« お買い得な豆苗 | トップページ | 縄文ねこ »

2019年5月 9日 (木)

国立歴史民俗博物館へ

 国立歴史民俗博物館へ行きました。
https://www.rekihaku.ac.jp/
 京成線佐倉駅から徒歩15分。
 佐倉駅ってどこ??
 千葉の方は土地勘がありません。
 どうにか佐倉駅へ到着。
 駅に着く前に風車が見えました。
 以前自転車仲間とのツーリングできたことがある。
 その近くなんだ・・・。
 博物館への地図を手に入れ、向かいました。
 Imgp0685
 な~んとなくその姿が見えてくる。
 Imgp0686_1
 道が正しいという安ど感。
 丘の上にありそう。
 どこから入るんね?
 Imgp0687_1
 入口に到着しました。
 なんだかすごい門構え。
 Imgp0688
 元はお城だった所のようです。
 敷地はかなりの広さのようです。
 Imgp0689
 なかなか建物にたどり着かず・・・。
 晴れた日に来てよかった。
 Imgp0690
 お墓のミニチュア??
 違うね・・・。
 ようやく博物館の入り口へ出ました。
 Imgp0691_1
 中に入りましょう。
 先ずは先史時代。
 縄文の昔から。
 最近縄文時代に関心を寄せています。
 Imgp0692_1
 ここを楽しみにしていました。
 Imgp0693
 「ハート形土偶」!
 これ好きなんです。
 Imgp0426_1
 やっと本物が見られました。
 Imgp0694
 「遮光器土偶」・・・
 Imgp0606
 これはレプリカだけど観たことがあります。
 そして何よりびっくりしたのが「縄文の女神」
 Imgp0697
 「ほ、ほんもの???」
 Imgp0699
 先日「縄文ガチャガチャ」で当てたばかり。
 Imgp0698
 さほど関心がありませんでした。
 Imgp0604
 しかし、立体物を手にしてその造形の妙に驚きました。
 実物が見てみたいと思っていた所でした。
 なんと運がいい!!
 大感激してじろじろ見ちゃいました。
 他にも土偶や土器がたくさんありました。
 Imgp0696
 Imgp0695
 ここはすごいです!
 Imgp0700
 Imgp0701
 Imgp0702
Imgp0703

Imgp0704
Imgp0705
「土器土器しちゃう」というのはこういうことを言うのでしょう。
「銅鐸」もありました。
Imgp0706_1
 しかも大量に!
 あれまぁ、やはり本物はすごい。
 よくできています。
 「銅鐸さん」のそれとは完成度が違います。
 Imgp0104  
 まあ、本物だからね・・・。
 レプリカもありました。
 Imgp0707
 なんと触ることができます。
 しかも降ってその音を出すことができるんです。
 試しました。
 なんとも言えないすごくいい音色でした。
 中に「舌」と呼ばれるものが入っています。
 銅鐸を振るとそれとは本体が当たって鐘の音がするのです。
 Imgp0715_1
 だんだん装飾も多くなり、大きくなってきました。
 道具としてよりも「持ってることが凄い」ものに変わってきたのでしょう。
 ねこがいました。
 Imgp0708
 縄文ねこ??
 Imgp0710
 Imgp0711
Imgp0709
 くらない国からゴミ屋さんが仏教を持ってきました。
 高校の日本史の授業でそう覚えるよう教わりました。
 どうもねこはその辺りに日本ににきたそうです。
 それ以前にねこはいなかった。
 というのがこれまでの学説だったらしいです。
 が・・・。
 どうもそれ以前からねこはいたらしい。
 最近の研究で分かって来たそうです。
 「縄文ねこ」を作っています。
 Imgp0607
 世界に先駆けて「縄文ねこ」の再現模型が出来るはずでした。
 国立歴史民俗博物館に先を越されました・・・。
 先史時代の展示物だけで大満足。
 Imgp0712
Imgp0713
 Imgp0714

 Imgp0716
 Imgp0717
Imgp0718_2
Imgp0719
Imgp0720_1
 こあと現在に向けて展示物は新しくなってきました。
 しかし、もうこの展示室だけで「お腹いっぱい」という感じ。
 他は「こういうものがある」という雰囲気だけ見て済ませました。
 入口にあった塔には注目。
 Imgp0721
 計画したものの停まったままのオリジナルデザインの人形「五重塔子」
 Imgp0723
 屋根の作りが参考になりそうです。
 
 本日の自転車走行距離 12キロ
 
 今日であったねこ 1
 

|

« お買い得な豆苗 | トップページ | 縄文ねこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お買い得な豆苗 | トップページ | 縄文ねこ »