« NAKAZA TREK 2019 3 | トップページ | 「五重塔子」制作日誌 5 »

2019年8月12日 (月)

保温ボトルが大活躍

  先日二年ぶりに行った中里。
 とても暑かった。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/08/post-20ba80.html
 前回行った一昨年は曇り空でした。
 涼しいくらいだったんじゃないかと記憶。
 青空が見えないのは残念でした。
 しかし、過ごしやすい陽気だった気がします。
 確か、行きは高崎線の新町駅でポットベトルの水を給水。
 それだけで中里までもった気がします。
 帰りは調子に乗って、熊谷から自走で帰りました。
 向かい風になる南風がきつかった・・・。
 日照こそなかったけれど、暑い向かい風はきつかった。
 それでも給水は水道水でなんとかなりました。
 公園の水道で給水。
 常温の水でも十分だったので涼しかったのでしょう。
 今回、行きは一回補給。
 帰りは秩父駅まで行くのに4回補給しました。
 帰りの方がきつかった・・・。
 役に立ったのが保温ボトル。
 https://item.rakuten.co.jp/worldcycle/bfe-h-coolhot500/
 Imgp1407
 (保温ボトル 大きさ対比用「五重塔子」(完成間近版))
 金属製で二重構造。
 Imgp1406
 冷たいのみののを入れても温度が変わらない。
 冷たい飲み物が時間が経っても冷たいまま飲める。
 その機能がこの夏とても助かりました。
 主に中里行きと夏場のツーリングで使用。
 年間二回くらいしか使わないかな・・・。
 数年前に中里対策に買いました。
 普段は保温性ない樹脂製のボトル。
 盗難などに気を使わなくて済みますから。
 
 本日の自転車走行距離 6キロ
 
 今日であったねこ 3
 

|

« NAKAZA TREK 2019 3 | トップページ | 「五重塔子」制作日誌 5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NAKAZA TREK 2019 3 | トップページ | 「五重塔子」制作日誌 5 »