« よもぎ茶その後 | トップページ | 豆苗地下植え »

2018年4月 5日 (木)

大股で歩くと

 ストレッチを続けています。
 歩きながらすると効果的ということが分かりました。
 特に肩、肩甲骨周りのストレッチがいい。
 室内で立つ、あるいは座ってするよりも効果がある気がします。
 全身の筋肉を動かしているので、連動して効果が上がるのでしょう。
 私は股関節が硬いです。
 この仮説で股関節も効果的なストレッチがしたい。
 すでに歩いているので、足は絶えず動かしています。
 動いていますが、上半身のような自由度はありません
 その自由度を確保しようとすると、逆立ちして歩くしかないかね?
 確かに、逆立ち歩きをすると、足はかなり自由に動かせそう・・・。
 壁がないと逆立ちできない・・・。
 運動しながら歩く人の多い、河川敷のウォーキングコース。
 逆立ち歩きはひときわ目立つことでしょう。
 効果的な股関節ストレッチ方法が見つからない日々が続きました。
 「ロードバイクの作法」という本を読みました。
 足の可動域を広げることも大事みたい。
 大股で歩く、階段を一段ぬかしで登る等がトレーニングになるとか。
 先日、ふとそれを思い出しました。
 大股で歩いてみました。
 右足をいつもより大きく踏み出す。
 次に左足を前に。
 その時、左足の付け根の筋肉が伸びるように若干力みます。
 私は、左に体重をかける傾向があるようです。
 足も肩も左が凝ります。
 左足の付け根が特に凝っています。
 そこが伸びるようにして、左足を前に。
 軽い痛みを感じました。
 左ほど凝っていない右は、その傷みがありません。
 これを繰り返して、家まで30分の道のりを歩きました。
 大股で歩くので、いつもより早く着きました。
 おお!大股歩きは早歩きと同じ高速効果があるんね。
 次の日辺りに気がつきました。
 左の股関節当たりの筋肉に痛みがなくなっている。
 いつもここに小さな痛みがありました。
 それが鬱陶しい。
 無くなってる!
 じゃあ、股関節は柔らかくなったか?
 試しに開脚。
 前より少し柔らかになったような気もします。
 でも、劇的な変化はありませんでした。
 それでも、あの鬱陶しい痛みが消えたのはうれしい。
 また、大股歩きをしました。
 歩いているうちに気がついたことがありました。
 左足を前に出そうとするとき。
 かかとの辺りの筋肉が伸びているのを感じました。
 私はかかとも硬いです。
 しゃがんでも、かかとが地面に着きません。
 ストレッチをして、時間をかければ着くようにはなりました。
 しかし、「1,2の3」でしゃがんでもかかとは地面に着きません。
 股関節同様、脹脛からかかとの筋肉も緩めたかった。
 大股歩きはその効果もあるみたいです。
 股関節同様、劇的な効果はありませんでした。
 けれど、少しずつ柔らかになっているようです。
 Imgp0121
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「葡萄しい」と「鬱陶しい」は、間違いやすい。


 
 

|

« よもぎ茶その後 | トップページ | 豆苗地下植え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« よもぎ茶その後 | トップページ | 豆苗地下植え »