« 日向でねこ干し | トップページ | 「ネコ型」人間の時代 »

2018年6月 6日 (水)

「五重塔子」制作日誌 1

 オリジナルデザインの人形「五重塔子」制作日誌です。
 このシリーズは、どこかのゆるキャラデザイン募集に描いた絵が始まり。
 応募したコンテストには全部落ちました。
 しかし、気に入ったデザインのいくつかを再構成。
 月間予定表の挿絵、絵手紙などに登場させていました。
 プラモデルを作る時エポキシパテという材料を使います。
 粘土のように整形できて便利です。
 主剤と反応剤を同量混ぜて使います。
 一度固まるともう柔らかくはなりません。
 使い切れる分だけとれればいいのですが、半端に余る。
 この余ったパテを再利用できないか?
 芯材にして人形を作ろうと考えたのがこのシリーズの始まりでした。
 初めは余ったパテを使っていました。
 いつしか面白くなって、この為にパテを用意するように・・・。
 余ったパテは中途半端な形、大きさ。
 結局芯材としてあまり役に立たなかったのでした。
 中でも「三重塔子」が気に入っていました。
 「三重塔子」はどこかの三重塔を基にデザイン、応募しました。
 そのデザインを手直ししたのが気に入りました。
 これが作りたくて始めた人形制作。
 しかし、「三重塔子」最大の特徴は塔の屋根。
 これをどう作ったらいいか。
 表現方法がつかめず、制作は難航しました。
 何度か作り直しました。
 自分がデザインしたのだから、全て自分で決められる。
 そのはずでしたが、作り始めるとなかなかそうはいきませんでした。
 思う通りの形にならない。
 「次は上手くいく」というのがモチベーションになり、シリーズ化しました。
 「挑戦」というのが面白くなっています。
 中でもに「三重塔子」は、塔の「屋根」の形状が把握できませんでした。
 実際の三重塔や五重塔を見学もしました。
 どうにか「なんとなく」屋根の形状が理解できました。
 やはり本物は参考になります。
 それを立体化することに成功。
 ようやくイメージに近い「三重塔子」人形が完成しました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2018/01/post.html
 しかも比較的作りやすい方法を発見。
 初めの頃は紙粘土で作っていましたが、プラ板とプラ棒に変えられました。
 これでずっと作りやすく、しかも軽くなりました。
Imgp0655
 この作り方の変更がなかなか思いつかなかった・・・。
 これが「五重塔子」のデザイン思い付きにつながるのでした。

 三重塔子は屋根を頭に、上半身を二階部分に、一階部分を腰にしました。
 デザインとしてよくまとまりました。
 五重塔じゃ、こうは上手くまとまらないよね・・・。
 二つ多い屋根をどこに置くかね?
 「五重塔子」計画は長らく封印されていました。
 今回久しぶりに人形制作。
 「草薙のつるぎ子(新作)」「縄文さん」「草薙のつるぎ子(改訂版)」ができました。
Imgp0654
 (左から 「草薙のつるぎ子(改訂版)」「縄文さん」「草薙のつるぎ子(完全新作版)」
 3つも作ったので創作意欲はしばらく沈静化するだろう。
 そう思っていましたが、アイディアがむくむく。
 不可能と言われていた「五重塔子」のアイディアが出てきました。
Imgp0649
Imgp0650
Imgp0651
 続けて「五重塔子」の制作を開始!
Imgp0659  
 本日の自転車走行距離 32キロ
 
 今日であったねこ 3
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「まさやさま」は、逆さに読んでも「まさやさま」と間違いにくい。


 
 
 
 

|

« 日向でねこ干し | トップページ | 「ネコ型」人間の時代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日向でねこ干し | トップページ | 「ネコ型」人間の時代 »