« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月31日 (木)

Volt300って3つも持ってた。

 自転車用ライトVolt400が壊れて交換修理しました。
 それを機会にライトの見直し。
 一番のお気に入りはVolt300。
 後継機種Volt400の登場で生産終了。
 今手元にある一機が壊れたらこれ以降は400しか売ってない・・・。
 いつくらいから使っているかを考えたら入手は2013年でした。
 6年も使ってる・・・。
 一時期3本も持っていたことを思い出しました。
 最初に買ったのは300単体。
 Imgp1864
 割に買った直ぐ後に「急速充電器付き」が発売されました。
 「きゅ、きゅうそくじゅうでんき?」
 充電器が無くても本体の差し込みから充電できます。
 Imgp1865
 (カバーを外して充電用の差込口を開けたところ)
 Imgp1866
  (差込口にUSBケーブルをさして充電)
 しかし、そうすると充電中は本体が使えません。
 本体とバッテリーを外して充電できる充電器は便利。
 急速充電器は欲しい。
 本体とバッテリーも付いています。
 Imgp1867
 本体は予備機として使えます。
 バッテリーは複数欲しかった。
 本体とバッテリーが別体なところが気に入ったのです。
 予備バッテリーが無い事にはその性能が発揮できません。
 Imgp1868
 交換用を持たないということは内蔵式を持っているのと変わりないです。
 ということで二機目を購入。
 二機あれば一安心。
 「急速」と謳っていましたが、実際には8時間ほどかかります。
 「急速」には程遠い感じ・・・。
 しかし、その間予備バッテリーがあれば本体が使えるのは大きい。
 しばらくして、に全く予期しなかった角度からの誘惑。
 折り畳み自転車ブロンプトン。
 これにキャットアイのVoltシリーズを装備できるアダプターが発売されました。
 ブロンプトンでも付けられる。
 付属のアダプターを使えば、ハンドルに付けられます。
 このアダプターは比較的安価で手に入れやすい。
 だから要らないと言えば要りません。
 が・・・。
 前輪の上に設置できる。
 スマートで、路面に近い位置なので明るそう。
 Imgp1874
 (アダプターを前輪上に取り付けたところ)
 しかし、本体とのセットです。
 本体が3つになる・・・。
 バッテリーが予備として増えるのは構いません。
 本体はもう要らない。
 しかし、悩んだ末に買いました。
 ブロンプトンに装着。
 Imgp1871
 (別なライトを装着 キャットアイ製品の大抵のものが装着可能)
 Imgp1873
 かっこいい。
 その後何年かして同社からフロントフォークアダプターが発売されました。
 これがあれば要らなかったかも・・・。
 その時はリリースの影すらなかったけど。
 Volt300が3つになっちゃった。
 さずがに3は要りません。
 一つは早々に中古屋さんに売ってしまいました。
 予備機が一つで二個体制で十分。
 更にその後Volt400が発売。
 気になりはしましたが色が黒かったので欲しくなりませんでした。
 300の地金のシルバーが気に入っていました。
 しかし・・・。
 限定カラーが発売。
 「要らない」といっていたものの気にはしていました。
 ゴールドを注文。
 限定カラー版、告知から発売までなぜか半年以上待たされました。
 Volt400は発売されて1年以上経って限定カラーは発売予告されました。
 色変えだけなのになぜにこんなに待たされる?
 不思議でしたが、遅れたわけでなく、最初からその告知でした。
 その待っている間に予備の300も売ってしまいました。
 400来るからそれが予備になるねと。
 待望のVolt400が到着。
 発売はその年の2月も終わりでした。
 なんでこの時期に・・・。
 一年で一番暗い12月から1月。
 この時期にこそ使いたかったのに。
 到着は日が伸びて来たことを感じる季節でした。
 到着したVolt400を見て少しがっかり。
 300より安っぽいつくりに感じました。
 軽量化のためでしょう、樹脂部品が増えていました。
 ボディのアルミも少し薄い感じ。
 あ・・・、300予備機売らなきゃよかった。
 そう思いました。
 更にその後知ったのですが、400の発売と共に300は生産終了。
 もう売ってない。
 あれま。
 ま、仕方ないか。
 ライトとしての性能は400の方が俄然いいです。
 明るく広範囲を照らします。
 でも、手に持った感じはVolt300の方が好き。
 
 本日の自転車走行距離 2キロ
 
 今日であったねこ 1
 
 
 

| | コメント (0)

2019年10月30日 (水)

入ってくりゃいいのに

 部屋の戸のところで寝そべる。
 Imgp11799
 自由に出入りできるようにとは年中開けっ放し。
 冬も締めません。
Imgp1661
 入ってくりゃいいのに。 
Imgp11800
 大きさ対比用「縄文のめが子」

 本日の自転車走行距離 44キロ
 
  今日であったねこ 2

| | コメント (0)

2019年10月29日 (火)

放送事故?

 ある日のお散歩番組。
 お散歩さあんの頭上の上。
 Imgp1869
 ほうそうじこ?

 本日の自転車走行距離 30キロ
 
 今日であったねこ 4

| | コメント (0)

2019年10月28日 (月)

USBげひそり

 USB充電式の髭剃りを買いました。
 Imgp1705
 先月乾電池式の髭剃りを買いました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/09/post-d05bc3.html
 その時レジで見かけて気になっていたもの。
 充電式は内蔵電池ならその寿命が機械の寿命。
 あまり好きじゃない。
 USBだとソーラーパネルで充電できます。
 Imgp1702
 (ソーラーパネルで充電中)
 980円くらいだったので後日試しに購入。
 まあ、旅行の時に持って行く程度でしょう。
 半ば遊びのつもりで買いました。
 使ってみると案の定使いにくい。
 しかし。
 乾電池式でひげをそった後に使うとこれがいい!
 剃り残しをうまい具合に拾って剃ってくれる。
 意外な使い道がありました。
 Imgp1704
  (USB充電式げひそり 大きさ対比用「草薙のつるぎ子(足付き)」)
 本日の自転車走行距離 38キロ
 
 今日であったねこ 7

| | コメント (0)

2019年10月27日 (日)

LOVEかわさき

 TVKテレビ、川崎の情報番組「LOVEかわさき」を毎週観ています。
http://www3.tvk-yokohama.com/lovekawasaki/
 Imgp1858
 レポーターの石原あつ美さんの回が特に好きです。
 以前、オリジナルデザインの人形「五重塔子」作りました。
 「三重塔子」のいとこのはとこという設定。
 Imgp1862
 (「三重塔子」) 
 
「三重塔子」は髪形を屋根のような形にしました。
 頭、肩、腰で「三重塔」に見えるデザイン。
 「五重塔子」は単純に「屋根」の意匠を増やしても形になりません。
 髪形はショートカットにすることは早くから決まりました。
 帽子をかぶせて「屋根」にすればいい。
 でも、その髪型が上手く決まりませんでした。
  「五重塔子」はその後もデザインが決まらず製作は難航。
 一時中断して放っておいたこともありました。
 そんな時にイシハラあつ美さんの回の「LOVEかわさき」を観ました。
 「あ・・・その髪型参考になる」
Imgp1863
 (「三重塔子」 「五重塔子」)
 ということで「五重塔子」の髪形のモデルにしました。
 その後「五重塔子」は完成。
 そんなある時、ふと思いつきました。
 「五重塔子」のモデル(髪形だけ)は石原あつ美さん。
 ということは石原あつ美さんの似顔絵が描けるということ?
 というわけで描いてみました。
 Imgp1647
 Imgp1860
 そして「ファンレター」として「LOVEかわさき」に送りました。
 Imgp1856
 Imgp1857
 数週間前の番組内で紹介されました。
 はずかしい・・・。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1

 

| | コメント (0)

2019年10月26日 (土)

Knog pwr Trail ライト

 先日キャットアイのVolt400が突然壊れました。
 始めはすてないで取っておく。
 テールランプ付きバッテリーのを取り付ける部品としてと使おう。
 そういうつもりでした。
 しかし、修理に出すという手があると気が付きました。
 メーカーに問い合わせると、「電池ごと送って」
 保証期間の2年を過ぎた3年目の製品でした。
 有償で新品と換えてもらいました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/10/post-c1114c.html
 その一連の途中、修理を思いつく前のこと。
 後継機の導入を検討していました。
 KnogのPWRライトがいい。
 先月、防災用品としてPWRライト用ランタンを買いました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/09/post-244634.html
 Imgp1837_20191026065601
 (Knogランタン Trail 大きさ対比用「縄文のめが子」)
Imgp1838_20191026065601
 (ランタンに接続していたRordのバッテリー 大きさ対比用「縄文のめが子」)
 Knogのライトを見直していたところ。
 今あるRordというモデルの上のTrailをこの機会に・・・。
 そんな妄想計画を立てていました。
 そこにVolt400修理計画。
 そして新品になったとはいえ直っちゃいました。
 Pwr Trail計画が・・・。
 しかし、結局買うことに。
 Volt400よりも古いVolt300があります。
 どうもこれは2013年ころに買ったらしい。
 もう6年も使っています。
 Volt400は3年で壊れました。
 これはいわゆる「ハズレ」に当たったのだと思います。
 300は耐久性もばっちりです。
 が・・・。
 古いので壊れるかもしれない。
 ということで新型ライトの購入計画は続行。
 Trailを買いました。
 Imgp1836_20191026065601
 (Pwr Trail 大きさ対比用「縄文のめが子」)
 Rordは600ルーメンという明るさ。
 上位機種のTrailは1000ルーメン。
 手持ちで一番明るいVolt700を遥かに凌ぐ光量です。
 Rordよりも一回り大きい。
 Imgp1839_20191026065601
  (左から Rord Trail 大きさ対比用「縄文のめが子」)
 Imgp1840_20191026065601  

 バッテリーの容量も5000㎃。
 USBで他の機器に給電できるのがこのシリーズの売り。
 最初のRordを買ったのモバイルバッテリーとして使うのが目的でした。
 ライトとしての性能も申し分ありませんでした。
 普段は予備としてバッグに待機。
 あまり使うことはありませんでしたが・・・。
 Trailはライトとしても予備バッテリーとしても頼もしい。
 使う前にPCにダウンロードしたアプリケーションで点灯モードを調整。
 点灯モードを変えられるのがこの製品のいい所。
 でも、Rordを買ってから一年半経ちました。
 先月ランタンを買ってRordの存在を見直すまでアクセスしませんでした。
 やってみると面白い。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/09/post-434b98.html
 不要な機能は捨てられるし、元は入っていなかった点灯モードを追加できました。
 Trailも三種類は入っていた点滅モードを1つに。
 その照度まで変えられるのが面白かった。
 バッテリーを付け換えることもできます。
 Imgp1841
 RordにTrailのバッテリー。
 Imgp1842_20191026065601
 逆もできます。
 形は太いTrailに細いRordのバッテリーを付けた方がかっこいい。
 走行時の感想はまた。
 
 本日の自転車走行距離 14キロ
 
 今日であったねこ 3

 Knog pwr Trailライト

https://item.rakuten.co.jp/qbei/pi-320319/
 

| | コメント (0)

2019年10月25日 (金)

日が短くなってきたけど

 日が短くなってきたと感じるようになりました。
 もっと前から短くなってきてはいます。
 しかし。
 今年は10月になっても夏のような暑い日がありました。
 おかげでとんでもない台風が来るのですが・・・。
 そのせいか、今年はいつもより日が長いんじゃないか?
 そう感じる日が多くありました。
 いつもだともっと早くから日が落ちて暗くなってないか?
 日の出から日没前の記録など録っていません。
 比べる手立てもなく「なんとなく」の感触。
 もう一つの理由があります。
 それは自転車のライト問題。
 先日Volt400が壊れて新品と交換しました。
 それを機会に補助ライトとして使っていたKnogライトを見直した。
 冬場に使うVolt700を出した。
 それらを早く試したい。 
 その割に暗くならない。
 それで余計に今年は「日が長い秋じゃないか」と思うのでした。
 Imgp1780
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2019年10月24日 (木)

たぬき。

 たぬきと遭遇。
 二匹居ました。
 たぶん、つがいのたぬき。
 アライさんじゃなかったと思います。
 たぬきだった。
 どこからきて、普段どこにいる?

Img_20191023_200742

 本日の自転車走行距離 6キロ

 今日出会ったねこ 3

| | コメント (0)

2019年10月23日 (水)

新しいグラベルキングで。

 タイヤ・シュー部交換をしたコナのスートラ。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/10/post-dc888e.html
 試走を兼ねた通勤で使いました。
 「あれま、すっと走るよ」
 交換前と同じタイヤです。
 一年使ったものと新品はこうも違うかね?
 何が違うんだろう?
 それほど「すっ」と走りました。
 700×38Cという同じサイズです。
 Imgp1828
 新しい方が細く見るのも不思議でした。
 タイヤ・チューブと共に今回はディスクブレーキのボルトも換えました。
 ディスクを固定しているボルトをチタンのものに。
 こちらの変更点は特に体感できませんでした。
 少しだけ軽くなっているはずですが、体感できる変化はなし。
 Imgp1826_20191023063501
 見た目がかっこよくなったことは確かです。
 
 本日の自転車走行距離 53キロ
 
 今日であったねこ 5
 
  グラベルキングタイヤ
 https://item.rakuten.co.jp/worldcycle/pan-k-gravelking-sk/?s-id=ph_pc_itemname

| | コメント (0)

2019年10月22日 (火)

江ノ電。湘南モノレール

 江ノ電、湘南モノレールに乗りました。
 Imgp1785
 江ノ島駅で下車。
 Imgp1787
 瀧口寺に寄るつもりでしたが時間がなく山門だけ。
 Imgp1789
 Imgp1790
 Imgp1791
 湘南モノレールで大船へ。
 https://www.youtube.com/watch?v=db4oRdWY4Ts&feature=youtu.be
 ちょいとぶらり旅。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2019年10月21日 (月)

門番

 門番。
 ゲートキーパー。
 Imgp1823_20191020190701
 なにしとるんね?
Imgp1801_20191020190701
 
 本日の自転車走行距離 51キロ
 
 今日であったねこ 5

| | コメント (0)

2019年10月20日 (日)

ディスクブレーキの円盤固定ボルトとタイヤを取り換える。

 全天候型自転車にしているコナのスートラ。
 重い車重に反して意外なほどよく走ります。
 雨でもその制動力の落ちない(含む希望的観測)ディスクブレーキが特にいい。
 そのディスクブレーキの円盤を固定しているボルトをチタンボルトに換えました。
 Imgp1812_20191020063901
 (交換用のチタンボトル カラフルな携帯工具 大きさ対比用「遮光器土偶子」)
 ひと月くらい前に買いました。
 交換にはホイールを外す必要があります。
 タイヤの交換時期を待って一緒に作業することにしました。
 タイヤとチューブ、それにリムテープを換えたのは1年前。
 今月がその1年目です。
 ちょうどいい時期、交換しましょう。
 先ずは前輪。
 ホイールを外して、ディスク固定ボルトの交換から。
 今回このボルトは初めていじりました。
 先ずは一本だけ。
 Imgp1813_20191020063901
 Imgp1814_20191020063901
 慎重に外して、交換用のチタンボルトと見合わせました。
 初めてなので「交換用」を買いましたが、規格があっているか参照するため。
 径も長さもおんなじです。
 Imgp1815_20191020064001
 (黒いボルトが純正品 シルバーがチタン製ボルト 大きさ対比用「遮光器土偶子」)
 交換可能。
 何しろ初めて外しましたから。
 交換終了。
 ディスクも含めて色がシルバーに統一されました。
 Imgp1816_20191020064001
 なんだかさわやかな清涼感。
 外したボルトは鉄製。
 チタンの方が軽いです。
 ほんのちょっとだけ軽量化に成功。
 外した純正ボルトをまとめて手のひらに乗せました。
 結構な重さでした。
 一方、チタンのそれは比べ物にならないほど軽かった。
 けれど、自転車の総重量から見れば微々たるもの。
 気のせいに近い軽量化です。
 チタンは錆びないので、錆防止効果が期待。
 でも、純正品は3年以上、雨の日も走りました。
 錆びてないぞ・・・。
 回転する部品は猿心力の影響でその効果が得られやすいと本で読んだことがあります。
 実感はないけれど、その効果に期待・・・。
 さ。
 次はタイヤ・チューブ交換です。
 タイヤ・チューブを外しました。
 リムテープという部品も外します。
 ホイールの内側に付ける樹脂製のテープです。
 Imgp1820_20191020065001
 Imgp1819

 (今まで付けていたリムテープ スポーク挿入の穴の形に凹んでいます 因みにリム内の見通せる穴はチューブのバルブを通す穴)
 
スポークを組み付けるときの穴にチューブが吸い込まれて傷むのを防ぎます。

Imgp1821

(チューブのバルブの穴に工具をさしているのは、装着の時、穴の位置がずれない為)
 テープを交換してタイヤとチューブを換えます。
 タイヤは前回と同じパナレーサーグラベルキング。

 Imgp1818_20191020065001
 700×38Cという太めのブロックパターンのタイヤ。
 もっと細いタイヤに使用か迷いましたが、今回も同じ規格で。
 前輪作業終了。
 次は後輪です。
 全く同じように固定ボルトの交換。
 そしてタイヤ・チューブ、リムテープを交換しました。
 ホイールを自転車に再装着。
 空気を入れて作業終了!
 走行テストが通勤を兼ねることになるでしょう。
 外したタイヤは一年が経過しました。
 前輪はされ程減っていない感じでした。
 後輪のそれは明らかに減っているのが分かりました。
 しかし、新品と比べると全然違いました。
 「減ってる」
 やはり換えてよかった。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1

 チタンボトル
 https://item.rakuten.co.jp/auc-nijibashibic/10000270/?s-id=ph_pc_itemname

 グラベルキングタイヤ
 
 https://item.rakuten.co.jp/worldcycle/pan-k-gravelking-sk/?s-id=ph_pc_itemname

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

Volt300は意外と古い

 先日修理というより全く新品になった自転車用ライトVolt400。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/10/post-c1114c.html
 Imgp1803_20191019072701
 夜の通勤で試しました。
 「明るい」
 前より明るい気がします。
 ・気のせい 同じ製品なので変化はない。
 ・前に買ったのは3年前の品、多少のマイナーチェンジがされているので明るい。
 ・前の製品は、壊れかけで暗かった。→確かめようがない。
 ・3年も使ったのでレンズに傷や汚れがあった。→ありえる。
 いくつか仮説を立てましたが、もう本体はありません。
 しかも壊れて点かなくなりました。
 確かめようがない・・・。
 Volt300は今回壊れた400よりもはるかに古い。
 今も現役で使えています。
 Imgp1802_20191019072701
 発売されてすぐに買いました。
 それはいつだったっけ?
 調べるとキャットアイのHPで2013年にグッドデザイン賞をもらったとありました。
https://www.cateye.com/jp/products/headlights/HL-EL460RC/
 に、にせんじゅうさんねん?!
 そんなに古かったっけ???
 これを買う少し前にHL-EL540という乾電池式のライトを買いました。
 https://www.cateye.com/jp/products/headlights/HL-EL540/
 当時(今も)乾電池式のライトでは最強の明るさを誇る部類に入るライト。
 「こういうのを待っていた」と喜びました。
 が・・・。
 落として壊れた。
 そこで今も手元にある2号機を買いました。 
 Imgp1809_20191019072701

 (今も手元にある HL-EL540 大きさ対比用「三重塔子」)
 「これで安心」
 Imgp1810_20191019072701
 そう思っていたところにVolt300が発売された。
 確かそんなタイミングだったと思います。
 Volt300が画期的だったのは充電式なのにバッテリーが外せること。
 それまでの自転車用ライトはバッテリー内蔵式。
 バッテリーが切れたら充電するまで使えない。
 バッテリーが寿命が迎えるとライトの寿命。
 とても使い勝手が悪い。
 明るくていいなと思いながらも手が出せずにいました。
 それが本体とバッテリーが別体。
 交換用バッテリーを携行することができます。
 ああ、これこれこういうの。
 しかもHL-EL540の4000カンデラより500カンデラ明るい。
 2号機買わなくても良かったかな・・・・
 そう思いながらもすぐ買いました。
 HL-EL540よりはるかに小型軽量。
 それなのに明るい。
 とても気に入ったライトとなりました。
 発売されてすぐ買った、それが2013年のこと?
 もう6年もつかっているんね???
Imgp1811_20191019072701
 (参考出品 Volt700)
 上位機種のVolt700が発売されるまで最強のライトでした。
 発売は翌年だった気がします。
 300と700がの二灯体制で夜間航行はなんとかなる。
 Volt400発売の報を聞いても欲しいとは思いませんでした。
 ボディーは黒だし、必要ない。
 数年後に、限定カラーが発売されました。
 「要らない」とは言っていましたが、気にはしていました。
 そこでゴールドを買うことに・・・。
 確かにVolt300より良くなっていました。
 因みにVolt700の上位機種にVolt800が出ました。
 これは700が使えている限り本当に必要ありませ~ん。
 しかしVolt400は、3年で壊れた・・・。
 キャットアイの製品は頑健で壊れない。
 「キャットアイ信仰」のようなものを持っていました。
 が・・・。
 こうしてライト遍歴を思い返してみると、意外と壊れた機種があった。
 そんなことを思い出しました。
 ある日突然点かなくなる。
 そんなライトが意外とありました。
 電子部品は直らないよね。
 と即捨てていました。
 う~ん、保証期間中なら無償で直せた(交換)のか・・・。
 ・・・もしれない。
 Volt300もHL-EL540も6年以上もっています。
 突然壊れたライトはいわゆる「はずれ」に当たったのだと思います。
 外れたくはなかったですが・・・。
 自分の自転車用ライトに革命を起こしたVolt300、HL-EL540。
 残念なことに現在はと共に生産中止モデルになりました。
 HL-EL540は今は室内用の懐中電灯として使っています。
 室内では明るすぎますが・・・。
 たま~に自転車用ライトとして出動することも。

 
 本日の自転車走行距離 31キロ
 
 今日であったねこ 10
 
 
 

| | コメント (0)

2019年10月18日 (金)

Volt400が黒くなる

 先日故障した自転車用ライトキャットアイのVolt400。
 始めは捨てようかと思いました。
 テールランプ付きバッテリーのプラットフォームとして使えます。
 前照灯としては使えない。
 ハブライトホルダーにセットすればテールランプが使えます。
 このことに気が付きました。
 そこで保管しておくことに。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/10/post-80611f.html
 屁するブックの自転車コミュで、Volt400が壊れたという投稿を見ました。
 投稿氏のは、本体の故障でなくブラケットとの接合部の故障でした。
 ライトは点くけど、自転車には付かない。
 私のとは逆の壊れ方。
 コメントを寄せてくれた人の意見に「修理に出した」とありました。
 メーカーのキャットアイに伝えて、修理に出したそうです。
 あ・・・・。
 修理に出せば直るんかね???
 ブラケットとの接合部はともかく、私のは本体。
 電子部品は壊れたら修理不可。
 交換になるんじゃ?
 でもまあ、聞いてみよう。
 「それは直らんです」と言われたらそれでいい。
 問い合わせると送って欲しいと返信が来ました。
 直るんかね???
 まあ、どうなるか分かりませんが郵送しました。
 「限定カラーなので通常のブラックになる」との返信。
 私のは限定カラーのゴールドでした。
 ああ・・・、そのブラックが嫌で限定カラーにしたのに。
 それと修理でなく交換かね・・・。
 中味を「すぽっ」と抜いて交換するわけじゃ無いんね・・・。
 予想通りと言えば予想通りですが。
 ゴールドボディーを活かす修理方法に一抹の期待をかけていました。
 Volt400は、購入してから3年経っていました。
 保証期間は2年だそうで、無償という訳には行きませんでした。
 3年か・・・。
 VOLT300と700はそれより古いわけだからずいぶん経つんね。
 あっちの方が古いのに元気だけど・・・。
 有償でお願いすることにしました。
 後で思いついたのですがブラックボディーになるなら新品にしても良かったかも。
 幾らか足せば「テールランプ付きバッテリー&Volt400」が買えたかも。
 テールランプ付きバッテリーの予備が出来るし・・・。
 しかし、もうお願いしちゃいました。
 まあ、いいか。
 修理(正確には交換)されたVolt400が届きました。
Imgp1795_20191017195101
 真っ黒ボディーだ・・・。
Imgp1797
 変な「猫目漫画」も付いていました。 
 Imgp1796
 最初のモデルVolt300は地金の色を活かしたシルバーでした。
 その後のVolt700以降みんな黒になっちゃった。
 Imgp1798_20191017195101
 (黒くなったVolt400 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」)
 地金のシルバー気に入っていたのに・・・。
 それに400も700も黒だと見わけがつかない。
 Imgp1800
 (上からVolt700 Volt400 Volt300テールランプ付きバッテリー装着)
 まあ、仕方ないか。
 点灯テスト。
 Imgp1799
 ちゃんと点く。
 Volt400、黒くなって帰ってきました。
 
 本日の自転車走行距離 36キロ
 
 今日であったねこ 5

 Volt400 テールランプ付きバッテリー

 https://item.rakuten.co.jp/r-kojima/3516482/


 
 

| | コメント (0)

2019年10月17日 (木)

災害の備え

 先月の台風15号の後。
 千葉は大変な被害を受けていました。
 特に電気が止まって大変だったようです。
 暑いときに電気が使えないと冷やせない・・・。
 これは自分にとって盲点でした。
 電気が止まると暗くなる。
 灯りならじて自転車用ライトがたくさんあります。
 これを代用すれば大丈夫。
 そこでKnogのPWRライトで使えるランタンを買いました。
 PWRライトの電源を外してランタンにつなげると使える製品。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/09/post-244634.html
 前から気にはなっていたもの
 非常灯として使えるので買うことにしました。
 寒いときは石油ストーブがあります。
 火鉢もあるので煮炊きもなんとか・・・。
 結構安心していました。
 が・・・。
 夏場に電気がないと暑さがどうにもならない・・・。
 寒いのは着込んだり火を焚けばなんとかなりそう。
 暑いのはよけようがありません。
 10月の増税前にモバイルバッテリーを買うことにしました。
 Imgp1798
 (モバイルバッテリー 大きさ対比用「勾玉さん」)
 
ソーラーパネルとつなげると太陽光充電ができるもの。
 Imgp1732

Imgp1755
 (ベランダで充電中)
 USBや家庭用電源プラグが差し込めて電気が取れます。
 扇風機などを回したら、数時間で切れる程度の電気しか貯められません。
 卓上扇風機なら何とかなるかな・・・。
 淡い期待・・・。
 でも何もないより心強い。
 何より居住空間が災害時無事でいることが前提ですが・・・。
 それが届いたたので充電をしました。
 半分くらい入っていましたが、太陽光でフル充電に。
 Imgp1756
 10月一週目まで暑い日が続いたのですぐに貯まりました。
 ただ、付属のソーラーパネルが長すぎる・・・。
 縦に長い。
 ただ長い・・・。
 長すぎる・・・。
 そうしたら今度は台風19号接近の報。
 「やめてぇ~」
 そういったのに、願いも空しくこっちに来ちゃいました。
 幸い私の住む地域は大きな被害は受けずに済みました。
 停電もなく。
 モバイルバッテリーに活躍する機会はありませんでした。
 けれどそれでよかった。
 Imgp1844
 Imgp1845

 Imgp1846
 (モバイルバッテリー Knog PWRライトランタン 大きさ対比用「五重塔子」)

 本日の自転車走行距離 0
 
  今日であったねこ 1

 モバイルバッテリー ソーラーパネル
https://item.rakuten.co.jp/miraclechie/sl-227113503/?s-id=ph_pc_itemname

| | コメント (0)

2019年10月16日 (水)

千葉の地図

 千葉の地図。 
 Imgp1635_20191016074101
 もはや「チーバくん」にしか見えなくなってきたこの頃。
 
 本日の自転車走行距離 11キロ
 
 今日であったねこ 2

| | コメント (0)

2019年10月15日 (火)

マザーリーフを室内に

 マザーリーフの苗を冬場は室内保管。
 今年は秋になっても暑い日が続きました。
 いつ仕舞おうか?
 先日の台風19号接近を機会に室内に避難。
 Imgp1842
 (室内に移されたマザーリーフの鉢植え 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」)
 このまま春まで過ごすことにしました。
Imgp1843
 アボカドの苗も一緒に育っています。
 
 本日の自転車走行距離 31キロ
 
 今日であったねこ 5

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

ブロンプトン結局チューブ交換する。

 折り畳み自転車ブロンプトン。
 後輪がパンクしました。
 タイヤに穴らしいものが無かったので、そのまま空気を入れてみました。
 3日もちましたが、突然「しゅー」という音とともに空気が抜けました。
 後輪を外して調べるとチューブに穴。
 やはり穴の空いたパンク。
 3日も空気がもったのが謎です。
 今回はパンク修理キットを使って修理しました。
 が・・・。
 翌朝空気が抜けていました。
 チューブを水につけて気泡漏れをチェック。
 パッチの隙間から空気漏れ・・・。
 しっかり貼れていなかった・・・。
 脇に更にパッチを貼りました。
 これでいいでしょう。 
 後輪をフレームに再装着。
 空気を入れて修理完了。
 数時間後・・・
 タイヤをつまんでみるとぺしゃんこ。
 Imgp1836
 (空気が抜けてぺしゃんこになった後輪 大きさ対比用「銅鐸さん」)
 ありゃぁ・・・。
 もうパッチはありません。
 今度こそチューブ交換かねぇ。
 その前に交換用のチューブを膨らませました。
 それを水につけて空気漏れチェック。
 先月の終わりにタイヤもチューブも換えたばかりです。
 タイヤに穴らしいものは見つからず。
 穴がないということを前提とするならチューブが不良品。
 交換用のチューブも欠陥があったら・・・。
 ということで調べましたが、大丈夫でした。
 Imgp1834
 もう一度後輪を外して修理作業。
 チューブを見るとパッチが歪んでた。
 Imgp1838
 タイヤ装着の際に歪んだみたい。
 応急処置用のイージーパッチという簡易製品がよくなかったか?
Imgp1837
 (パナレーサー「イージーパッチ」 大きさ対比用「銅鐸さん」)
 使い方か?
 このチューブの使用は中止。
 新しいチューブに換えました。
 後輪をセット。
 変速機を外して再装着するのが面倒な後輪。
 短期間にこう何度も交換作業をしたらもう見なくてもできるようになりました。
 再装着後に空気を注入。
 Imgp1840
 「しゅー」とかいう嫌な音が聞こえてきました。
 へ???
 また空気漏れ?
 作業中に観ていた録画番組に出て来た噴水の音でした。
 Imgp1839
 ほっ・・・。
 翌日もタイヤの空気圧は変化なし。
 何事もなく過ごせた台風一過の日。
 6キロはほど走りましたが快適でした。
 ようやく修理完了です。
 
 本日の自転車走行距離 44キロ
  
 今日であったねこ 7

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

やっぱりパンクしていたブロンプトン

 折り畳み自転車ブロンプトンの後輪がパンクしたかと思いきや。
 タイヤは外から見る限り穴や傷のようなものは無し。
 試しに空気を入れると、そのまま抜けることはありませんでした。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/10/post-e8a7e1.html
 二日経ち、三日目。
 「しゅ~」という音が聞こえました。
 ふにゃ?
 どうもブロンプトンの方から聞こえてきます。
 空気が抜けてる音だ。
 やはりパンクか・・・。
 それにしてもどうして3日ももったのか?
 前回外さなかった後輪を外して修理です。
 Imgp1824
 面倒ですが・・・。
 タイヤ、チューブを外して調べました。
 やはり穴らしいものは無い。
 チューブを水の中に入れて空気漏れチェック。
 「ぽこぽこぽこ」
 空気漏れがありました。
 ああ・・・、穴が開いてる。
 交換しようと思いましたが、パンク修理キットで修理。
 Imgp1825
 穴にパッチを当てて修理完了。
 水に入れて空気漏れチェック。
 空気漏れなし!!
 ホイールに組付け、後輪を戻しました。
 が・・・。
 翌朝、タイヤを触ると・・・。
 ぺしゃんこ。
 がび~ん。
 チューブ修理失敗・・・。
 再び修理です。
 チューブを調べると、パッチの貼った場所が少~しずれてた。
 もしくは、パッチの定着が甘くそこからの空気漏れ。
 そこから漏れていました。
 改めてそこに貼りました。
 Imgp1826
 (修理パッチを貼ったチューブ 大きさ対比用「縄文さん」)
 修理完了。
 チューブ、タイヤを組み込んだホイールを再装着。
 Imgp1829
 Imgp1830
Imgp1831

Imgp1832
Imgp1833
 面倒だった後輪交換作業も何だか手馴れてきました。
 ようやく修理完了。
 
 本日の自転車走行距離 7キロ
 
 今日であったねこ 8
 

| | コメント (0)

2019年10月12日 (土)

お気に入りの毛布2019

 今年もお気に入りの毛布の季節が来ました。
 https://www.youtube.com/watch?v=9J80kPx5pts&feature=youtu.be
 Imgp1818
 Imgp1820
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

ブロンプトンにKnog PWRライトを装着させるのと後輪のパンクが同時に起こることもある。

 折り畳み自転車ブロンプトンにKnogライトを付けました。
 キャットアイのVoltシリーズを装着。
 専用ブラケットを前輪の上に付けています。
 Imgp1816
 Volt400が壊れて一つ減りました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/10/post-5f4bd5.html
 ブロンプトンは短距離任務でしか使っていません。
 しかし、これから日が短くなり夜が長くなる季節。
 knogのPWRライトが装着できるようにしておこう。
 キャットアイのライトはまだ他にあるし、Knogが付かなくてもいいんですが・・・。
 Imgp1817
 選択肢は多い方が面白い。
 Knogのブラケットを装着。
 Imgp1814
 PWRライトは長身なのでちょいと不格好。
 Imgp1815
 ま、いいか。
 テストも兼ねて通勤で使用。
 帰り道で後輪に異変が・・・。
 空気が抜けてる。
 ぱ、パンク?
 先月終わりにタイヤもチューブも換えたばかりよ!
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/09/post-6ca6d2.html
 前輪はその前に換えたチューブをそのまま使っています。
 そちらがパンクするのならわかるのですが・・・。
 まあ、真新しくてもパンクするときはします・・・。
 幸い短距離任務中。
 空気の抜けた後輪に負担をかけないようにゆ~っくり走りました。
 帰宅後、後輪を調べました。
 穴らしいものは無い・・・。
 ブロンプトンは後輪を外すのが面倒です。
 できれば外して修理したくない。
 「パンクじゃなかったけど、なぜか空気が抜けていた」状態を期待。
 殆ど希望的観測です。
 もう一度空気を入れて様子を見ました。
 「ぷしゅー」とすぐ塗空気の抜ける感じはありません。
 このまま翌日まで放置することに。
 翌朝、祈るような気持ちで後輪タイヤをつまみました。
 「ぱんぱん」
 空気は入っていました。
 2キロ程乗りましたが、問題なし。
 その翌日も空気の抜けた感じはありません。
 なぜあの時空気が抜けたのか?
 不明です。
 けれど、パンクでは無かったようです。
 以前もこんなことがありました。
 チューブが不良品なのかもしれません。
 Imgp1813
 本日の自転車走行距離 6キロ
 
 今日であったねこ 1
 
 PWR ROAD / TRAIL (POWER BANK S/M)用ハンドルバーマウント
 https://item.rakuten.co.jp/hakusen/sidemount/

| | コメント (0)

2019年10月10日 (木)

Volt400そんなに使ったか?

 キャットアイの自転車用ライトVolt400が壊れました。
 点かなくなったのです。
 単純な接触不良を疑いましたが、そうでもないらしい。
 接触不良としても内部みたい。
 ちょいと私には直せそうもありません。
 necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/10/post-5f4bd5.html
 Voltシリーズは気に入って、300の発売開始以来使っています。
 Volt300の後需給機種700を買いました。
 その後、300の改良版Volt400が発売。
 明るさは300ルーメンから400ルーメンに。
 100ルーメンの違いかぁ・・・。
 これより小型のVolt100がVolt200になった時。
 明るさは100ルーメンから倍の200ルーメンに。
 300から400は何パーセントアップなのか直感的に数字になりません。
 ま、大したことないね。
 Volt400の購入は見送りました。
 その後限定カラー版が発売。
 Volt300はシルバーでしたが、400は黒。
 黒い所も気に入らなかった。
 それが限定カラーが登場。
 これを機会にゴールドを買うことにしました。
 300よりもレンズが大きくなって照射範囲が広くなっていました。
 軽量化の目的もあったのでしょう、プラスチック部分が増えたのが残念。
 安っぽく感じました。
 300の性能で満足していましたが、新型の400は明るかった。
 気に入りました。
 夏場は400をメインライトに。
 300にはテールランプ付きバッテリーを付けて後方へ赤ランプの点滅。
 Imgp1809
 小型のVolt200をセンターフォークブラケットに装着。
 昼間は走行中常時点滅させ、日没後Volt400と交換。
 冬場はVolt700がメイン。
 400にテールランプ付きバッテリーを装着。
 Imgp1810

 そんな使い方をしていました。
 夏は700は使わず引き出しに。
 冬は300が引き出しにそれぞれ仕舞われていました。
 そうか、Volt400は年間を通して出ずっぱりか。
 一番新しいライトだと思っていました。
 いつの間にか一番使用頻度が高いライトに。
 それにしても壊れるのはまだ早い気がしましたが。
 酷使はしていました。
 Volt200も出ずっぱりですが、点滅させているだけ。
 スイッチ操作はほとんどしません
 そのせいか壊れない。
 シンプルな構造なのでタフなのかもしれません。
 Imgp1811
 (Volt200~700 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」)
 400は明るさ調整のモード変更を頻繁にしていたからねぇ・・・。
 400はテールランプ付きバッテリーを付けて使うことに。
 ライトとしては使えませんが、テールランプ付きバッテリーは点灯点滅します。
 Imgp1812
 (Voltシリーズ Knog PWRライト 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」)
 400のの抜けた穴にはKnogのPWRライトを使うことに。
 
 本日の自転車走行距離 2キロ
 
 今日であったねこ 1

 Knog PWRライト

https://item.rakuten.co.jp/hakusen/road/

| | コメント (0)

2019年10月 9日 (水)

Volt400壊れる

 自転車のライトにはキャットアイのVoltシリーズを使っています。
 Imgp1801
 (Voltシリーズ 左 上から300 400 700 右 上 通常型バッテリー 下 テールランプ付きバッテリー)
 夏場はVolt400をメインライトにVolt300を予備。
 冬場はより明るいVolt700をメインに、Volt400が予備に。
 どちらの季節でも活躍するVolt400。
 先日その点きが悪くなりました。
 接触不良?
 接点金具を磨くと点くようになりました。
 おお、金具が汚れていたかね。
 「金具」と「全員」は間違いやすい。
 先日出かける前にVolt400の点灯テストをしました。
 「ぽわっ」と点いたきり、もう点かない。
 バッテリー切れ?
 交換しましたが点きません。
 元のバッテリーをVolt700に付けました。
 Imgp1803
 (Volt700 大きさ対比用「遮光器土偶子」)
 点く。
 Imgp1804
 (Volt300 大きさ対比用「遮光器土偶子」)
 どうもVolt400自体の不調のようです。
 その後何度試しても点きません。
 壊れちゃった。
 Imgp1802
 (点かなくなったVolt400 大きさ対比用「遮光器土偶子」)
 その日はKnog のPWRライトをメインライトにすることに。
 元々はUSB機器に充電できる機能を期待して買ったライト。
 こういう時にはメインライトとしても活躍させます。
 400はブラケットの取り付け部品を外して捨てるかね。
 始めはそう思いました。
 ふと気が付いた。
 Voltシリーズ用テールランプ付きバッテリーがあります。
 Imgp1805
 (テールランプ付きバッテリー 大きさ対比用「遮光器土偶子」)
 バッテリーのお尻に赤いLEDが付いている品。
 本体と接続しないと点灯しないと思い込んでいました。
 ふとした偶然で本体と接続しないでも点くことが分かりました。
 Imgp1806
 (本体と接続しなくても点灯するテールランプ付きバッテリー 大きさ対比用「遮光器土偶子」)
 壊れた400はライトとしては使えません。
 でもテールランプ付きバッテリーのプラットフォームになる!
 Imgp1807
 テールランプだけ点灯点滅させるライトとして使えばいい。
 Imgp1808
 それにしても高性能なメインライトが一つ欠けました。
 後継機をどうするか・・・・。
 新たな楽しみが急浮上です。
 
 本日の自転車走行距離 44キロ
 
 今日であったねこ 4

 Volt400
 https://item.rakuten.co.jp/bebike/hl-el461rc/

 テールランプ付きバッテリー

 https://item.rakuten.co.jp/kyuzo-shop/ac-gf003998/

 

| | コメント (0)

2019年10月 8日 (火)

楽天ギフトカードが・・・

 通販をよく利用します。
 中でも楽天が多い。
 楽天ギフトカードを使うと振込手数料が取られません。
 そこに気がついて以来、ギフトカードを使うようになりました。
 先日、それを買いに行くと、形が変わってる・・・・。
 前はプラスティックのカードでした。
 今回見たのは厚紙のカード。
 Imgp1784
 (紙になったギフトカード)
 あれ?
 これほんまもん?
 買う時にレジで「変わったの?」と聞いちゃいました。
 「変わったらしい」そうです。
 ちゃんと使えました。
 前からあのプラスティックカードは気になっていました。
 だって番号を打ち込んだ途端に不要になるもの。
 一瞬でプラスティックゴミ。
 それが紙になりました。
 使用後もミックスペーパーとして再利用できます。
 いい方向に変わった気がしました。
 別な店舗では従来通りのプラスティックカード版がありました。
 順次変わっていくのでしょうと期待。
 
 本日の自転車走行距離 44キロ
 
 今日であったねこ 16

| | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

ロードバイク復活計画 4

 フレームの状態にして休ませているロードバイク。
 これに部品を付けて復活させようとしています。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/09/post-ac6e98.html
 今回はバーテープを買ってきました。
 Imgp1794
  (ドロップハンドルとバーテープ 大きさ対比用「五重塔子」) 
 ドロップハンドルに巻くテープ。
 Imgp1795
 前回はボトムブラケットとチェーンを買いました。
 これで一応すべての部品が揃ったはずです。
 あとは組み立てるだけ。
 問題はいつにするか。
 一応来年から使う予定。
 12月の終わりに作業開始かなと思っています。
 ホイールとタイヤは今使っているロードバイクのを使います。
 車輪を外されたそのバイクが今度はお休み。
 二台一度に乗ることはないし。
 
 本日の自転車走行距離 12キロ
 
 今日であったねこ 1

 バーテープ

 https://item.rakuten.co.jp/auc-ad-cycle/shimanopro-r20rta0001x/

| | コメント (0)

2019年10月 6日 (日)

お願いタヌキ

 お願いタヌキ。
 ごめんねタヌキ。
 ありがたやタヌキ。
 許してタヌキ。
Imgp1742
 どれがいい?
 
 本日の自転車走行距離0
 
 今日であったねこ 2
 

| | コメント (0)

2019年10月 5日 (土)

チタンボトルのカビ

 ウエストバッグに水を入れたボトルを忍ばせています。
 始めはポットベトルの小さなのにしていました。
 使ううちに汚れてくる。
 そもそもポットベトル飲料をあまり買わない。
 チタン製のミニボトルを買いました。
 こうすれば何度も使える。
 洗える。
 初期投資は高い。
 しかし、毎日持ち歩きます。
 買い換えないので結局お得なはず。
 チタンが好きなんです。
 錆びないし。
 軽い。  
 実際便利です!
 特に冬場はのどを潤して風邪などの感染予防に役立ちました。
 もう一年ほど経つでしょうか・・・。
 まだかな・・・?
 とにかく買ってよかった。
 使い終わったら洗って逆さにして乾かします。
 翌日また給水。
 あ・・・。
 とんでもないことに気が付きました。
 ふたのパッキンに黒カビが!
 がび~ん。
 チタンは金属。
 カビとは無猿。
 そう思っていました。
 底の方にカビだかコケだかは着くだろうと予想していました。
 取っ手付きスポンジで洗っていました。
 ふた!
 しかもふたのパッキン!
 Imgp1779
 (猿素系で洗浄中のふたと本体)
 ここはシリコンか・・・。
 分解して猿素系洗剤で洗いました。
 Imgp1781
 (綺麗になった分解中のチタンボトル 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」)

  本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 6
 

| | コメント (0)

2019年10月 4日 (金)

木ノ内きのこ

 木ノ内きのこ。
 Imgp1753
 木の中に生えとる。
 
 本日の自転車走行距離 15キロ
 
 今日であったねこ 2

| | コメント (0)

2019年10月 3日 (木)

ブルックスのサドルカバー

 通販で頼んでいたものが届きました。
 箱が大きい・・・。
 頼んでいたものに対して箱の大きさが気になりました。 
 開けると・・・。
 殆ど緩衝材。
 Imgp1771
 商品は真ん中にぽつねん。
 メール便みたいなもので来ると思っていましたが・・・。
 Imgp1772
 中味がこれ。
 Imgp1774
 (商品 大きさ対比用「縄文のめが子」)
 開封して広げるとこんな感じです。
 Imgp1775
 (広げた商品 大きさ対比用「縄文のめが子」)
 ブルックスの自転車用革サドルのレインカバー。
 Imgp1776
 広げたって封書で済みそうでした。
 Imgp1777
 
  本日の自転車走行距離 0キロ
 
 今日であったねこ 1

 ブルックス レインカバー

 https://item.rakuten.co.jp/qbei/pi-537339/https://item.rakuten.co.jp/qbei/pi-537339/
 

| | コメント (0)

2019年10月 2日 (水)

カッパの足を見つける

 先日ホームセンターでLEDソーラーライトを買いました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/09/post-f2e84a.html
 同じものがもう一つ欲しい。
 別なホームセンターに行ってみました。
 LEDライトのコーナーを見ました。
 が・・・。
 無い。
 似たものはありますが、違う。
 100ルーメンで980円というのがない。
 もっと明るくて高いのはありました。
 それでは違います。
 ここには無いか・・・。
 帰ろうとした時に別なものを見つけました。
 「カッパの足」
 靴の上から履くレインシューズカバー。
 あ・・・・。
 こんなところにあった。
 即購入。
 Imgp1762
 (カッパの足 大きさ対比用「銅鐸さん」)
 最初のは一昨年の梅雨前に見つけて買いました。
 雨の日の自転車雨中航行用に。
 これがすごくよかった。
 自転車用のSPDシューズを使っています。
 靴底に金具が付いて専用ペダルと固着します。
 そうするとペダリング効率が格段に上がるという優れもの。
 「カッパの足」に底にSPD金具が出るように穴を開けました。
 これでSPDシューズのまま高性能なレインカバーが付けられました。
 特に寒い時期の雨に穂に大活躍しました。
 が・・・。
 結局このあけた穴が原因で壊れました。
 まあ、そうでしょう。
 また買いに行くともうありませんでした。
 梅雨時期を待ちましたが入荷せず。
 別なホームセンターなどを探しましたが見つからず。
 別な対策として裏面が普通のペダルを購入。
 Imgp1765
 Imgp1766

 (片側がSPD仕様 反対側が普通の踏み面のペダル 大きさ対比用「銅鐸さん」)
 雨の日は雨靴を履いて走ることにしました。
 これで改造した「カッパの足」が無くても大丈夫。
 SPDシューズじゃなくて多少ペダリング効率は落ちました。
 けれど選んだのはいいペダルでした。
 今度は加工せずそのままの状態で使います。
 
 本日の自転車走行距離 18キロ

 今日であったねこ 4

 「カッパの足」
 https://item.rakuten.co.jp/tokyu-hands/4975163992324/

 

| | コメント (0)

2019年10月 1日 (火)

カッパのバッヂ

 東京都には毎年発売されているカッパのバッヂがあるそうです。
 かっぱ・・・。
 なんでカッパ?
 うちに1961年版と1964年版がありました。
 Imgp1769
 (1961年版)
 Imgp1770
 (1964年版)
 あれま・・・。
 カッパ橋と間違いやすい。
 
  本日の自転車走行距離 28キロ
 
 今日であったねこ 8

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »