« 折り畳み自転車ブロンプトンの泥除けを取る 1 | トップページ | 玉縄ふるさと館 »

2018年7月 3日 (火)

折り畳み自転車ブロンプトンの泥除けを外す 2

 折り畳み自転車ブロンプトンの泥除け撤去作業の続きです。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2018/07/post-f2a2.html
 「割れたらパンダ!」で思いもかけずパンクしました。
 泥除けを外し作業だけの筈が、チューブ交換作業も同時に。
 先ずは作業が簡単な前輪から。
 泥除けを外した後、前輪を外してチューブ交換。
Imgp0812
 (外した泥除け 大きさ対比用「縄文さん」)
 前輪はこのままでもよかったのですが、この際仏式バルブに。
 今までは米式バルブチューブでした。
 「次回のタイヤチューブ交換から、全て仏式に」という計画でした。
 新品タイヤは間に合いませんがチューブから交換することに。
 車輪を組み込み、泥除けなしで使うL字フックを装着。
Imgp0828
 ブレーキの「あたり」を微調整して前輪の作業は終了。
 この後、ワイヤーがタイヤやフレームに干渉しない部品を付けました。
Imgp0814
 (部品取り付け前 大きさ対比用「縄文さん」)
 あっても無くても困らない部品だったような気もしましたが・・・。
Imgp0815
 (部品取り付け後 半月状の金属部品がそれ 大きさ対比用「縄文さん」)
 次はいよいよ後輪を外す作業です。
 過去にタイヤ交換、パンク修理とまだ二度ほどしかしていません。
 チタンナットに換えた時にもう一度していたっけ・・・。
 三度です。
 できればできれば、なるだけなるだけ避けたかったこの作業・・・。
 いよいよ始めました。
 先ずは泥除けを外しました。
 これは簡単簡単。
 次に車輪を外します。
 元通りに復元できるためにデジカメで撮影しておきました。
Imgp0818
 かつての作業もそうして行っています。
Imgp0819
 各工程の度、作業前に撮影。
Imgp0820
 そうして作業を進めました。
Imgp0821
 同時に部品を外して手が入りやすくなったか所を掃除をしながら。
Imgp0822
 「同時」と「掃除」は間違いやすい。
Imgp0823
 すんごい複雑と思い込んでいましたが、意外とシンプルな作りでした。
Imgp0824
 そんにゃに難しくにゃいぞ・・・。
 ホイールが外れたので、チューブ交換です。
Imgp0826
 タイヤを外しす時に小石が刺さっているのを見つけました。
 「これがパンクの原因?」
 何もしていない時、室内で突然破裂しました。
 入れすぎた空気が膨張してチューブが裂けたものと思っていました。
 刺さった石がじわじわ穴を開けたのか!
 だったら「ぷしゅ~」っと静かに抜けるはず・・・
 外したタイヤの裏を見ました。
 小石はタイヤを貫通していない。
 チューブを見ましたが穴はない。
 裂けた傷も無し・・・。
 まだ使えそうな気すらしました。
 洗面器に水をはって空気漏れチェック。
 無い・・・。
 穴がない・・・。
 「ポコポコポコポコ」穴から漏れる空気が出てこない。
 へ?
 まだ使える?そんなバカな・・・。
 もう一度全体を水に沈めました。
 「ポコポコポコポコ」
 空気が漏れた泡が出てきました。
 バルブの基部からでした。
 バルブが基部から折れていました。
 長年使った劣化が原因かね?
 こりゃ使えないね。
 修理もできません。
 パンクの原因が分かったので、チューブ交換。
 ブロンプトンは自転車艦隊の中で活躍頻度が少ないです。
 2010年の就航ですが総走行距離も2000キロに満たないほど。
 その間タイヤは一度換えています。
 古いけどそんなに傷んではいないと思ってました。
 外してしげしげと見ると結構傷んでいました。
 「ブロンプトン貯金」して新たなタイヤを買わないと・・・。
 泥除けを外したフレームに後輪を取り付けました。
Imgp0827
 復元作業には予め撮影した画像が役に立ちました。
 それと、そんなに恐れなくてもいい作業ということが分かりました。
 以下簡単に後輪を外し手順を。
 1、先ず、チェーンを外しておきます。
 2、次にホールを止めている両側のボルトを外します。
 3、変速機を固定しているボルトを外す。
  変速機からチェーンを外す時、チェーンのかかり方を記憶しておくこと。
 取り付けはこの逆。
 どの部品も「ぴたっ」とはまってくれるので作業も楽でした。
 基本設計が本当によくできている自転車なのでしょう。
 パンクによるチューブ交換という予想外の作業が入りました。
 すべての作業は無事終了。
 泥除けのないブロンプトンはさらにシンプル。
Imgp0833
 Imgp045_2
 雨除けのおまじない「てるてる坊主EX」オリジナルステッカーが・・・。
Imgp0853
 色あせている・・・。
 最後の一枚だね。
 しっかり着いちゃって剥がせないんよ。
 作業後、問題が二つ。
 予備チューブを使ったので、新たな予備チューブが必要。
 それを調達するまで、前輪に付けていたチューブがたった一本の予備。
 もう一つは、携帯ポンプが仏式にしか対応していなこと。
 次のタイヤ、チューブ交換から全面的に仏式チューブを使う予定でした。
 この自転車を買った時、16インチのチューブに仏式が欲しかった。
 しかし、お店ではないと言われました。
 その後、発売されたようで、次の次の予備として買いました。
 それを使う時が来たら、もう米式は使わない。
 そういう計画を立てました。
 だから米式バルブ対応の携帯ポンプがありません。
 新たな予備チューブを早めに手配しないと。

 本日の自転車走行距離 12キロ
 
 今日であったねこ 2
 
 今日の間違いやすい探し

 「作業確認」と「作用確認」は、間違って確認を取りやすい。

|

« 折り畳み自転車ブロンプトンの泥除けを取る 1 | トップページ | 玉縄ふるさと館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 折り畳み自転車ブロンプトンの泥除けを取る 1 | トップページ | 玉縄ふるさと館 »