« 災害の備え | トップページ | Volt300は意外と古い »

2019年10月18日 (金)

Volt400が黒くなる

 先日故障した自転車用ライトキャットアイのVolt400。
 始めは捨てようかと思いました。
 テールランプ付きバッテリーのプラットフォームとして使えます。
 前照灯としては使えない。
 ハブライトホルダーにセットすればテールランプが使えます。
 このことに気が付きました。
 そこで保管しておくことに。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/10/post-80611f.html
 屁するブックの自転車コミュで、Volt400が壊れたという投稿を見ました。
 投稿氏のは、本体の故障でなくブラケットとの接合部の故障でした。
 ライトは点くけど、自転車には付かない。
 私のとは逆の壊れ方。
 コメントを寄せてくれた人の意見に「修理に出した」とありました。
 メーカーのキャットアイに伝えて、修理に出したそうです。
 あ・・・・。
 修理に出せば直るんかね???
 ブラケットとの接合部はともかく、私のは本体。
 電子部品は壊れたら修理不可。
 交換になるんじゃ?
 でもまあ、聞いてみよう。
 「それは直らんです」と言われたらそれでいい。
 問い合わせると送って欲しいと返信が来ました。
 直るんかね???
 まあ、どうなるか分かりませんが郵送しました。
 「限定カラーなので通常のブラックになる」との返信。
 私のは限定カラーのゴールドでした。
 ああ・・・、そのブラックが嫌で限定カラーにしたのに。
 それと修理でなく交換かね・・・。
 中味を「すぽっ」と抜いて交換するわけじゃ無いんね・・・。
 予想通りと言えば予想通りですが。
 ゴールドボディーを活かす修理方法に一抹の期待をかけていました。
 Volt400は、購入してから3年経っていました。
 保証期間は2年だそうで、無償という訳には行きませんでした。
 3年か・・・。
 VOLT300と700はそれより古いわけだからずいぶん経つんね。
 あっちの方が古いのに元気だけど・・・。
 有償でお願いすることにしました。
 後で思いついたのですがブラックボディーになるなら新品にしても良かったかも。
 幾らか足せば「テールランプ付きバッテリー&Volt400」が買えたかも。
 テールランプ付きバッテリーの予備が出来るし・・・。
 しかし、もうお願いしちゃいました。
 まあ、いいか。
 修理(正確には交換)されたVolt400が届きました。
Imgp1795_20191017195101
 真っ黒ボディーだ・・・。
Imgp1797
 変な「猫目漫画」も付いていました。 
 Imgp1796
 最初のモデルVolt300は地金の色を活かしたシルバーでした。
 その後のVolt700以降みんな黒になっちゃった。
 Imgp1798_20191017195101
 (黒くなったVolt400 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」)
 地金のシルバー気に入っていたのに・・・。
 それに400も700も黒だと見わけがつかない。
 Imgp1800
 (上からVolt700 Volt400 Volt300テールランプ付きバッテリー装着)
 まあ、仕方ないか。
 点灯テスト。
 Imgp1799
 ちゃんと点く。
 Volt400、黒くなって帰ってきました。
 
 本日の自転車走行距離 36キロ
 
 今日であったねこ 5

 Volt400 テールランプ付きバッテリー

 https://item.rakuten.co.jp/r-kojima/3516482/


 
 

|

« 災害の備え | トップページ | Volt300は意外と古い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 災害の備え | トップページ | Volt300は意外と古い »