« 「遮光器土偶子(仮称)」制作日誌 1 | トップページ | 「遮光器土偶子(仮称)」制作日誌 2 »

2018年12月12日 (水)

ディスクブレーキパッドついに交換

 ディスクブレーキ装備のスートラ。
 このブレーキパッドを交換しました。
 前に買ってきたものは規格外で使えませんでした。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2018/11/post-46e1.html
 今回は調べて購入。
Imgp0248
 (新たに買ったブレーキパッド 大きさ対比用「勾玉さん」)
 元から入っていたパッドを外して比較。
 見た目はおんなじ。
 「ほぼ同じもの」でした。
 厚みがちょっとだけ違いました。
Imgp0249
 さて交換。
 先ずは全開も手掛けた前輪から。
 入らない・・・。
 新しいものはちょっとだけ厚い。
 それで組み込むことが出来ません。
 「また間違えた???」
 待て待てしばし待てしばし。
 慌てる心を落ち着けました。
 ブレーキパッドのディスクへの「当り」を調整するボルトがあります。
 これを緩めてみました。
 これを緩めるとブレーキ本体の内部に空間が増えるのです。
 規格外で前回の交換作業は失敗しました。
 それもあり、この機能があるのに気が付きませんでした。
 お店でこの自転車を受け取った時のこと。
 「ディスクが中央に来るよう調整しておきました」
 そう言われました。
 ディスクブレーキは初めて。
 何のことだかわからないままお礼を言ったものでした。
 「中央に来るよう調整?」
 その時の言葉が耳に残っていました。
 それが「調整ボルト」に発見につながりました。
 ああ・・・良かった。
 「入った」
 厚みが違うだけで、形はおんなじ。
 内部空間さえ確保できれば、ピッタリ入るのでした。
 当り調整ボルトと、ブレーキワイヤーを調整しながら装着完了。
 良かったよかった。
Imgp0250
 次は後輪。
 ブレーキレバーに、ブレーキを緩めるボタンが付いています。
 タイヤを外す時などに使う機能。
Imgp0255
 (丸くて大きいのがリリースボタン)
 そういえば、前輪を外した時はここをいじらなかった・・・。
 後輪はこのボタンを押しておきました。
 ブレーキ本体を外して作業します。
 予めここを押しておく。
 すると、ブレーキワイヤーを外す必要がなかったことを発見。
 「な~んだ」
 後輪ブレーキパッドは「当り」を緩めないと出てきませんでした。
 前輪は「すっ」と取れました。
 初めての作業の時、後輪からしていたら・・・・。
 「当り調整ボルト」に気が付くのが遅かったかも・・・。
 要領の分かった後輪は作業も簡単でした。
 ブレーキをフレームに再装着。
 その後のブレーキ調整がほぼ要らなかった。
 ワイヤーを外さなかったからということもあるでしょう。
 前輪もこうすればよかったんか・・・。
 ディスクブレーキパッド交換は意外と簡単でした。
 前輪は、調整に手間がかかりました。
 もしかすると、「ディスク」の方に痛みがあるのかもしれません。
 前輪の方が後輪のそれよりも使用頻度が高い気がします。
 後輪の調整が「すっ」と気持ちよくいったのはうれしい。
 前輪も同じようにできたのかもしれません。
 しかし、もしかしたら、前輪ディスクのすり減りが後輪よりも大きい。
 その違いかもしれません。
 今度はディスクの交換かぁ・・・
 あ・・・その前に走行テストをしないと。

 本日の自転車走行距離 5キロ
 
 今日であったねこ 1
  
 今日の間違いやすい探し
 
 「後輪より」と「小売りより」は、間違いやすい。

 

|

« 「遮光器土偶子(仮称)」制作日誌 1 | トップページ | 「遮光器土偶子(仮称)」制作日誌 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「遮光器土偶子(仮称)」制作日誌 1 | トップページ | 「遮光器土偶子(仮称)」制作日誌 2 »