« SPDサンダルのクリートが | トップページ | ホイールのスプロケット交換 »

2019年4月25日 (木)

シクロクロス車のタイヤを交換

 シクロクロス車のタイヤを交換しました。
 タイヤを見るとまだ大丈夫なような気がします。
 それは前輪。
 後輪タイヤは、やすり目パターンが消えかかっています。
 ちょうど1年使いました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2018/04/70032-c779.html
 やはりそれなりに傷んでる。
 「もう少し使うかな」という意見もありました。
 しかし・・・。
 チューブレスタイヤ用のホイールを付けています。
 このホイールに今のタイヤの装着には苦労しました。
 700×32Cという太めのタイヤ。
 チューブも太い。
 そのせいか、装着にえらく苦労しました。
 パンクしてチューブ交換するとき大変そう・・・。
 そう覚悟もしました。
 この1年、一度もパンクすることがありませんでした。
 本当に運がいい。
 パンク、交換時の手間を考えるともう換えた方がいい。
 1年経ったし換えることにしました。
 32Cより細い700×28Cというサイズにしました。
 これはもう、前回の交換作業が終えた後に決定していました。
 「次はもっと細いタイヤに!!!」って。
 今年の1月に久しぶりに自転車雑誌を買いました。
 その記事の中で「いい」と言っているタイヤを見つけました。
 「コンチネンタル ウルトラスポーツ2」
https://item.rakuten.co.jp/worldcycle/con-i-ultrasport2/
 これがいいらしい。
 「ふ~ん」
 調べてみました。
 安い!
 今まで使っていたパナレーサーのグラベルキングより格段に安い。
 なんでこんなに?
 というくらいに安い。
 「ワイヤービートかね?」
 タイヤの内円形を整えるために円形の針金が入っています。
 高級タイヤは軽量化や携帯性の向上のため、それが化学繊維に。
 そうするとタイヤが折りたためるようになり通販でも便利。
 この価格だと化学繊維は使われてないよね?
 仕様書きを見るとワイヤービートではなさそう。
 安いものはいいけれど、安ぎるのも気になります。
 今回買ってみて試してみましょう。
 使ってみて「ああ・・・安物買いの何とか」だったら次からは・・・。
 予備チューブと共に注文しました。
 Imgp0505
 (ウルトラスポーツタイヤ 予備チューブ 大きさ対比用「文明さま」)
 交換作業。
 一緒のホイールも換えます。
 今まではアルテグラという銘柄。
 今回からはディユラエース。
 ちょっといい品。
 といってもどちらも10速用の旧製品、そしてかなり使い込んでいます。
 新品じゃない物置で休ませていた物。
 チューブとタイヤを装着。
 しようとしたら・・・・。
 入らない!
 チューブとタイヤが収まって「ぱちん!」と綺麗に入らない。
 え・・・・。
 このタイヤでも太いの?
 考えてみればこのホイールはチューブレスタイヤ用。
 チューブレスタイヤとはチューブが要らない便利なタイヤ。
 それ専用のホイールです。
 チューブレスタイヤは乗り心地がとてもいい。
 パンクもしにくい・・・らしい。
 何度か使いました。
 しかし、空気の抜けが早い。
 チューブタイヤは1週間で1気圧くらい抜けます。
 対するチューブレスタイヤは3かで1気圧の割合。
 パンクしにくいらしいですが、パンクはします。
 そうしたら修理が厄介。
 とてもその場ではできません。
 応急処置としてチューブを入れます。
 チューブ入りチューブレスタイヤになるわけです。
 このチューブレスタイヤにチューブを入れる作業が結構大変。
 なかなか入らない・・・。
 何度かパンクしてこの作業に苦労しました。
 以後、チューブレスタイヤは使わないことにしました。
 そのチューブレスタイヤ用のホイールなのです。
 もともと太いタイヤ用では無かったのかな・・・。
 28Cでも太かったのか・・・。
 結局前後輪装着作業に1時間かかりました。
 うっ・・・。
 今度のタイヤもパンクしたらチューブ交換作業が厄介化も・・・。
 次回からは更に細い700×25Cにするか・・・。
 それだとロードバイクと同じになっちゃう。
 チューブレスタイヤ用のホイールじゃなきゃいいんですが。
 生憎チューブタイヤ用のホイールは無くなりました。
 シクロクロス車が二代目「全天候型自転車」だった頃。
 雨の日に走ってかなり傷んで退役しました。
 今手元にあるのはチューブレスタイヤ用のホイールばかり。
 このホイールはリムテープという部品を使いません。
 地味だけど重要な部品リムテープ。
 タイヤ。チューブ交換の時、一緒の交換します。
 が・・・。
 ついつい買っておくのを忘れる部品でもあります。
 それが必要無い。
 そのわずらわしさから解放されたと思っていたのに・・・。
 今になってチューブタイヤ用のホイールが恋しくなってる。
 因みに新タイヤは未走行。
 まだその乗り心地は試していません。
 
 本日の自転車走行距離 6キロ
 
 今日であったねこ 1
 

|

« SPDサンダルのクリートが | トップページ | ホイールのスプロケット交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SPDサンダルのクリートが | トップページ | ホイールのスプロケット交換 »