« 横浜市泉区 | トップページ | 2019年横浜港カレンダーおしまい。 »

2019年12月 2日 (月)

4ミリ径と5ミリ径の差

 自転車のフレームにボトルケージを付けられる「どこでもダボ穴」
 ダボ穴の無い折り畳み自転車ブロンプトンに使っています。
 便利ですが、少々かっこ悪くなるのが欠点。
 先月買ったチタン錠。
 この専用ホルダーがボトルケージのダボ穴で固定するタイプでした。
 これを使うとダボ穴がひと組埋まってしまいます。
 そこで「どこでもダボ穴」を使うのを思いつきました。
 新たに買う前に今持っているものを試してみましょう。
 ブロンプトンから外して別な自転車に付けてみました。
 案の定、かっこ悪い。
 その後、ホルダーは結束バンドで固定することに。
 使わなくなった「どこでもダボ穴」
 元のブロンプトンの戻しましょうか。
 たまたま余っていたチタンボルトが使えました。
 二本必要ですが、余っていたのは1本だけ。
 もう一本用意して、ボルトをチタンに換えましょう。
 「ほんのちょっと軽量化計画」
 早速注文。
 二本一組でした。
 必要なのは1本だけですが、まあ仕方ない。
 「あっ!」という間に到着しました。
 が・・・。
 5ミリ径のボルトが必要なところ、来たのは4ミリ径。
 太さが1ミリ違うと使い物になりません。
 お店の間違いではありません。
 私の注文が間違えていたのでした。
 使う工具が4ミリのアーレンキーだった。
 「4ミリ工具を使うのは4ミリ径のボルト」と早合点。
 がび~ん。
 また注文し直さないと。
 使う当てのない4ミリ径のボルトが二本・・・。
Imgp1973
 (手のひらに乗せると軽さが快感な4ミリ径のチタンボルト 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」)
 唯一の心の救いがありました。
 それはボルトを手の平に乗せるととても軽いこと。
 この軽さを楽しむことくらい。
 
 本日の自転車走行距離 14キロ
 
 今日であったねこ 1

 「どこでもダボ穴」

 https://item.rakuten.co.jp/naturum/2912573/

|

« 横浜市泉区 | トップページ | 2019年横浜港カレンダーおしまい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜市泉区 | トップページ | 2019年横浜港カレンダーおしまい。 »