« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月31日 (金)

ブロンプトンのペダルをPD-M9020に

 スートラから外したPD-M9020ペダル。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/05/post-80338a.html
 折り畳み自転車ブロンプトンに装着します。
 この自転車にはPD-ES600の古い型を付けていました。
 PD-A520というペダルを気に入っていました。
 自転車艦隊全機標準装備になりました。
 その改良版。
 順次このペダルに買い換えたい。
 そう思いながらもペダルは早々壊れるものでなし。
 交換は「希望」のみになっていました。
 きっかけは忘れましたが、PD-M9020を購入。
 すごくいいペダル!
 PD-ES600よりこちらにしよう。
 結局このモデルは一つだけ買ったきり。
 順次PD-M9020に交換していきました。
 さて、余ったのはPD-A520。
 中古屋さんに売りに行きました。
 ひと組「壊れてる」と引き取りを拒否されました。
 「へ?」
 新ペダルに換えるまで使っていた物。
 そんな感触はありませんでした。
 言われてペダルの軸を手で回すと「ぐらぐら」
 本当だ・・・。
 ペダルといえども消耗品・・・。
 考えてみれば、一番力も体重もかかる部品。
 この経験が全機PD-M9020装着計画が早めたことは言うまでもありません。
 残すは折り畳み自転車ブロンプトンのみ。
 しかし・・・。
 この自転車にそんな高性能なペダルは必要か?
 高性能ですが高価です。
 PD-A520の改良版でもあるPD-ES600を装着しました。
https://item.rakuten.co.jp/bebike/shimano-epdes600/
 Imgp0886
 (PD-ES600装備のブロンプトン 大きさ対比用「鏡ちゃん)
 いずれ機会があったらPD-M9020を付けるかも・・・。
 全機標準化計画からブロンプトンは外されました。
 しかし、遂にその時が来ました。
 新たにPD-T8000に付け換えたスートラから外したPD-M9020。
 Imgp0887
 (左 旧型PD-ES600 右 PD-M9020 大きさ対比用「鏡ちゃん」)
 それを取り付けることにしました。
 Imgp0889
 外したペダル、随分長いこと使いました。
 複数の自転車に付け換えて使いました。
 何キロ走ったろう?
 軸を手で回しても「ぐらぐら」することはありませんでした。
 でも、寿命でしょうね。
 Imgp0890
 本日の自転車走行距離 50キロ
 
 今日であったねこ 13
 

| | コメント (0)

2019年5月30日 (木)

シマノPD-M9020をPD-8000に

 全天候型自転車にしているコナのスートラ。
 雨靴でもペダルが踏めるよう片側フラットペダルを買いました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/05/post-5c119b.html
 今まで付けていたペダルと交換。
 PD-M9020という製品を使っていました。
 「XTR」という銘柄。
https://item.rakuten.co.jp/falcon-bike/pa_shimano_ipdm9020_1/
 今回付けるのはPD-8000。
 「XT」という銘柄で、「XTR」より一つ下のシリーズ。
 ちょっとだけグレードダウン。
 しかし、「XTR」はシマノで一番いい銘柄。
 その一つ下ですから二番目にいいもの。
 確か中古品で買ったはずです。
 未使用、殆ど新品ということで買いました。
 あとでよく考えたら新品にはクリートという金具が付属します。
 クリートとはこのペダル専用の靴の底に付ける金具。
 この金具とペダルが固定されるのでペダリングにロスがなくなります。
 中古品なのでそれが付いていませんでした。
 新品との価格差はわずかでした。
 クリート付きな新品の方が良かったかも。
 と、「後悔後に立たず」な思いをしたものでした。
 Imgp0875
 先ずはそのXTRペダルを外します。
 Imgp0876
 (XTRペダル 取り付け前のXTペダル 大きさ対比用「縄文さん」)
 8ミリのアーレンキーで、ペダル根元のネジを回して緩めます。
 Imgp0878
 結構きつく締めているので力が要ります。
 緩く締めると走行中に外れるという不幸な事故につながりますから。
 外したペダルの比較。
 Imgp0880
 (上 XTXTペダル 下外したXTRペダル 大きさ対比用「縄文さん」)
 XTRは両側ともSPD対応になっています。
 今回のXTは片側だけ。
 反対側は普通の靴で踏める面。
 更に反射鏡も付いているので全体的に大柄です。
 さて、新たなペダルの取り付けです。
 ネジ山にグリスを塗っておきます。
 Imgp0882
 錆防止と、力を入れすぎてネジ山がつぶれないように。
 緩み防止の役目もあるような気もしますが、気のせいな気もします。
 そして取り付け。
 Imgp0883
 アーレンキーでしっかり絞めつけます。
 Imgp0884
 反対側も同じように作業。
 これで交換作業は終了。
 ペダルのネジを緩めるのにコツと力が要りますが基本的な作業は簡単簡単。
 さて、外したXTRペダルの行く先は?
 
 本日の自転車走行距離 3キロ
 
 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2019年5月29日 (水)

シマノPD-T8000ペダル

 私は雨の日も自転車通勤をしています。
 これからの時期はその装備が身軽でいい。
 レインウエアの上下。
 特にレインパンツが七分丈のものになる。
 嵩張らないのでこれが携帯性に優れてる。
 「雨が降りそう」な状態で持つのに邪魔になりません。
 レイングローブが要らない。
 雨の日、特に寒い時期は指先が冷たくなります。
 それが夏場は心配がない。
 夏用は指切りグローブ。
 そのままいけます。
 そして足。
 ビンディング金具の付いたSPDサンダル。
 ペダルが靴底の金具で固定される自転車専用品です。
 これだけでいい。
 素足だとさすがに冷たいこともあります。
 靴下をはき、さらに予備を用意。
 それも夏用はかさ張りません。
 雨の日の雨中航行は季節を問わず嫌なもの。
 しかし、軽量な装備で済むこの時期は助かります。
 寒い時期の雨、「足元問題」が結構厄介。
 SPDシューズにレインカバーをかけていきます。
 「普通の雨靴の方がいいかも」と思うことも。
 しかし、今付けているSPDペダルは普通の靴の使用には向きません。
 片側が普通のペダルに買い換えるか?
 そう思ったのは去年の冬。
 幸い、この冬はあまり雨に降られませんでした。
 片側が普通のペダルになったSPDペダルに換えよう計画。
 シマノのXTペダル。
 PD-T8000。
https://item.rakuten.co.jp/bebike/shimano-pdt8000/?s-id=ph_pc_itemname
 「ターミネーター」みたいな型番です。
 片面がフラットなSPDペダル。
 Imgp0872
 Imgp0871
 (新購入のXTペダル 左SPD面 右フラットな面 大きさ対比用「草薙のつるぎ子})
 Imgp0873

 反射鏡付きがいい。
 雨中航行中、車からの視認性の確立を上げて安全につなげたい。
 Imgp0874
 そしていい品。
 ペダルはそのグレードで性能が全然違います。
 これを装備予定の自転車はコナのスートラ。
 これを買った時、ペダルがおまけに付いてきました。
 スポーツタイプの自転車はペダルが別売りの場合が多いです。
 「すでに持ってる」「こだわりのペダルがある」場合が多いので別売り。
 要らなかったけれど、貰ったペダルを手にしてびっくり。
 回転性能が話にならないほど良くない。
 手で回すとごりごり」しました。
 安物はここまで違うんだ・・・。
 という経験もありいいものを選択肢に。
 その条件で選んだ結果これに決定。
 これを目標にして貯金を開始。
 梅雨を前にようやく実現しました。
 資金を貯めるのに時がかかりました・・・。
 これからは先述した通りSPDサンダル活躍の時期。
 このペダルが真価を発揮するのは秋以降の予定。
 しかし、スートラには間もなく装備します。
 
 本日の自転車走行距離 5キロ
 
 今日であったねこ 5

| | コメント (0)

2019年5月28日 (火)

「縄文の女神子」制作日誌 1

 オリジナルデザインの人形制作日誌です。
 先日ハート形土偶の「文明さま」を作りました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/04/post-347cbe.html
 もうそんなにモチーフにするようなものはないでしょう。
 と、思っていました。
 が。
 博物館で縄文土偶ガチャガチャをしました。
 出て来たのは「縄文の女神」
 始めは「つまらんものが出て来た」という印象でした。
 しかし、よく見るとすごいデザイン。
 縄文の昔に作られたとは思えないほど。
 図らずもその後、本物を見る機会に恵まれました。 
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/05/post-b52583.html
 そこで「縄文の女神」をモチーフにした人形を計画しました。
 しかし、デザインがなかなか決まらない。
 ハート形土偶や遮光器土偶みたいに「どうしたらこういう風に見える?」
 そうした面白さがありました。
 オリジナルデザインの人形はそれを「ひとがた」にしたもの。
 「縄文の女神」はしっかりと人の形をしています。
 これを改めて「ひとがた」にする必要がない・・・。
 Imgp0853
 Imgp0854
 あ~でもない、こ~でもないと考えてようやくデザインが決まり制作を開始。
 名前は「縄文の女神子(じょうもんのめがこ)」の予定。
 Imgp0855
 本日の自転車走行距離 31キロ
 
 今日であったねこ 1
 

| | コメント (0)

2019年5月27日 (月)

毛布とお別れ

 今年は2月に入ると暖かくなりました。
 しかし、3月にると寒い日が。
 4月にもそんな日が何日かありました。
 早々と「夏支度」をしたのに、寒の戻り。
 5月。
 もう寒くなることはないでしょう。
 それどころか真夏をお思わせる陽気です。
 毛布をしまうことにしました。
 Imgp0537
 お気に入りの毛布はまた寒くなる冬まで。
 Imgp0536
 本日の自転車走行距離 13キロ
 
 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2019年5月26日 (日)

江戸川サイクリング

 久しぶりに江戸川をサイクリングしました。
 Imgp0833
 特に目的もなく江戸川を上る。
 Imgp0834
 東京に越してきた頃、「どこまで行けるか」をやりました。
 Imgp0835
 江戸川と利根川がぶつかる関宿という辺りまで行きました。
 確か、家から70キロ片道走ったと思います。
 行きの追い風、帰りは向かい風で大変だったのを記憶しています。
 大きな河川では避けるものがない。
 「向かい風の中走るのは大変」
 まだそれに気が付かない時期でした。
 今回は風向きに気を付けながら走りました。
 何となく前方から吹いてくる。
 北風?
 でもこの時期北風はないね・・・。
 一応関宿を目指しました。
 70キロというの数値が記憶に残っています。
 片道70キロなのか、全行程70キロだったのか?
 その辺りの記憶が曖昧。
 三郷辺りで周辺地図を見つけました。
 利根川との合流点は・・・・。
 まだまだ先のようです。
 地図のスケール表示でざっと測りました。
 30キロ以上ある・・・。
 ここまでが30キロ。
 やはり片道70キロか。
 すると全行程140キロ。
 今日の風は穏やか。
 行くなら今日がチャンスです。
 が・・・。
 やめました。
 次の橋で千葉側の岸にわたり、下流へ。
 反対側を通って帰ることにしました。
 Imgp0836
 逆方向に走ると向かい風を感じました。
 やはり南から吹いとるね。
 走るのに気にならないほどの風速でした。
 帰りの道の方が早く感じました。
 反対側の岸ですが景色に見覚えがあるからでしょう。
 越してきた頃より、江戸川は身近なところになっています。
 やがてもう一つの目的地付近に来ました。
 Imgp0837
 「栗山配水塔」
  前回は電車で行きました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/05/post-c896cf.html
 江戸川からそのまま行くとどういう道になるか?
 どのくらい離れているか?
 それを確かめに行きました。
 前回行ったので何となくの方向は分かります。
 といっても殆ど勘で。
 着きました。
 Imgp0839
 ほんとにすぐでした。
 1キロちょっと。
 施設の周辺を走ったら古墳を発見。
 Imgp0840
 再び江戸川へ戻りました。
 帰りは出来る限り千葉側を走りました。
 Imgp0843
 私の好きな「ごみ姉さん」があるのも千葉側です。
 Imgp0844
 
 本日の自転車走行距離 43キロ
 
 今日であったねこ 1
 
 
 

| | コメント (0)

2019年5月25日 (土)

ねこの置物

ねこの置物
Imgp0609  
 Imgp0722
 ねこの・・・
 Imgp0617
 置物。
 
 本日の自転車走行距離2 62キロ

 今日であったねこ 2 

| | コメント (0)

2019年5月24日 (金)

ご家庭で出来る手軽な「NCC-0514 U.S.S. KELVIN」

 NCC-0514 U.S.S.kELVINのプラモデルを作りました。
https://biccamera.rakuten.co.jp/item/0707600109767/
 Imgp0816
 映画「スタートレック」登場の宇宙船です。
 物語の冒頭に登場。 
 悪もんと遭遇、抵抗むなしく破壊されてしまいます。
 物語の発端に貢献する重要な役。
 その為しっかり細部までデザインされていて好きなキャラクターです。
 映画が公開されて10年近く。
 ようやくプラモデルになりました。
 1/1000なので他の連邦宇宙艦とも並べられます。
 Imgp0823
 円盤部が人が暮らすところ。
 Imgp0819
 円盤の上は機関部とちび宇宙船発着場。
 Imgp0818
 艦底にはエンジンナセルと呼ばれる推進装置。
 Imgp0817
 普通の連邦宇宙艦とは構造が逆になっているのも面白いデザイン。
 「スタートレック」の宇宙船はエンジンナセルは二本でひと組。
 Imgp0824
 (標準的なデザインの連邦宇宙艦プラモデル)
 これで光速を越える速度を得るという設定。
 例外的に3本や4本も登場しました。
 それが1本しかないのはどうなの?
 推進力は稼げるの?
 エンジンナセルは複数あったほうがデザインも安定すると思います。
 でもデザインとしてまとまっているのが見事なところ。
 塗装の際、「アズテックパターン」という変な模様を付けるのが一苦労。
 下地にシルバーを塗って、細かく切ったマスキングテープをそれっぽく配置。
 Imgp0827
 白っぽいグレーの缶スプレーをで軽く塗装。
 Imgp0828
 Imgp0829
 乾燥後、マスキングテープをはがします。
 その上から白っぽいグレーを再塗装。
 下地のシルバーが「なんとなく見える」ところで塗装終了。
 「連邦宇宙艦」本体のはこの方法で塗装。
 映画公開後まもなく手に入れたガレージキット版と並べてみました。
 Imgp0821
 こちらは確か1/1400スケール。
 Imgp0822
 今回のプラモデル版の方が大きくていい。
 
  本日の自転車走行距離 32キロ
 
 今日であったねこ 3

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

コンチネンタル ウルトラスポーツ2タイヤ

 シクロクロス車のタイヤを換えてひと月近く経ちました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/04/post-f41ef9.html
 Imgp0796
 始めはさほど「新しくした」感じを受けませんでした。
 乗っているうちに「すっ」と走る気持ちよさを感じるようになりました。
 700×32Cからより細い28Cというタイヤにしました。
 走行感の軽さは単純に物理的な「細さ」かもしれません。
 正直「タイヤの違い」というのは良く分かりません。
 雑誌の評などを読んでいても「ふ~ん」という感じ。
 今回このタイヤにしたのも雑誌の影響でした。
 コンチネンタルウルトラスポーツ2。
https://item.rakuten.co.jp/worldcycle/con-i-ultrasport2/
 検索したら意外な安さ。
 これで使い勝手が良かったらいいよね!
 その程度の思いで採用しました。
 一緒にホイールもいいものに交換。
 これは既に10000キロ近く走っているもの。
 新品ではありません。
 しかし、元がいいものなのでこれも気持ちがいい。
 今回のタイヤ・ホイール交換はまずますの成功です。
 
 本日の自転車走行距離 5キロ
 
 今日であったねこ 3

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

栗山配水塔

 江戸川に出た時、千葉側の向こう岸に見える謎の建物。
 緑色をしたドーム状の屋根の不思議な建築物。
 「なんだろう」と長いこと疑問でした。
 テレビで水道関係の施設と知りました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/栗山配水塔
 Imgp0784
 一年に一度見学ができるそうです。
 Imgp0783
 行ってみたいなぁと思いつつそのまま時が・・・。
 向こう岸に見えますが、具体的にどこにあるのかは不明。
 調べてみると北総線の矢切駅から近いそうです。
 「ほくそうせん」これまた馴染みのない電車。
 都営浅草線とつながっているそうです。
 あ・・・京急ともつながってるということね。
 北総線の矢切駅へ行きました。
 Imgp0785
 矢切の渡し船。
 駅は地下にありました。
 ホームから見渡せるかなと期待していましたが、出来ませんでした。
 さてどっち?
 江戸川から見た時、周りに緑がありました。
 木の茂っている方でしょう。
 あたりをつけて歩き出しました。
 が・・・。
 なんだか違う気がしてきました。
 携帯のGPS機能を起動。
 全く反対の方向でした。
 携帯の言うとおりに歩いて行きました。
 見えない・・・。
 ようやくそれらしい姿が見えてきました。
 Imgp0786_1
 「あったあったあった」
Imgp0787
 長年の疑問、なぞの建物が間近に見えてきました。
 これが栗山配水塔。
 Imgp0788
 1937年の建築物だそうです。
 Imgp0789
 戦火も間逃れて今も健在。
 配水塔どころか施設内にも入れませんでした。
 Imgp0790
 まあ、見学は年に一度と聞いていました。
 入れるとは期待していませんでしたので。
 外側から見て満足。
 疑問が解けて満足。
 
 本日の自転車走行距離 18キロ
  
 今日であったねこ 5
 
 

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

シュワルベのタイヤレバー

 タイヤ交換の時に使う工具タイヤレバー。
 これがひん曲がってきました。
 Imgp0793
 (三本一組のタイヤレバー そのうち二本がひん曲がってきました)
 新しいのに買い換えたい。
 シュワルベのタイヤレバーが良さそう。
 インターネットで見つけました。
 でもこれだけ買うと送料の方が高い。
 何か別なものと一緒に。
 そう思っていました。
 お店で売っているのを見かけました。
 しかも「はつ~か、さんじゅ~にちは5%オフ」
 の日。
 イヲンバイク。
 欲しいと思っていたものがお店で買える。
 当たり前のことですが、新鮮な気分。
 それだけネット通販ばかりしてんのね・・・。
 新しいタイヤレバーはクリップ付き。
 タイヤに引っ掛けて作業できるらしい。
 Imgp0797
 スポークじゃなくてタイヤにね?
 説明書を見ても良く分からん・・・。
 やっぱりスポークにかけるんね。
 まあ、本番の作業で何とかなるでしょう。
 Imgp0794
 古いタイヤレバーは使えるのが1本。
 Imgp0795
 (青いのが新しいタイヤレバー 赤が古いもの 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」)
 新しいのと混ぜて使いましょう。
 4本組にして自転車のサドルバッグに装備しました。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 2

 https://item.rakuten.co.jp/worldcycle/swl-k-tirelever/
 

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

ハムストリングス伸ばし

 NHKの「チョイス!」を観ました。
https://www4.nhk.or.jp/kenko-choice/x/2019-05-11/31/32540/1722231/
 見えない腰痛の特集でした。
 レントゲンなど映像でその原因が特定できない腰痛について。
 番組の中でハムストリングスのストレッチ方法を紹介していました。
 両足伸ばして骨盤を立てる。
 骨盤から上半身を曲げていく。
 この時、顔が膝に付くようにはしない。
 Imgp0775_1
 Imgp0776_1
 あれれ。
 膝に顔が付くように、つま先に手が届くように。
 そういうストレッチをしていました。
 それではハムストリングスは伸びないそうです。
 Imgp0774_1
 テレビを観ながらやってみました。
 あ・・・。
 効く。
 今まで、似たような形の前屈ストレッチはしていました。
 こういう方法は思いつかなかった。
 Imgp0779
 骨盤を立てるというのはロードバイクに乗る時の基本。
 サドルの上では「骨盤を立てて」ペダルをこいでいます。
 その姿勢はすごく分かりやすかった。
 ハムストリングス が硬くなると仙骨という辺りの筋肉が動かなくなる。
 Imgp0777
 それが腰痛の原因になるそうです。
 Imgp0778
 以前、謎の腰痛になりました。
 ハムストリングスは硬い。
 これが原因だったかもしれません。
 筋肉は筋膜に包まれています。
 Imgp0780
 普通は筋膜の下を滑るように動くそうです。
 しかし、その筋膜が硬くなると・・・。
 筋肉と筋膜はその上の脂肪層と一緒に動く。
 Imgp0781
 Imgp0782  
 その時、脂肪層の中の神経を刺激して痛みを感じるのだそうです。
 腰の痛みや四十肩はそれだったんね。
 
 本日の自転車走行距離 50キロ
 
 今日であったねこ 3

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

働くねこ

 駐車場勤務のねこの撮影に成功しました。
 Imgp0760
 以前からここの地下駐車場で働いているねこの姿を見かけていました。
 Imgp0759
 ここで働いている証拠に、ちゃんと定位置にシートが敷かれています。
 「同僚」として認められている証です。
 駐車場番です。
 Imgp0758
 ねこは働くのです。
 ただし、犬の働き方と比べると働いていないように見えます。
 居るだけで大したものなのです。
 
 本日の自転車走行距離 13キロ
 
 今日であったねこ 4

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

「歩き続ける力」

 三浦雄一郎氏の本を買いました。
 「歩き続ける力」
 氏の本を買ったのは初めてだったかな?
 パラパラページをめくって突然思い出しました。
 「足の重り・・・」
 何年か前にテレビの健康番組で氏の特集を観ました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/10/post-92a4.html
 気になったのはエベレスト登山に向けて、日ごろからしているトレーニングの様子。
 リュックに本や水の入ったペットボトルを入れてそれを背負う。
 足には重りを巻き付ける。
 出かける時はその装備でどこへでも行くそうです。
 リュックの重りは嫌だなと思いました。
 けれど、足の重りは真似しよう。
 早速買いに行きました。
 「アンクルウエイト」
 氏は1キロを装着していました。
 私は500グラムのものを買いました。
 足に装着。
 意外と気にならない。
 そのまま自転車に乗ってもさほど負担ではありません。
 しばらく続けました。
 鍛えた効果は?
 「ボラドンゴール」の戦士みたいに外した途端、動きが俊敏に・・・。
 なんてことは全くありませんでした。
 特に効果は感じられず。
 夏場は7分丈のズボンを履きます。
 足首が丸見え。
 ま、それはいいとしても夏場は暑い。
 余計なものは身に付けたくない。
 巻いているだけで暑い!
 冬場だけの装備になっていました。
 最後にしたのは去年の今頃まで。
 暑くなって来た頃外しました。
 秋になったら再開するつもりで・・・。
 そのまますっかり忘れていました。
 「どこしまったっけ?」
 探しました。
 あったあった。
 捨ててなかった。
 また足首に巻き付けることにしました。
 暑くなって外したくなる時まで。
 Imgp0765_1
 (「歩き続ける力」思い出したアンクルウエイト 大きさ対比用「文明さま」)

 本日の自転車走行距離 8キロ
 
 今日であったねこ 1 
<table border="0" cellpadding="0" cellspacing="0"><tr><td><div style="border:1px solid #95a5a6;border-radius:.75rem;background-color:#FFFFFF;width:504px;margin:0px;padding:5px;text-align:center;overflow:hidden;"><table><tr><td style="width:240px"><a href="https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15818606%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fbook%2Fi%2F19515769%2F&link_type=picttext&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0dGV4dCIsInNpemUiOiIyNDB4MjQwIiwibmFtIjoxLCJuYW1wIjoicmlnaHQiLCJjb20iOjEsImNvbXAiOiJkb3duIiwicHJpY2UiOjEsImJvciI6MSwiY29sIjoxLCJiYnRuIjoxfQ%3D%3D" target="_blank" rel="nofollow noopener noreferrer" style="word-wrap:break-word;" ><img src="https://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?me_id=1213310&item_id=19515769&m=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fbook%2Fcabinet%2F4342%2F9784575314342.jpg%3F_ex%3D80x80&pc=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fbook%2Fcabinet%2F4342%2F9784575314342.jpg%3F_ex%3D240x240&s=240x240&t=picttext" border="0" style="margin:2px" alt="[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]" title="[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]"></a></td><td style="vertical-align:top;width:248px;"><p style="font-size:12px;line-height:1.4em;text-align:left;margin:0px;padding:2px 6px;word-wrap:break-word"><a href="https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15818606%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fbook%2Fi%2F19515769%2F&link_type=picttext&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0dGV4dCIsInNpemUiOiIyNDB4MjQwIiwibmFtIjoxLCJuYW1wIjoicmlnaHQiLCJjb20iOjEsImNvbXAiOiJkb3duIiwicHJpY2UiOjEsImJvciI6MSwiY29sIjoxLCJiYnRuIjoxfQ%3D%3D" target="_blank" rel="nofollow noopener noreferrer" style="word-wrap:break-word;" >歩き続ける力 [ 三浦雄一郎 ]</a><br><span >価格:1080円(税込、送料無料)</span> <span style="color:#BBB">(2019/5/18時点)</span></p><div style="margin:10px;"><a href="https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15818606%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fbook%2Fi%2F19515769%2F&link_type=picttext&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0dGV4dCIsInNpemUiOiIyNDB4MjQwIiwibmFtIjoxLCJuYW1wIjoicmlnaHQiLCJjb20iOjEsImNvbXAiOiJkb3duIiwicHJpY2UiOjEsImJvciI6MSwiY29sIjoxLCJiYnRuIjoxfQ%3D%3D" target="_blank" rel="nofollow noopener noreferrer" style="word-wrap:break-word;" ><img src="https://static.affiliate.rakuten.co.jp/makelink/rl.svg" style="float:left;max-height:27px;width:auto;margin-top:0"></a><a href="https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15818606%2F%3Fscid%3Daf_pc_bbtn&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fbook%2Fi%2F19515769%2F%3Fscid%3Daf_pc_bbtn&link_type=picttext&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0dGV4dCIsInNpemUiOiIyNDB4MjQwIiwibmFtIjoxLCJuYW1wIjoicmlnaHQiLCJjb20iOjEsImNvbXAiOiJkb3duIiwicHJpY2UiOjEsImJvciI6MSwiY29sIjoxLCJiYnRuIjoxfQ==" target="_blank" rel="nofollow noopener noreferrer" style="word-wrap:break-word;" ><div style="float:right;width:41%;height:27px;background-color:#bf0000;color:#fff !important;font-size:12px;font-weight:500;line-height:27px;margin-left:1px;padding: 0 12px;border-radius:16px;cursor:pointer;text-align:center;">楽天で購入</div></a></div></td><tr></table></div><br><p style="color:#000000;font-size:12px;line-height:1.4em;margin:5px;word-wrap:break-word"></p></td></tr></table>

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

朝比奈北市民の森 2

 朝比奈北市民の森散策の続きです。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/05/post-b57a30.html
 案内地図の通りに進みました。
 しばらく行くとまた案内板。
 ここから「下界」に降りる道があるらしい。
 どこに出るのか気になります。
 けれど、最終地点まで行きたい。
 そのまま進みました。
 道も「古道」っぽくなってきました。
Imgp0767
 下に住宅地が見えます。
 知らない地なので心強いような。
 Imgp0768
 町が見えるのは興ざめなような複雑な気分。
 途中でハイカーとすれ違いました。
 道が良く分からなかったところ。
 行くべき方向を教えてもらえました。
 ありがとう。
 しばらく行くと人の声が聞こえてきました。
 「学校?関東学院が近いってこと?」
 やがて見えてくる建物。
 Imgp0769
 どうも学校らしい。
 Imgp0770
 ちょつとかっこいい。
 関東学院のようでした。
 また案内板が。
 それにしてもこのハイキングコースは案内板が多い。
 初めてなので助かったけど・・・。
 終点のようでした。
 Imgp0771
 うへっ、本当に短いコースでした。
 Imgp0772
 800メートルと見積もったのは間違いなかった。
 Imgp0773
 階段を降りると道路に出ました。
 時計を見ると20分経過。
 1キロ10分ほどで歩きます。
 ハイキングコースなのでアップダウンがありました。
 そのくらいかかったのでしょう。
 本当に短かった!!
 さてここはどこ?
 バス停を見つけましょう。
 それはすぐ見につかりました。
 さて、どこへ行く何のバス?
 時刻表を見るとほとんどない!
 バス停があるだけという感じ。
 あちゃ・・・。
 どうするね?
 800メートル徒歩20分。
 来た道を戻るか?
 それじゃちょいとつまらない。
 反対側に歩いてみることにしました。
 頭上に高速道路が見えています。
 Imgp0775
 朝夷奈切通しに行った時、高速道路のを歩きました。
 きっと同じ道路でしょう。
 だとするとだいたい場所は分かります。
 もう少し歩いてバス通りを探すことに。
 Imgp0774
 しばらく歩くと走りゆくバスの姿が!
 おお!勘は合っていた!
 何となく知った道に出ました。
 ここはもしかして朝夷奈切通しに行く時に通った道?
 その通りでした。
 「朝夷奈切通し」への案内板を見つけたところ。
 ここで道路を渡りました。
 Imgp0776
 バス停はその位置にありました。
 行ったばかりで20分ほど待ちました。
 やってきたバスに乗車。
 次の停留所は「鼻欠け地蔵」のあった所。
 朝比奈北市民の森への入り口です。
 ハイキングコースはぐる~っと回ってほぼ同じところに戻って来た。
 そんな感じでした。
 そうか、テレビでは鎌倉から朝夷奈切通しを歩いていました。
 そこから関東学院口から朝比奈北市民の森へ入った。
 それで鼻欠け地蔵から出て来たんだ。
 朝比奈北市民の森はこれといったところが無かったので放送ではカット。
 そういうことだったらしい。
 金沢八景駅へ出て「鎌倉古道三部作」はお終い。
 バスは20分ほど待ちました。
 行きは駅から歩きました。
 所要時間は分かっています。
 全部歩いてもバスと同じ時刻に駅に着いたでしょう。
 けれど、バス停は鼻欠け地蔵から一つしか離れていなかった。
 そんなに近くだとは思わなかったから20分も待ってしまいました。
 
 本日の自転車走行距離 50キロ
  
 今日であったねこ 2 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

朝比奈北市民の森 1

 NHKの「趣味どきっ! 大人の歩き旅」で知った鎌倉古道。
 テクスト本を頼りに能見堂、朝夷奈切通しを歩きました。
 最後に残したのは鼻欠け地蔵からの古道。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/02/post-d343.html
 ここを歩けば「鎌倉古道三部作」が完結するはず。
 スタート地点は「鼻欠け地蔵」のあるところ。
 前回はそのまままっすぐ歩いて朝夷奈切通しへ行きました。
 今回は地蔵さんのところを曲がって山道へ。
 Imgp0762
 ここまでは以前来ているので分かっています。
 「朝比奈北市民の森」っていうんだ。
 「朝夷奈」と「朝比奈」は間違いやすい。
 鼻欠け地蔵の反対側の道路に動物病院。
 看板のだるまねこが可愛い。
 Imgp0580
 だるま犬はどうでもいい。
 古道を登り始めました。
 Imgp0763
 「古道」という割には新しい感じ。
 Imgp0765
 オサムシを見つけました。
 Imgp0764
 (枯葉の潜ろうとしている緑色の甲中がオサムシ)
 綺麗ですが触ると屁をひっかけられます。
 嗚呼、誰もが屁を楽しむ時代にしたい。
 市民の森全景図を発見。
 Imgp0766
 テレビ放映でもテキスト本でも扱いが無かった道。
 どこへ出るのかさっぱり分かりません。
 でも、何度か来たので「なんとなく」の土地勘は出来てきました。
 何とかなるでしょう。
 それにしても全景図は見ておきたい。
 ハイキングコースは関東学院金沢文庫校舎にでるとか。
 関東学院は金沢八景だよね?
 新たにできたんかね?
 ま、行けば分るでしょう。
 どのくらい歩く?
 縮尺距離計が200メートルでした。
 指を開いた感覚で大まかに測定。
 800メートル。
 「はっぴゃくめえとるぅ?」
 随分と短い。
 大目に見ても1キロ程度。
 平地なら10分くらい腕歩けてしまう距離。
 なんだ、短いのか。
 テレビでの扱いがなかったわけだ。
 ま、いいや進みましょう。
 つづく。
 
 本日の自転車走行距離
 
 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

かえるのトーテムポール

 かえるの
Imgp0361
Imgp0360
 とーてむ
Imgp0359
 ぽーる
Imgp0358
 Imgp0357
  
  本日の自転車走行距離 60キロ
 
 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

古墳で宇宙に

 先日訪れた国立歴史民俗博物館。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/05/post-b52583.html
 古墳の再現模型を見ました。
 Imgp0717
 古の時代でなく、なぜか遠い未来。
 60314504_2277547845658401_40157337252821
 未知なる宇宙に思いを馳せてしまいました。
 Imgp0761
 本日の自転車走行距離 31キロ
 
 今日であったねこ 5

| | コメント (0)

2019年5月13日 (月)

アンモニャイトブラック

 アンモニャイトブラック。
 Imgp0611
 その撮影に成功しました。
 撮影終了後、「かちゃ」っという音を出して起こしてしまいました。
 Imgp0612
 本日の自転車走行距離 37キロ
 
 今日であったねこ 5

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

もくようのいえ

 「木ようの家」と「木のような家」は、間違いやすい。
 Imgp0681
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 3

| | コメント (0)

2019年5月11日 (土)

タンデムのレンタサイクル

 先日国立歴史民俗博物館に行きました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/05/post-b52583.html
 駅前でレンタルサイクルらしいものを見かけました。
 Imgp0684
 係りの人などがいなかったのでやっていないのか?
 保管場所なのか?
 借りるつもりなどなかったのでどちらでもいい。
 気になったのはタンデム車。
 変速機付きで乗るならこちら!
 Imgp0683
 しかし、ホイールが外されて乗れない状態。
 もう一台ある完成車もなぜか端っこに・・・。
 あまり人気がないのか?
 人気があって壊れたのか?
 なぞのレンタサイクルっぽい自転車。
 
 本日の自転車走行距離 31キロ
 
 今日であったねこ 16
 
 

 

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

縄文ねこ

 オリジナルデザインの人形「縄文ねこ」が完成しました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/05/post-b30eda.html
 目の色をどうするかで迷いました。
 Imgp0607
 配色が「なんとなくシャムネコ」
 シャムネコの目は青。
 でも青は違う・・・。
 結局緑色にしました。
 Imgp0679
 Imgp0680
 下地をシルバーで塗って、その上からクリアグリーン。
 これでねこは完成です。
 あとは台座に固定するだけ。
 真ん中にしちゅを立てるために穴を開けた木製台があります。
 これを再利用。
 穴をパテで埋めました。
 更に全体にパテを塗り塗装。
 「地面」のような感じに。
 Imgp0730
 Imgp0734
 Imgp0733
 Imgp0732
Imgp0731
 拾ってきた小石を配置して簡易ジオラマに。
 こちらは「縄文ねこ」の生息していた頃の想像図。
 Imgp0735
 お人形に「縄文さん」は付属しません。
 
 本日の自転車走行距離 9キロ
  
 今日であったねこ 2 
 

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

国立歴史民俗博物館へ

 国立歴史民俗博物館へ行きました。
https://www.rekihaku.ac.jp/
 京成線佐倉駅から徒歩15分。
 佐倉駅ってどこ??
 千葉の方は土地勘がありません。
 どうにか佐倉駅へ到着。
 駅に着く前に風車が見えました。
 以前自転車仲間とのツーリングできたことがある。
 その近くなんだ・・・。
 博物館への地図を手に入れ、向かいました。
 Imgp0685
 な~んとなくその姿が見えてくる。
 Imgp0686_1
 道が正しいという安ど感。
 丘の上にありそう。
 どこから入るんね?
 Imgp0687_1
 入口に到着しました。
 なんだかすごい門構え。
 Imgp0688
 元はお城だった所のようです。
 敷地はかなりの広さのようです。
 Imgp0689
 なかなか建物にたどり着かず・・・。
 晴れた日に来てよかった。
 Imgp0690
 お墓のミニチュア??
 違うね・・・。
 ようやく博物館の入り口へ出ました。
 Imgp0691_1
 中に入りましょう。
 先ずは先史時代。
 縄文の昔から。
 最近縄文時代に関心を寄せています。
 Imgp0692_1
 ここを楽しみにしていました。
 Imgp0693
 「ハート形土偶」!
 これ好きなんです。
 Imgp0426_1
 やっと本物が見られました。
 Imgp0694
 「遮光器土偶」・・・
 Imgp0606
 これはレプリカだけど観たことがあります。
 そして何よりびっくりしたのが「縄文の女神」
 Imgp0697
 「ほ、ほんもの???」
 Imgp0699
 先日「縄文ガチャガチャ」で当てたばかり。
 Imgp0698
 さほど関心がありませんでした。
 Imgp0604
 しかし、立体物を手にしてその造形の妙に驚きました。
 実物が見てみたいと思っていた所でした。
 なんと運がいい!!
 大感激してじろじろ見ちゃいました。
 他にも土偶や土器がたくさんありました。
 Imgp0696
 Imgp0695
 ここはすごいです!
 Imgp0700
 Imgp0701
 Imgp0702
Imgp0703

Imgp0704
Imgp0705
「土器土器しちゃう」というのはこういうことを言うのでしょう。
「銅鐸」もありました。
Imgp0706_1
 しかも大量に!
 あれまぁ、やはり本物はすごい。
 よくできています。
 「銅鐸さん」のそれとは完成度が違います。
 Imgp0104  
 まあ、本物だからね・・・。
 レプリカもありました。
 Imgp0707
 なんと触ることができます。
 しかも降ってその音を出すことができるんです。
 試しました。
 なんとも言えないすごくいい音色でした。
 中に「舌」と呼ばれるものが入っています。
 銅鐸を振るとそれとは本体が当たって鐘の音がするのです。
 Imgp0715_1
 だんだん装飾も多くなり、大きくなってきました。
 道具としてよりも「持ってることが凄い」ものに変わってきたのでしょう。
 ねこがいました。
 Imgp0708
 縄文ねこ??
 Imgp0710
 Imgp0711
Imgp0709
 くらない国からゴミ屋さんが仏教を持ってきました。
 高校の日本史の授業でそう覚えるよう教わりました。
 どうもねこはその辺りに日本ににきたそうです。
 それ以前にねこはいなかった。
 というのがこれまでの学説だったらしいです。
 が・・・。
 どうもそれ以前からねこはいたらしい。
 最近の研究で分かって来たそうです。
 「縄文ねこ」を作っています。
 Imgp0607
 世界に先駆けて「縄文ねこ」の再現模型が出来るはずでした。
 国立歴史民俗博物館に先を越されました・・・。
 先史時代の展示物だけで大満足。
 Imgp0712
Imgp0713
 Imgp0714

 Imgp0716
 Imgp0717
Imgp0718_2
Imgp0719
Imgp0720_1
 こあと現在に向けて展示物は新しくなってきました。
 しかし、もうこの展示室だけで「お腹いっぱい」という感じ。
 他は「こういうものがある」という雰囲気だけ見て済ませました。
 入口にあった塔には注目。
 Imgp0721
 計画したものの停まったままのオリジナルデザインの人形「五重塔子」
 Imgp0723
 屋根の作りが参考になりそうです。
 
 本日の自転車走行距離 12キロ
 
 今日であったねこ 1
 

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

お買い得な豆苗

 豆苗を買ったのは4月前半だったと思います。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/04/post-fe732f.html
 30%引き。
 前回記事にした時点で4回は収穫していたようです。
 5月の今も豆苗は伸びています。
 Imgp0616
 (♪伸びてる伸びてる伸びてる豆苗♪ 大きさ対比用「文明さま」)
 流石に芽は細くなったし、収穫量も少なくなりました。
 けれどまだ伸びています。
 収穫できます。
 日差しも強く、暖かな時期だからこそでしょう。
 冬場ならこうはいかなかったと思います。
 とってもお買い得な感じ。
 
 本日の自転車走行距離 4キロ
 
 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

遮光器土偶キーホルダー

 遮光器土偶キーホルダーを買いました。
 Imgp0605
 これをモチーフにした「遮光器土偶子」と比較。
 Imgp0606
 随分と形は違う。
 そっくりにすると宇宙人かロボットに見えてしまいます。
 そういうのは他にいくらもあります。
 似せて作ったわけじゃ無いのでいいんです。
 
 本日の自転車走行距離 12キロ
 
 今日であったねこ 3

| | コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

中学の同窓会

 中学3年の時の同窓会に行きました。
 去年から始めり、その第2回目。
 毎年恒例になりそうです。
 今回も自転車で向かいます。
 故郷横浜なので道には迷いませ~ん。
 前回は町田に寄ってから行きました。
 会場までぴったり100キロ。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2018/05/post-4411.html
 今回は朝一番に出て、浜金谷に行く予定でした。
 そこから東京湾フェリーに乗船。
 久里浜から再び走る。
 そんな予定でした・・・。
 が。
 連Q中も仕事。
 しかも仕事が立て込んで疲れていました。
 げ・・・、浜金谷まで走るのはやめておこう。
 家から浜金谷までぴったり100キロあります。
 久里浜から横浜の会場まで30キロ弱しょう。
 う~ん、やはりやめ。
 今回は「ふつー」に行くことにしました。
 余裕を見て3時間前の出航。
 疲れているのでゆっくり走りましょう。
 風は南風。
 横浜の方から吹いてきます。
 げ・・・向かい風。
 そういえば去年も強い向い風でした。
 去年ほど強くないけど、疲れた体には応えます。
 きっと帰りは追い風。
 その期待を胸に走り続けました。
 途中休憩をはさみながらぴったり3時間かかりました。
 速度計を見ると走行時間は2時間15分。
 走る間しか記録されない設定にしています。
 残り40分近くが信号待ち?
 そういえばやけに赤信号にかかりました。
 シクロクロス車で出かけました。
 Imgp0056_1
 この日に合わせてタイヤ・チューブ、ワイヤー類を交換しました。
 ホイールも使いかけですが「いいもの」に交換。
 その甲斐あって、走りは快適でした。
 さて同窓会会場。
 去年は来られなかったメンバーも来ていました。
 懐かしい・・・。
 中学卒業以来の再会という友人も何人かいました。
 クラス会ですが、クラス以外の人も参加・・・。
 あ、覚えてる人たち。
 とても楽しい時間でした。
 いろいろ話して笑ってあっという間に時が過ぎました。
 私は遠いので中締めで帰ることに。
 宴はその後も続いたようです。
 帰り道は期待通りの追い風でした。
 寄るということで道も空いていました。
 2時間半で到着。
 不思議なことに連日の疲れが同窓会の中で取れていました。
 体が楽になっいているのを感じてひそかに驚いていました。
 楽しい集まりは体にいいんだ・・・。
 翌日の朝、思っていたより疲れていません。
 これから「来る」のかもしれませんが、楽になってる。
 自転車も体にいいんだな。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1
 
 

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

ねこを塗る

 ねこを作っています。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/05/post-f90c58.html
 体が出来たので模様を貼り付けます。
 「ぐるぐる模様」を貼り付けて「縄文ねこ」に。
 Imgp0539_1 
 ねこはゴミ屋さんがくだらない国から仏教と共に連れて来たらしい。
 それ以前の日本にねこはいなかったというのが定説です。
 しかし、縄文ねこがいたらしい。
 ただし現在はその消息はようとして知れません。
 その再現です。
 しっぽ、体の模様を「ぐるぐる」縄文模様に。
 目もぐるぐるに。
 そして塗装準備。
 Imgp0597
 下地ができました。
 全体は白っぽいグレーで塗りました。
 問題は「ぐるぐる模様」
 「縄文さん」始め、オリジナル人形の「縄文」っぽいお方のは赤。
 Imgp0598
 実際の縄文衣装でも「ぐるぐる」が赤だったからです。
 「縄文ねこ」も赤で塗るつもりでした。
 「遮光器土偶子」の足の色で迷った時、焦げ茶色にしました。
 Imgp0608
 それがとても良かった。
 試しに「縄文ねこ」の「ぐるぐる」もこの茶色で塗りました。
 Imgp0607
 「シャムねこ」みたいな感じで結構いい。
 初代のねこはシャムねこでした。
 シャムねこカラーには思い入れが強い。
 「縄文ねこ」はシャムねこっぽい色に。
 さて問題は「目」です。
 「ぐるぐる目」は絵で表現するときは面白い。
 しかし、立体にするとそのとぼけた雰囲気を伝えるのが難しい。
 ましてやそれに色を付けるとなると・・・。
 筆やペンで「ぐるぐる」を書き込むという手も考えました。
 しかし、ひも状に伸ばしたパテを巻いて「ぐるぐる」に。
 「書き込み」方式でも色は課題です。
 「シャムねこ」なら「青」なんだけど・・・。
 
 本日の自転車走行距離 92キロ
 
 今日であったねこ 1
   

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

ねこづくし

 かわさき市民ミュージアムの「ねこづくし展」に行きました。
 https://www.kawasaki-museum.jp/
 https://www.kawasaki-museum.jp/exhibition/15637/
 川崎駅からバスで40分。
 結構行きにくい所なのか?
 バスはぴったり40分で到着。
 東急線の武蔵小杉駅も通りました。
 そこからなら近かった。
 武蔵小杉、綱島街道。
 かつての自転車での通勤経路。
 な~んとなく位置関係が分かりました。
 市民ミュージアムに到着。
 Imgp0572
 Imgp0574
 (こういう所にはどういう訳か必ず人体を複数重ねたアート作品がある・・・)
 ねこづくし展に入りました。
 Imgp0573
 ねこの写真だらけ・・・。
 Imgp0575
 観てるだけで楽しくなりますねこ写真。
 ねこの後は、常設展へ。
 Imgp0576_1
 
 Imgp0577
Imgp0579_1  
 埴輪やら土器やら。
 Imgp0583
 土偶は小型のもの、しかもかけらしかないのが残念。
 Imgp0578
 馬の埴輪が綺麗でした。
 Imgp0585
 Imgp0584
 色の濃い方が特にいい。
 Imgp0586
 Imgp0587
 顔の辺りの仕上げがとても綺麗。
 Imgp05801
 Imgp0581
 常設展の見学の後、敷地内の公園を散策しました。
 Imgp0590
 スポーツ施設も隣接されていて敷地はかなりの広さ。
 Imgp0592
 ミュージアムの裏手に出ました。
 おかしなオブジェが・・・。
 Imgp0593
 こんなの何で作ったんだろう?
 Imgp0594
 頂上の鳩は作品の一部ではなさそうでした。
 Imgp0595
 それにしてもすごい。
 とてもアート作品には見えない・・・。
 Imgp0596
 と思っていたら何かの炉でした。
 かつて使われていたものを展示物として移設したのだそうです。
 作品ではありませんでした・・・。
 道理でスケールが大きいと思った・・・。
 再び川崎駅行きのバスに乗り「ねこづくし」はお終い。
 Imgp0589
 
 本日の自転車走行距離 17キロ
  
 今日であったねこ 7 
 

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

縄文ガチャガチャ

 縄文土偶のガチャガチャを見つけました。
 カプセル玩具の自販機です。
 1回300円。
 け、結構する・・・。
 何が出るのかも選べないものに300円・・・。
 ラインナップを見てもさほど欲しいものでもない。
 でも、やってみちゃいました。
 300円投入。
 「がちゃがちゃ」
 「ころん」
 出て来ました。
 なに?
 「縄文の女神」
 そういうのがあるって、な~んとなく知っていました。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/縄文の女神
 立体になったものを手にしてみると、なかなかのものでした。
 玩具の土偶としての完成度も高い。
 Imgp0603
 元になった土偶が素晴らしい。
 写真では分かりませんでした。
 すごいデザイン、そしてその完成度。
 おもしろ~い。
 本当にこんなものが縄文の昔に作られていたんだ・・・。
 これをモチーフにしてオリジナル人形をやりたくなりました。
 そういえば、な~んとなく「銅鐸さん」に似ているような・・・。
 Imgp0604
 本日の自転車走行距離 31キロ
 
 今日であったねこ 3
 

| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

ねこ しっぽを作る

 ねこを作っています。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/04/post-7b64d7.html
 顔と足が出来ました。
 それを接着。
 本当は塗装後に付けたい。
 そうすると「継ぎ目」が目立ちます。
 だから塗装前に接着。
 継ぎ目はパテを盛って、耐水ペーパーで磨きます。
 そうすると「継ぎ目」が目立たない。
 これを見越してもう少し足の間隔を開けておくべきだった・・・。
 今回の制作過程での反省点です。
 足の間隔が狭い。
 塗装の筆が入りにくくなりました。
 その作業を終えると次はしっぽです。
 これが出来ればあとは体の模様だけ。
 始めは「ぴん」と伸ばしたしっぽの予定でした。
 ねこはしっぽを「ピン」としている時は機嫌がいい。
 しっぽを振っているときは緊張している時。
 犬とは違うしっぽの使い方。
 「ぐるぐる」しっぽにすることにしました。
 問題は芯をどうするか。
 プラ棒をさす穴は確保しています。
 その為に骨組みをプラパイプにしています。
 骨組みは針金が良さそう。
 プラ棒に1ミリの穴を開け、針金をさしました。
 この先端を「ぐるぐる巻き」にしました。
 プラ棒を骨組みのプラパイプに刺せば固定できます。
 Imgp0532
 針金の骨にエポキシパテで肉付け。
 ただの先端ぐるぐる巻きでなく。
 Imgp0530
 全体がぐるぐるになるよう変更。
 Imgp0538  
 しっぽのパテが固まった所で体の模様の配置を開始。
 髭も「ぐるぐる」に。
 ここは初めから針金の予定でした。
 Imgp0539
 パテを盛りつけず直接塗装するようにしました。
 ほっぺたにも「ぐるぐる」模様を付け、そこにひげを固定。
 
 本日の自転車走行距離 32キロ
 
 今日であったねこ 5
 

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

ブレーキ・シフトワイヤー、ブレーキシュー交換

 シクロクロス車のブレーキ・シフトワイヤーを交換しました。
 Imgp0599
 (ブレーキ・シフトのインナーワイヤー ブレーキシュー 大きさ対比用「銅鐸さん」)
 先日タイヤを換えたばかり。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2019/04/post-f41ef9.html
 ワイヤー類も換えることにしました。
 Imgp0600
 一緒にブレーキシューも交換。
 消耗品が新しくなりました。
 走行テストをしたいところですが、天気がよくない。
 「出動」はこの自転車でなく、ディスクブレーキ装備のスートラ。
 雨の日は、折角かえたブレーキシューが「あっ!」という間にすり減ります。

 本日の自転車走行距離 44キロ
 
 今日であったねこ 9

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »