« スタートレック・ディスカバリー | トップページ | 「遮光器土偶子制作日誌 10」 »

2019年1月 6日 (日)

あれま、ロードバイクパンク?

 ロードバイクで買い物の出ようとしました。
 廊下を押しているとハンドルが変に重い。
 「なに?」
 ライトがブレーキワイヤーに干渉している?
 それでブレーキがかかった状態にでもなっている?
 点検しましたが、違う。
 むむ・・・もしや?
 前輪を触ると「ぷにゃ」
 空気が抜けています。
 しかし、全部じゃない。
 わずかに残っています。
 それで手押しした時気が付かなかったんだ。
 パンク?
 先月、折り畳み自転車ブロンプトンが似たような状態に。
 タイヤを外して調べましたが、パンクではありませんでした。
 どうも、バルブの締め方が緩かったようです。
 その後空気を入れても抜ける気配はありません。
 今回もそれと同じ状態?
 とにかくこの自転車で走ることはできません。
 急遽、シクロクロス車に乗り換えて出かけました。
 換えがあってよかった・・・。
 パンクか、バルブの締めそこないか?
 分かりませんが、予備のチューブを買うことにしました。
 ちょうど、これから行くところは自転車用品もある所。
 そう考えると運がいい。
 予備チューブを使うと、その予備が必要になります。
 パンクじゃなくても、それは予備の予備になり無駄はない。
 買い物を済ませて帰宅。
 件のロードバイク、ホイールを外して調べました。
Imgp0099
 (チューブ交換作業中のホイール 大きさ対比用「遮光器土偶子(仮称)」)
 刺さってる、刺さってる。
 細かなガラス片のようなものが刺さっていました。
 タイヤを貫通。
 これがパンクの原因だ・・・。
 予備チューブを買ってきてよかった。
 異物を抜くとチューブに残っていた空気が抜けました。
 少しずつ空気が抜けるスローパンク。
 中途半端に空気が抜けていた理由は来れでした。
 チューブを交換しました。
 リムテープも傷んでいたので一緒に交換。
Imgp0100
 (左 新品のリムテープをはったホイール 傷んだリムテープ)
 こちらも予備を持っていました。
 よかった・・・買っておいて。
 幅16ミリというサイズ。
 コナのスートラ用に買いましたが、それには短かった。
 ロードバイクのそれにはぴったりでした。
 パンクは残念ですが、比較的運のいい状況でパンクしました。

 本日の自転車走行距離 6キロ
  
 今日であったねこ 1

|

« スタートレック・ディスカバリー | トップページ | 「遮光器土偶子制作日誌 10」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スタートレック・ディスカバリー | トップページ | 「遮光器土偶子制作日誌 10」 »