« おしゃれキャット | トップページ | サドルの位置は適正だったのか、そうじゃなかったのか。 »

2018年3月18日 (日)

サドル位置は低かったのか、下がったのか?

 「ロードバイクの作法」という本を読んでいます。
Imgp0087
 (「ロードバイクの作法」 大きさ対比用「草薙のつるぎ子(足付き)」)
 自転車の乗り方を読むのは、分かりやすかったり、そでもなかったり。
 自転車のセッティングについてもありました。
 サドルの位置、ハンドル、ブレーキレバーの位置。
 これは人によって、使い方によってまちまちだろう。
 そう思っていました。
 意外だったのは、体の柔軟性の影響。
 乗っているうちに体の柔軟性がよくなってきた場合。
 固かった頃とは違う乗車姿勢になっているとか。
 そうすると、セッティングも変える必要があるとか。
 毎日ストレッチをしています。
 始めた頃より体は柔らかくなっている。
 ・・・はず。
 それだと、セッティングを見直す必要がある?
 読んだことを頭に入れて、通勤の時に試してみました。
 本では「ローラー台」という室内練習器具で試すようにとありました。 
 あいにく、ローラー台は持っていません。
 実際に走らないとわからない。
 ローラー台なら本を見返しながらできます。
 実走ではそうはいかない。
 覚えているようで、忘れちゃいます。
 「なんとなくいい」という結論に落ち着きました。
 殆ど、希望的観測です。
 天気の悪い日に「全天候型自転車スートラ」で出かけました。
 スートラもポジション、乗り方をチェック。
 なんだか、ペダルが回しにくい。
 ポンチョを着ていて、風を受けるせいかもしれません。
 でも、前日のロードバイクと比べるとなんか変。
 サドルが低い感じがしました。
 帰宅して少しだけ上げました。
 翌日、またこの自転車で。
 すごくいい感じ。
 その日はポンチョを着ていませんでした。
 空気抵抗のせいか?
 それもありますが、サドルの高さを換えたおかげでしょう。
 そこで問題が一つ。
 スートラのサドルは、もともとその高さだったのか?
 走っているうちに、押されて低くなっていたのか?
 どちらの可能性も否定できません。
 低いと感じた時に、足を着いてみました。
 足は、つま先がつける高さに設定しています。
 その目安から少し低くなっていた気がしました。
 やはり緩んで低くなっていたんだ。
Imgp0086
 だんだん低くなっていたのに気がつかなかったようでした。
 セッティングの煮詰め以前の問題でした。
 
 本日の自転車走行距離 42キロ
 
 今日であったねこ 3
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「潔癖症」と「絶壁症」は、間違いやすい。


 
 
 

|

« おしゃれキャット | トップページ | サドルの位置は適正だったのか、そうじゃなかったのか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おしゃれキャット | トップページ | サドルの位置は適正だったのか、そうじゃなかったのか。 »