« ストレッチ特集本 | トップページ | 「縄文の女神子」制作日誌 4 »

2019年6月10日 (月)

「縄文の女神」レプリカ

 以前、博物館行った時に縄文ガチャガチャをしました。
 出て来たのは「縄文の女神」
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/05/post-5c54b1.html
 始めはつまんないものが当たった・・・。
 程度の認識でした。
 しかし、人形をよく見ると、その形が面白いことに気が付きました。
 更にそうとは知らずに行った国立歴史民俗博物館で本物の展示物に遭遇。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/05/post-b52583.html
 「縄文の女神」に俄然興味がわきました。
 オリジナルデザインの人形「縄文の女神子」を制作することに。
 人形制作は順調に難航しております。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/06/post-29691d.html
 ガチャガチャ人形よりもう少し大きなものは無いか?
 いろいろと探してみました。
 「遮光器土偶」や「ハート形土偶」はいろいろありました。
 「縄文の女神」はない・・・。
 ようやく「縄文の女神」発掘の山形県の舟形町で扱っていることを見つけました。
 http://venus.funagata.info/memorial.html
 鉄製だそうです。
 そんなにしっかりしてなくてもいいんですが・・・。
 中空の焼き物で十分。
 しかし、それ以外に適当なものは見つからず。
 なかなか買いには行けそうもない。
 通販で買うことにしました。 
 そして到着。
 箱を開けると丁寧に包装されていました。
 Imgp0991  
「縄文の女神」と舟形町のパンフレットも同梱。
 なんかうれしい・・・。
 開けるまで気が付きませんでしたが、段ボールも専用箱。
 Imgp0992
 「縄文の女神」の刻印が。
 包装紙を解いて中を確認。
 Imgp0993
 おお。
Imgp0994
 「縄文の女神」
 木製台座付きです。
 けれど鉄製で重い。
 Imgp0997
 そして背丈があります。
 Imgp0996
 台に乗せると倒れそう。
 本物がそういう作りなのか。
 この模型がそういう作りなのか、個体差なのか。
 右側に傾いています。
 台座は使わないか、エポキシ接着剤で固定するかのどちらかだな。
 ずっしりと重くいい感じです。
 錆びたような色です。
 本物も乾いた錆びのような色です。
 それをイメージして塗装してあるのか?
 錆びさせて本物の色に近づけているのか?
 ちょいとそこまでは分かりません。
 Imgp0998
 (ハート形土偶と。大きさ対比用「文明さま」)
 
 本日の自転車走行距離 18キロ
 
 今日であったねこ 1
 

|

« ストレッチ特集本 | トップページ | 「縄文の女神子」制作日誌 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ストレッチ特集本 | トップページ | 「縄文の女神子」制作日誌 4 »