« ねこ干し | トップページ | PWR Rordのモード設定 »

2019年9月22日 (日)

Knogのランタン

 自転車ライトにKnogのPWRライトを使っています。
 メインライトはもっぱらキャットアイのVoltシリーズ。
 PWRは予備。
 このライトの良さはバッテリーが他の機器に給電出来ること。
 モバイルバッテリーとして使えるのです。
 一年前にスマートフォンに換えました。
 ガラダマ携帯よりも電池のもちが悪い。
 ちょうどPWRシリーズが売り出したころ。
 モバイルバッテリーとしても使えるということで即購入。
 ライトとしての性能も申し分ありませんでした。
 手元のライトで一番明るいのがキャットアイVolt700。
 光量はその700ルーメンより少しくらい600ルーメン。
 しかしレンズが大きくLEDも3灯装備。
 広く照らしてくれるのでこちらの方が明るい感じがします。
 夏前に「自転車キャンプがよくわかる本」を買いました。
 その中にPWRシリーズの特集ページもありました。
 Imgp1713
 中でも気になったのがPWRのバッテリーにつなぐランタン。
 ライトのバッテリーを別な機器につないで使うオプションです。
 自転車キャンプをするつもりはないけれどいいなと思いました。
 さて。
 先日の台風15号。
 千葉の方では停電などの被害で今でも困っているそうです。
 千葉在住の自転車仲間は、自転車用ライトで灯りを取ったそうです。
 私も非常灯として自転車用ライトを考えていました。
 このランタン、非常灯としてもいいな。
 そう思いました。
 自転車用ライトは明るいです。
 室内で使うには出力を落としたとしても明るすぎるでしょう。
 ランタンには別なLEDが付いているとか。
 出力も小さく消費電力も抑えられるはず。
 そこで購入を決意。
Imgp1711
 (Knogランタン 大きさ対比用「縄文のめが子」)
 Imgp1712

 (開封したランタン Knog PWR roadライト 大きさ対比用「縄文のめが子」) 
 来たものを試しまた。
 ランタンを展開、ライトからバッテリーを外しました。
 Imgp1714
 装着。
 Imgp1715
 この状態だと手持ちライトになります。
 ランランのふたをバッテリーのお尻に接続。
 Imgp1716
 (床起き携帯にしたランタン 大きさ対比用「五重塔子」)
 「足」を展開させれば自立させられます。
 急に背が伸びて「五重塔子」に匹敵する高さになりました。
 室内照明を消して点灯。
 Imgp1717
 あ・・・。
 良い感じ。
 
 本日の自転車走行距離 2キロ
 
 今日であったねこ 4

 ノグ ランタン

https://item.rakuten.co.jp/grumpy/ec-201906011534/?s-id=ph_pc_itemname

 ノグ パワー ロード
 https://item.rakuten.co.jp/grumpy/10002560/

「自転車キャンプがよくわかる本」

https://books.rakuten.co.jp/rb/15937064/
 

|

« ねこ干し | トップページ | PWR Rordのモード設定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ねこ干し | トップページ | PWR Rordのモード設定 »