« アボカドの芽出る | トップページ | 「自転車キャンプがよくわかる本」を読む »

2019年7月24日 (水)

「自転車キャンプがよくわかる本」

 「自転車キャンプがよくわかる本」を買いました。
 https://books.rakuten.co.jp/rb/15937064/
 Imgp1163
 (「自転車キャンプがよくわかる本」大きさ対比用「草薙のつるぎ子」(足付き)「縄文のめが子」)
 子どもの頃から毎夏群馬県多野郡中里村という所に行っています。
 HRLという子供会のようなものの活動でサマーキャンプをしていました。
 「中里行き」にかなりの比重を置いていた時期がありました。
 宿舎にしていたのは「長寿園」という廃校になった分校。
 二階部分を改装して寝泊り出来るようになっていました。
 その長寿園も老朽化。
 今はありませんん。
 中里村も町村合併で神流町となっています。
 「中里キャンプ」はもうずいぶん前に中止になりました。
 が・・・。
 私は毎夏自転車で中里を訪れています。
 それがきっかけでHRLの仲間も同じ日に集まるようになりました。
 「日帰り中里キャンプ」
 自転車で中里へ行きたいと思っていた頃は「何日もかかるだろう」という予測。
 自転車で中里へ行く「妄想キャンプ」をしていました。
 実際、そうした装備が付けられる自転車も用意しました。
 因みにその自転車は「中里」へのコース下見に何度も使いました。
 しかし、一度も中里へ行くことないままフレームにひびが入り退役。
 その後、長年住み慣れた横浜から東京に引っ越しました。
 「中里」が俄然近くなりました。
 自転車で日帰りが出来るほどの距離。
 といっても全行程自走だとまるまる一昼夜かかります。
 電車による輪行を利用。
 帰り道だけ全自走したこともありました。
 往復は大変だけど片道ならどうにか・・・。
 きつい道のりでしたが・・・。
 より快適に走るロードバイクを手に入れたのも実現に拍車をかけました。
 「キャンプ用の荷物は要らな~い」
 むしろロードバイクは荷物が少ないほど走破性が高くなります。
 そんなことも重なり、自転車でキャンプということに興味がなくなりました。
 「自転車キャンプがよくわかる本」を見つけてそうしたことを思い出しました。
 
 本日の自転車走行距離 7キロ
 

 今日であったねこ 1
 
 

|

« アボカドの芽出る | トップページ | 「自転車キャンプがよくわかる本」を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アボカドの芽出る | トップページ | 「自転車キャンプがよくわかる本」を読む »