« 馬の博物館 | トップページ | 飛び出し坊や »

2018年6月24日 (日)

ご家庭で出来る手軽なNX-326 U.S.S.FRANCLIN

 U.S.S.FRANCLINの模型を作りました。
 映画「スタートレック・BEYOND」登場の宇宙船。
 物語前半で壊れてしまったエンタープライズ。
 後半で主人公たちをのせて大活躍します。
 以前、この映画のミニ模型付ブルーレイを買いました。
 そんなに好きなデザインではありません。
 キット化を知ってもおまけ模型で十分と考えていました。
Imgp0771
 しかし・・・

 スタートレックシリーズ久々の新製品です。
 どんな風に再現されているのか気になりました。
 そこで注文。
 届いたものを作りました。
 全長40㎝になる大型模型。
 アメリカ製の模型としては標準的な大きさです。
 全体的に平たいデザインで邪魔にならない大きさがうれしい。
 重量も軽めなのもうれしい。
 縮尺表示は1/350。
 それで全長40㎝だと、設定全長はかなり短い。
 200メートルに足らず。
 スタートレック登場の宇宙船の中でも小さめ。
 この宇宙船で遠くまで旅するのは嫌だな・・・。
 映画の画面ではその色が良く分かりませんでした。
 どうも、全体がシルバーなようです。
 劇中では不時着して100年間ほど放っておかれたという設定。
 だからいろいろと汚れていて、何色か判別しにくくなっていました。
 汚しをかけないできれいに塗装。
Imgp0767
 やはり大きいだけあって細かなところまでよくできていました。
 おまけ模型とは違う・・・。
Imgp0770
 これは作ってよかったぞ。
Imgp0768
 かっこ悪いけどかっこいい。
Imgp0769
 LEDなど電飾をしたい人向けに透明部品が多用されていました。
Imgp0772
 それはそれで嬉しいのですが、私は電飾はしませ~ん。
 ナビゲーションランプとか小さな部品が透明。
 ただでさえ、小さなものが見えにくくなっています。
 それが無色透明・・・。
 余計に見えない・・・。
 その部品を切り取って貼り付けるのが大変でした。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 2
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「わさにんみそ」と「ワニさんみそ」は、間違いやすい。


 

|

« 馬の博物館 | トップページ | 飛び出し坊や »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 馬の博物館 | トップページ | 飛び出し坊や »