« ブロンプトンのペダルをPD-M9020に | トップページ | PD-T8000の使い心地 »

2019年6月 1日 (土)

「縄文の女神子」制作日誌 2

 オリジナルデザインの人形「縄文の女神子」制作日誌の続きです。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/05/post-833792.html
 「じょうもんのめがこ」
 頭部、上半身 下半身と大まかな部品が揃いました。
 が・・・。
 足の開き方が大きすぎる。
 針金を骨格にしています。
 パテをそぎ落として骨格だけ再利用。
 Imgp0857
 ほぼ作り直しました。
 骨組みを3ミリ径プラパイプに変更して作り直し。
 Imgp0858
 前よりうまく生きそうな気配。
 Imgp0859_1
 この予感がしないとどうもしっくりこない。
 プラパイプにエポキシパテで肉付け。
 https://item.rakuten.co.jp/amiami/tol-00069/
 Imgp0860
 その上から薄く伸ばしたパテを服のようにかけて行きました。
 エポキシパテが固まったらその上からポリエステルパテでコーティング。
 https://item.rakuten.co.jp/amiami/tol-00078/
 Imgp0861
 エポキシパテの継ぎ目やへこみを覆います。

 Imgp0862
 「縄文ガチャガチャ」の「縄文の女神」と比較。
 この後、耐水ペーパーという砥石のような紙やすりをかけます。
 Imgp0863
 表面が平らにになるまで磨きます。
 この作業が結構面倒・・・・。
 イメージになんとなく近づいているような・・・。
 Imgp0867
 デザイン画通りに行くものと、作っているうちに変わるものがあります。
 「縄文の女神子」は後者の方。
 元の完成度が高いのでアレンジの余地が少ないんよ。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 2 
 

|

« ブロンプトンのペダルをPD-M9020に | トップページ | PD-T8000の使い心地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブロンプトンのペダルをPD-M9020に | トップページ | PD-T8000の使い心地 »