« 「新・三重塔子」制作日誌 4 | トップページ | モノクロなカラー写真 »

2018年1月 8日 (月)

シールスキンズ ウインター・ハット

 この冬は寒いです。
 寒かった夏の終わりに「こんな年の冬は雪が降る」
 そういった知人の言葉に影響されて、早めの冬支度をしていました。
 主に自転車用の冬支度ですが。
 二つの新装備を導入しました。
 一つは、雪でも走れるマキシスのレイズタイヤ。
 これを早々に入手、交換時期に備えていました。
 12月は幸い雪は降らず。
 1月、2月に備えて年末に交換しました。
 もう一つは、レインハット。
 ヘルメットの下に被るもの。
 通常はレインキャップを使っています。
 今回選んだのは防寒性能もあるもの。
 シールスキンズの製品は、グローブとソックスを持っています。
 氷水に付けても大丈夫という製品。
 実際は、そこまでの性能は無いような気がします。
 寒いときは寒い・・・。
 しかも一度濡れるとなかなか乾かない・・・。
 それでも、普通の靴下やグローブよりはるかにいい。
 そのシールスキンズ製品で防水帽子を見つけました。
 これを購入。
 サイズは、頭の周りの数値でするようになっていました。
 メジャーを出してきて計測。
 57㎝。
 一回り大きな59㎝を注文しました。
 ところがこれが売り切れ・・・。
 次に大きい57㎝ならあるそうです。
 まあ、何とかなるだろうと57㎝に変更。
 届いたものを被りました。
Imgp0322
 (シールスキンズ ウインター・ハット 大きさ対比用「鏡ちゃん」)
 「ぴったり」
 ぴったりしすぎて少しきつい。
 まあ、雨や雪の自転車走行中に被るだけです。
 何とかなるでしょう。
 つばが思いのほか短かったのが残念。
 雨の自転車走行で使う時、つばが長いと顔にかかる雨を防いでくれます。
 画像で見た時はもう少し長く見えたのですが・・・。
 幸い、これが届いてから一度も雨に降られていません。
 この時期、雨の中の雨中航行をしないで済むのはありがたい。
 自転車を使わない外出の時に試着してみました。
 途中、きついのが気になりました。
 ありゃ・・・、やはりきついかね?
 ベルトを少し緩めました。
 少し楽に。
 時間が経つにつれてきつさが気にならなくなりました。
 活動に気を取られて気にしなくなったのか?
 ベルトを緩めたことがよかったのか?
 長時間被ったことで体に合ってきたのか?
 どちらにしても、快適になりました。
 あとはその防水性能がどの程度か。
 それを試す時は冬の冷たい雨か雪。
 試したいような試したくないような・・・。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「防水帽子」と「防水防止」は、間違いやすい。

 

|

« 「新・三重塔子」制作日誌 4 | トップページ | モノクロなカラー写真 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「新・三重塔子」制作日誌 4 | トップページ | モノクロなカラー写真 »