« 横浜銀行の水時計 | トップページ | 筋膜ローラーほぐ師 »

2019年9月 5日 (木)

ご家庭で出来る手軽な「ノイ・バルグレイ」

 「ノイ・バルグレイ」の模型を買いました。
 「宇宙戦艦ヤマト2202」登場の宇宙船。
 そのちびサイズの模型です。
 このサイズの模型は要らなかった。
 けれどおまけに大型の1/1000「アンドロメダ級DX」に使える部品が同梱。
 これをお使うと「1/1000ノイ・バルグレイ」が出来る。
 アンドロメダ級とノイ・バルグレイは色とアンテナの形が違うだけの同型艦。
 ノイ・バルグレイは赤い色をしています。
 Imgp1646
 赤い館体はあまり好みではありません。
 付属の赤い部品は、すでに完成しているアンドロメダ級と同じグレーに塗装。
 Imgp1638
 Imgp1637
 このシリーズは接着剤を使わなくて済む模型。
 Imgp1641
 Imgp1642  
 新しい部品の組み換えも楽にできます。
 接着剤でとめておかなくてよかった・・・。
 Imgp1644
 交換作業は簡単に済みました。
 Imgp1645
 ちびサイズの「ノイ・バルグレイ」もグレーで塗装することに。
 Imgp1640
 小さいのは作らなくても良かったのですが、もったいないので制作開始。
 Imgp1653  
 プラモデルにもなった「ノイ・バルグレイ」
 活躍を楽しみにしていましたが、殆ど出番なしでした。
 「どこにいた?」というくらいわずかな時間登場しただけ。
 新しいアンテナを付けましたが、さしてかっこよくなったわけでなく。
 Imgp1654
 かっこ悪くなったわけでもなく。
 あっても無くても良かったかなというのが正直な感想。
 Imgp1655
 (新しいアンテナを付けた1/1000「ノイ・バルグレイ」 ちびサイズの「ノイ・バルグレイ」大きさ対比用「五重塔子」) 

 本日の自転車走行距離 3キロ
  
 今日であったねこ 1  

 「ノイ・バルグレイ」

 https://item.rakuten.co.jp/yellowsubmarine/4573102578488/

|

« 横浜銀行の水時計 | トップページ | 筋膜ローラーほぐ師 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜銀行の水時計 | トップページ | 筋膜ローラーほぐ師 »