
 Imgp0165
 先日改造したブラケットでknogのライトも付けてみました。
 全長が長いので取り付け位置の角度によってはワイヤーと干渉しそう。
 しかし、このライトはスライドさせて前方にずらすことが可能です。
 実走行していませんが、なかなか良さそうな感じでした。
 
 本日の自転車走行距離 34キロ
 
 今日であったねこ 11

 キャットアイアウトフロントブラケット 2

https://item.rakuten.co.jp/bebike/cateye-of-200/

|

« ごろねこ | トップページ | ソーラーテールランプTL-SLR200Nの電池が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ごろねこ | トップページ | ソーラーテールランプTL-SLR200Nの電池が »