« 自転車のチタン錠 どこまでチタン?編 | トップページ | 自転車のチタン錠 番外編 1 »

2019年11月22日 (金)

自転車のチタン錠 そうか、結束バンドを使えばいいのか編

 自転車のチタン錠を買ったものの取り付け位置に迷っています。
 necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/11/post-feedc6.html
 ボトルケージにホルダーを付けて使うようになっています。
 そのボトルケージをつぶしたくない。
 「どこでもダボ穴」を使おうとしましたが、うまくいかない。
 結局、ボトルケージダボ穴に付けました。
 Imgp1914
Imgp1915

 外したボトルケージは「どこでもダボ穴」でハンドルに。
 この状態で走行していませんが、「良くない」のは明らか。
 どうしようかと思っていた時。
 「結束バンドで固定したら?」という案が浮かびました。
 ダメなら中止すればいい。
 とにかく試してみました。
 結束バンドをダボ穴に通せば左右にずれることがない。
 Imgp1924
 なかなか上手くまとまりました。
 元々垂直に近い状態で取り付けるよう設計されています。
 走行中の落下が心配。
 Imgp1923
 「くねくね錠」を巻き付けて落下予防に。
 この状態でのべ70キロ以上走りました。
 「くねくね錠」の補助が無くても落下の心配はなさそうです。
 ボトルケージも元通り二つ付けられました。
 これがいいみたい。
 取り付け位置、取り付け方法はこれで決定!
 つづく。
 
 本日の自転車走行距離 15キロ
 
 今日であったねこ 4
 

|

« 自転車のチタン錠 どこまでチタン?編 | トップページ | 自転車のチタン錠 番外編 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自転車のチタン錠 どこまでチタン?編 | トップページ | 自転車のチタン錠 番外編 1 »