« コンビニエンスストアのレインコート | トップページ | 冬用SPDシューズのクリート交換 »

2018年10月25日 (木)

サイクルコンピュータのセンサーが・・・

 三代目全天候型自転車にしているスートラで出かけました。
 郵便局に寄り道。
 用をたして、再び出航。
 ふと気が付くとサイクルコンピュータが動いてない。
 数値に変化がない。
 センサーがずれたかね?
 スポークにマグネットを付けています。
 センサーは、前フォークについています。
 
磁石を付けたホイールが一周するとセンサーの前を通ります。
 その時の速度を測る仕組み。
 駐輪場などで自転車をラックから取り出す時などによくずれます。
 今回はそういう所では無かったけれど・・・。
 センサーを見ました。
 無い・・・。
 センサーそのものがありません。
 でも、スポークに引っかかっていました。
 良かった。
 固定ネジが外れたようでした。
 さてネジは???
 出航直ぐだったので、来た道を戻りました。
 無い・・・。
 今落ちたのではないかもしれません。
 失くしたか・・・。
 仕方なくセンサー無し、走行記録なしで行くことにしました。
 予備のセンサーがあったはず。
 帰宅して探しました。
 あったあった。
 よかったよかった。
 予備はセンサー固定用のネジがない。

Imgp1517
 (上 ネジが外れた旧型、右端の円筒形部分にネジで固定して取り付けます。 下 モデルチェンジされた新型)
Imgp1518
 (大きさ対比用「縄文さん」
 さらに軽量小型化された新型でした。
 
これならネジが緩んで落ちる心配はないね。
 買い換えた時、センサーは使わずそのままにしておいたみたい。
 それで新型センサーが余っていました。
 取り付けて、動作確認もすみました。
Imgp1520
 新型だけど、もともとこの機種のもの。
Imgp1521
 (黒くて四角いのがセンサー スポークに付いた丸いのが先述のマグネット)
 ようやくサイクルコンピュータとセンサーが一致しました。
 
 本日の自転車走行距離 2キロ
 
 今日であったねこ 1

 今日の間違いやすい探し
 
 「買える販売店」と「買えるハンバーグ店」は、間違いやすい。

 

|

« コンビニエンスストアのレインコート | トップページ | 冬用SPDシューズのクリート交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンビニエンスストアのレインコート | トップページ | 冬用SPDシューズのクリート交換 »