« ドッペルギャンガー フォールディング キーロック | トップページ | 荒川のねこ »

2017年10月 7日 (土)

NCC-1701-J

  「隔週刊スタートレック・スターシップコレクション」を買っています。
 初めは70号くらいまでの予定でした。
 最終号を目前にして延長されました。
 楽しみな気分とまだ続く・・・という半々の気持ち。
 最新の89号は「NCC-1701-J U.S.S.ENTERPURISE」でした。
https://deagostini.jp/STS/backnumber.php?id=50983&issue=89
 スタートレックは22世紀から24世紀という未来の物語です。
 シリーズが幾つかあります。
 大抵は「エンタープライス」という宇宙船が登場します。
 シリーズごとに時代設定が違うので、船も別なもの。
 名前を引き継いでいます。
 最初のにNCC-1701という番号が付いていました。
 以降、末尾にアルファベットを付けて先代と区別します。
 NCC-1701の後はNCC-1701-A
 映像作品にはNCC-1701-Eまで登場しました。
 今回のNCC-1701-Jは、「スタートレック エンタープライス」という作品に登場。
 物語上の未来世界に当たる26世紀の宇宙船として一回限りの登場。
 出演シーンもほんの一瞬でした。
 付属冊子を読むと、それは私の記憶違い。
 CGモデルを起こしたものの、予算の都合でカット。
 登場すらしていないそうです。
 船内のセットの中に見取り図があるだけ。
 それを見て、「ちらりと映った」と間違えていたようでした。
 それが模型になりました。
 予告を知って楽しみにしていました。
 発売日、書店にとりに行きました。
Imgp1593
 帰宅して箱を開けて模型を取り出しました。
Imgp1615
 う~ん・・・。
 宇宙から来たキノコみたい・・・。
Imgp1616
 謎の深海生物・・・
Imgp1617
 あまりかっこよくない。
Imgp1618
 それが第一印象でした。
Imgp1619
 冊子を読むと、デザイナーの思いが書いてありました。
 それが面白かった。
 この宇宙船は全長3キロもあるそうです。
 中には高速道路が敷けるほどの敷地があるとか。
 都市があって、人口太陽もあるそうです。
 指令室などの特定な設備はなく、どこにいてもその役目を果たせるとか。
 壮大な未来の構想にワクワクしました。
 指令室があって、光速を越える今までの宇宙船も十分未来です。
 更にそれを越える発想に胸がときめいたのでした。
 初めは宇宙キノコにしか見えなかったデザインでした。
 構想を知って気に入りました。
 Imgp1620
 本日の自転車走行距離 8キロ
 
 今日であったねこ 3
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「うん、この方がすっきり」と「うんこの方がすっきり」は、間違いやすい。


 
 

|

« ドッペルギャンガー フォールディング キーロック | トップページ | 荒川のねこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドッペルギャンガー フォールディング キーロック | トップページ | 荒川のねこ »