« 浄水器付きシャワーヘッド | トップページ | NCC-1701-J »

2017年10月 6日 (金)

ドッペルギャンガー フォールディング キーロック

 先月自転車の錠を新しくしました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/09/proloop-muffi-1.html
 普段二つの錠を付けています。
 今回新しくしたのは、このメインの二つではありません。
 駐輪時間が長いときなどに登場させる三個目の予備錠です。
 前の錠が丸っこくて持ち運びに便利でした。
 それで、二代目もそういうタイプを探しました。
 プロループのマフィンという錠。
 丸っこいけれど、重くて持ち運びには不便。
 でも、頑丈そうです。
 使い勝手も結構よかった。
 自転車フレームに取り付けるブラケットを使ってみました。
 これだと重さも気になりません。
 見た目もすっきりしました。
 メインに付けていたワイヤー錠を外しました。
 予備錠として用意しましたが、メインの錠になりました。
 しかし、ブラケットは専用品。
 これひとつしかありません。
 私は複数の自転車を用途によって使い分けています。 
 ワイヤー錠は汎用性が高いです。
 他社のブラケットでも使えます。
 別売りのそれらを各自転車に付けて錠を使いまわしています。
 丸錠はそうはいきませんでした。
 ロードバイク専用とすることにしました。
 二台のロードバイクを月交代で乗り換えています。
 ロードバイク交代の時に、ブラケット後と付け替えるか?
 そうも考えました。
 しかし、付け替えを何度か繰り返しているうちにブラケットを痛めるでしょう。
 そうしたら、付かなくなってしまいます。
 もう一つ買うことにしました。
 丸錠を買う時に候補にしたもう一つを選びました。
 ドッペルギャンガーのフォールディングブレードキーロック。
Imgp1574
 (大きさ対比用「勾玉さん」)
 今度のは、まっちかくです。
Imgp1568
 これも面白いでしょう。
 丸錠よりも小さいかとイメージしていました。
 届いたものはほぼ同じでした。
Imgp1570
 ブレードは薄いですが、全体の厚みは同じでした。
 薄い分少し長かった。
Imgp1571
 重さも同じようなもの。
 前の丸錠を展開するときは構造が分からなくて困りました。
 展開した後に、説明書を発見・・・。
 今回は説明書を初めから見つけておきました。
 構造も似たようなものだろうし、簡単に開くと予測。
 固く固定されいて、なかなか開きませんでした。
 更に黒いんで、形状が把握しづらかった。
 ブラケットに本体を受けるような籠の様なものがついていました。
Imgp1572
 重い四角錠を支える役目をするものです。
Imgp1573
 この分嵩張るね・・・。
 走行中に足に当たらないか?
 よく考えると錠を使用中は、自転車を離れます。
 自転車には載らない時間なのです。
 この出っ張りは、全く問題になりませ~ん。
 フレームに取り付けました。
Imgp1605
 全体が黒せいか、丸錠のような「すっきり」した感じは受けませんでした。
Imgp1606
 使い勝手は、とてもいいです。
 ただ、巻き取る時に、決まった方向があります。
 丸錠は間違わないような構造になっていました。
 反対には巻けないようになっていますが、よく間違えます。
 逆に巻こうとすると四角くならず星形になってしまいます。
 この錠にはこれと併せて使うと便利な極太ワイヤーが付属していました。
Imgp1575
 ホイールなどに絡ませて、この錠とつなげて使います。
 このワイヤーはまだ使っていませんが、その利用範囲が広がります。
 さて、今までメインにしていた極太のワイヤー錠。
 これはロードバイクからは外しました。
 三代目全天候型自転車と元二代目全天候型自転車に引き続き使います。
 
 本日の自転車走行距離 19キロ
  
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「三個目の予備」と「三米の予備」は、間違いやすい。
 

 
 
 

|

« 浄水器付きシャワーヘッド | トップページ | NCC-1701-J »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浄水器付きシャワーヘッド | トップページ | NCC-1701-J »