« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月31日 (日)

「新・三重塔子」制作日誌 1

 オリジナルデザインの人形「三重塔子」を作り始めました。
 気に入ったデザインで、今までに何度か作りました。
 一番の特徴の塔の屋根が難しい。
 瓦屋根の形状が把握しにくかった。
 最初の人形は作りかけたものの、作業が中断。
 1年ほど放っておきました。
 本物の三重塔、五重の塔を見に行き、「なんとなく」形を把握。
 作業を再開させました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2014/09/post-21a8.html
 それでも、屋根つくりは満足いくものではありませんでした。
 先日、「銅鐸さんリメイク版」を完成させました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/12/post-fc15.html
 ここでも「銅鐸」をどう再現するかが問題でした。
 しかし、思いのほかうまく形としてまとまりました。
 これに気を良くして、「三重塔子」もなんとかなるかもしれない。
 そう思い始め、制作を決意。
 おりしも、川崎大師に行く機会がありました。
 そこで八角五重の塔を取材。
Imgp0267
 屋根の形状を研究しました。
 縁が反った形はどう表現したらいいのか?
 見れば見るほどわからない・・・。
 屋根の板の下に角材を並べているわけは?
Imgp0266
 今までは、紙粘土やパテで再現していました。
 「型」を作り固まるまでその上で成形しました。
 それをもっと簡単にプラ板で出来ないか?
 考えてみました。
 実は一番最初も、プラ板で作りました。
 しかし、うまい角度にならない。
 瓦部品をどうするか、などの課題にぶつかり断念しました。
 取材した画像をじっくり見ながら研究。
 夜寝る前に「解決策がみつかる」と暗示をかけて寝ました。
 そうすると無意識が寝ている間に問題を考えてくれます。
 実際、それからほどなくして解決策が浮かびました。
 プラ板で屋根を作ります。
 切り離した三角形の底辺にしい直な線を引きます。
 今回が5ミリ間隔に。
 その線にッターで切断しないよう気を付けながら傷をつけます。
 その傷を折らないよう、そこから軽く曲げます。
 そうすると反った屋根っぽくなります。
 傷の上から二ミリのプラ角棒を接着。
Imgp0163
 塔の屋根っぽくなりました。
 出来るまで、その仕上がりには半信半疑でした。
 なので、まずは1枚だけ切り出して作りました。
 これがうまくいけば、この方法で行けるわけです。
 あとの部品も切り出して、同じように制作しました。
 屋根の部品が揃いました。
 仮組してみました。
Imgp0164
 「おお!塔の屋根っぽい!」
Imgp0165
 屋根はこの方式で行くことにしました。
 さて、次は瓦です。
 つづく。
 
 本日の自転車走行距離 15キロ
 
 今日であったねこ 2
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「趣味の詩吟」と「趣味の尿瓶」は、間違いやすい。

 

| | コメント (0)

2017年12月30日 (土)

ハブライトホルダー流行ってる?

 テールライト付きバッテリーBA-2.6R用にハブライトホルダーを買いました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/11/post-9b90.html
 月交代で二台のロードバイクを使い分けています。
 ハブライトホルダーは共用で、月交代の時にこれも付け換える。
 そういう予定でした

 付けっぱなしの方がいいよねということで追加購入を決定。
 もう一つ買いに行きました。
 前回と同じ店に行きました。
 その時は、金色と赤、それと黄緑がありました。
 金色を買ったので、残るは赤と黄緑の筈。
 今度買うなら赤だね・・・。
 そう心つもりをして行きました。
 「金色が入荷している」
 前回の購入から約ひと月。
 その間に入荷していたようでした。
 ハブライトホルダーなんて使う人もいないだろうし、店頭在庫でお終い。
 そう思っていました。
 ま、金色があるならこれにしよう。
 前回と同じ金色を購入。
Imgp0254
 別な機会に「バイシクル・プラス」を買いました。
Imgp0252
 (ハブライトホルダー バイシクルプラス 大きさ対比用「銅鐸さん」)
 「こんな自転車使っています」という読者モデルというのでしょうか。
 普段使っている自転車の紹介ページが楽しい。
 ふと見ると、そうした読者モデルの自転車はハブライトホルダー装備。
 モデルは二人、その二人ともハブライトホルダー使用者。
 編集部が用意した装着例の自転車にもハブライトホルダーが。
 よく見ると、表紙の自転車にもハブライトホルダーが・・・。
Imgp0253
 あれ?
 ハブライトホルダー流行ってる???
 実は私はハブライトホルダーはあまり好きではありません。
 地面を明るく照らすより、目線と地面との空間を照らして欲しいからです。
 テールライト付きバッテリーを使うために用意しました。
 ハンドルやセンターフォークでは、テールライトは後方へ届きません。
Imgp0255
 一つ持っていましたが、ほとんど使わずお蔵入り。
 BA-2.6Rのことがなければ、持っていることも忘れていました。
 だかか、お店にあった物は、在庫見切り品「売れたら入荷は無し」
 そう思い込んでいました。
 ふ~ん。
 ハブライトホルダー、いいんだ。
 そう思い直して夜間航行で使いました。
 地面を明るく照らしてくれます。
 日の短いこの時期はライトが大活躍。
 新たな視点でのライトの使い方を楽しんでみようと思います。
 
 本日の自転車走行距離 3キロ
 
 今日であったねこ 10
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「読者モデル」と「読者も出る」は、間違いやすい。


 
 

| | コメント (0)

2017年12月29日 (金)

田谷の洞窟

 定泉寺の、田谷の洞窟へ行きました。
 戸塚駅からバスで20分少々。
 「洞窟前」で下車。
Imgp0241
 定泉寺のある栄区に土地勘はありません。
 バス停の名前が分かりやすいので助かりました。
 しかも降りてすぐのところでした。
 大きな看板がありがたい。
Imgp0231
Imgp0232
 受付で入場料400円を支払います。
 パンフレットと蝋燭をいただきました。
 この蝋燭で照らして見学?
Imgp0233
 しまった・・・。
 今日は自転車のライトを持ってきてない・・・。
 いつも持ってるんだけどねぇ・・・。
Imgp0234
 洞内はLED電球で照らされて、適度に明るかった。
 そのままで見学できました。
 ここはかつて修行僧たちが、修行の一環で掘った人工の洞窟だそうです。
 しばらく進むと妙に暖かい。
 お燈明の蝋燭の温度?
 暖かさを感じたところに明かりが灯っていました。
 でも、蝋燭でここまで暖かくなる?
 明るいところを離れても暖かさは続きました。
 洞内が暖かいんだ!
 恐らく地下水のお陰でしょう。
 外の風が届かなくなったあたりから暖かくなってきたようでした。
 中は結構広く、順路に従ってかなり歩きました。
Imgp0240
 このままどこまで進むの・・・?
 少々不安になるくらい。
 再び空気が冷たくなってきました。
 出口が近いらしい。
 15分ほどの見学で出てこられました。
 あ・・・、蝋燭どうしよう?
 入り口に置いてきてしまいました。
 帰宅して、パンフレットをじっくり読みました。
 「蝋燭は持ち帰り、お仏壇で使うように」と。
 それと入口にある燭台にのせて、灯した明かりで見学する。
 入洞前の心得が書かれていました。
 そういえば、受付のお姉さんに「心得を読むように」と言われてました。
 「はい」なんて答えて、そのまま読まずに・・・。
 帰りもバスで戸塚駅に出ました。
 来た車線のバスに乗れば、大船駅に出られました。
 大船より戸塚の方が空いている気がして、戸塚に戻りました。
 
 本日の自転車走行距離 31キロ
 
 今日であったねこ 3
 
 今日の間違いやすい探し

 「田谷の洞窟と「田舎の洞窟」は、間違って探索しやすい。
 
 
 

| | コメント (0)

2017年12月28日 (木)

NCC-65491 U.S.S. KYUSHU

 「隔週刊スタートレック・スターシップ・コレクション」を買っています。
 最新号は「NCC-65491 U.S.S. KYUSHU」でした。
Imgp0228
Imgp0221
 次号の予告を見て楽しみにしていました。
 「新スタートレック」登場の宇宙船です。
 名前の「KYUSHU」は、日本のあの「九州」から。
 制作陣が日本の関心を持ってくれての命名だと思います。
 けれど、日本の艦船の命名方式から外れている気がします。
 九州を周る観光船でもない限り、「九州」とは付けないでしょう。
 他にも「HONSYU」(本州)とかもあるそうです。
http://www.usskyushu.com/trekjapan.html
 しかし、強敵に破壊された状態で画面に一瞬だけの登場。
 撮影用の模型も作られました。
 「破壊された状態」にする為にわざわざ壊されたそうです。
 「ニューオーリンズ級」の宇宙船という設定。
 その後、同型艦は登場しましたが台詞の中の名前のみ。
 画面でのお披露目は壊れた状態で、確認も難しいほどの一瞬だけ。
 それなのに今回模型になりました。
 デザインは、主役NCC-1701-D U.S.S. ENTERPRISEの模型の改造品。
Imgp0223
 「よく似ているけど、大きさも性能も違うお方」という設定。
 エンタープライスDが約600メートル。
 キュウシュウは、約300メートル、半分の大きさだそうです。
Imgp0222
 (上 キュウシュウ 下 エンタープライスD)
 放送当時、エンタープライスの模型を使って作ろうとしたことがありました。
 不明部分があって、断念したことを覚えています。
 あれまぁ~、そんななのに模型になりました。
Imgp0227
 発売日を心待ちにしていました。
 開けてみると「かっこ悪い・・・」
 エンタープライスDの模型を切り貼りしたようなデザインは、分かっていました。
Imgp0226
 改めて見てもカッコ悪い・・・。
Imgp0225
 でも、好きなんです。
 
 本日の自転車走行距離 1.6キロ
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「官姓名を述べよ」と「艦船名を述べよ」は、間違って述べやすい。
 

| | コメント (0)

2017年12月27日 (水)

2018年の鏡餅

 今年の鏡餅、正確には今年買った来年用の鏡餅。
Imgp0140
 「なかよしにゃぁ」を選びました。
 Imgp0142
 本日の自転車走行距離 36キロ
 
 今日であったねこ 3
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「真核生物」と「進学生物」は、間違いやすい。

| | コメント (0)

2017年12月26日 (火)

幸せの黄色い京急

 黄色い京浜急行に乗りました。
Imgp0065
 見たり、乗れたりすると幸せになるとかなんとか。
 私は結構な頻度で見かけます。
 しかし乗っても普通の電車。
 中は黄色くない。
 カーブで黄色い車体が見えました。
 黄色いスイカを食べた時のような物足りなさを感じました。
 過去に何度か食べたことがある黄色いスイカ。
 でも、どんな味だったか思いだえませんでした。
 去年の夏、意識しながら食べました。
 淡い味で印象に残らない。
 だから黄色いスイカを食べた記憶そのものが曖昧になっていたんだ。
 スイカと京急は赤がいい。

 本日の自転車走行距離 43キロ

 今日であったねこ 10

 今日の間違いやすい探し

 「因果の法則」と「銀河の法則」は、間違って定義しやすい。

| | コメント (0)

2017年12月25日 (月)

CAT EYE BAREND MIRROR

 キャットアイのバーエンドミラーを買いました。
 発売された頃から気になっていた品。
 ドロップハンドルに付けるバックミラーでいいものがなかなかありません。
 キャットアイの製品にはとても信頼を寄せています。
 そこが出したなら、いいものに違いない。
 そう確信していました。
 お店で売っているのを見かけたこともありました。
 でも、その時は買わなかった。
 「通販で頼む時に一緒に乗せよう」
 そう思って、先送り。
 しかし、その時が来たものの忘れたり、予算オーバーだったり。
 ひとまず別なミラーを付けています。
 それで間に合うので、更に後回しになっていました。
 買わずに時が経ちました。
 遂に、お店で再会。
 今度は買いました。
Imgp0195
 私の自転車にバックミラーは標準装備です。
Imgp0196
 (バーエンドミラー 大きさ対比用「銅鐸さん」)
 ミラーを付けている目的は二つ。
 一つは安全のため。
 後方確認という積極的目的。
 ミラーが光を反射して、車に存在をアピールできる結果的な目的。
 もう一つは、もし人間の力だけでは解決不能な事件が起きた時。
 主に怪獣や宇宙人の襲来を想定しています。
 「ミラーマン」が変身や移動にバックミラーを使ってくれるかもしれない。
 そうなったら、ヒーローの活躍に貢献することになります。
 さて、新購入のミラーを度の自転車に付けよう。
 シクロクロスのミラーを付け換えることにしました。
 イルミラーというLEDでミラーの周りが光るのを付けていました。
Imgp0197
 ちょっとグラグラするのが気になっていました。
 もともと直接ドロップハンドルのエンドに付けるようにはなっていません。
 付属のアダプターを使います。
 それだと横に張り出すので好きではありませんでした。
 これを付け換えました。
 ミラーはしっかり固定されました。
Imgp0199
 流石キャットアイ。
 外したイルミラーは部品が欠けていました。
Imgp0198
 同じミラーを折り畳み自転車ブロンプトンにも付けています。
 これはその予備として待機させましょう。
 まだ新装備にして走っていません。
 実際の使い心地はどうでしょうか?
 楽しみにしています。
  
 本日の自転車走行距離 36キロ
 
 今日であったねこ 4
 
 今日の間違いやすい探し

 「ミラーマン」と「未来マン」は、間違いやすい。

 

| | コメント (0)

2017年12月24日 (日)

やじうのめざめ

 

Imgp0440
 Imgp0391
 やじゅうのめざめ。
Imgp0157

 本日の自転車走行距離 0

 今日であったねこ 1

 今日の間違いやすいさがし

 「野獣の目覚め」と「やじうのめざめ」は、間違いやすい。

| | コメント (0)

2017年12月23日 (土)

「銅鐸さんリメイク版」制作日誌 完成

 オリジナルデザインの人形「銅鐸さんリメイク版」制作日誌。
 上着を作り直しました。
Imgp0067
Imgp0068
 これを塗装。
Imgp0127
Imgp0125
 各部を接着して完成!
 ・・・のはずでした。
 銅鐸型冠がちょいと高い。
 元のデザイン画では銅鐸形下半身に「取っ手」はありませんでした。
Imgp0426
 作っているうちに「付けてみよう」と予定を変更。
 それはそれで良かったのですが、その分腰高になりました。
 銅鐸形冠も上下逆さなデザインにする予定でした。
Imgp0427
 でも、普通の銅鐸に似た形に変更。
 この二つの変更のお陰でずいぶん背が高くなりました。
 銅鐸形冠と頭の接続部分を少し低くしました。
 しかし、あまり変化は感じられませんでした。
 頭が重いので、首の太さを増しました。
 オリジナルデザインの人形制作記は、完成してから書いていました。
 今回は、一番難航するだろうと思っていた銅鐸が予想外に早くできた。
 しかも、以前のものよりはるかに「銅鐸」に見えるものに仕上がりました。
 それでこの人形は早めにできるんじゃないかと予想。
 ひと工程終わるたびに製作記事を書くことにしました。
 1ヵ月くらいで出来ちゃったんだ!
Imgp0151
Imgp0152
Imgp0153
Imgp0154
Imgp0155
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/11/post-f033.html
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/11/post-7008.html
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/11/post-a352.html
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/12/post-1d27.html
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/12/post-b1b1.html
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/12/post-216e.html
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/12/post-09f4.html
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/12/post-0658.html
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/12/post-ec21.html
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/12/post-db91.html
  
 本日の自転車走行距離 15キロ
 
 今日であったねこ 12
 
 今日の間違いやすいさがし
 
 「鎌倉天国」と「鎌倉天園」は、間違いやすい。

 

 

| | コメント (0)

2017年12月22日 (金)

横浜最高峰の山、大丸山 2

 横浜市最高峰の山「大丸山」散策の続きです。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/12/post-0e2b.html
 案内板で見つけた「大丸広場」を目指して歩きました。
 山頂と思われた大丸広場は、谷底にありました。
Imgp0050_2
 「大丸山はどこ??」
 そのまま進むと、登り道がありました。
 ここを登るとどうにかなる?
 この森は分かり難いのです。
 散策道を歩くと木々で周りの風景はほとんど見えません。
 横浜市内最高峰の山といっても160メートルありませんから。
 どこをどう歩いているのか?
 地形がとても把握しにくい。
 とにかく登りましょう。
 戻る以外に散策道はありませんし。
Imgp0052
 しばらく登ると、他の道と交差するところに出ました。
 道案内表示もありました。
Imgp0053
 「鎌倉天園」方面をさす文字が・・・。
 検索したサイトによると、大丸山から鎌倉へ抜ける道があるそうです。
 ということは、この方向だ!
 希望の光かなり強くなってきました。
 この道は尾根道のようでした。
 ということはかなり正解に近い!
 谷底に降りずに、この道に来られなかったんだろうか?
 疑問は残りますが、進みましょう。
 策で保護された道がありました。
Imgp0054
 うん!こういうところは前には来なかった。
 新たな展開に期待です。
 この後はずっと尾根道。
 山頂が近い証拠でしょう。
 しかし、どうして谷底へ下りる必要があったのか?
 一度谷底へ下りないとどこへも行かれないようになっているのか?
 お地蔵様を発見。
Imgp0055
 お賽銭がおいてありました。
 どなたが回収して、何に使うんだろう?
Imgp0056
 ずっと尾根道が続いた後、ようやく案内板が見えました。
Imgp0057
 この案内板は、検索サイトにあったものだ。
http://www.onedayhik.com/php/ymrec.php?recid=20131209_01
 「瀬戸広場への分岐」というところでしょう。
 最初の「いっしんどう広場」からここまでずいぶん長かった・・・。
 木々が切れて、周りの風景も見えてきました。
 辺りは住宅地でした。
Imgp0058
 でも、どこにいるのかさっぱりわからない・・・。
 ここまで来たら、山頂は近いはず。
 と思ったら、その案内板からすぐでした。
Imgp0059
 ついに来た!
 途中諦めかけましたが、あきらめないで来てよかった!
 この看板のある小高いところが山頂です。
Imgp0062
 そのわきに石段がありました。
Imgp0063
 降りると住宅街に行かれます。
 バス停も近いそうです。
 あれま。
 じゃぁ、バスで来てこの石段を上がると、そこは山頂・・・。
 横須賀の鷹取山みたいだ。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/03/post-a09a.html
 この辺りに住んでいたら、すぐ山に遊びに行けるわけだ。
 子供の頃住んでいたら、大喜びだったろうな。
 さて、いよいよ山頂に登りましょう。
Imgp0061
 テレビで観た光景では、周りの風景が楽しめるはずです。
 回りが見渡せれば、どの辺りに来たのか把握しやすいはず。
 登ろうと思ったら・・・。
 「がび~ん」
Imgp0060
 通行止め。
 平成31年6月まで工事中で登れないそうです。
 ここまで来ましたが、頂上へは行かれず。
 このままハイキングコースをたどれば鎌倉方面へ出られるそうです。
 しかし、ここまで迷った分も含めて随分歩きました。
 バス停を探すことにしました。
 石段を下りると住宅街
 Imgp0064
 バス停らしいものを見つけました。
 しかし、一時間に1本の割合。
 しかも、着いた時刻に到着予定はありませんでした。
 もっと「下界」に降りれば違う路線があるでしょう。
 広い通りに出ると通り過ぎようとするバスの姿が・・・。
 行先表示を見ると「大船駅行き」
 大船が近い?
 ここはどの辺りでしょう??
 大船行きバスが行ったばかり。
 その反対車線のバスはどこに行くのでしょう?
 バス停を探しました。
 しばらく行くとバス停発見!
 「金沢八景駅行き」だって。
 時刻表を見ました。
 本数は多いみたい。
 一番近い時刻は・・・。
 3分前に過ぎてる!
 でも、ここに来るまで3分以上かかっている。
 その間、バスに追い越されてはいません。
 遅れてるかもしれません。
 振り返ると、そこにバス。
 おお!今来た!
 何というタイミングでしょう!
 運がいい。
 運の良さはそれだけではありませんでした。
 金沢八景駅で知ったことですが、JRで事故があったそうです。
 JRの電車は不通や遅れが出ているとか。
 もし、あのままハイキングコースをたどって鎌倉へ出ていたら・・・。
 「大船駅行き」のバスに乗っていたら・・・。 
 JRは動いていなかったでしょう。
 そのあおりを受けて、京急もダイヤが乱れていました。
 しかし、少し待つだけでほぼ予定通りに帰ることができました。
 金沢八景駅に出られたのは偶然でした。
 しかし、とても運がよかった。
 
 本日の自転車走行距離 31キロ
 
 今日であったねこ 4
 
 今日の間違いやすいさがし
 
 「犬丸山」と「太丸山」は、間違って登山しやすい。
 

 
 

 

| | コメント (0)

2017年12月21日 (木)

横浜最高峰の山、大丸山 1

 大丸山に行きました。
 横浜市内最高峰の山だそうです。
 テレビで観て、そんな山があることを知ました。
 どこにあるんね?
 調べると、円海山のすぐ近く。
http://www.onedayhik.com/php/ymrec.php?recid=20131209_01
 秋に大岡川の源流を見に行きました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/09/40-ad1c.html
 そのすぐそばのようです。
 検索したサイトによると登山道入り口は、前回出口に使ったところ。
 ここから上大岡駅行きのバス停を見つけたんだ。
 すると、前回の逆をいけば簡単に着けるわけです。
 使ったバス停も覚えています。
 上大岡駅より111系のバスに乗り、臼杵で下車。
 ここへ来た道を逆に辿り公園入口へ行きました。
Imgp0041_2
 逆に歩くのでぎこちなさはありました。
 しかし、知った道なので短く感じました。
 さて、ここからどうする?
 案内板を見ました。
Imgp0042_2
 分かり難い・・・
Imgp0043_2
 矢印の指す方へ向かいました。
Imgp0044_2
 いきなり下り道。
 しかも前回この道を上がってここへ出ました。
 ということは、ここを降りると大岡川の源流へ出るはず。
 あの時は、登山道へ抜ける道らしいものはなかったはず。
 違う気がして戻りました。
 もう一本、気になる道があったのでそちらを行くことにしました。
Imgp0045
 しかし、しばらく行くと見覚えのある光景・・・。
 歩いたことがあるような気が・・・。
 もう少し進むとそれは気のせいでは無い事が分かりました。
 確かに来ている!
 最初に来た時、金沢文庫の方からバスできました。
 その時に見つけた公園入口へ出ました。
 途中、MTBで走るカップルとすれ違いました。
Imgp0046
 おや、自転車はありかね?
 楽しそう・・・と見送りました。
 「この道は違う」と引き返しました。
 カップルMTBも戻ってきました。
 MTBならそうはできない所はないでしょう。
 しかし、遊歩道です。
 やめた方がいいとの判断したのでしょう。
 さて、大丸山散策はやり直しです。
 もう一度案内板を検討。
 検索したサイトを印刷してきましたが、参考にならず・・・。
 矢印通り行くことにしました。
Imgp0047
 「大丸広場」というのを目指すことにしました。
 どんどん下るので心配になってきました。
 だって、目指すのは大丸山の山頂です。
 山頂はたいてい、山の頂、てっぺんにあるはずです。
 途中で「大丸広場」へ行く道しるべがありました。
 あ・・・。
 希望の光です。
 このまま谷底まで降りたら大岡川の源流。
 違う道への案内は新たな展開を期待させます。
 新たな道へ行きましたが、下りは続きました。
Imgp0048
 本当に大丸広場へ着くのか?
Imgp0049
Imgp0048_2
 ついに谷底へ着きました。
 また大岡川の源流のある所に着いた?
 谷底は見たことがあるような無いような風景。
 看板がありました。
 「大丸広場」
Imgp0050
 「がび~ん」
 大丸広場とは大丸山の山頂じゃないんね???
 確かに合っているが、全く違う!
 なんで大丸山じゃないのに「大丸」の名がついてる?!
 このまま進むことにしました。
 大岡川の源流を見て帰ることになるかもしれません。
 谷底は来たことがあるような無いような・・・。
 前回はオニヤンマが飛んでいるような季節でした。
 周りの草木も青々としていました。
 だから違って見えるのか?
 そもそも違うところなのか?
Imgp0051
 やがて登り道がありました。
 あ・・・、大岡川の源流のある谷底とは違うところだ。
 再び希望の光が見えてきました。
  
 つづく。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい
 
 「大丸山」と「犬丸山」は、間違って登山しやすい。

 

 

| | コメント (0)

2017年12月20日 (水)

なにしてんね?

 何してんね?
Imgp0070
 トイレにて。
Imgp0071  
 本日の自転車走行距離 62キロ
 
 今日であったねこ 15
 
 今日の間違いやすい

 「タコの吸い付き」と「タコのスイーツ」は、間違いやすい。

| | コメント (0)

2017年12月19日 (火)

「銅鐸さんリメイク版」制作日誌 10

 オリジナルデザインの人形「銅鐸さんリメイク版」制作日誌、第10段。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/12/post-ec21.html
 ほとんどの部品ができて、あとは上着を作るだけになりました。
 形も出来て、塗装も済ませました。
 上半身を月を模した丸い形にしました。
 一度球体上半身を作りましたがしっくりいかなかった。
 作り直したけれど、これもしっくりきませんでした。
 結局、初代「銅鐸さん」の上半身を外して、修正して使うことに。
Imgp0039
 Imgp0040
 古代の信仰に月は特別な意味を持っていたようです。
 それを意匠に取り込みました。
 上半身の色どうしようを迷いました。
 月って何色?
 白っぽいグレー?
 「お月さん」のイメージで黄色っぽい入りにしました。
 上着には、三日月をイメージした切り欠きを入れました。
 その切り欠きから黄色い三日月が見えるような感じにしたかった。
 上着の色は黒がいいでしょう。
 しかし、以前「月と蛇と縄文人」という本を読みました。
 古代の人は影や闇を死のイメージと重ねて嫌っていたようです。
 土偶の腕が妙に短いのは、「脇」を作らないという配慮。
 「脇」は影になるので不吉と考えたという仮説を展開していました。
 ふ~ん。
 手が短いのは、技術的な問題だと思っていました。
 大昔、粘土で精巧な人形を作るのは難しかったから。
 そう思っていました。
 影、闇を嫌っていたんだ。
 仮説の段階ですが、十分説得力を感じました。
 すると、銅鐸さんに「黒」を使うのは違うかなという気がしてきました。
 銅鐸と同じ「ブロンズ」にしようかと思いましたが、それでは地味。
Imgp0066
 赤、それもメタリックレッドにすることにしました。
 メタリックレッドで塗装した上着を着せてみました。
 なんか違う・・・。
 Imgp0426
 作っている段階で違和感を持っていました。
 「色が着けば印象が変わる」とわずかな期待・・・。
Imgp0067
 やはり違う・・・。
 上着ができれば完成でしたが、ここで作り直しをすることに。
 Imgp0068
 完成までまたちょっと。

 本日の自転車走行距離 11キロ
 
 今日であったねこ 2
 

| | コメント (0)

2017年12月18日 (月)

大江戸ポタⅣ

 自転車仲間とポタリングに行きました。
 ポタリング」とはサイクリングの軽いようなやつという意味。
 この方々とご一緒するのは4月以来かな・・・。
 私が「三浦半島の方」へ案内したんだっけ。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/05/post-3a5a.html
 「三浦半島の方」で、半島にはいかないポタでした。
 今回は、「大江戸ポタⅣ」
 このシリーズだけで4回目ということ。
 でも、私は今回初めて参加できました。
 集合は新木場駅。
 近い!
 ナビで調べたら20分で行くと出ました。
 道も分かっているので、ナビは家に置いて行きました。
 走ったら本当に20分で着いてしまいました。
 「大江戸ポタ」シリーズ集合場所はいつもここにしてほしい・・・。
 ポタは参加しないけれど、近所なので見送りに来てくれた方もいました。
 差し入れのミカンがうれしかった。
 今回自転車は、コナのスートラを使用。
Imgp0100
 艦隊行動は初めてです。
 ロードバイク並みに走れますが、ロード以上には走れません。
 全員ロードバイクの時は、ついて行くのが大変でしょう。
 今回、小径車参加の方もいるということなので、試すにはいい機会。
Imgp0101
 出発時刻になり、自己紹介しをして出航。
 全行程40キロ程の軽いコース。
 先ずは駅より南下して、ゲートブリッジへ。
Imgp0103
 よく目にしていましたが、ここへ来たのは初めてでした。
Imgp0102
 風が強く寒かったけれどいいところ。
 エレベーターで昇ると橋に上がれるようになっていました。
 展望室は9階建て。
Imgp0104
 見た目は3,4階建てという感じでしたが、意外と高いんだ。
Imgp0107
 歩道を歩けるようになっていましたが、強風でとにかく寒い・・・。
Imgp0108
Imgp0109
 このまま歩道を歩けば向こう岸へは行けないらしい。
Imgp0106
 途中でもどるようになっているらしい。
Imgp0103_2
 自転車は持ち込み不可でした。
 景色を見て、記念撮影をして早々に降りました。
 次は、ヘリポートへ。
 葛西臨海公園からヘリの離発着の光景を見たことがあります。
Imgp0111
 「あの辺りにヘリポートがあるらしい」とは知っていました。
Imgp0110
 来たのは初めてでした。
 近くに電車の車両基地がありました。
Imgp0112
 有楽町線だそうです。
 地下鉄は地上にしまうんね。
 夢の島公園へ行って第五福竜丸」を見学。
Imgp0113
Imgp0114
 この辺りで、大勢の人だかりができていました。
 皆一様にスマートフォンを見ている・・・。
 「ぽけもん」かね?
 あまりの人数の多さに驚き。
 そんなに面白いんかね?
 みな、帰りに福竜丸も見ていくように。
 移動。
 これからのコースは、私が都心へ出る時に使う道を通るらしい。
 よく知ってる道の筈です。
 私の故郷は横浜です。
 東京に越してきて、こもも地元になりつつあるんだということを実感。
 州崎野球場跡を見学。
Imgp0115
 後楽園ができるまで、ここがプロ野球の球場だったそうです。
 きっと東京ドーム1個分の敷地。
 江東運転試験場でお昼ご飯。
 このすぐそばを通っていますが、来たのは初めて。
 4階の食堂で昼食。
 結構いい食堂でした。
 再度出航。
 今度は主に「跡地」の碑を巡る散策。
 かつて都電の線路だった緑道にきました。
 へぇ~、永代通りの一本裏に来るとこんな道があったんだ。
 都電車輪の展示物。

Imgp0116
 随一の力自慢でも持ち上がりませんでした。
 すぐ近くに長州藩の鋳造所があったそうです。
Imgp0117
 ずいぶん昔のことなので全く知りませんでした。
 「洲崎遊郭」というのがあったそうです。
 遊郭は川にかもまれたところだったとか。
 今は埋め立てられてその川はありません。
 しかし、遊郭があったあたりは道の幅など今もそのままだそうです。
 しょっちゅう通っていた辺りでしたが、全く知らなかった・・・。
 私の知らなかった裏道を走りました。
 古石場川親水公園。
 いつも通る一本裏で、ここも川を埋め立てた緑道でした。
 中之島公園へ。
Imgp0118
 Imgp0119

  Imgp0120
 Imgp0121

 船の見える景色は好き。
Imgp0122
 佃島、築地を抜けて、皇居へ。
 ポタはまだ続きますが、私は予定があるのでここでさよなら。
 主催者が綿密なスケジュール表を用意してきてくれました。
 驚いたことに、ほぼ時間通りに進んでいました。
 なんだかとても気持ちがいい。
 来た道に似た道を帰りました。
 古石場川親水公園が面白かったので、帰りはそこを通りました。
Imgp0123
 
雰囲気がとても好きですが、普段通ると遠回りになるな・・・
 
急がない帰り道に使おう。
 
一日楽しいポタリングになりました。  

 本日の自転車走行距離 4キロ

 今日であったねこ 1
  
 今日の間違いやすい探し
  
 「ヨウスコウワニ」と「ヨウコソワニ」は、間違いやすい。

 
 
 
 

 

| | コメント (0)

2017年12月17日 (日)

「銅鐸さんリメイク版」制作日誌 9

 オリジナルデザインの人形「銅鐸さんリメイク版」制作日誌、第9弾です。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/12/post-0658.html
 上半身を二種類作りました。
 一つは最初、このために作ったもの。
 もう一つは、初代「銅鐸さん」の上半身の再利用。
 銅鐸形の袖にボリュームがあって、初めの上半身が華奢に見えてきました。

Imgp0407
 初代「銅鐸さん」の上半身を加工すれば使えそう。
 頭、袖、下半身と他の部分と仮組みしてみました。Imgp0401
Imgp0400

 最初に作った上半身。
 設計通りならこの部品が一番合うはずでした。
 Imgp0411
 初代「銅鐸さん」の上半身を再利用したもの。
 実際作ると、ボリュームアップされ、設計段階とは印象が変わりました。
Imgp0427
Imgp0426
Imgp0428
 そこで、初代のものを改修再利用。
Imgp0410
 形ができたところで、いい方を採用することにしました。
 初代「銅鐸さん」の上半身再利用の方が良さそうでした。
 それに合わせた上着を製作。
Imgp0425
 銅鐸形袖が予想よりはるかに大きく仕上がりました。
 中に5ミリプラパイプを仕込んであります。
 3ミリプラ棒を芯にした手首を作って、差し込めるようになっています。
 プラ棒を芯にした関係で手首も大きくなりました。
 末広がりの方を手首側にしようと設計。
 しかし、全体が大きくなったので逆さにしようかと再検討。
 手首を受けるプラパイプで腕を受けるようにする。
 腕は、1ミリの針金を通して固定する予定でした。
 手首を針金で固定する。
 銅鐸形袖の向きを変える検討もしました。
 ここでも仮組。
Imgp0424
 う~ん、どちらもいい。
 やはり、最初の予定通り末広がりの方を手首側にします。
 すべての部品が揃ったので、全体の仮組み。
Imgp0431
 (左 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」 右 「銅鐸さんリメイク版 (未塗装・仮組み))
 
これで問題がなければ、上着を塗装。
 
各部接着で完成のはずです。

 本日の自転車走行距離 49キロ
  
 今日であったねこ 4
 
 今日の間違いやすい探し
  
 「過学習」と「科学臭」は、間違いやすい。

| | コメント (0)

2017年12月16日 (土)

お風呂と洗濯機の掃除

 風呂釜と洗濯機の清掃をしました。
 最後にやったのはいつだっけ?
 まずは、風呂釜から。
Imgp0005
 説明書通りに水をためて洗浄剤を入れて追い炊きで洗浄。
 一度排水して、再度水を手めて軽く追い炊き。
 この時の水も捨てるよう指示されています。
 しかし、この水で洗濯機の洗浄をします。
Imgp0006
 二度目の水は、ほとんど綺麗ですからもったいない。
 今度はこの水で洗濯機の洗浄。
 終了後は、浴室の防カビ燻煙材も散布。
 この三点はセットになっていますが、なかなか定期的にはならない・・・。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「定期的」と「不定期的」は、間違いやすい。
 

| | コメント (0)

2017年12月15日 (金)

驚異のねこ穴式住居

 ベッドを背もたれにしてテレビを観ていました。
 ねこが背後のベッドに上がり、もそもそなにかしていました。
 振り返ると「いない・・・」
Imgp0001
 布団をそっと上げると中で寝ていました。
Imgp0002
 寝床を作ったんね。
 その後出勤。
 帰宅後、布団をそっと上げてみました。
 もういません。
 そりゃぁ、いないでしょう。
 けれど、布団がねこ型にへこんでいました。
Imgp0004
 「ねこ穴式住居」遺跡。
 
 本日の自転車走行距離 53キロ
 
 今日であったねこ 3
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「ねこ穴式住居」と「竪穴式住居」は、間違って発掘しやすい。

| | コメント (0)

2017年12月14日 (木)

「銅鐸さんリメイク版」制作日誌 8

 オリジナルデザインの人形「銅鐸さんリメイク版」制作日誌。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/12/post-09f4.html
 銅鐸型の腕ができました。
Imgp0407
 先に作っておいた上半身と合わせてみました。
 「でかい・・・」
 図面上ではそういう感じは受けずにいました。
Imgp0429
 立体にしてみると、予想以上に嵩張って見えました。
 長さも盛った分、長くなっていました。
 腕に合わせて作った手首も大きく見える・・・。
 上半身と腕は、制作中合わせる作業をしなかったっけ・・・。
 腕とつなぐ上半身もが華奢に見えてきました。
 Imgp0405
 ありゃ。
 上半身をもう少し盛り付けるか?
 ふと思いつきました。
 初代「銅鐸さん」の上半身を利用できないか?
 初代は、上半身が丸っぽくなっています。
 リメイク版では最初上半身を「球体」にデザインしました。
 「月」をイメージして真ん丸にしたのです。
 古代の信仰に月は特別な意味を持った存在だったようです。
 その月を模して球体にしましたが、どうもまとまりが悪かった。
 そこで骨組みだけ残して、人の体に近い形に作り直しました。
 その後、銅鐸型の下半身や冠のデザインも元と変わりました。
 全体的にボリュームが増していた。
 それで最初に作った上半身が合わなくなっていました。
 初代から上半身をもらうことにしました。
 上半身から、不要部分を取ります。
 腕を修復。
 ひと回り小さくなるように全体を削る作業。
 もともと、リメイク版ができたらお役目終了の予定でした。
 リメイク版の上半身として再生します。
 Imgp0406
 (左 リメイク版の上半身 右 初代「銅鐸さん」の上半身)
 本日の自転車走行距離 0
  
 今日であったねこ 2
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「分子雲コア」と「うんこの分子は」は、間違いやすい。

 
 

| | コメント (0)

2017年12月13日 (水)

履いたのははかない時期

 私の移動は自転車です。
 自転車にはSPDペダルというペダルを付けています。
 靴底に付いた金具でペダルと固定。
 効率のいいペダリングができます。
 履く靴はSPDシューズ。
 12月になって寒くなりました。
 冬用の靴に交換しました。
 特に冬用という訳ではありません。
 ハイカットの靴なので、私が「冬用」にしているだけ。
Imgp0365
 足首まで覆ってくれるので、実際暖かい。
 冬の間はほぼこの靴で通します。
 それまでは、スェードのSPDシューズを使っていました。
Imgp0363
 春と秋の間この靴を使います。
 確か、この春は早々にSPDサンダルに替えたはず。
 ということは、この靴は10月と11月の二カ月しか履かなかったんだ。
 履いたのは、はかない期間でした。

 本日の自転車走行距離 43キロ

 今日であったねこ 1

 今日の間違いやすい探し

 「はかない時期」と「履かない時期」は、間違って数えやすい。


 

| | コメント (0)

2017年12月12日 (火)

「銅鐸さんリメイク版」制作風景

 部屋のドアは一年中開けたままです。
 ねこが自由に出入りできるように。
 冬も開けておきます。
 閉じる時は主に二種類。
 ひとつは就寝時。
 ねこはケージで寝ます。
 夜間は部屋には入ってきません。
 もうひとつは、模型製作中。
 それも有機溶剤系の材料を使う時。
 塗装をする、パテを塗る時などです。
 有機溶剤の臭いがするので、ドアは締めます。
 換気のため窓は全開。
Imgp0301
 オリジナルデザインの人形「銅鐸さんリメイク版」を制作中。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/12/post-09f4.html
 臭いが出る作業が終わるまでは扉は締めたまま。
 開けると待っていたねこが室内へ。
 Imgp0303
 本日の自転車走行距離 31キロ

 今日であったねこ 7

 今日の間違いやすい探し
 
 「姫路城」と「悲鳴事情」は、間違いやすい。

| | コメント (0)

2017年12月11日 (月)

「銅鐸さんリメイク版」制作日誌 7

 オリジナルデザインの人形「銅鐸さんリメイク版」制作日誌。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/12/post-216e.html 
 下半身と冠を袖を銅鐸形にしました。
 予想よりうまく仕上がったので、気を良くしました。
 何となくしか決まっていなかった袖も銅鐸形にすることに。
Imgp0292
 同じものを二つ作るという面倒はありました。
 今まで通りエポキシパテで造形。
 手首が後から付けられるよう5ミリ径のプラパイプを仕込みました。
 Imgp0394
 でも、これまで作った物よりは小さいので作業は楽なはず・・・・。
Imgp0395
 形ができたら塗装は冠や胴体と同じ方法で。
 カッパーを塗った上から、ブロンズを「さささっ」と重ね塗り。
Imgp0399
 この後、手首を作って、先に作っておいた上半身と合わせます。
Imgp0407
 それが上手くいけば、完成まであとちょっと。
 
 本日の自転車走行距離 38キロ
 
 今日であったねこ 7
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「同じものを二つ」と「お暗示ものを二つ」は、間違いやすい。

| | コメント (0)

2017年12月10日 (日)

太陽光でエネループを充電

 太陽光充電が好きです。
 エネループを太陽光で充電できたらと思っていました。
 ソーラーパネルはUSB充電仕様。
Imgp0390
 USBで充電できる機器が無いかと思って探して見つけました。
 パナソニックのBQ-CC61。
 単三と単四電池が一度に最大格四本充電できます。
 これは便利と買いました。
 しかし、結構な時間ががかります。
 充電中を示す緑ランプがなかなか消えません。
Imgp0389
 結構効率悪い?
 冬の弱い日照ということもあるでしょう。
 昼間、3日間ベランダ充電しました。
 まだ緑ランプが消えません。
 自転車用のライトのバッテリーなら余裕で充電完了なほどの時間が経っています。
 念のためバッテリーチェッカーで容量を調べました。
 「一杯だ」
 緑ランプが消えないわけは分かりませんが、充電はされていた。
 あれま。
 ちゃんと受電されていればいいです。
 
 本日の自転車走行距離 1キロ
 

| | コメント (0)

2017年12月 9日 (土)

ウルトラ5つの誓いに背いても・・・

 「天気のいい日には布団を干すこと」
 「ウルトラ5つの誓い」の一つに背いても、冬布団は干さないで欲しい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B0%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3
 「いつでも寝られるように」敷きっぱなしにしておいて欲しい。
Imgp0387
 そう心より願うのでありました。
Imgp0386  
 本日の自転車走行距離 17キロ
 
 今日であったねこ 7
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「ウルトラ5つの誓い」と「ウルトラいつの願い」は、間違って願いやすい。

| | コメント (0)

2017年12月 8日 (金)

「銅鐸さんリメイク版」制作日誌 6

 オリジナルデザインの人形「銅鐸さんリメイク版」制作日誌。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/12/post-b1b1.html
 下半身にする銅鐸ができました。
 残すは塗装作業。
Imgp0311
 下地の上からアクリル系塗料のカッパーを塗りました。
 タミヤでは「コッパー」と表記。
 Mr.カラーでは「カッパー」だった気が・・・。
Imgp0366
 その上からラッカー系塗料のブロンズを「ささっ」と塗りました。
 下地のカッパーがすこ~し見える程度に。
 昔、行きつけの模型店でアクリル塗料の上からラッカー塗料は塗れないと聞きました。
 でも、ラッカー系のカッパーを持ってなかった。
 やってみたら、別のどうということはなかった。
 普通に塗装できました。
 銅鐸型冠も形になりました。
 Imgp0308
 何というのか分かりませんが、周りに丸い装飾を付けることに。
 Imgp0367
 同じように塗装。
 Imgp0368
 カッパーの上からブロンズをささっ。
Imgp0381
 こんな感じに。
 大まかな形は良かったのですが、デティールを付けたらイメージと離れました。
Imgp0293
 ブロンズ塗装をしたらそれっぽくなりました。
 まあ、銅鐸の模型を作るのが目的ではありません。
 共に「銅鐸さんリメイク版」の胴体と冠ですから。
 「銅鐸さんオリジナル版」と比較。
 Imgp0377
 最初の銅鐸さん恐れよりははるかに銅鐸っぽい。
Imgp0378
 銅鐸型冠同士の比較。
Imgp0380
 銅鐸を逆さにしたオリジナル版も好きでした。
 リメイク版は逆さにせず。
Imgp0379
 次は腕の制作です。
 Imgp0292
 本日の自転車走行距離 46キロ
 
 今日であったねこ 11
 
 今日の間違いやすい探し

 「コッパー」と「木っ端」は、間違って塗装しやすい。

| | コメント (0)

2017年12月 7日 (木)

川崎大師の八角五重の塔を見に

 川崎大師に行きました。
http://kawasakidaishi.com/
Imgp0350
 ずいぶんと久しぶりに来た感じです。
 いつもは自転車。
 もしくは京浜急行です。
 京急で行くと「あっ!」という間に着いてしまいます。
 今回は臨港バスで行ってみました。
 20分ほどで着きました。
 知らない道を走ってくれたのが楽しかった。
Imgp0351
 山道のお土産屋さんを見るのも楽しみの一つ。
 今回は、八角五重の塔を見たかった。
Imgp0353
 Imgp0355
 Imgp0356
 Imgp0357
 五重塔の屋根がどうなっているか。
 その作りを見たかった。
 屋根は結構なカーブを描いていました。
Imgp0354
 これは八角形だからそうなっているのか?
Imgp0358
 四角い屋根だとカーブは違ってくるのか?
 ここには四角屋根の多重の塔はありません。
 比較ができなかったのは残念です。
 屋根の下に何本もの角柱みたいなのが放射状に付いています。
 この塔では二段になってる。
 屋根瓦を敷く元の板にカーブを描かせるための支えなのか?
 どんな作りになっているのでしょうか?
 オリジナルデザインの人形「三重塔子」を作った時からの疑問です。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2015/01/post-b0ff.html
 今回、あれをリメイクしようという計画が持ち上がりました。
 その為の研究です。
 見れば見るほどわからない・・・。
 四角屋根の他の建物のそれを見てみました。
 八角屋根よりも緩いカーブですが、確かにカーブがある。
 模型で再現できるような、難しいような・・・。
 いろいろ考えながら川崎大師を後にしました。
Imgp0359
Imgp0360
 八角五重の塔は美しかった。
Imgp0361  
 Imgp0362
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「発覚!五重塔の秘密」と「八角五重塔の秘密」は、間違って暴きやすい。

 
 

| | コメント (0)

2017年12月 6日 (水)

おいしいお茶の淹れ方

 テレビで美味しいお茶の入れ方を観ました。
 まず驚いたのは、急須にふたをしないこと。
 今の緑茶は殆どが深蒸し茶なのだそうです。
 だから、急須にふたをしてもう一度蒸す必要がないとか。
 最初からふたのない急須を使っていました。
 まず、急須にお湯を四分の一(半分の半分)そそぎます。
 これは熱すぎるお湯を冷ますためだそうです。
 お湯の上からお茶っ葉を入れます。
 お茶はデリケートなので、やさし~く扱うとのこと。
 もう一度お湯を急須の半分くらいまで注ぎます。
 そして湯呑に直ぐ注ぎます。
 注いだ量は、湯呑に半分くらい。
 これが一煎目。
 急須に二煎目を注ぎます。
 お湯は半分くらい。
 二煎目は湯冷ましせず、そのまま湯呑に注ぎます。
 一煎目よりストレスなくすっと出てくる。
 ビタミンの70%の出る一煎目とコクのある二煎目をブレンドする。
 するととてもおいしいのだそうです。
 テレビではリポーターのお姉さんが驚いていました。
 早速試してみました。
Imgp0344
 う~ん・・・。
Imgp0345
 良く分からない・・・。
 さほど変わりがない気がします。
 いつも通り要れた方がおいしいような気もします。
Imgp0346
 メモした方法通りにしたのが違うのか?
 お茶の本当のおいしさに気がついていないのか?
 好みの問題なのか?
 テレビでは、この淹れ方だと雑味も取れてお茶が澄んでいるそうです。
 私のお茶は澄んでない。
 何かが違うのかもしれません。
 もう少しこの淹れ方を試してみましょう。
 
 本日の自転車走行距離 52キロ
 
 今日であったねこ 3
 
 今日の間違いやすい探し
 
 
 

| | コメント (0)

2017年12月 5日 (火)

「銅鐸さんリメイク版」制作日誌 5

 オリジナルデザインの人形「銅鐸さん」リメイク版制作日誌。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/12/post-1d27.html
 いよいよ銅鐸が形になってきました。
Imgp0307
 パテを紐状にしてそれでデティールを付ける。
 紐の太さが思ったより細くならなかった。
 有機的、土器っぽくなってきたので先行き心配になりました。
 せっかくここまでうまく行っていたのに・・・。
 初代「銅鐸さん」を作る時資料として買った銅鐸キーホルダー。
Imgp0312
 参考にしようとだしてきました。
 ものが小さいので全く参考にならず・・・。
 そういえば、初代の時もあまり参考にならなかったっけ。
 耐水ペーパーでひも状デティールの丸っぽいところを平らに加工。
Imgp0309
 なんとかそれっぽくなってきました。
 頭に載せる銅鐸型冠も同じようにデティールを付けることにしました。
 Imgp0294
 Imgp0306
Imgp0310
Imgp0311
 本日の自転車走行距離 31キロ
 
 今日であったねこ 2
 

| | コメント (0)

2017年12月 4日 (月)

大中小にしたい

 「中小岩歯科」
Imgp0270
 「なかこいわしか」と読むのでしょう。
 「大」の字を加えて、「大中小」にしたい。
Imgp0269
 本日の自転車走行距離 47キロ

 今日であったねこ 7

 今日の間違いやすい探し

 「「中小、岩歯科」と「中小岩歯科」は、間違って受診しやすい。

| | コメント (0)

2017年12月 3日 (日)

なぞのつぶつぶ

 部屋の床に謎のつぶつぶが目立つようになりました。
 1ミリにも満たない小さな粒。
 あちこち落ちています。
 まず考えられるのは自転車。
 私の自転車は室内保管です。
 タイヤに付いた砂粒が落ちた?
 それにしても多い。
 布団を干した時?
 巻き上げられた砂ぼこりが付いた?
 服に付いた砂ぼこり?
 それにしても前はなかったはず。
 最近目立つようになりました。
 繰り返される臭でだんだんイライラしてきました。
 原因を追究しましょう。
 自転車で出かけない日。
 カーペット、布団を干して掃除機をかけました。
 ルンバに二回やらせました。
Imgp0341

 廊下も同じように掃除。
 布団、カーペットを取り込むときも念入りにはたきました。
 床をチェック。
 つぶつぶはいません。
 そして外出。
 帰宅後、つぶつぶはありませんでした。
 やはり自転車かね?
 しばらくすると件のつぶつぶが出現!
 どこから来たね?!
 今日は自転車に乗ってない。
 やはり服か?
 ふと気がついたことがありました。
 リストウエイト、アンクルウエイトは?
 アンクルウエイトを外して調べました。
 大丈夫。
 リストウエイト。
 片方に穴が開いていました。
 「がび~ん」
Imgp0338
 これが原因か・・・。
 アンクルウエイトは、スポーツ用品店で買いました。
 入浴時と就寝時以外は付けています。
 それでも壊れない。
 耐久性はしっかりしている。
 一方のリストウエイトは100円ショップ。
 こちらは腕時計と干渉するので、家にいる時だけ着けていました。
 アンクルウエイトのそれと比べると半分の時間も付けていません。
 やはり100円屋では耐久性に問題がありました。
 アンクルウエイトは500グラムを買いました。
 最近これでは物足りなく感じていました。
 もう少し思い1キロを買うかと考えていたところ。
 この際買い換えて、500グラムはリストウエイトにするか。
 その計画が実現性を帯びてきました。
 新たなのを買うまで、居間のリストウエイトを使おうと思います。
 ボンドで穴を修復。
 Imgp0340
 こんな応急処置で塞がるかな?
 
 本日の自転車走行距離 42キロ
 
 今日であったねこ 2
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「はるかに上でした」と「はるかに上で下」は、間違いやすい。

 


 
 

| | コメント (0)

2017年12月 2日 (土)

「銅鐸さんリメイク版」制作日誌 4

 オリジナルデザインの人形「銅鐸さん」リメイク版制作日誌です。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/11/post-a352.html
 銅鐸の大まかな形ができました。
Imgp0290
 模様、デティールをどうつけていくかが大問題。
 銅鐸の形は、思った以上にそれっぽくなりました。
 しかし、本体の模様をどう付けるか?
 実は何も考えがまとまらないまま作業を始めていました。
 ケガキ張りの様なもので線を引いていく。
 前回作った時もそうしました。
Imgp0293
 (一番右側が前作「銅鐸さん」の銅鐸型冠)
 今回もそれで行こうと思っていましたが・・・。
 銅鐸の画像を検索しました。
 すると、ケガキ張りで線を引いた凹モールドではない。
 模様は、凸モールド。
 線や絵がわずかに出っ張ってるようでした。
 恐らく粘土で作った原型に紐のようなもので描いたのでしょう。
 パテを紐状にに伸ばして、それを貼り付けていくことにしました。
 といっても元が小さな模型です。
 細いひも状に伸ばしたはずのパテ。
 銅鐸に当ててみると結構太い・・・。
 プラ板で大枠を作ったので、直線でまとまっていました。
 ひも状デティールを追加したら、有機的な感じになりました。
Imgp0291
 パテが薄茶色ということもあり、土器のようにも見えてきました。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1
 

| | コメント (0)

2017年12月 1日 (金)

困った!

 てれびの裏を探検。
Imgp0278
 Imgp0279
 先にも進めず、後にも戻れず・・・。
Imgp0282_2
Imgp0280

 本日の自転車走行距離 38キロ

 今日であったねこ 7

 今日の間違いやすい探し
 
 「MCIスクリーニング検査」と「MCアイスクリーム検査」は、間違って受けやすい。

| | コメント (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »