« トイレの見張り番 | トップページ | スートラのブレーキワイヤー、バーテープ交換 »

2018年5月15日 (火)

B17を雨の日に使う

 ブルックスの革サドルB17を全天候自転車に付けました。
 雨の日にも走る自転車に革サドル。
 迷いましたが、付けてみるとこれがいい!
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2018/05/b17-f6eb.html
 革サドルにはレインカバーが付属しています。
 ふいの雨はこれでしのぎ、始めから雨ならサドル交換か?
 雨対策はそんな風に思っていました。 
 先日雨が降りました。
 さてどうしよう。
 「始めから雨」だ。 
 シートポストごとサドルを換えるか?
 レインカバーのテストをすることにしました。

Imgp0420
 まず、レジ袋を被せます。
Imgp0421
 その上からレインカバー。
Imgp0422
 フルガードの泥除け付きの自転車です。
 下からの跳ね上げ水の心配は少ないでしょう。
 行きは、どうにか無事。
 目的地は幸い屋内駐輪場のあるところでした。
 こんな感じなら、雨の日サドル交換はしなくてもいいかもね。
 さて、帰りです。
 ものすごい土砂降りになっていました。
 行きとは降り方が全然違う・・・。
 帰宅すると雨具はすべてびしょびしょ。
 サドルカバーもびしょびしょ。
 サドルカバーを外し、続いてレジ袋を外しました。
 おお!
 サドルは濡れてない。
 レジ袋を下にかけたのがよかったみたいでした。
 お尻の下にあるサドルカバーがびしょびしょというのが不思議でした。
 体の陰にあって濡れないはず・・・。
 濡れたレインパンツを通じて水がかかったようでした。
 30分ほどの走行でした。
 しかし、あの激しい降りの中、耐えられるならこの方式で良さそうです。
 
 本日の自転車走行距離 17キロ
 
 今日であったねこ 2
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「土砂降りの中」と「どんぶりの中」は、間違いやすい。

 

|

« トイレの見張り番 | トップページ | スートラのブレーキワイヤー、バーテープ交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トイレの見張り番 | トップページ | スートラのブレーキワイヤー、バーテープ交換 »