« ねこづくし | トップページ | 中学の同窓会 »

2019年5月 5日 (日)

ねこを塗る

 ねこを作っています。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/05/post-f90c58.html
 体が出来たので模様を貼り付けます。
 「ぐるぐる模様」を貼り付けて「縄文ねこ」に。
 Imgp0539_1 
 ねこはゴミ屋さんがくだらない国から仏教と共に連れて来たらしい。
 それ以前の日本にねこはいなかったというのが定説です。
 しかし、縄文ねこがいたらしい。
 ただし現在はその消息はようとして知れません。
 その再現です。
 しっぽ、体の模様を「ぐるぐる」縄文模様に。
 目もぐるぐるに。
 そして塗装準備。
 Imgp0597
 下地ができました。
 全体は白っぽいグレーで塗りました。
 問題は「ぐるぐる模様」
 「縄文さん」始め、オリジナル人形の「縄文」っぽいお方のは赤。
 Imgp0598
 実際の縄文衣装でも「ぐるぐる」が赤だったからです。
 「縄文ねこ」も赤で塗るつもりでした。
 「遮光器土偶子」の足の色で迷った時、焦げ茶色にしました。
 Imgp0608
 それがとても良かった。
 試しに「縄文ねこ」の「ぐるぐる」もこの茶色で塗りました。
 Imgp0607
 「シャムねこ」みたいな感じで結構いい。
 初代のねこはシャムねこでした。
 シャムねこカラーには思い入れが強い。
 「縄文ねこ」はシャムねこっぽい色に。
 さて問題は「目」です。
 「ぐるぐる目」は絵で表現するときは面白い。
 しかし、立体にするとそのとぼけた雰囲気を伝えるのが難しい。
 ましてやそれに色を付けるとなると・・・。
 筆やペンで「ぐるぐる」を書き込むという手も考えました。
 しかし、ひも状に伸ばしたパテを巻いて「ぐるぐる」に。
 「書き込み」方式でも色は課題です。
 「シャムねこ」なら「青」なんだけど・・・。
 
 本日の自転車走行距離 92キロ
 
 今日であったねこ 1
   

|

« ねこづくし | トップページ | 中学の同窓会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ねこづくし | トップページ | 中学の同窓会 »