« るすばんねこ | トップページ | シクロクロス車の泥除けを外すことに »

2018年11月15日 (木)

自転車の錠が大ピンチ!

 通勤途中、用事で自転車を停めました。
 用を済ませて自転車に戻り鍵を出すと・・・。
 鍵の先に変なものが付いています。
 「???」
 黒い円筒形のもの。
Imgp0031
 (鍵に付いた謎の黒い円筒形)
Imgp0032
 (通常の状態の鍵)
 全く心当たりがありません。
 開錠をしようとしてびっくり!!
 錠の中身がない!!
 鍵に付いていたのは錠の中身でした!
 「へ???」
 施錠した時に、錠の芯をねじ切ってしまったようでした。
 「がび~ん」
 錠を見ると確かに中身がありません。
 「むひぃ~っ」
 う、動けない・・・。
 どうしよう・・・。
 頭が真っ白になりそうなところをぐっとこらえ。
 「あきらめない」を言い聞かせました。
 何とか「力」で外れないか試しました。
 心棒が中途半端に抜けたおかげで外れそもありません。
 今持っている装備で何とかならないか?
 自転車用の工具があります。
 他にはキーホルダーに付けている小型アーミーナイフ。
 これが役に立ちそう。
 樹脂製のカバーを外してネジ穴でも見つけられたら。
 ナイフで切れ込みを入れて、外しました。
 しかし、ネジ穴や弱点になりそうな個所は無かった。
Imgp0034
 (カバーを外した錠)
 芯が抜けた穴を覗きました。
 「見えない」
 暗いのと「らうがん」の二重苦で中がよく見えません。
 あ・・・。
 灯りならる!
 走行中点滅モードにしているVolt200ライト。
 これを外してロービームで点灯。
 口にくわえれば作業灯に早変わり。
Imgp0036
 (作業灯としても大活躍 キャットアイのVolt200)
 らうがん対策なら、自転車ゴーグルケースに「らうがんきやう」が。
 100円ショップで買った老眼鏡。
 「こんあこともあろうかと」いつもケースに忍ばせてあります。
 これで作業に支障はありません。
 問題は、分解できるのか・・・・。
 アーミーナイフの爪やすりをへら代わりに。
 どうにかこれで中身を書き出すという作戦。
 ガチャガチャかき回しているうちに「ぽろっ」
 残った中身が出てきました。
 「出た・・・」
 今までどう引っ張っても開かなかった錠はするりと開錠。
Imgp0033
 (出て来た中身と錠)
 おお・・・。
 自転車は再び自由を取り戻しました。
 良かったぁ・・・。
 今回壊れた錠は、今使っているものの中で一番古いもの。
 本格的自転車趣味を始めた90年代半ばに購入。
 ずっと使えるものと思っていましたが、「錠は消耗品」と聞きました。
 「買い換えなきゃ」と思っていた品でした。
 こんな形でお別れでした。
Imgp0035
 (歴代中で一番長く使った錠 大きさ対比用「縄文さん」
 それにしても「壊しやすい錠」でよかった。
 これは運が良かったです。
 もっとも、壊しやすいから壊れたのかもしれません。
 ライトと老眼鏡を併せ持っていたの運がいい。
 作業は10分ほどでした。
 余裕をもって出発していたので遅刻も無し。
 これまた運がいい。
 幸い錠は常に二組持っています。
 一つは壊れましたが、もう一つあります。
 目的地での施錠の心配はありません。
 更に運がいいことは、駐輪時間が長そうなので3個目を持っていたこと。
 これで複数施錠が出来ます。
 防犯率を下げずに済みました
 しかし、仕事先に着いてから別な不安が・・・。
 「出発する時、錠は開くだろうか・・・」です。
 この二つの錠は最新の頑丈なもの。
 壊れたら壊しにくい・・・。
 慎重に施錠しました。
 そして仕事を終えて出発。
 開錠も慎重に。
 無事開きました。
 「ほっ」
 その後も施錠開錠の度に慎重に行いながらその日を過ごしました。
 
 本日の自転車走行距離 3キロ
 
 今日であったねこ 4
 
 今日の間違いやすい探し

 「施錠のあら」と「世情のあら」は、間違いやすい。


 

|

« るすばんねこ | トップページ | シクロクロス車の泥除けを外すことに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« るすばんねこ | トップページ | シクロクロス車の泥除けを外すことに »