« 靴ひも職人 | トップページ | ぬくぬく冬布団の時代 »

2019年11月 7日 (木)

パナレーサー ミニフロアポンプ

 パナレーサーミニフロアポンプを買いました。
 久しぶりにお店で欲しいものズバリを買いました。
 元々そのお店で売っていたのを見て知った品です。
 Imgp1861
 携帯用の自転車の空気入れです。
 このポンプが優れているのはゲージ付きなこと。
 Imgp1867_20191107071001
 8気圧までの空気圧が測れます。
 出先でパンクした時。
 チューブ交換して空気を入れた時「何気圧入った?」が分かりやすいのがいい。
 ガスボンベで入るポンプを持っています。
 もれなく上手く入れられれば7気圧入ります。
 まあ、それがあれば間に合うのですが。
 しかし、8気圧入れられるとは言うもののそれはなかなか大変です。
 このポンプのもう一つの特徴はゲージを回転させるとフロアポンプになること。
 Imgp1862_20191107071001
 (変形させて「フロアポンプ」にしたところ 大きさ対比用「五重塔子」)
 地面に立てて使えます。
 通常の携帯ポンプはそうは使えません。
 せっせとポンピングして適正空気圧らしい空気圧まで入れます。
 地面に立てて使えるとすごく楽。
 ・・・なはず。
 そう思って買いました。
 Imgp1863_20191107071001
 バルブの口金をひっくり返すと米式と仏式のチューブに対応。
 Imgp1864_20191107071001
 更に口金に洗濯ばさみ上の部品を付けると一般的な英式にも対応。
 全部できるのがうれしい。
 欠点はポンプが大きくて重いこと。
 Imgp1866_20191107071001
 自転車のフレームに取り付ける部品も付いています。
 ゲージの表面はガラスでしょう。
 ぶつけたら壊れそう。
 普段の持ち運びはせず、ツーリングの時だけにしましょうか。
 折り畳み自転車ブロンプトンは16インチの小径車です。
 大型のフロアポンプでは空気が入れにくいと感じていました。
 このポンプなら使いやすそうです。
 最大空気圧は5~7気圧。
 このポンプの使い勝手も分かるし、ブロンプトン用にしましょう。
 前から厄介だった「ブロンプトンタイヤに空気を入れる問題」
 これが一瞬で解決しました。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1

 「パナレーサーミニフロアポンプ」

https://item.rakuten.co.jp/mrpostman/13006957603/
 
 

|

« 靴ひも職人 | トップページ | ぬくぬく冬布団の時代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 靴ひも職人 | トップページ | ぬくぬく冬布団の時代 »