« 冬用のグローブに | トップページ | 里親募集中 »

2017年11月23日 (木)

「銅鐸さんリメイク版」制作日誌

 以前、銅鐸をモチーフに「銅鐸さん」人形を作りました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2016/06/post-38cf.html
 作ったものの、何かしっくりこない。
 いずれ作り直したいとは思っていました。
 「銅鐸」さんの銅鐸部分を作るのが面倒なのでそのままに。
 先日、制作中の「おきつねさん」が完成。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/11/post-ae00.html
 その直前に「草薙のつるぎ子」の体が欠けていることを発見。
 倒れて欠けたようでした。
 そこで、体は破棄。
 頭だけを再利用。
 他の体に付け換えるという修理をしました。
 顔が変わるだけですごく新鮮になりました。
 新たな完成品ができたみたい。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/11/post-9d5c.html
 こんな「新作」完成が続いて、手が「作る」ことに慣れていました。
 そのまま放っておくと、手の「慣れ」が終わってしまいます。
 そこで、「銅鐸さん」をリメイクすることにしました。
 下半身が銅鐸、頭に銅鐸型の冠をのせている。
 この基本はそのままで、あとは全くデザインのし直し。
 頭と体ができたところで下半身の製作開始。
 今回は簡単な図面を引いて、大枠をプラ板で作りました。
Imgp0218
  パテの節約のため、プラ材の切れ端、余って固まったパテなどを土台に接着。
Imgp0219
 そこにエポキシ系パテを盛っていきます。
 Imgp0220
 大まかな形ができました。
 Imgp0220_2
 なんか、いい。

Imgp0221
 固まったらポリエステル系パテを盛りつけます。
 すごく銅鐸っぽい。
 Imgp0222
 初代銅鐸さんのでは、銅鐸がどういう形なのかよくわかりませんでした。
 その頃より、形を把握していたこと。
 大枠をプラ板で作ったので、直線を使えたこと。
 これで形がよりシャープに見える。
 それが制作中の銅鐸が「いい」と思えた理由でしょう。
 盛り付けたパテを耐水ペーパーで磨いて形を出していきます。
 その作業の繰り返し。
 まだまだ、形になるのは先ですが、幸先はいい。
 Imgp0223
 本日の自転車走行距離 17キロ
 

|

« 冬用のグローブに | トップページ | 里親募集中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬用のグローブに | トップページ | 里親募集中 »