« 自転車のチタン錠 番外編2 | トップページ | 帰宅の楽しみ »

2019年11月25日 (月)

今シーズン初めての雨中航行

 寒くなって初めての雨の日の自転車走行。
 いつもの雨具の上からレインポンチョを着ました。
 これが大正解。
 下に着こんだレインウエアは目的地に着くまで全く濡れず。
 自転車のフレームもポンチョがカバーしている部分は全く濡れず。
 そして何よりハンドルを握る手が濡れない。
 リンプロジェクトのサイクルレインポンチョはいい。
 生地が厚く、風にも強いです。
 Imgp1937
 夏場は暑いのでこの方法は使えません。
 梅雨の時期一度試しました。
 下晴レインウエアを着ずにそのまま羽織りました。
 暑かった・・・。
 夏場の雨はレインウエアのみで走る方がいい。
 Imgp1938
 それでも暑い・・・。
 しかし、これからの季節は大活躍。
 レインウエアの上からポンチョを着込まなくてもよさそうなもの。
 でも、自転車を降りてからポンチョをしまって行動。
 その時にとても便利。
 レインウエアがまだ濡れていないというのはとても嬉しい。
 レイングローブが濡れていないのも嬉しい。
 しかし、帰りはそうはいかない。
 自転車の鍵を外したり、ポンチョを羽織る。
 そういう作業をしているとどうしても手が濡れる。
 濡れた鍵やポンチョを触るからです。
 その濡れた手でグローブをしようとすると・・・。
 濡れる・・・。
 帰りはグローブの中が濡れることが多い。
 ハンカチなどで拭くという手がありそうです。
 そのハンカチをしまう時に手が濡れる。
 しまうリュックなどのレインカバーが濡れているからです。
 あまり濡れず、寒さも防ぐというのにレインポンチョは大活躍です。
 最後に手が濡れる問題が未だ解決できず。
 ハンドル周りをすっぽり覆ってくれるので手が濡れない、冷たくない。
 しかし、腕時計やサイクルコンピュータが見えない。
 「時間が分からない」
 ライトも覆うので日の短いこの季節ライトが使えない。
 これはハブライトホルダーを付けることで解決しました。
 グローブ問題と時計問題。
 この二つが残りました。
 しかし、それを補って余りあるほどレインポンチョはいい。
 
 本日の自転車走行距離 38キロ
 
 今日であったねこ 7

 リンプロジェクト レインポンチョ

 https://item.rakuten.co.jp/bebike/noguchi-125709/
 
 

|

« 自転車のチタン錠 番外編2 | トップページ | 帰宅の楽しみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自転車のチタン錠 番外編2 | トップページ | 帰宅の楽しみ »