« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月30日 (土)

自転車の錠を丸々錠に。

 コナのスートラには極太のワイヤー錠を付けていました。
 Imgp1917
 丈夫で使いやすい錠でしたが・・・。 
 でかくてかさばるのが欠点でした。
 走行中に足に当たることもありました。
 先日チタン錠を買いました。
 シクロクロス車に装備。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/11/post-ee67ca.html
 その自転車に付けていた丸々錠。
  使わない時は円形にまとまるので丸々錠。
 小型で嵩張らない、そして頑丈。
 シクロ車はチタン錠を付けたのでこれを撤去。
 スートラに装備することにしました。
 Imgp1934
 Imgp1918
 見た目もすっきり。
 余ったワイヤー錠は今のところ使い道なし。
 予備として待機させましょう。
 
 本日の自転車走行距離 4.6キロ
 
 今日であったねこ 17

| | コメント (0)

2019年11月29日 (金)

浴室と風呂釜と洗濯機と

 ひと月かふた月に一度ふた、姪が掃除アルバイトに来ます。
 その後に浴室の防カビ、フロ釜洗浄、洗濯機の洗浄をすることに。
 Imgp1965
 Imgp1966
 (防カビくん 洗濯機線助剤 風呂釜洗浄剤 大きさ対比用「銅鐸さん」)
 今回も忘れずにできました。
 
 本日の自転車走行距離 46キロ
 
 今日であったねこ 13

 防カビさん

 https://item.rakuten.co.jp/at-zakka/4903301219583_tr/https://item.rakuten.co.jp/at-zakka/4903301219583_tr/

| | コメント (0)

2019年11月28日 (木)

バイシクルクラブ1月号の付録で測ると「文明さま」は90グラム

 自転車走行距離雑誌「バイシクルクラブ」1月号を買いました。
 「自転車キャンプがわかる本」など「特集本」は時々買います。
 「雑誌」を買うのは久しぶりです。
 内容よりも付録が気になったから。
 子どもの頃、学研の学習雑誌を楽しみにしていた頃みたい・・・。
 最近は自転車雑誌に付録が付いているんだ・・・。
 買わなくなっていたので知りませんでした。
 その今回の付録はデジタル計量器。
 部品の重さが測れるらしい。
 これは欲しい。
 自転車を少しでも軽くしようと血道を上げていた頃がありました。
 今も軽い方がいいですが、さほどのこだわりはなくなりました。
 錆びない軽い、一粒で二度おいしいボルトをチタンに換えるくらい。
 それでも「コレハ〇〇グラムデス」と教えてくれるのは嬉しい。
 実際の機器はしゃべりそうもありませんが。
 本体価格込みで千円!
 バカな安値。
 そんなお得な付録のせいか、買いに行くとあと一冊しかなかった。
 Imgp1949
 (右 バイシクルクラブ1月号 左 付録の箱 大きさ対比用「文明さま」)
 帰宅して本誌を読んで使い方を見ました。
 Imgp1951
 (箱から出したデジタル計量器 大きさ対比用「文明さま」)
 「自転車の重さも測れるぅ???」
 40キロまで測れるそうです。
 ロードバイクは10キロ前後。
 ママチャリの重いのでも15キロ。
 電動機付きは20キロくらいかな・・・。
 40キロまで測れれば、大抵の自転車は測れそうです。
 でも、こんな付録で?
 付録と言えば新しいうちは新鮮で面白い。
 けれど「長持ち」するものじゃない。
 経験上、結構ちゃちな作りなものが多い。
 これも見た感じ、手に取った感じはその類に入りそう。
 どうやって自転車の重量を?
 サドルにベルトをひっかけて、釣りあげるそうです。
 先ずは他のもので試しましょう。
 最近買ったチタン錠を計測。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/11/post-ee67ca.html
 モニター用電池が残量不足で交換しました。
 交換後の計測値は420グラム。
 公証数値は430グラム。
 だいたい同じ。
 むしろ軽いのか???
 文明さま。
 Imgp1952
 90グラム。
 Imgp1953
 (計測風景)
 材料にしたパテがひとセット25グラム。
 ひとセットで完成することはまずないです。
 人形一体にふたセット使っても50グラム。
 その他に芯材に使うプラ棒やパイプを合わせて・・・。
 そのくらいになるか?
 椿の木製台は50グラムくらい?
 これと合わせると90グラムか。
 なんとなくなっとく。
 なっとなくなっとうと間違いやすい。
 「文明さま」結構軽い。
 自転車を測りました。
 一番計測しやすい位置にあったコナのスートラ。
 13.78キロ。
 ほぉ~。
 スートラは鉄性フレーム。
 ディスクブレーキ、泥除け装備。
 太いタイヤも付けています。
 重量に関しては不利な自転車。
 意外と軽かった。
 けれど、サドルバッグなど装備を外しての計量でした。
 計測器の負担を考慮して外せるものは外しました。
 外した装備なしでは出かけません。
 必要な装備を付けると15キロにはなるでしょう。
 他の自転車は測っていませんが、面白いものを手に入れました。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1

 「バイシクルクラブ1月号」

 https://item.rakuten.co.jp/neowing-r/neobk-2430168/
 
 

| | コメント (0)

2019年11月27日 (水)

サヨナラSPDシューズ

 先日SPDシューズの紐が切れました。
 クリートという金具でペダルとくっつくシマノ製の自転車専用靴のこと。
 紐を交換しました。
 Imgp1925
 (SPDシューズ 大きさ対比用「文明さま」)
 その時靴底を見ました。
 底が欠けてる・・・。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/11/post-74edaa.html
 いつ買った靴だろう?
 記録を調べましたが見つからず。
 買った事故の記憶も遠いものに。
 かなり古いらしい。
 この靴は春と秋にしか使いません。
 冬用靴と交換する時、廃棄することにしました。
 その時期が来ました。
 クリートという金具と靴ひもはまだ使えるので外しました。
 靴ひもは別な靴へ移植。
Imgp1928

 Imgp1929
 (靴ひもを移植した「ふつう」の別な靴 大きさ対比用「文明さま」「遮光器土偶子」)
 気に入っていた靴ですが寿命でお役御免。
 今季初めて出した冬用のSPDシューズ。
 Imgp1926
 それを履いて自転車走行をしました。
 なんかすごくいい。
 自転車を降りて歩いた感じもいい。
 傷んだ靴がいかに悪かったということでしょうか。
 これは記録も記憶も残っています。
 3年ほど前に買いました。
 記憶だと2年前くらいなのですが・・・。
 廃棄した靴は春と秋の一時期しか使っていない。
 そういう印象でしたが、十分使い込んでいたようでした。
 
 本日の自転車走行距離 17キロ
 
 今日であったねこ 3
 

| | コメント (0)

2019年11月26日 (火)

帰宅の楽しみ

 最近帰宅すると。
 Imgp1927
 自室がこうなっていることが多い。
 けっこう楽しみ。
 
 本日の自転車走行距離 35キロ
 
 今日であったねこ 2

| | コメント (0)

2019年11月25日 (月)

今シーズン初めての雨中航行

 寒くなって初めての雨の日の自転車走行。
 いつもの雨具の上からレインポンチョを着ました。
 これが大正解。
 下に着こんだレインウエアは目的地に着くまで全く濡れず。
 自転車のフレームもポンチョがカバーしている部分は全く濡れず。
 そして何よりハンドルを握る手が濡れない。
 リンプロジェクトのサイクルレインポンチョはいい。
 生地が厚く、風にも強いです。
 Imgp1937
 夏場は暑いのでこの方法は使えません。
 梅雨の時期一度試しました。
 下晴レインウエアを着ずにそのまま羽織りました。
 暑かった・・・。
 夏場の雨はレインウエアのみで走る方がいい。
 Imgp1938
 それでも暑い・・・。
 しかし、これからの季節は大活躍。
 レインウエアの上からポンチョを着込まなくてもよさそうなもの。
 でも、自転車を降りてからポンチョをしまって行動。
 その時にとても便利。
 レインウエアがまだ濡れていないというのはとても嬉しい。
 レイングローブが濡れていないのも嬉しい。
 しかし、帰りはそうはいかない。
 自転車の鍵を外したり、ポンチョを羽織る。
 そういう作業をしているとどうしても手が濡れる。
 濡れた鍵やポンチョを触るからです。
 その濡れた手でグローブをしようとすると・・・。
 濡れる・・・。
 帰りはグローブの中が濡れることが多い。
 ハンカチなどで拭くという手がありそうです。
 そのハンカチをしまう時に手が濡れる。
 しまうリュックなどのレインカバーが濡れているからです。
 あまり濡れず、寒さも防ぐというのにレインポンチョは大活躍です。
 最後に手が濡れる問題が未だ解決できず。
 ハンドル周りをすっぽり覆ってくれるので手が濡れない、冷たくない。
 しかし、腕時計やサイクルコンピュータが見えない。
 「時間が分からない」
 ライトも覆うので日の短いこの季節ライトが使えない。
 これはハブライトホルダーを付けることで解決しました。
 グローブ問題と時計問題。
 この二つが残りました。
 しかし、それを補って余りあるほどレインポンチョはいい。
 
 本日の自転車走行距離 38キロ
 
 今日であったねこ 7

 リンプロジェクト レインポンチョ

 https://item.rakuten.co.jp/bebike/noguchi-125709/
 
 

| | コメント (0)

2019年11月24日 (日)

自転車のチタン錠 番外編2

 自転車のチタン錠。
 別売り予備ホルダーをコナのスートラに付けました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/11/post-29efbd.html
 ツーリング車スートラはボトルケージ用のダボ穴が5か所もあります。
 そのうちのフロントフォーク、その左側に付けました。
 錠をセットすると横に張り出します。
 Imgp1930
 走行中何かと不便じゃないか。
 Imgp1931
 そんな疑問を持ちながら実走行しました。
 Imgp1932
 意外と邪魔にならない。
 走行中の振動で落ちるような心配もありませんでした。
 錠の使い勝手もなかなか。
 最初に付けたシクロクロス車よりもタイヤが太い、マッドガード付き。
 Imgp1935
 その分、車輪の隙間に錠をかけにくいけれど、錠そのものは高性能。
 Imgp1936
 取り付け位置にとても迷いましたが、TiGrチタン錠はいい品でした。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 2

 TiGr チタンロック

https://item.rakuten.co.jp/quamtrade/4413/?s-id=ph_pc_itemname
 

| | コメント (0)

2019年11月23日 (土)

自転車のチタン錠 番外編 1

 自転車のチタン錠。
 買った時に予備のホルダーも注文しておきました。
 ロードバイク、シクロクロス車に付けるつもりでした。
 しかし・・・。
 ボトルケージのダボ穴に付けることは最初から分かっていました。
 「どこでもダボ穴」を使えばいい。
 そうは思っていましたが、「不格好」になるのは予想できました。
 だから予備のホルダーは要らないかな・・・。
 迷いましたが、一つだけ注文しることにしたのでした。
 到着したチタン錠。
 やはり大きい。
 嵩張る。
 そして「どこでもダボ穴」を使うと予想通り不格好。
 取り付け方法を模索しました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/11/post-d5740a.html
 一方、コナのスートラにはダボ穴がフレームに3か所。
 フロントフォークの左右と計5か所あります。
 こちらの方が迷いが少なく取り付けられそう・・・・。
 だといいな。
 その内チタン錠を付けられそうなのはフォークのダボ穴。
 Imgp1920
 (フォーク左側のダボ穴 青色部品がダボ穴にさしたボルト)
 右側にはライトホルダーを付けています。
 付けるなら左側。
 取り付けは簡単です。
 Imgp1921
 (チタン錠ホルダーを取り使てみたところ)
 問題は錠をセットした時。
 Imgp1922
 (チタン錠をセット)
 今度は横に張り出します。
 狭いところ、端っこを走った時などに接触しそう。
 この状態でいいのか?
 この自転車には付けないか?
 この段階ではまだ一度もチタン錠を付けた自転車で実走行していません。
 走行テストなどをして考えましょう。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1

  別売り予備ホルダー

https://item.rakuten.co.jp/quamtrade/4641/?s-id=ph_pc_itemname

| | コメント (0)

2019年11月22日 (金)

自転車のチタン錠 そうか、結束バンドを使えばいいのか編

 自転車のチタン錠を買ったものの取り付け位置に迷っています。
 necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/11/post-feedc6.html
 ボトルケージにホルダーを付けて使うようになっています。
 そのボトルケージをつぶしたくない。
 「どこでもダボ穴」を使おうとしましたが、うまくいかない。
 結局、ボトルケージダボ穴に付けました。
 Imgp1914
Imgp1915

 外したボトルケージは「どこでもダボ穴」でハンドルに。
 この状態で走行していませんが、「良くない」のは明らか。
 どうしようかと思っていた時。
 「結束バンドで固定したら?」という案が浮かびました。
 ダメなら中止すればいい。
 とにかく試してみました。
 結束バンドをダボ穴に通せば左右にずれることがない。
 Imgp1924
 なかなか上手くまとまりました。
 元々垂直に近い状態で取り付けるよう設計されています。
 走行中の落下が心配。
 Imgp1923
 「くねくね錠」を巻き付けて落下予防に。
 この状態でのべ70キロ以上走りました。
 「くねくね錠」の補助が無くても落下の心配はなさそうです。
 ボトルケージも元通り二つ付けられました。
 これがいいみたい。
 取り付け位置、取り付け方法はこれで決定!
 つづく。
 
 本日の自転車走行距離 15キロ
 
 今日であったねこ 4
 

| | コメント (0)

2019年11月21日 (木)

自転車のチタン錠 どこまでチタン?編

 自転車用のチタン錠。
 フレームのどこに付けるかで迷っています。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/11/post-c42de5.html
 このチタン錠、施錠部分がチタン製の本体と開錠すると分離します。
 Imgp1905
 (開錠、分離したチタン錠 大きさ対比用「銅鐸さん」)
 施錠部分が本体なのかな・・・?
 U字型の開口部分からホイールに噛ませて、錠本体とつなげて施錠します。
 分離できるので使いやすい。
 U字部分がチタンなのでしょう。
 各部に磁石を付けて調べてみました。
 U字には付きません。
 Imgp1913
 (丸っこい小さなのがネオジム磁石 付かないので床に落ちてる)
 大きさの割に驚くほど軽い。
 チタンです。
 本体との接合部分は鉄でした。
 Imgp1910
 見た目にも違う金属ということが分かります。
 錠本体。
 Imgp1911
 鍵穴には付きました。
 周りの金属には?
 Imgp1912
 (検査中の実験さん)
 付いた。
 チタンな部分はU字部分だけでした。
 まあ、そうでしょう。
 一応鍵も試しました。
 付かない・・・。
 へ?
 鍵はチタン?
 けれど、別な鍵もことごとく磁石には反応せず。
 鍵は磁石に付かない非鉄金属で作られることが多いのでしょう。
 ちょっとドキドキっとしたんですけれど・・・。
 つづく。
 
 本日の自転車走行距離 2キロ
 
 今日であったねこ 1 

| | コメント (0)

2019年11月20日 (水)

自転車のチタン錠 やはりボトルケージに編

 自転車の錠をチタン製のものにしました。
 漠然と「チタンの錠があったらいい」と憧れていました。
 ようやく入手しやすいものを見つけて買いました。
 嵩張るので取り付け位置に困っています。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/11/post-005d57.html
 マニュアル通りにボトルケージ穴に付ければいいんですが・・・。
 ボトルケージは二つ付けたままにしておきたい。
 そうすると付けるところがありません。
 「どこでもダボ穴」を利用しましたが、かっこ悪い。
 ボトルに干渉するなどで却下。
 仕方がないのでボトルケージ穴を一つ諦めてそこに付けました。
 Imgp1914
 Imgp1915
 ボトルケージは「どこでもダボ穴」でハンドルに。
 Imgp1916
 (ハンドルに「どこでもダボ穴」でボトルケージを装着し、ボトルを刺してみたところ)
 画像では装備していますがここにボトルは入れません。
 普段もボトルは二本も持って行きません。
 飲み物を入れたら重くなるし。
 ハンドル操作がさらに悪くなりそうです。
 でも、「ここに付けられる」という汎用性が大事。
 ツーリング時には輪行バッグを付ける予定。
 ということでハンドルにボトルケージを装備。
 フレームの方はすっきりしました。
 けれどハンドル周りがうるさくなりました。
 つづく。
 
 本日の自転車走行距離 56キロ
 
 今日であったねこ 6
 

| | コメント (0)

2019年11月19日 (火)

自転車のチタン錠 どこに付ける編

 新たに購入した自転車用チタン錠。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/11/post-ee67ca.html
 フレームのどこに付けるか。
 一応ホルダーも付属しています。
 使った人の意見が載っていました。
 嵩張るのでバッグに入れて持ち運んでいるとか。
 始めは私もそうしようと思いました。
 そうすれば他の自転車でも使えるし。
 しかし、欠点は持って行くのを忘れること。
 一応ホルダーを付ける自転車は決めておいた方がいい。
 問題がもう一つ。
 ホルダーはフレームのぼろるけーじを付けるネジ穴を利用すること。
 そうすることで固定が確実になります。
 しかし、二つあるボトルケージ取り付け箇所の一つが使えなくなります。
 ボトルケージは二つ付けています。
 給水ボトルは常時一本しか装備しません。
 けれどボトルケージは二つあると何かと便利。
 ツーリング時にはボトルケージ型になる輪行バッグなどを納められます。
 外したくない・・・。
 そこでドッペルギャンガーのボトルケージを付けられるアダプターを使うことに。
 「どこでもダボ穴」
 フレーム、ハンドルなどにボトルケージなどを取り付けられる便利な部品。
 変な名前!!
 欠点は少々嵩張るのでかっこ悪くなること。
 取り付け位置はフレームの「トップチューブ」という所しかない。
 試しに設置。
 Imgp1906
 この自転車はトップチューブの上をブレーキワイヤーが通る作りです。
 まずアダプターがワイヤーに干渉します。
 Imgp1907
 幸いブレーキに効き具合に影響はありませんでした。
 そしてすぐに問題発覚。
 錠自体が大きいのでボトルケージにボトルを入れるとそれと干渉する。
 Imgp1908
 Imgp1909
 「がび~ん」
 そこは盲点でした。
 幸い、ボトルの着脱には支障はありませんでした。
 しかし、走行時の着脱は試していません。
 かなり邪魔なはず。
 そして何よりかっこ悪い。
 もうちょっっと考えよう・・・。
 つづく。
 
 本日の自転車走行距離 6キロ
 
 今日であったねこ 1
 
 どこでもダボ穴

 https://item.rakuten.co.jp/naturum/2912573/
 
 

| | コメント (0)

2019年11月18日 (月)

自転車のチタン錠

 チタンという金属が好きです。
 自転車部品も出来るだけチタン製品を使っています。
 錠にチタンは無いか?
 軽くて丈夫そうです。
 以前探したことがありました。
 しかし、高くてしかも手に入れにくい。
 そこで断念。
 すっかりさっぱり忘れていました。
 ある時、サイトのお薦め覧に「チタン錠」が。
 あれま。
 早速見てみました。
 以前調べた時のものとは違いました。
 前のは覚えてないけど、違うのは分かります。
 値段はぐっと下がっていました。
 それでもかなりなお値段です。
 しっかりとした錠はそれなりにします。
 それらと比べるても「ふつう」のお値段。
 「お気に入り」に登録。
 ふと思いついて楽天で検索しました。
 無いで小しょうと思いながら検索すると・・・。
 あった。
 大小二つの種類がありました。
 小さいのでいい。
 その方が安いし、嵩張らない。
 じゃぁ、いつか買うならポイントが使える楽天で。
 これも登録。
 値引きクーポンが付いていました。
 あれま。
 数日後に新たな楽天ポイント付与の日。
 貯めていたから合わさるとかなりの額になります。
 クーポンの締め切りははその日を過ぎてから。
 二つの特典を合わせると、半値近くで買えそう。
 じゃあ、「今でしょ」
 クーポンを取得。
 あとはポイント取得を待つばかり。
 そして双方が揃ったのを確認。
 チタン錠を買いました。
 Imgp1903
 (チタン錠 ホルダー付き 大きさ対比用「銅鐸さん」)
 Imgp1904
 Imgp1905

 つづく。
 
 本日の自転車走行距離 6キロ
 
 今日であったねこ 2
 
 チタン錠

 https://item.rakuten.co.jp/quamtrade/4413/?s-id=ph_pc_itemname
 

| | コメント (0)

2019年11月17日 (日)

遮光器土偶が茶色くなる

 以前、遮光器土偶のキーホルダーを買いました。
 ウエストバッグに付けています。
 ふと気が付くと、色が茶色い。
 こんな色だったっけ?
 クロームシルバーだったはず。
 Imgp1901
 触った指が鉄の臭い。
 あああ・・・錆びたんだ。
 そういえば、雨の日もこのバッグを使います。
 風にさらされて錆が出た。
 表面がうっすら錆びただけです。
 ちょっと残念な気もします。
 茶色いと土偶っぽくていいかも。
 Imgp1902
 (遮光器土偶キーホルダー 大きさ対比用「遮光器土偶子」)

 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

アボカドは外の方がいい?

 アボカドの苗を台風19号接近を機会に室内保管にしました。
 この秋は暖かなので、いつ室内に入れるかに迷っていました。
 正確にはアボカドの鉢ではありません。
 マザーリーフ、子宝草の鉢です。
 アボカドは後から生えて来たんだったかな・・・。
 いくつかの鉢に種を埋めています。
 それが発芽したものでわざわざ育てているのとはちょっと違う、
 それにしても折角生えて来たもの。
 元気に育って欲しい。
 子宝草の方は室内保管にして元気です。
 しかし、アボカドは一枚また一枚と葉が落ちました。
 今では一枚もない。
 Imgp1898
 (室内保管して葉が落ちたアボカド 手前は子宝草 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」) 
 これで冬を越そうというのでしょうか?
 一方でベランダに出したままのアボカドの苗もあります。
 それを見ると葉が青々としています。
 Imgp1897
 落ちる気配なし。
 Imgp1900
 寒くないのか??
 ベランダは日中日が当たります。
 日照量の違いか?
 マザーリーフが一緒なので今更外に出す気はありません。
 このまま春を迎えようと思います。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2019年11月15日 (金)

ガッツ星人?!

 ガッツ星人?!
 Imgp1889
 昔いたね・・・。
 
 本日の自転車走行距離 38キロ
 
 今日であったねこ 12

 ガッツ星人

https://item.rakuten.co.jp/toy-manoa/4549660198291/

| | コメント (0)

2019年11月14日 (木)

キャラダイスのサドルバッグを再び装着。

 以前、ロードバイクにはキャラダイスのサドルバッグを付けていました。
 大型で積載量が多いので便利です。
 バッグサポーターという金属部品を付ける必要があります。
 シートポストに固定、バッグを下から支えます。
 Imgp1895
 (金属製バッグサポーター 大きさ対比用「文明さま」)
 二つ組み合わせると結構な重量。
 そこで軽いバッグを探しました。
 その時はやっていたのがシートバッグ。
 軽量で、容量も大きい。
 私は知らずにシートバッグを一つ持っていました。
 Imgp1890
 まだ流行る前に見つけて買った品。
 「シートバッグ」という呼び方も知らなかった・・・。
 Imgp1892_20191114085501
 (使い勝手のいい「初代」シートバッグ 大きさ対比用「文明さま」)
 使ってみるとこれが使いやすいいい製品。
 バッグのふたをくるくる巻いて閉めます。
 その蓋がシート状なので「シートバッグ」というのでしょう。
 シート状のふたが許す範囲で荷物も入ります。
 Imgp1891
 見た目より積載量が多いのも特徴です。
 キャラダイスの後継者はシートバッグがいい。
 しかし、初代程の容量は要らない。
 そして何より初代は高かった・・・。
 今回のは安くて小さなものがあればと探しました。
 良さそうなのを見つけて買いました。
 が・・・。
 やはり安いものは生地が違う。
 なんだか触った瞬間に「安っぽい」感じ。
 まあ、こんなものかと使い始めました。
 が・・・。
 使い勝手もあまりよくない。
 特に荷物たくさん入れると横に倒れる。
 取り付け方が違うのかと「初代」を参考に再調整。
 まあ、これでいいだろう。
 しかし、やはり倒れる。
 「初代」ほどの「腰」がない感じ。
 生地が薄くて弱いんだ。
 「横倒れ」が走行中の結構なストレスになりました。
 買って半年ですが使うのをやめにしました。
 安門外の全牛梨になってしまった・・・。
 そこで先述のキャラダイスのサドルバッグが再登場。
 Imgp1893_20191114085501
 重いけど安定と信頼の高性能。
 まあ、いいか。
 Imgp1894_20191114085501
 という訳で暫くしまっていたキャラダイスとバッグサポーターを再装着。 
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1
 

| | コメント (0)

2019年11月13日 (水)

大宮公園小動物園なう!

 埼玉県立歴史と民俗の博物館へ行きました。
 常設展の見学の後特別展へ。 
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/11/post-d700d0.html
 おもちゃの歴史らしい。
 いろいろな玩具が展示されていました。
 リカちゃん・・・。 
 Imgp1848
 昔はよくテレビCMをしていました。
 最初のガンダムのプラモデルもありました。
 Imgp1849
 そんなに古い感じがしませんが、10代前半の頃のもの。
 発売したての時にかって作りました。
 その後にあんなに流行るとは思いもしなかった。
 箱の横にその後の商品化予定が付いていました。
 新製品の発売が「遅い遅い」と思っていました・・・。
 未だに新製品が開発されてる・・・。
 最初のは300円だった。
 しょ~ひぜいなんて野暮なものは無かった時代。
 ごたまっちもありました。
 人から借りて「とにかくいぢめて育てたらどうなるか」実験をしました。
 他誌した結果は得られなかったような気がします。
 どうもテレビゲーム的なものは私の中では根付かない。
 プラモデルのような自分の手で作って手応えのあるものが好き。
 展示物で懐かしいものは意外と少なかった。
 博物館を後にしました。
 大宮公園の中にある博物館。
 この公園はかなり広いらしい。
 「小動物園」があるそうです。
 案内図を頼りに歩きました。
 大きな池もあり、やたらと売店もあります。
 よく人が来るところなんだ。
 しばらく行くと巨大な乗り物が!
 「遊園地」だって!
Imgp1850
 そういえば「遊園地」の表記もありました。
 Imgp1851
 しかし、まさかこんな本格的な乗り物がある「遊園地」とは!
 Imgp1852
 遊具のある区画をそう呼んでいると思っていました。
 大きなものはこれ一つ。
 あとは100円入れて動くようなものがこの遊具の下に配置されていました。
 でも、これだけのものがあれば大したものです。
 「小動物園」はこのすぐ隣にありました。
 Imgp1854
 わかりやすい看板も。
 Imgp1853
 何とか山ねこがいくつかいました。
 Imgp1855_20191113071301
 Imgp1856_20191113071301
 ねこは寝てる。
 動物の種類よりその動物に付けた名前の方が目立っていました。
 Imgp1857_20191113071301
 イノシシもいました。
 ハイエナやクマもいました。
 「小動物園」というにはかなりな動物を飼っています。
 ウサギとかモルモットとかヤギのイメージでした。
 鳥専用の展示コーナーもありました。
 放し飼いのようでケージに中に入ります。
 Imgp1858_20191113071301
 戸を開けてさらに鎖のカーテンを抜けて入ります。
 フラミンゴ。
 Imgp1859
 ピンクなのはアスタキサンチン入りの生物を常食するかららしい。
 Imgp1860_20191113071301
 出る時も鎖のカーテン。
 歴史と民俗の博物館、小動物園それと外側からだけ遊園地。
 それを取り巻く大宮公園を見学散策して彼の地を後にしました。
 
  本日の自転車走行距離 5キロ
 
 今日であったねこ 1
 
 

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

埼玉県立歴史と民俗の博物館

 埼玉県立歴史と民俗の博物館に行きました。
http://www.saitama-rekimin.spec.ed.jp/
 大宮から何とかいう電車に乗って二つ目の駅。
 「大宮公園駅」から徒歩5分。
 そんなに近い?
 Imgp1826_20191112074101
 本当にすぐでした。
 Imgp1827
Imgp1828_20191112074101
 どうやら大宮公園の一角にあるようです。
 Imgp1829_20191112074101
 原始ハウスもありましたが、立ち入りは出来なさそう。
 見学開始です。
 縄文式土器がありました。
 Imgp1830_20191112074101
 私の好きな土偶は少ない。
 Imgp1831_20191112074101
 Imgp1832_20191112074101
 Imgp1833_20191112074101
 小さなものばかりでした。
 Imgp1834_20191112074101
 銅鐸銅鐸!
 大きすぎて鳴らせないんだって。
 時代を経るごとに大型化。
 本来の目的より装飾品としての存在になったみたい。
 Imgp1835_20191112074601 
 埴輪も多数ありました。
 Imgp1836_20191112074601
 最近思うのですが、馬の埴輪は造形氏の腕が出る。
 これは大したことない人の作。
 Imgp1837_20191112074601
 これは上手い人の作。
 Imgp1838_20191112074601
 馬は上手くないと上手くできない。
 という仮説。
 五重塔も埴輪?
 Imgp1839_20191112074601
 4本脚のところが「五重塔子」みたい。
 石仏。
 Imgp1840_20191112074601
 仏塔
 Imgp1841_20191112074601
 かなり時代は進みました。
 囲炉裏。
 何かの参考になりそうなので撮影しておきました・
 Imgp1845_20191112075201
 Imgp1846_20191112075201
 これは何???
 Imgp1847
 現代です。
 埼玉のキャラクターみたい。
 常設展はお終い。
 この先は特別展示の玩具の歴史。
 つづく
 
 本日の自転車走行距離 6キロ

 今日であったねこ 1
 
 
 

| | コメント (0)

2019年11月11日 (月)

伸びないようで伸びるけどやっぱり

 豆苗を買いました。
 30%オフ。
 確か今年の5月ごろ。
 夏を思わせるような暑さになりました。
 この時も豆苗を買いました。
 30%オフ。
 収穫後、ベランダに置きました。
 立ちどころに切った所からまた伸びました。
 その後も何度か収穫できました。
 永遠に採れるんじゃないかというくらい。
 流石伸び盛りの季節と感じました。
 今回は秋。
 夏の勢いはないでしょう。
 でも暑い日が続きました。
 日向に出しておけば伸びます。
 Imgp1887_20191111081201
 (伸びないようで伸びる豆苗 大きさ対比用「文明さま」)
 夜は冷えるので室内移動。
 しかし、夏ほどじゃない。
 でも伸びます。
 
 本日の自転車走行距離 2キロ
 
 今日であったねこ 1

 豆苗種

 https://item.rakuten.co.jp/yonezawa/tane-sp_toumyo/

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

春秋用のグローブの出番は・・・

 自転車のグローブを冬用に替えました。
 今年は秋が暖かかった。
 暑いくらいの日も。
 いつもより夏用の指切りグローブが長く活躍できました。
 10月最初まで使っていたかな・・・。
 そろそろそれも頼りなくなって春秋用のグローブに。
 フルフィンガーで甲がメッシュ地になっています。
 11月になったのでこれも交換。
 この時期しか使わないグローブ。 
 今回は特に短い時期の活躍でした。
 まだ暖かい小春日和な日が多いです。
 冬用への交代は早かったかな?
 この秋は1カ月使わなかったかも。
 異例の短さな気がしています。
 という疑問もありますが、春秋用は洗濯して春までお休み。
 Imgp1880_20191110073001
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 6

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

あれま!靴底が

 先日靴ひもを結び直そうとすると左の靴ひもが切れました。
 別な靴ひもを購入、交換しました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/11/post-0753d9.html
 Imgp1881_20191109071701
 新たに変えた靴ひもは結ばなくてもいいタイプ。 
 履き心地はなかなか。
 でも歩くと、左側だけちょいと脱げそうになる。
 靴ひもを「きゅっ」と締めあげると不満解消。
 まあ、いいか。
 何気なく靴底を見て驚きました。
 欠けてる・・・。
 特に左側が大きく欠けていました。
 Imgp1882_20191109071701
 この靴は春と秋の短い間だけ使っています。
 シマノの自転車用の靴。

 最近はあまり出番が無くなって来たという感触。
 春はすぐにSPDサンダルと交代。
 冬はハイカットの靴と交代。
 そのつなぎ役として使っている程度。

 でも、意外と古い靴です。
 何年使っているか・・・。
 思い出せません。
 そういえば右側も何かあったら切れるという程、傷んでいました。
 相当古いんだ・・・。
 インナーが傷んでしょうがなくなった。
 そこで靴屋で新たなインナーに換えたのは去年でした。
 Imgp1883_20191109071701
 かなり傷んでる・・・。
 通販での購入記録を調べました。
 「ない」
 通販で買ったんじゃないの?
 見落とし。
 いつも使う楽天通販じゃなかったので記録なし。
 お店で買って、通販で買ったという思い込んだ。
 とにかく簡単にみられる記録にはありませんでした。
 通販での購入記録は2007年まで。
 それ以前なら2006年???
 そんなに古くはないと思うけど・・・。
 春と秋の短い期間しか使わない靴。
 意外と買い換えないで済ませていたのかも。
 後継者を調べたらこのタイプの靴は型落ちしていました。
 スェード生地のSPDシューズはもう作ってないんだ・・・。
 今シーズンでお役御免かな・・・。
Imgp1884_20191109071701
  本日の自転車走行距離 30キロ
 
 今日であったねこ 11
 

| | コメント (0)

2019年11月 8日 (金)

ぬくぬく冬布団の時代

 冬布団を出してからベッドで寝ることが多くなりました。
 Imgp1870
 帰宅するとベッドで寝ていることもあります。
 「ぬくぬく冬布団の時代」の到来です。
 Imgp1894
 休日に布団を干すと不機嫌・・・。
 Imgp1888
 
 本日の自転車走行距離  30キロ
 
 今日であったねこ 6

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

パナレーサー ミニフロアポンプ

 パナレーサーミニフロアポンプを買いました。
 久しぶりにお店で欲しいものズバリを買いました。
 元々そのお店で売っていたのを見て知った品です。
 Imgp1861
 携帯用の自転車の空気入れです。
 このポンプが優れているのはゲージ付きなこと。
 Imgp1867_20191107071001
 8気圧までの空気圧が測れます。
 出先でパンクした時。
 チューブ交換して空気を入れた時「何気圧入った?」が分かりやすいのがいい。
 ガスボンベで入るポンプを持っています。
 もれなく上手く入れられれば7気圧入ります。
 まあ、それがあれば間に合うのですが。
 しかし、8気圧入れられるとは言うもののそれはなかなか大変です。
 このポンプのもう一つの特徴はゲージを回転させるとフロアポンプになること。
 Imgp1862_20191107071001
 (変形させて「フロアポンプ」にしたところ 大きさ対比用「五重塔子」)
 地面に立てて使えます。
 通常の携帯ポンプはそうは使えません。
 せっせとポンピングして適正空気圧らしい空気圧まで入れます。
 地面に立てて使えるとすごく楽。
 ・・・なはず。
 そう思って買いました。
 Imgp1863_20191107071001
 バルブの口金をひっくり返すと米式と仏式のチューブに対応。
 Imgp1864_20191107071001
 更に口金に洗濯ばさみ上の部品を付けると一般的な英式にも対応。
 全部できるのがうれしい。
 欠点はポンプが大きくて重いこと。
 Imgp1866_20191107071001
 自転車のフレームに取り付ける部品も付いています。
 ゲージの表面はガラスでしょう。
 ぶつけたら壊れそう。
 普段の持ち運びはせず、ツーリングの時だけにしましょうか。
 折り畳み自転車ブロンプトンは16インチの小径車です。
 大型のフロアポンプでは空気が入れにくいと感じていました。
 このポンプなら使いやすそうです。
 最大空気圧は5~7気圧。
 このポンプの使い勝手も分かるし、ブロンプトン用にしましょう。
 前から厄介だった「ブロンプトンタイヤに空気を入れる問題」
 これが一瞬で解決しました。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1

 「パナレーサーミニフロアポンプ」

https://item.rakuten.co.jp/mrpostman/13006957603/
 
 

| | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

靴ひも職人

 出先で靴ひもを結び直しました。
 右が気になったのでそちらから。
 左は気にならなかったのですが、ものはついで。
 ぷつん。
 左の靴ひもが切れました。
 がび~ん。
 出先で靴ひもが切れる!
 この先どうする?!
 幸い、残った靴ひもをどうにか細工して「引き締める」ことができました。
 そういえば、この靴は古い。
 この際、退役させるか・・・。
 靴ひもを換えてみよう。
 それを使っての使い心地をみてから。
 捨てるのはその後でも遅くないです。
 帰りに靴屋に靴ひもを見に行きました。
 ふつ~のを買うつもりでしたが・・・。
 「結ばない靴ひも」を発見。
 そういえば前に見たことがある。
 私は紐を結ぶのが大嫌い。
 結ばない靴ひもはいい。
 ふつ~の靴ひもより高かったけれど、試しに買うことにしました。
 Imgp1872_20191105184601
 帰宅して靴ひも交換。
Imgp1873_20191105184601
Imgp1875_20191105184601
Imgp1876
 うちの「靴ひも職人」にお願いしました。
Imgp1877
 すんごく喜んでやってくれました。
Imgp1878_20191105184601
 まだ履いて出歩いていませんが、良い感じよ。
 
 本日の自転車走行距離 6キロ
 
 今日であったねこ 10

 結ばない靴ひも
https://item.rakuten.co.jp/uchiyama-sports/twi-p757-a/

| | コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

最近のお気に入り

 最近のお気に入り場所。
 Imgp1825_20191104173801
 ケージの上。

Imgp1834_20191104173801
 なんだかいいらしい。
Imgp1835
 
 本日の自転車走行距離 36キロ

 今日であったねこ 11

| | コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

ひなげし神奈川から

 随分前に観たお散歩番組を参考に京急の仲木戸駅に来ました。
 Imgp1844_20191104064601
 来年の3月から駅名が「ひなげし神奈川」に変わるとか。
 Imgp1843_20191104064601
 その「ひなげし神奈川」からまっすぐ海の方へ歩きました。
 こっちの方に来たのは初めて。
 線路を越えて真っすぐ真っすぐ。
 Imgp1879
 何の線路ね?
 関内駅で電車を待っていると時々とてつもなく長い貨物列車が通過します。
 あれはここを通る電車なんかね?
Imgp1880
 よくテレビで観かける酒場を発見。
  Imgp1881
Imgp1882
 もう酒はやめてしまったので興味なしです。
 海がいい感じです。
 Imgp1883
 グレーの船が見えてきました。
 Imgp1884
 この塗装は軍事用?
 あの船のある辺りは米軍の敷地だそうです。
 まだおるんね、駐留軍。
 本当は横浜中央卸売市場に行く予定でした。
 どうも道を間違えたようで只管真っすぐ進みました。
 途中で管理人に「だめ」と言われて引き返すことに。
 Imgp1885
 Imgp1886
 まちがい散歩でした。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
  今日であったねこ 7

| | コメント (0)

2019年11月 3日 (日)

Knog pwrライトの防水性

 自転車用のライトKnogのpwrシリーズ。
 新たなメインライトにしようと思っています。
 ふと気になった。
 防水性能はどのくらいある?
 一応「防水性はばっちり」と謳っています。
 が・・・。
 実績がない。
 このシリーズはrord、trail更にmountainとあります。
 照度がまず機種程、本体、バッテリー共に太くなっていきます。
 各機種本体とバッテリーに互換性があります。
 Imgp1892
 (knog 太いのがtrail 細いのがrord 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」他)
 rordの細い本体にtrailの太い本体を取り付けることも可能。
 逆も可能。
Imgp1842_20191026065601
 組み合わせて使うことができます。
 それがとても便利。
 だけど・・・。
 接続したその隙間から雨水が浸入しないか???
 そんな疑問があります。
 その点、キャットアイのライトはどれも防水性能はばっちりです。
 今まで、雨水が原因で故障した機種はありません。
Imgp1893
 (メインに使っているキャットアイのライト群 大きさ対比用「銅鐸さん」他)
 ある日点かなくなった機種はありますが、原因は雨じゃないと思います。
 ボルトシリーズも本体とバッテリーを分けることができます。
 けれど、バッテリーを外す時は電池切れの時。
 Knogのようなモジュール交換ではありません。
 更にKnogはバッテリーが他の機器に給電できます。
 その時の本体を外します。
 こうしたモジュール交換を頻繁にする。
 接合部分に付いているパッキンは当然傷みやすい。
 最初は良くても、気が付かないうちに防水性能は落ちてきやしないか。
 そんな心配も。
 同じようにKnogのpwrシリーズを気に入って使っている人のサイトを見つけました。
 https://morou2.com/2019/02/18/pwr_2/
 やはりその防水性能については疑問を呈していました。
https://morou2.com/2019/02/21/pwr_4/
 う~ん、雨の日はKnogではなく、Voltシリーズにしようね。
 もう少し使い込んだら、「実験」を兼ねて使ってみるかもしれません。
 ただ、pwrシリーズの良さは本体のみの別売りがあります。
 本体だけ、バッテリーだけで買えるのです。
 これは便利!
 Voltシリーズでもバッテリーの別売りはあります。
 本体が欲しい時は、バッテリーのセットでしか買えません。
 無駄にバッテリーの予備が増えるということ。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 4

 rordバッテリー

https://item.rakuten.co.jp/grumpy/ec-201711181719/

 rord本体

https://item.rakuten.co.jp/grumpy/ec-201906011533/

 

 

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

仮面ライダー

 最初の「仮面ライダー」の再放送が東京MX-TVで始まりました。
https://s.mxtv.jp/drama/kamen-rider/
 Imgp1855
 これを観るのは何百年ぶりだろう?
 「仮面ライダー」を知ったのは母からの情報。
 たぶん第一回目放送日の朝だったと思います。
 「昆虫人間がでるのをやるって」と聞かされました。
 「こんちゅうにんげん?!」
 その頃の愛読書は「昆虫図鑑」でした。
 どんな「昆虫人間」が出るのか妄想しながら放送を楽しみにしていた。 
 そんな記憶が残っています。
 半年くらい前に「仮面ライダー」のDVD付き雑誌が発売されました。
 第1巻は半額。
 本放送時に一回しか観ていない「第1回」が観られる。
 490円だし買おうかな・・・。
 そう何度も思っては断念。
 買わないでいました。
 そんなところに今回の再放送。
 あ。
 買わなくてよかった。
 そう。
 仮面の先生。
 毎週観ていたし、その後のシリーズも観ていました。
 でも、そんなに好きじゃなかったんです。
 毎回の放送を楽しみにはしていました。
 お人形の玩具も買いました。
 本も持っていました。
 10円で二枚付いてくるカードも集めていました。
 弘明寺商店街に長崎屋というスーパーがありました。
 そこで仮面の先生のサイン会が開催。
 サインをもらいにも行きました。
 けれど、そんなに好きじゃなかった。
 好きで観ていたけれど、大ファンでは無かったんだ。
 今回それを思い出しました。
 あたらめて自覚といった方が正確かな。
 実際、今回の再放送を観てもほとんど覚えていません。
 そして面白いとも思いませんでした。
 このシリーズは大人気で確か放送は2年くらい続いたはず。
 放送終了後の再放送はあまり観なかった気がします。
 「長い」というのがその当時の印象。
 月曜から金曜まで夕方の再放送。
 毎日付き合っても相当かかる。
 それに付き合うのが負担だったという印象を記憶しています。
 本放送の時も長くてその後の展開がどうなったかの記憶も曖昧。
 今回の再放送は嬉しかった。
 けれど、放送は週に一度のペース。
 全部やるとしたら本放送と同じくらいの期間がかかる・・・。
 どこまで付き合うかが問題です。
 Imgp1887
 (「島田陽子」ってあの島田陽子??)

 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2019年11月 1日 (金)

STAR TREK SHIP YARDS

 「スタートレック・シップヤード」1,2巻を買いました。
 Imgp1830_20191101080601
 「スタートレック」シリーズ登場の連邦宇宙艦を集めた本。
 Imgp1831_20191101080601
 (「スタートレック・シップヤード」1.2巻 大きさ対比用「五重塔子」)
 「隔週刊スタートレック・スターシップコレクション」の再編集。
 Imgp1878
 (「隔週刊スタートレックスターシップコレクション 最新号)
 読んだことのある記事ばかり・・・。
 「隔週刊」版は、二種類に構成で出来ています。
 物語に登場する宇宙船を実機として解説するフィクションのパート。
 映像作品に登場するまでのデザインの変遷や模型制作裏話などノンフィクションのパート。
 これが楽しみ。
 Imgp1875
 (最新号の制作秘話などのノンフィクションパート)
 「シップヤード」版はフィクションのパートのみ収録。
 制作秘話などは楽しかったのでそれが割愛されているのは残念でした。
 けれど全部載せるととてつもなく分厚くなるでしょう。
 これでよかったんだと思います。
 
 本日の自転車走行距離 18キロ
 
 今日であったねこ 6

 「スタートレックシップヤード 1」

 https://books.rakuten.co.jp/rb/16098533/

 「スタートレックシップヤード 2」

 https://books.rakuten.co.jp/rb/16098534/

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »