« 鮭のアスタキサンチンで老眼回復? | トップページ | Volt300の出番 »

2019年3月 2日 (土)

落としていない拾い物

 自転車通勤中に広いものをしました。
 自転車の部品らしいというので停車。
 「それっぽい部品」はなんとなくわかります。
 手に取ってみるとやはり自転車のそれ。
 キャットアイ製品のハンドルバーに付けるテールランプ。
 へ?私の???
 私の進む先に落ちていました。
 到達するより前に自分のものが落ちているわけがない。
 自分の自転車のハンドルを見ました。
 ちゃんと付いていました。
 一瞬自分が落としたのかと思ってしまいました。
 「落としていない拾い物」
 よく似ているけれど、別な型番品。
 私のはドロップハンドル用のテールランプ。
 どうもこれはフラットバーハンドル用のかな?
 スイッチを押すと作動には問題ありません。
 予備部品として使えるかな?
 どちらにしてもこのまま置いておくとゴミになるだけ。
 持ち帰りました。
Imgp0107
 私のテールランプと互換性を調べました。
Imgp0108
 (上 回収したテールランプ 下 手持ちのドロップハンドル用テールランプ 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」)
 形はそっくりですが、うまく付かない。
Imgp0109
 正確には私のランプが上手く分解できません。
 うっかり壊して復元不能というの嫌です。
 拾ったランプをよく見ると基部のネジ山が傷んでいました。
Imgp0110
 これが原因で外れて落ちたのでしょう。
 点灯点滅の機能は無事。
 けれど自転車には取り付けられません。
 他への転用は思いつきませんでした。
 電池を外してそれのみ再利用。
 本体は廃棄することにしました。

 本日の自転車走行距離 12キロ
 
 今日であったねこ 1

|

« 鮭のアスタキサンチンで老眼回復? | トップページ | Volt300の出番 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鮭のアスタキサンチンで老眼回復? | トップページ | Volt300の出番 »