« G Volt70の「G」って | トップページ | 「スタートレック ディスカバリー」 2ndシーズン »

2019年12月28日 (土)

G Volt70意外と使える。

 新購入の自転車ライトG Volt70
 始めのうちは思ったほど明るく感じませんでした。
 元々、昼間の走行中常に点滅させる表示灯として使うつもりでした。
 でも、Volt300の300ルーメンより少し暗い270ルーメン。
 性能はいいはず。
 折り畳み自転車ブロンプトンで使ってみました。
 「明るいじゃん」
 タイヤが小さいのでより地面に近い位置に付けられます。
 
 その分、明るく感じました。
 ブロンプトン専用ライトにするというのもいいかも。
 それには一つ問題点が。
 このライトは従来のものと違い上下が逆。
 Imgp0062
 (G Volt70 真ん中の四角い部分が取り付け部分 右端の白い丸い部分がスイッチ)
 ハンドルの下に付くように設計されているのです。
 Imgp0063
 (こんな感じで付けるので下側になるスイッチ操作は出来なくなります) 
 取り付けアダプターも下向きにするのが正しい付け方。 
 ブロンプトンの前輪上のアダプターに付けると上下さかさま。
 Imgp0061
 スイッチが下になる。
 アダプターとタイヤの隙間がないのでその操作ができません。
 オンオフはいちいち外さないと出来ない・・・。
 でも、使い勝手はよかったな。
 取り付け位置は低いし、レンズは光の拡散に配慮されています。
 信号待ちなどでモード切替でロービームにする必要はなさそう。
 目的地ではライトは外して持って行きます。
 その時きしかオンオフの切り替えはしないか。
 ブロンプトン専用というのもありかな。
 
 本日の自転車走行距離 1.3キロ
 
 今日であったねこ 2

|

« G Volt70の「G」って | トップページ | 「スタートレック ディスカバリー」 2ndシーズン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« G Volt70の「G」って | トップページ | 「スタートレック ディスカバリー」 2ndシーズン »